リグレッションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リグレッション
 > (レビュー・クチコミ)

リグレッション

[リグレッション]
Regression
2015年【スペイン・カナダ】 上映時間:106分
平均点:5.00 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-09-15)
サスペンスミステリー
新規登録(2018-07-15)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2021-09-26)【envy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレハンドロ・アメナーバル
キャストイーサン・ホーク(男優)ブルース・ケナー
エマ・ワトソン(女優)アンジェラ・グレイ
デヴィッド・シューリス(男優)ケネス・レインズ
ピーター・マクニール(男優)
デヴィッド・デンシック(男優)ジョン・グレイ
脚本アレハンドロ・アメナーバル
音楽ロケ・バニョス
製作アレハンドロ・アメナーバル
配給ポニーキャニオン
衣装ソニア・グランデ(衣装デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.テーマが「性的虐待」「悪魔教団がらみ」とくれば、興味を持つ人は多そう。
そこへ「実在の事件」とアピールしたら、作品の出来とは関係なく、そりゃあ興行的にはそこそこ成功するんじゃないか。

しっかりと取材したドキュメンタリーじゃないんだったら、実際の事件にインスパイアされて制作しよーとしまいと作品の出来不出来とは関係ないんだから、いちいち持ち出すのは止めてほしいな。

それにしても主役の刑事、どこかで見た顔だと思ったらイーサン・ホークだった。年取ったなぁ。
彼は、悪魔教団の存在を信じて調べていくうちにどんどん心理的に追い詰められていくのだが、なんでそんなに追い詰められていくのかが、さっぱりわからなかったです。
彼が受けた実際の被害って、無言電話だけじゃん。なにをそんなにビビッているのか。
実は神の存在を信じているから、ひっくり返って悪魔も信じているんだろう。だから頭っから疑わず、悪魔教団の存在も信じちゃうんだろう。それで「組織に狙われる!」と被害妄想に陥ったのかもしれない…が、タフネス刑事のくせに、ココロ弱すぎだろう。

単純すぎて、頭っから被害者の言うこと丸飲みしちゃうしね。
同僚が被疑者になったら、それもすぐ信じちゃう。ヒドイ…。まぁマッチョな刑事だから、可憐な美少女が泣いて助けを求めてくるのを、加害者だと疑ってかかるのは難しいのかな。しかし刑事のくせに…と思ってしまうのだが。
確かに現実には、そんな単純な手に引っかかるか???と、思う人ほど、引っかかっちゃうんだろうなぁ。オレオレ詐欺の電話が実際にかかってきたら引っかかっちゃうみたいに。

しかしつまらなかった。
虐待は本当だったのか、教団は本当に存在するのか、どちらが本当かわからない謎をミステリアスに描くこともできたはずなのに、主役の刑事さんのビビった妄想夢や仲間内の喧嘩ばかり披露されて、いまいちストーリーが盛り上がらなかったです。
ラストも、大して衝撃的でもないし。
最後にもっともらしく、催眠療法については現在こういわれている…とか字幕で出されるのも、カウンセリングが一般に流布されていない日本では、はあそうですが、という感じでしょう。

大きく振りかぶった割にはヒョロヒョロ球でした、という作品でした。残念。
りりらっちさん [インターネット(吹替)] 4点(2020-06-29 16:03:43)
6.海外のレビューで「イーサンホークとエマワトソンをもってしても無駄に複雑でつまらないサイコスリラーにしかなってない。」というのを読んだのですが、いやまったくその通り。

それだけはオチにしちゃだめだろ…という一番ダメな方向に作品が向かっていった時点で「ダメだこの映画…」以上の感想がでてこなくなりました。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-03-05 15:00:03)
5.《ネタバレ》 リグレッションってなんだよ。
なんでちゃんと日本語に直してくんないんだよ。
なんかオカルトっぽい響きだからそのままでいいじゃん、みたいなのもう止めようぜ。
観終わってもなんか頭に少しも入って来ないんだよな。
でもイーサン・ホークはやっぱいい役者だなあ。
でもってエマ・ワトソンは綺麗すぎて貧しい一家に育ったって言われても全くそんな感じがしないのは問題。
きっと彼女もその点を悩んでるんじゃないかな。
アンジェラと婆ちゃんがエマの一人二役では?最近の特殊メイクすげーなーって思いつつ観終わって、エンドロールで確認したら別人だった。
私以外にもそんな人いない?
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-02-25 00:22:38)
4.《ネタバレ》 気づけばイーサン・ホークって若いころから途切れることなく映画に出てるのね、
ジャンルもわりとバラエティに富んでる。
そして本作ではくっきりとした眉間の縦ジワがやたら気になったのでした、悪い意味じゃないけど。

とにかくよく雨が降ってまして、寒そうだけど湿った空気感が嫌な感じなんです。
なんだか前置きが無さすぎだし、発端がよくわからないといいますか、
何を追っかけてるのか、イーサン・ホーク演じる刑事がなぜあんなにイライラしているのか、
なぜあそこまでのめり込んじゃったのか少々説得力に欠けるかな。
後半になって、牧師か娘か心理学の先生か3人のうち誰だ?とは思いました。
終わってみれば「はぁ~~そうなんですね」て感じで見応えも満足感もあんまりなかったのが残念です。
寝付けない夜中に観るといいかも。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-11-13 22:33:10)
3.《ネタバレ》 アメナーバル監督は個人的にお気に入りの監督さんでして、久々の作品で期待はしていたのですが、そうですねぇ、佳作かな、と。
誰が本当のことを言ってるのか、悪魔信仰は本当にあるのか、と序盤はサスペンスらしい感じで地味ながらも雰囲気はありました。
特にアンジェラの供述を録音しレゴーダーを聞き、儀式の様子を想像しているシーンは見ごたえありました。
ただ中盤過ぎてくると、もうだいたいわかっちゃうんですよね。なのでどんでん返し的なカタルシスはありません。
まぁテーマとしては嫌いじゃないです。人の記憶はあやふやだし、思い込みも激しい。
どんな時代でも人の本質は変わらないので、常に科学的客観的視点が大切。
悪魔的なものが普通に出てきちゃうことが多い中、派手さはなくともこういう作品もまたアリでしょう。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2019-09-03 16:40:07)
2.《ネタバレ》 実の父親による娘への性的虐待事件を捜査するうちに、社会の背後で暗躍する悪魔崇拝教団の存在を嗅ぎつけた刑事。高度な催眠療法を駆使する精神科医とともに事件の核心へと迫ってゆくのだが、社会の闇の中に強固な繋がりを持つ狂信的な信者たちに逆に追い詰められてゆくというお話。男臭い刑事を演じるのは嵌まり役のイーサン・ホーク。父親から性的虐待を受けたという娘役に人気女優エマ・ワトソン。監督は、『オープン・ユア・アイズ』や『アザーズ』で有名なアレハンドロ・アメナーバル。というわけでけっこう期待して今回鑑賞してみたのですが、正直微妙な出来でしたね、これ。なんだか事件の概要が漠然としすぎていて、主人公である刑事が何を目的に捜査しているのかいまいち分かりづらいんです。おまけに相棒となる精神科医の催眠療法で過去を探るという捜査手法の扱いも極めて中途半端。ラストで明らかとなる事件の真相も分かったような分からないようなで全然すっきりしません。集団ヒステリーや社会的な不安心理、そして何人かの人々の利己的な嘘がありもしない悪魔崇拝教団を作り上げていた?そうかもしれませんが、ちょっと説得力が…。この監督らしい、ダークで陰鬱な雰囲気は良かったので5点。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2019-05-09 19:30:59)
1.アメナーバル監督だから『アザーズ』のような格調高いホラーを期待したけど、何かB級っぽかった。
悪魔崇拝という日本では馴染みの無い題材なので取っ付きにくい点もあってあまり入り込めなかった。
もうひとつ捻りが欲しかった。
イーサン・ホークとエマ・ワトソンの演技は良かっただけに惜しい作品。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 4点(2018-11-14 18:19:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4228.57%
5342.86%
6228.57%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS