3D彼女 リアルガールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > 3D彼女 リアルガール
 > (レビュー・クチコミ)

3D彼女 リアルガール

[スリーディーカノジョリアルガール]
2018年【日】 上映時間:114分
平均点:4.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-09-14)
ドラマラブストーリーコメディ青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2018-07-27)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-08-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督英勉
橋本満明(アニメーション監督)
キャスト中条あやみ(女優)五十嵐色葉
佐野勇斗(男優)筒井光
清水尋也(男優)高梨ミツヤ
恒松祐里(女優)石野ありさ
上白石萌歌(女優)綾戸純恵
三浦貴大(男優)間淵慎吾
濱田マリ(女優)筒井紀江
竹内力(男優)筒井充
神田沙也加魔法少女えぞみち
脚本英勉
撮影小松高志
製作ワーナー・ブラザース(映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会)
日本テレビ(映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会/製作幹事)
電通(映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会)
パルコ(映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会)
講談社(映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会)
読売テレビ(映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会)
企画日本テレビ
配給ワーナー・ブラザース
特撮松本肇(視覚効果)
美術金勝浩一
録音柴崎憲治(音響効果)
照明蒔苗友一郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.色々と既視感に溢れた映画だったなぁ。「キミスイ」とか「君の名は」とか…ヒットした映画の良いところだけを集めたような感じ?
ちなみにテレビアニメ版は一話切りしていました。アニメオタクが三次元で恋する話をアニメで見るっていうのもねぇ?本末転倒じゃない?

これは実写の方が合ってると思う。ちょいちょい出てくる実写とアニメの融合のシーンがなかなか良かった。まあ、あざといけど。
この映画のターゲットは10代女子辺りだろうから、大体こんな展開にしとけば喜ぶんじゃない?というような思惑がみえみえのあざとい展開の連続。なのでリアリティーは皆無。ご都合至上主義。

一番面白かったシーンは竹内力が「TOKYO TRIBE」並みのテンションで猛ダッシュするシーン。あれは笑った。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 4点(2018-09-20 00:11:43)★《新規》★
2.《ネタバレ》 医者が患者の無力な状態につけこんで、恋愛状態に持ち込み結婚するなんて倫理的に許されないと考えるのが全うな常識。
散々御託並べてくれたが、それじゃあお前患者が渡辺直美でも同じ事をしたかと聞かれたら、返す言葉ないだろう。
ところが、そんな行動が全く非難されてる様子もなく、主人公たちも無抵抗で受け入れかける。
もともと漫画原作の映画にリアリティを求めるのが野暮なことは百も承知だが、こんな非常識な行動が後半の大きな流れをしめている段階でかなり引きました。
前半部分に関しては、中条さんがすごく綺麗だったし、上白石の妹もなかなか可愛かったんで、漫画チックな大げさな演出みたいなあらもさほどは気にならなかったけど、やはり恋愛過程はもう少し丁寧に描けなかったか?
正直、ヒロインがなぜ主人公を好きになったか、表面的な説明は散在したが、実感としてはほとんど納得できなかった。
よほどキャストに愛情がないときつい映画。
rhforeverさん [映画館(邦画)] 5点(2018-09-17 18:16:55)(良:1票)《新規》
1.《ネタバレ》  これはね、マンガやアニメだからこそ成立するネタ。実写でやっちゃったら「何様?」ってコトになっちゃう。

 この映画ではアニメ=オタク=コミュ障=ひきこもり予備軍みたいな描き方(実際セリフにもしてる)で、ヒロインがそれを差別しない事で一見肯定的に見えなくもないけれど、実際にはそこからの脱却、卒業こそが唯一の成長ってハナシ。
 ここではアニメは自己否定を引き起こす内的要因のメタファーみたいなモノ。ひたすらリアルに対するネガティブ発言を繰り返すアニメキャラ「えぞみち」に反映されていて。

 アニメにはリアルを物理的に変化させる力は無い、それはその通りだけれど、実写映画もまた単なる二次元で、アニメと同一のフィールド上に存在するものなワケ。役を演じる人々はリアルに存在していても、そこに映るのは光と影と音の集合体、実体の無い幻、アニメと一緒。ついでに3D映画は2つの平面を映写してるだけの、ただの目の錯覚。アニメ同様、リアルを物理的に変化させる力は無いわ。

 だからこの物語をマンガやアニメで描く分には自虐的、内省的に成立するけれども、実写でやると上から目線の、何らかの優位性を主張している状態になっちゃうワケよね。なんて思い上がりっぷりよ?
 もっとも、リアルにはありえないような人物像や演技、後半の陳腐な展開は「映画」の限界っぷりを自虐的に描いてるのかもしれないわね。まあ、こんな程度のモンに「映画」を象徴されちゃたまったモンじゃないけど。

 英勉って人、『トリガール!』でもオタクをネタにして嗤いつつその後のフォローをしなかったけれど、結局そういう人なんでしょうね。そっち方面でばっかり商売してるクセにね。

 でもカメラと照明は丁寧。いい仕事。人工の光の効果的な使い方や、自然光でしっかり作られたコントラスト、レンズを使い分けた凝った画作り。もったいない。

 中条あやみも美しく映えていて。でももったいない。

 まー、見ていてストレスいっぱいの、色々もったいない映画だったわ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 4点(2018-09-16 17:24:03)(良:1票)《新規》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4266.67%
5133.33%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS