億男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 億男
 > (レビュー・クチコミ)

億男

[オクオトコ]
Million Dollar Man
2018年【日】 上映時間:116分
平均点:4.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-10-19)
ドラマコメディ小説の映画化
新規登録(2018-08-20)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-01-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大友啓史
キャスト佐藤健(男優)一男
高橋一生(男優)九十九
黒木華(女優)万佐子
池田エライザ(女優)あきら
沢尻エリカ(女優)十和子
北村一輝(男優)百瀬
藤原竜也(男優)千住
原作川村元気「億男」(マガジンハウス)
脚本大友啓史
音楽佐藤直紀
作詞藤原基央「話がしたいよ」
作曲藤原基央「話がしたいよ」
編曲BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」
主題歌BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」
撮影山本英夫〔撮影〕
製作市川南〔製作〕
東宝(映画「億男」製作委員会)
日本テレビ(映画「億男」製作委員会)
読売テレビ(映画「億男」製作委員会)
プロデューサー山内章弘(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
照明小野晃
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.演技は上手いけど、内容が薄っぺら。もっと事件性やエンターテインメントに溢れる展開が見たかった。
真尋さん [地上波(邦画)] 2点(2020-01-03 22:54:52)★《新規》★
5.《ネタバレ》 下の【デミトリ】さんと同じく、内容に関して不自然なシーンが多すぎる。後半だらだら長いしね。
でも藤原竜也の教祖よろしくブッチきギル場面など見どころは抑えていて面白い。
お金というものに対してすこしは考えるきっかけにもなる。
個人的には黒木華のファンなので、可愛いシーンが出てくるためにプラス一点献上で4点。
mhiroさん [地上波(邦画)] 4点(2019-10-26 18:50:11)
4.《ネタバレ》 藤原竜也さん演じる怪しげなミリオネアのビジネスモデルには感心する(笑)。宗教にはまったり、詐欺にあったりするのと同じように、自分は大丈夫と思ってる人が知らず知らずにこういうのに引っかかっていくのでは?と考えずにはいられないので気を付けたいと思う。ってのが教訓ですかね。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2019-09-01 04:06:18)
3.《ネタバレ》 話をギュッとまとめれば15~20分で同じ内容の物が出来てしまう内容スッカスカ映画。
それを2時間近い映画に膨らませるもんんだから尺稼ぎとしか思えない同じような
無意味なイメージ映像リピートやエピソードの差し込みは見て居てただ退屈なだけ。

肝心の物語もペラッペラで陳腐。宝くじで当たった金を友人に全額引き出せと言われて
正直に全額引き出す時点でバカ過ぎて感情移入出来ない。まず相談する前に借金返せよ。
「どんなに貧乏でも耐えられた」とか言う割りに娘のバレエ教室を辞めた事で離婚するバカ母。
母は娘の思いを第一に考えて居るような演出だが、本当に娘の事を思うなら娘から
バレエを奪うより父親を奪う事の方がよほど残酷。
会社買収で富を分配した話も、売った時点を勝手にゴールと決めてるだけでなんだかなぁ。
売った資金で新たな夢や事業を立ち上げる事だって出来るでしょ。
そもそも、この物語は金が人を変えると言う前提に合わせて構成されているのでリアリティ皆無。
人の変化などは、お金以前に置かれた環境と立場役割の方がよほど大きいが、
それら全てお金が人を変えたとにしているのが何とも薄っぺらで、ありがちと言おうか、
ステレオタイプとでも言おうか。過去散々表現されてきた安っぽさ。
お金が無い時代ならともかく現代なりの表現方法は出来なかったのかね。
デミトリさん [DVD(邦画)] 3点(2019-08-20 09:50:33)
2.《ネタバレ》 お金の謎に迫るミステリー。
と言っても、中身は『お金とはなんぞや』のレクチャービデオ。
案外、宝くじが当選したときにもらえる銀行の冊子が真理だったり(笑)
ミステリーなのは九十九の行動で、ミステリーを成立させるための思わせ振りなのは、オチからして仕方がなかったか。
北村一輝さん、藤原竜也さん、沢尻エリカさんのお金講義も、最後の高橋一生さんの謎解きもよかった。黒木華さんの決断もね。(ここはラストに含みがありましたし、そーこなくっちゃって感じ!)
主演なんだけどお金の渦に流されっぱなしの男を佐藤健さんが好演されてました。
頼り無さそうでいて、物語の結末までうまく運んでくれました。
あまりお金に縁がない自分だからこそ、スッと入ってきた内容だったのかも。
ひとつ難点を言えばエライザちゃんをも少し見たかったかな!?
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2019-08-18 22:20:32)
1.《ネタバレ》 お金について考えさせるようなテーマだと思うんだけど、掘り下げが足りなくてイマイチ感動が薄い。「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」とか見た方がよっぽどお金についてわかるような気がする。

佐藤健のキャラクターは人間味に溢れる普通のキャラでとても良かったんだけど、高橋一生演じるキャラがイマイチ何をしたいんだかわからない奴だった。「俺は変わらない」「お金の正体を見つけるんだ」とか言ってた癖に、パーティー主催して金ばら蒔いたり靴に酒入れて飲むとか、あの奇行はなんだったのかと。
それならある意味金に取り憑かれて思いっきり振り切った藤原竜也のキャラの方がよっぽど説得力あった。

予告編見てジェットコースター的なマネーゲームものだと勘違いしちゃったというのもあって、ちょっと地味過ぎる内容に拍子抜け。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 4点(2018-10-22 13:06:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
2116.67%
3116.67%
4350.00%
500.00%
600.00%
7116.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS