イコライザー2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > イコライザー2
 > (レビュー・クチコミ)

イコライザー2

[イコライザーツー]
The Equalizer 2
2018年【米】 上映時間:121分
平均点:5.83 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-10-05)
公開終了日(2019-02-06)
アクションサスペンスシリーズもの犯罪ものヤクザ・マフィアハードボイルドTVの映画化バイオレンス
新規登録(2018-08-29)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2019-01-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アントワン・フークア
キャストデンゼル・ワシントン(男優)ロバート・マッコール
ペドロ・パスカル(男優)デイブ・ヨーク
ビル・プルマン(男優)ブライアン・プラマー
メリッサ・レオ(女優)スーザン・プラマー
大塚明夫ロバート・マッコール(日本語吹き替え版)
安原義人ブライアン・プラマー(日本語吹き替え版)
高島雅羅スーザン・プラマー(日本語吹き替え版)
原作マイケル・スローン(脚本・1946年生)(原案)(「ザ・シークレットハンター」に基く)
脚本リチャード・ウェンク
音楽ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
製作トッド・ブラック
デンゼル・ワシントン
アレックス・シスキン
スティーヴ・ティッシュ
アントワン・フークア
メイス・ニューフェルド
マイケル・スローン(脚本・1946年生)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
編集コンラッド・バフ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 CIA絡みの事件が起きて主人公が真相を追って
現地に飛んで犯人を突き止めるお決まりのパターンかと思ったのですが
ちょっと違っていましたね。
ブリュッセルでの凄惨な事件、それに続く実行犯の爆発とその後の展開
には大いに期待したのですが、マックはいっこうに米国を離れる気配が
なく、事件とは関係のない黒人少年との絡みとかに熱心で、残りの時間
枠で果たして真相を解明できるのだろうか心配になりました。

結局ブリュッセルの事件は遠隔捜査で済ましあっさりと元同僚が犯人で
あることを突き止めてしまい、真相は元同僚がベラベラしゃべっておしまい。
後は嵐の中のゴーストタウンの決闘が見せ場として用意されたのですが、
サスペンス物としても物足らず、アクション物としても今いちで、つまら
なくはなかったけど、満足もしなかったという感じですね。
元同僚が、善も悪もない、というように、彼がスーザン殺しの償いの為に
成敗されてしまった後、平和な家庭の良きパパを奪われた妻と二人の娘が
真相を知った時どう納得するのでしょうか。
キムリンさん [地上波(吹替)] 6点(2021-01-22 20:42:12)
22.デンゼルの殺しのシーンは相変わらず爽快だが、前作に比べるとやや地味。どうせ復讐マシーンの話なんだからそこは割り切ってもっとガンガン悪人を殺して欲しい。96時間でもそうだが2作目になると変にこじんまりしてつまらなくなる。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 6点(2021-01-01 22:26:40)
21.前作から引き継いでおっさんなのに超人的な強さは健在。
まずまずではあるがストーリーは至って平凡。
無敵すぎて、また相関図的に幅が広がらない。
悪が弱いな。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-11-13 23:58:13)
20.1作目みたいな夜の雰囲気というか、あるいは黄昏の雰囲気、そういうのはあんまり無くって、そういう意味じゃ特徴が薄れた作品になったように、前半は思ってしまうのですが、クライマックスは嵐の中の死闘となって、俄然、盛り上がります。わざわざこんな嵐の中で戦わなくても、と思えば思うほど、盛り上がるもんです。
あと、今回の作品で重要なテーマとなるのが、知り合いの若者との交流。こういう、主人公が強すぎる映画は、代わりに危機に陥ってくる人間がどうしても必要になるのですが、その人物を魅力的に描いてくれると(その人物自身が魅力的かどうかはともかく、主人公との交流を魅力的に描いてくれると)、物語も魅力的になるもんです。
最後に残された、壁面の絵。ちょっとやり過ぎじゃないかね~と思いつつ、やり過ぎくらいが、ちょうどいい。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2020-10-21 21:51:46)
19.《ネタバレ》 2の方が面白い。街の解決人から話が大きくなり深みも増しているし、相手もタダのヤクザから元同僚へとパワーアップしているので緊迫感も増している。「善も悪もない、敵も味方もない、罪も美徳も無い。あるのは運不運だけ」という台詞が印象的。価値観を相対化すればそういう事にならざるを得ないが、この相対主義にどう抗うかがある意味「人生とはなにか?」そのものであり、それを主人公が体現していると言えなくも無い。尚、作中に出てくる『世界と僕のあいだに』は面白そうなので読んでみようかと。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2020-09-18 11:49:51)
18.冒頭、トルコの国鉄まで“出張”した主人公が、早速狂気的な正義感と親切さで悪党を撃滅する。
“正義の味方”とはいえ、相変わらずメチャクチャな暴挙に対して、カタルシスなどすっ飛ばして唖然としてしまう。
が、まあ「続編」ということも踏まえ、オープニングのそのぶっ飛んだ展開自体はアリかなと思えた。

しかし、目を引いたのはむしろそのアバンタイトルだけだったかもしれない。

前作から引き続き、“殺人マシーン”と化したデンゼル・ワシントンが狂気を解放させていく様が醍醐味の映画ではあるが、前述の冒頭シーン以降では目新しい展開が見られない。
前作では、タクシー運転手として平穏に暮らしつつも、身の回りの悪事に対して「正義感」というフラストレーションが膨らみ爆発するくだりに娯楽性が溢れていたけれど、今作では主人公は端から街の悪党退治に勤しんでいるので、前作で見られた緊張感や高揚感が得られなかった。

かつての同僚が裏切り者というありきたりな展開を経て、クライマックスを迎えるが、悪党側のキャラクターがそもそも小者で脅威がまったくないので、最強殺人マシーンの主人公の前ではことさらに弱々しく見え、盛り上がりもまるで無い。

デンゼル・ワシントンのでっぷりとした恰幅が、前作では逆に良い意味で不気味で魅力的だったが、今作ではストーリーテリングの愚鈍さと合わさって、ただただ鈍重に見えた。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 3点(2020-09-13 01:56:18)
17.前作がブランド品だとするとこの続編は単なる量産品という感じ。タクシードライバーだとやっぱりありきたりな設定だし、敵も今回はあまりキャラが立ってないし。つまらなくはないけど、まぁ、普通な感じ。監督も脚本も同じだけど、前作もありきたりなところを設定をギリギリとがらせたから、続編でそれを超えるのはまぁ厳しいかな。録画したけどパート1のように繰り返しは見ないかな。
エリア加算さん [地上波(吹替)] 5点(2020-08-15 22:18:17)
16.《ネタバレ》 う~ん‥‥何とも残念
前作では、その場にある物だけ用いて19秒で敵を倒していました。
この設定に、こだわって欲しかったですねぇ。
出来るだけ、ピストルは使って欲しくなかったです。
とは言え、主人公ロバート・マッコールの無敵の強さは痛快
映画自体はまずまず楽しめました。
次作に期待します。
TerenParenさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2020-01-27 01:51:26)
15.《ネタバレ》 まず良かったのが、スタートからマッコールさんが超人的な強さで悪者退治と人助けに勤しんでくれること
前作のような雌伏の時間(といっても演技に過ぎないが)が無い分、序盤はスカっとするイコライザーの楽しさを満喫できる
惜しむらくはタメが無いぶん、逆襲の爽快感がやや薄れてしまったのとありがちな特殊部隊アクションとどこが違うかと問われたら特に返す言葉のないところ
それでもマッコールの不敵な強さと亡き妻への妄執にも似た未練が抑えられず表に現れる時のヤバさが観ていて可笑しかった
ボコした相手にサービスの評価★5つけろよと二回も脅すの器小さくてクソ笑った
結構楽しめた、シリーズの紹介のような導入の30分までは。そう、その後、物語が本線を進み始めてからは何も面白くなくなってしまうのだ
まず、導入の部分にもかかってる不満点なんですが、マッコールさんの職業、タクシー運転手って、イマイチじゃないですかね?
個々のお客のエピソードに介入しやすくて一見よさげに思えるんだけど、あんま活かされてないよね。最初のヤク打たれてレイプされた女性と
肖像画を求めていたおじいちゃんくらいしか絡んでこないし、ありがちな展開なんだよね、タクシーのお客のトラブル解決って・・・
前作のDIY店員が新鮮でよかったので、物足りなさはある。タクシー運転中刺客に襲われたりしたけど映画的にはクライマックスにはならなかったしね
結果、嵐で観づらい最悪な映像で誰もいない空き家という、ここまでつまらない舞台も他になさそうな場所でのラストバトル展開になってしまったよね・・・
ただのスパイ映画のドンパチ見せられて、う~~~~ん。これでイコライザーは株を落としたよなあ。元同僚が裏切り展開という、100回観たシナリオじゃん!
舵取りが良くないなあ・・いいところはとてもいいだけに、もうちょっと上を目指していただきたかったな
うまシネマさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2019-10-19 02:35:39)
14.《ネタバレ》 時間を図る殺しで最後までとしてほしい。
pokobunさん [DVD(字幕)] 6点(2019-08-25 15:17:52)
13.前作が結構好きだったので、本作にも期待。期待どおりの安心の出来で楽しめました。ただ、期待どおりだけど期待以上ではない。パート2なので、前作プラスαが欲しかったかな。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2019-07-06 20:46:43)
12.うーん、、、期待し過ぎちゃったパターンだな。

前作が情報ゼロ期待ゼロで何気に観たからめっちゃ楽しめたので
この続編も予告の時点でめっちゃ期待してたー。すまん。

なんだか前作より普通のアクション映画になってしもうた。
あの人がアレされちゃったのは彼にとってはリーサルウェポンや怒りのアフガン状態になるかと思いきや
なかなかの冷静で、その冷静さも一見そうなんだろ?と思ってたら普通に冷静だった。

前半は前作通り楽しめたけど、後半で失速してしまった。
監督は続編に意欲ありらしいけど、もういいかなー。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2019-06-23 23:48:24)
11.《ネタバレ》 前作は観たけどほとんど覚えてないので、ほぼまっさらな状態での鑑賞。
クールなアクションでとても良かったです。デンゼル無双。
車内での格闘で、回るように撮るショットが印象的でした。
とにかく正義感の強い主人公で、マイルズとのやりとりが話に深みを持たしてくれてます。
悪い友達から引っ張り出して、魂の説得をするシーンが一番好きです。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2019-03-11 21:17:09)
10.《ネタバレ》 ジェイソン・ボーンとは大分違う感じですねこのシリーズ。インテリ感が強調されていて悪くはないのですが、毎日本を読んでるだけなのに現役の殺し屋相手に無双できるのは少々違和感。前作同様、ストーリー的には小粒感が強めでライトな仕上がりです。

ヤク作ってる黒人が一番怖そうなのにそれを放置して帰る点も??でしたが、ラストの闘いもまるで厨二病で苦笑いしてしまいました。やっぱりコレも「見たら忘れる系の映画」で、それ以上でも以下でもない典型的な凡作でした。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 5点(2019-02-28 15:42:22)
9.相変わらず、強すぎ。でもストーリーはよくあるハリウッドものになっちゃっていて残念。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-02-16 09:21:15)
8.アクション映画なのに、アクションが今一つなんです。演じている側のせいでなく、演出や編集でどうにかしなければいけないと感じました。昔はアクションを演じるのは若い俳優が当たり前でしたが、現代では演出や編集のおかげで、年配や女性でも、すごいアクション映画が作れるようになっています。巷のアクション映画の水準からすると、アクションの出来は良くないです。ストーリーはなかなか良く出来ていたと思うので、もったいなく感じます。
shoukanさん [映画館(字幕)] 5点(2018-11-05 17:36:02)
7.《ネタバレ》 主人公の過去が絡んでくることで、出会った人を助けるという前作の良さが薄れてしまった印象。とはいえ、強くてやさしいデンゼルの存在感は圧倒的で飽きることはない。
カワウソの聞耳さん [映画館(字幕)] 6点(2018-11-05 15:32:05)
6.《ネタバレ》 前作は家で見ましたが、今回は映画館で・・ 音がデカくてビックリ。
印象ワードは「騒々しい」 あの映画「ジェイソン・ボーン」の煩さに肉薄。
それでも、まあまあ面白かったです。
見かけた悪人を退治してしまうボランティア仕事人の日常と、出自の因縁でプロ同士の戦いのコントラスト。
今回は、ハリケーンの嵐の中での決闘。自然の驚異をも味方にし、負ける不安の皆無なヒーロー。
前回、鼻に付いたトドメの余韻の引っ張り過ぎも押さえられ、テンポは良いけど、サブキャラの黒人青年が
今一つかなあ。あの麻薬売人連中を野放しにしたのは、どうにも消化不良でした。
あのままでは青年は安心して出歩けないのでは? あいつらも始末して欲しかった(笑
さあて、パート3は創られるのか否か・・ 少し期待してたりする。
で、ココまで皆さん揃って6点・・ どうしようか迷いましたが7点とします。

追伸・・ パン屋の小麦粉で、粉塵爆発、こんなに威力あるの? 小麦粉怖くなったよ?
グルコサミンSさん [映画館(字幕)] 7点(2018-10-29 23:20:03)
5.《ネタバレ》 デンゼルがバリくそ強ぇシリーズ第2弾。表のカオは読書に耽る物静かなタクシードライバー。ホントは復讐に燃える必殺仕事人。腕時計カチコチでゲーム開始。仇敵は近くにいる裏切りのオマエ。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2018-10-21 02:31:54)
4.《ネタバレ》 彼は正義の化身。
目の前に許せない悪があるならば迷わず全力で捻り潰すのみ!
そんな正統派とも違うが俺たちの味方である事には間違いない優しき正義の殺戮者 ・マッコールは今日も行く。ホームセンターの店員からタクシー運転手へジョブチェンジした先でも彼の生き方は変わらない。悪い奴を見つけたら二度と悪い考えを起こさないようにコテンパンにするのはスカッとしますね。やりすぎですが。
アーティスト志望の若者との交流も良く、間違った道に行こうならイコライザー流説教で正しい道へ持って行く。カッコいいぜイコライザー!
しかし今回の相手は昔の同僚。奴らもまたイコライザー…しかし悪のイコライザーだ。そして始まる1対4の大バトル。凄いことになりそうだ…と、思いきや、やはりマッコールだけが特別強すぎるようで、相手はただの特殊部隊チックな方々でした。それをマッコールは次々と敵の目の前に忽然と現れては圧倒的暴力で殺して姿を消すという悪夢的強さ。ラストバトルも全然張り合いが無くてマッコールの一人勝ちでした。嫁や娘が居ようがその男が巨悪なら彼には関係ないんですね。
うーん、次回はもっと凄い奴連れてきてください!パラレルワールドからやってきた悪の化身マッコールとか!そんな無理矢理な奴でもいいので!
ちなみにフークア監督が作り出す全体を通しての雰囲気は一貫してとても緊張感があり、ワイルドで凄技なアクションシーンはどれも見応えがありました。ラストの台風の中でのバトルも他にはない異空間のような様相がたまらないです。
ですが結局殺人事件はなんだったのかよくわからないままだったのがちょっとモヤっとしました。
基本1のマッコールとスタンスは全く変わらないので新鮮味はそこまで無いですけど、今回もその迷いなき正義の執行を十二分に楽しめました。満足!
えすえふさん [映画館(字幕)] 6点(2018-10-18 08:51:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
200.00%
314.35%
400.00%
5521.74%
61356.52%
7417.39%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS