ボヘミアン・ラプソディのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ボヘミアン・ラプソディ
 > (レビュー・クチコミ)

ボヘミアン・ラプソディ

[ボヘミアンラプソディ]
Bohemian Rhapsody
2018年【米】 上映時間:135分
平均点:7.48 / 10(Review 110人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-11-09)
公開終了日(2019-04-17)
ドラマ実話もの音楽もの伝記もの同性愛もの
新規登録(2018-09-02)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-04-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・シンガー
デクスター・フレッチャー〔1966年生〕(ノンクレジット)
キャストラミ・マレック(男優)フレディ・マーキュリー
グウィリム・リー(男優)ブライアン・メイ
ジョセフ・マッゼロ(男優)ジョン・ディーコン
ベン・ハーディ(男優)ロジャー・テイラー
ルーシー・ボーイントン(女優)メアリー・オースティン
アレン・リーチ(男優)ポール・プレンター
トム・ホランダー(男優)ジム・ビーチ
マイク・マイヤーズ(男優)レイ・フォースター
エイダン・ギレン(男優)ジョン・リード
飯島肇ジョン・ディーコン(日本語吹き替え版)
野島裕史ロジャー・テイラー(日本語吹き替え版)
咲野俊介レイ・フォースター(日本語吹き替え版)
志村知幸ジョン・リード(日本語吹き替え版)
花輪英司ジム・ハットン(日本語吹き替え版)
佐々木優子ジャー・バルサラ(日本語吹き替え版)
原作ピーター・モーガン〔脚本〕(原案)
音楽ジョン・オットマン
撮影ニュートン・トーマス・サイジェル
製作総指揮デクスター・フレッチャー〔1966年生〕
アーノン・ミルチャン
ジェーン・ローゼンタール
配給20世紀フォックス
編集ジョン・オットマン
録音ポール・マッシー[録音]
あらすじ
ロック史を語る上で欠くことの出来ない伝説的バンド「クイーン」の栄光へと続く足跡が、リード・ヴォーカルだった故フレディ・マーキュリーの生き様を軸に描かれる感動の音楽映画。学生バンドが世界的なスターにまで一気に駆け上がる姿と、その陰にあったフレディたちメンバーの苦悩や煩悶が、忠実に再現された名曲の数々に彩られ語られていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
110.ライブの再現シーンは文字どおり迫真の演技で見応えがありました。なら本物のライブ映像を見ていればいいじゃん、と言われれば苦しいですが。
しかしライブに至るドラマの部分は、どうなんでしょうね。フレディ・マーキュリー自身が有名人すぎたせいもありますが、だいたい想定の範囲内の話ばかり。馴染みの童話をあらためて紙芝居で見るような感覚でした。もう少しサプライズを見たかった気もしますが、実話ベースだと難しいですかね。
眉山さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-12-01 02:47:43)★《新規》★
109.《ネタバレ》 バラエティー番組の再現ドラマの精巧にできたやつ、という感じ。
前評判がよすぎたせいもあるのか、裏切られた感からか、評価低くてごめんなさい。
出てくる曲は大体知っていて好きなのだが、好きな曲を聴いて楽しむだけならブルースブラザーズぐらいストーリーめちゃくちゃにして割り切ったほうが好みだし、本物を見せるなら本人映像をつないでMJのTHISISITみたいなほうが興奮する。
チェブ大王さん [インターネット(字幕)] 4点(2020-11-25 21:54:22)《新規》
108.日本で予想外の大ヒットをしたときに「Queenをよく知らない人もハマる」みたいな言われ方をしてましたが、少なくともそれは一部嘘です。
なぜなら私はハマらなかったから。

実際に映画を観た感想としては「わりとよくできたバンドの伝記物」であり、それ以上でもそれ以外でもありません。
映画としては起承転結もわかりやすくしっかり丁寧に作られていると思います。

しかし、あのクライマックスのライブエイドのシーン、あれ実際のライブエイドの演奏に合わせた物でしょうが、あそこでぶっちゃけ「なげーよ」と感じちゃうわけですから、明らかに私は映画にハマってません。

あそこで「ウォー!」と昂れるような人にとってはきっとすごく面白いんだろうなぁ…と思います。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-11-22 02:07:14)
107.《ネタバレ》 クイーンのことは詳しくないのでけれど、聞き覚えのある曲がいっぱいで、音楽の力の大きさを感じた。が、それだけではなく、俳優や制作チームもとてもいい仕事をしている。
実話の映画化は、実話をなぞりすぎて淡白で散漫なものになったり、下手な演出で感動の押し売りになったりもして、これならドキュメンタリーのほうがいいのにと思うケースも少なくない。でも、この映画は素直に最後まで惹きこまれた。

もっともクイーンのことをあまり知らなかったので、実話との違いもわからず、違和感なくストーリーや役者を受け入れることができたのかも。フレディのイメージといえば、白いレオタードにいかつい髭面でスタンドマイクを持って歩き回るということしかなかったので、出だしの出っ歯の青年で面食らった。後で昔の映像を確認してみると確かに出っ歯で、どうでもいいようなことだけど、髭面にするとその印象が前面に出て出っ歯が隠れることを知った。
ゲイでエイズに罹って死亡したのは薄っすら記憶にあったけど、知らないことが映画に多く出てきて関心がどんどん湧いてくる。映画を見終わって、早速ネットでクイーンの動画や情報を漁ったくらい。

フィクション部分についてはメンバーも許諾していたようで、伝記映画ではなくアートだということが貫かれていて、その世界に気持ちよく浸ることができた。
フレディの出自や、闘病から死亡まで等、広げようと思えば広げられるところを大胆に省略して、クイーンの始動から全盛期を経て対立からの和解に絞ったのは良かったと思う。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 9点(2020-10-17 22:53:56)
106.《ネタバレ》 クイーンの4人のステージ外においての形態模写再現という点については、極めて高度な内容が達成されています。フレディ以上にブライアン・メイの空気感まで含めた再現度が凄いし、ロジャー・テイラーもいい感じで出番をもらっています。しかし、それ以外に何かがあるかというと、実は特に何もありません。●序盤、ジョン・ディーコンがしれっとステージで新メンバーになっていますが、この奇跡のような4人の組み合わせについて、何で最初の顔合わせとか音合わせの場面を描かないの?●クイーンの最高作は「Ⅱ」と確信している自分にとっては、それがまるまるすっ飛ばされている時点で、すでに大幅減点。大体、「オペラ座」で初めてロック・オペラに挑戦したかのように描写されてますが、クイーンはそんなことはすでに「Ⅱ」で達成していたのであり、「オペラ座」はむしろそれを一般向けに分かりやすく噛み砕いた作品ですよ。●その「オペラ座」より前のツアーで"Fat Bottomed Girls"が演奏されているとか(見ていて「え、そこまで話飛ぶの?」と焦っちゃったよ)、すでに80年代に入っているはずなのに"We Will Rock You"が作曲されているとかいう根本的な間違いは、すでにどこかで指摘されていると思いますが。●そもそも、ライブ・エイドで終わりというのが中途半端なのです。そこまで行くんだったら「ミラクル」と「イニュエンドゥ」も盛り込んだ上でフレディの最期まで行くべきだし、そうでなければ逆にデビューからボヘミアンの楽曲完成くらいまでをじっくり時間をかけて描けばよいのです。●それから、メアリーという人の出番多すぎ。むしろ邪魔。●ただし、最後の最後に"The Show Must Go On"を炸裂させてくれたことだけは感謝したい。もう1曲も、同じ時期でエンディングにふさわしい曲でいえば、例えば"Was It All Worth It"とかでもよかったんじゃない?
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2020-06-12 01:42:08)
105.音楽は、良かった。うん、音楽は。
誰もが聞き覚えのある名曲は、もはや反則級である。

ただ、映画としては物語はどうだろうか。
個人的に、人間性にあんまり共感できなかった。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-04-29 20:39:41)
104.《ネタバレ》 上映時何度もリピートする人続出とか聞いてましたが、はてそこまでかな?
YouTube漬けになるならわかるけど。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-01-12 20:46:24)
103.《ネタバレ》 今やレジェンドとなったクイーンですが、日本で流行りだした当初は圧倒的に女性ファンが多いいわゆるミーハー・バンドって感じでした。当時の中高生男子が支持するのはレッド・ツェッペリンやピンク・フロイドやディープ・パープルといった面々で、「けっ、クイーンなんて…」という風潮でした。フレディ・マーキュリーがゲイであることは当時でも周知で、とくに男子にはホモということが敬遠される要因でもありましたね。決してロック界の王道ではなくサブカル扱いだったわけですが、この熱狂的な日本の女子ファンの底力がクイーンを世界的な存在することに貢献していることは認めなければならないでしょう。この映画が社会現象になっていた時リアルタイム世代の男性音楽ライターや文化人がクイーンを語っていましたが、「お前らそのころホントにクイーンが好きだったのかよ、ツェッペリンだったんじゃないの?」と心の中で優しく突っ込んでいました(笑)。 とは言いながらも期待して視聴したわけですが、意外と普通の出来の音楽映画という感じで拍子抜けしました。中盤すぎまで脚本もありふれた伝記映画という感じで、クイーンの音楽製作の実態にもっと迫った撮り方の方が良かったんじゃないかな。比べちゃうのは失礼かもしれませんが(どっちが?)、『スパイナル・タップ』の方がよっぽどリアルなロック映画ですよ。レミ・マレックの熱演を否定するわけではありませんけど、フレディー・マーキュリーを「我が強くて仲間とも諍いが多かったけど、エイズになってけっきょく良い人になって早世した人」とかなり単純化した人物像にしたのは安易なような気がします。それでも大してクイーンが好きでもなかった自分なのに、劇中流れるクイーンの楽曲を全部知っていたのは、我ながら驚きました。そしてライブ・エイドのシークエンスはやはり鳥肌ものです、その再現力は凄過ぎです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-01-08 22:56:10)
102.ファンと言う訳ではありませんが、ヒットタイトルなので見てみました。
ファンではない者でも知らず知らず幾度も聞いている楽曲の力。それらをなぞるだけで十分見れる映画です。
ただ、それ以外の物語の部分や見せ方の部分では物足りないのもまた事実。
本来なら数年経っている所が説明無く数分で処理されて居たりと時間スケールが小さくその分薄っぺらい気も。
ただ描き方としては細かなエピソードを掘り起こし過ぎるよりこれぐらいが丁度良かったのかもね。
本人も裏側での出来事よりも自らの才能で作った曲でこそ評価して欲しいだろうしね。
デミトリさん [DVD(吹替)] 7点(2019-11-12 22:01:11)
101.《ネタバレ》 クイーンの曲は嫌いじゃない。
でもフレディ・マーキュリー(本人)のあのビジュアルがどうも受け付けず、
見るのを敬遠していました。
しかし話題作だしと見始めると、一気に入り込めました。

実際のフレディは分かりませんが、
この映画で描かれるフレディの孤独というのは、胸が痛くなるものでした。

最後のライブシーンも感動したし、
何だかクイーン聞き直してみよう!と思える映画でした。

ロジャーがかっこよかった。
クロリンさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-10-24 21:01:15)
100.ようやく観ることができました、映画館で観たらさぞ違っていたでしょうけれどこれでも十分迫力ある音楽でした。2時半弱と思えないほどの駆け足の伝記映画でしたが、もっとじっくり描くとしたら連続シリーズになるでしょうね。しかし惜しい人を、という気持ちになります。Queenメンバーもさらにそう思う今日この頃だろうと察します。(蛇足ですが、①いろんな方のそっくりさんよく集めましたね!②ファンじゃなくても数十回観覧する人がいるというのも納得です。)
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-10-22 21:47:05)
99.《ネタバレ》 クイーン誕生からLive Aidまでの物語が、フレディ・マーキュリーを主軸に展開していく映画です。
フレイディ・マーキュリーがあれだけ個性的で、エゴが強く、強烈なキャラなんだと率直に感じました。

ライブ・エイドはリアルタイムでテレビで見てました。
あそこに至るまで、あのような物語が隠されていたのかと思うと、とても感慨深いものがあります。

しかし、先ほどもふれたように、フレディのキャラがどうしても無理に感じてしまう。
おそらく演じたラミ・マレックのイメージがどうも、フレイディとリンクしないことが原因だと思う。

ちょうど、ラミ・マレックがフレイディよりも、私の知人にそっくりでした。
では、その知人はフレイディに似ているかというと、そうではないのです。
なので、フレディではなく友人にリンクしてしまってました(笑)

もう少し、ガッシリした体格だったら良かったな〜っ。
極めて個人的な意見で申し訳ないのですが、演じる役者はとても重要だと感じました。

あの華奢な感じと、異常にクローズアップされたゲイという設定が、尚更、目を曇らせているようにも思います。

確かにフレイディはゲイだということは、有名な話しだけど、あそこまでクローズアップする必要があったのだろうか・・・

個人的には、クイーンのほかのメンバーたちのことも、もっと知りたかった。
ブライアン・メイは自作ギターを弾き鳴らし、ギタリストとして名を馳せ、ロジャー・テイラーはある意味でフレディ以上の歌声と評され、あの「レディオ・ガ・ガ」を作ったことでも有名です。

そして、ベースのジョン・ディーコンは、電子工学の知識があり、アンプやエフェクターなども自作し、クイーンの音作りに貢献しています。

このようなことを、映画の中で観たかったのですが、ゲイがクローズアップされちゃいましたね。少し期待はずれでした。

最後の、ライブ・エイドの映像は、かなり忠実に再現されていて圧巻の感動でした。
改めて、クイーンは世界のビックバンドであり、フレディは偉大なアーティストだったと実感させてくれました。

あの時代をリアルタイムで体験したものとして、この手の映画はもっと作って欲しいです。
クイーンに乾杯!という気分です。
レスポーラーさん [DVD(字幕)] 8点(2019-10-07 00:27:20)
98.《ネタバレ》 青春時代、友だちにバンドやってる奴がいて、「大変なことが起きる」と
熱く語っていたなぁ~。それがバンドエイドだった。
もちろん自分も好きなバンドも出てて、興味持ってたけど・・

何が言いたいかというと、もう俺らも伝説に立ち会った人間になってしまったなぁ、てこと。
今までは、先輩たちが「ウッドストック」とかシミジミ語っていたのを聞いて、
「知らないし・・」とか言ってた側だったんだけど・・
年とったなぁ(笑)

お馴染みのクイーンの曲で楽しみました。
観てて泣くとは思わなかったけど(笑)
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2019-08-24 15:30:23)(良:1票)
97.《ネタバレ》 クイーンファンなら十分楽しめる。劇中歌の全てを何度も何百回も繰り返して聞いていた私は十分楽しめました。ただ映画としては、まぁこうなるんだろうなぁという予測範囲内の展開だったので、映画としての点数は5点になりました。
yoshi1900olololさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2019-08-15 10:03:26)(良:1票)
96.《ネタバレ》 一般的な伝記映画と比べて、バンドの伝記だからか2時間分の曲を聴いたみたいな感覚。
区切りのないシームレスな構成でしたね。クイーンの名曲をメドレーにして、そこに一つ一つのエピソードを付随させるみたいな。
ラミ・マレックは個性的な俳優で一目置いてましたが、本作で一皮剥けましたね。
かなり難しい役だったと思うけど、苔ならオスカーも納得。ライヴ・エイドのシーンはやはりグッとくるものはありました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2019-06-27 20:56:42)
95.《ネタバレ》 昨年一番の話題作を今回満を持して鑑賞。クイーンは確かファースト・アルバムと世界に捧ぐ?(あのウィウィルロックユーとウィーアーザチャンピオンの入ったやつ!)の二枚を十代のころに買ったくらいのファン。それ以外の曲はあんまり知らないながらも、それでもやぱ有名な曲がかかるとテンション上がりますよね~。ただ、映画としては僕はそこまで嵌まらなかったですかね。もともとこの監督とは昔からいまいち相性が良くないみたいで、有名なやつもいくつか観ましたが僕はそこまでって感じだったので今回もそんな感じでした。映画館で観たらまた違ったかもですけど。次は僕の大好きなプリンスの生涯を誰か映画にしてくれないかな~~。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2019-06-01 21:29:58)
94.伝記として見やすい。俳優が本物のようにいきいきと演じている所が好感が持てる。これを見て改めてクイーンの曲が好きになった。
Yoshiさん [DVD(字幕)] 5点(2019-05-24 07:36:22)
93.《ネタバレ》 2時間強の時間をじっくり費やして、ものまねショーを見た気持ちです。聞き覚えのある有名な曲の誕生譚とともに見ながらですので、ワタシは十分に満足しています。しかしこの、とてつもなくシンプルな物語(仲間は家族だ、裏切りと再会、不治の病など)。ショーを堪能するためには、ピッタリでした。温泉場を巡っている旅芸人のショーの大がかりなヤツという評価です。繰り返しますが、十分満足はしています。
なたねさん [DVD(字幕)] 8点(2019-05-19 22:36:59)
92.《ネタバレ》  汗が欲しい。
 スポットライトを一身に浴び、激しいパフォーマンスをしていると見て取れるほどの滴りを、
大観衆の熱気と興奮の一部として歓声を上げることに夢中になり、拭う暇もない流れを。

 3,40年前なのに空調のよく効いた所でライブをしているんだなぁ、湿度低いんだなぁと、
途中ちょっと醒めておりました。

 しかし終盤そんな気分は覆され、目からたくさんの粒が零れていきました。
 20年前、仲良くしてくださっていた先輩から「QUEENいいよ。聴いてみて」と薦められ
「どんなのを歌っているんですか?」と尋ねたところ、「お母さん、僕は人を殺してしまった、
っていう歌」と返されどん引きして以来碌に聴きもしなかったくせに、20年後の映画館、
正にその曲で涙するなんて想像もしませんでした。
 先輩、すみませんでした。来年の年賀状にはこの映画の事を書こうと思います。

 それにしても、アメリカのドラマ『コールドケース 迷宮事件簿』と同じくよくぞここまで
そっくりさんの俳優を揃えられるものかと感心させられます。

 フレディは劇中他のメンバーに「俺とバンドをやっていなければ大物になんかなれなかったろ」
みたいに言いますが、あなただって皆と組まなければ光りもしない星屑だったかもしれませんよ。
 割と空気だったベースの彼の、ソロ騒動収束時にアフロヘアっぽくなって登場するまでの
心境の変化は何だったのでしょうね。
ぱいなぽさん [映画館(字幕)] 8点(2019-05-13 01:09:51)(良:1票)
91.2018年、社会現象にもなった超話題作、クイーン、フレディ・マーキュリーの伝記もの..いや~ ラストは、ただ ただ 素直に感動したかな~(クイーンがあまりにも有名で、楽曲が偉大すぎて、感動したのかもしれないけど..) 映画として、ミュージシャンものとして、無駄を省きシンプルに描かれていて..良作...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 8点(2019-05-03 18:12:14)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 110人
平均点数 7.48点
000.00%
100.00%
210.91%
310.91%
421.82%
565.45%
61715.45%
72825.45%
82018.18%
92825.45%
1076.36%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.70点 Review10人
2 ストーリー評価 5.64点 Review14人
3 鑑賞後の後味 8.21点 Review14人
4 音楽評価 9.63点 Review19人
5 感泣評価 8.10点 Review10人
chart

【アカデミー賞 情報】

2018年 91回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ラミ・マレック受賞 
音響効果賞 受賞 
編集賞ジョン・オットマン受賞 
録音賞ポール・マッシー[録音]受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2018年 76回
作品賞(ドラマ部門) 受賞https://www.goldenglobes.com/film/bohemian-rhapsod
主演男優賞(ドラマ部門)ラミ・マレック受賞https://www.goldenglobes.com/film/bohemian-rhapsod

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS