人魚の眠る家のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 人魚の眠る家
 > (レビュー・クチコミ)

人魚の眠る家

[ニンギョノネムルイエ]
2018年【日】 上映時間:120分
平均点:5.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-11-16)
ドラマミステリー小説の映画化
新規登録(2018-09-16)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-11-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督堤幸彦
キャスト篠原涼子(女優)播磨薫子
西島秀俊(男優)播磨和昌
坂口健太郎(男優)星野祐也
川栄李奈(女優)川嶋真緒
山口紗弥加(女優)美晴
田中哲司(男優)進藤
田中泯(男優)播磨多津朗
松坂慶子(女優)千鶴子
原作東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
脚本篠崎絵里子
主題歌絢香「あいことば」
撮影相馬大輔
製作石原隆〔製作〕
松竹(「人魚の眠る家」製作委員会)
フジテレビ(「人魚の眠る家」製作委員会)
木下グループ(「人魚の眠る家」製作委員会)
電通(「人魚の眠る家」製作委員会)
企画松竹
プロデューサー臼井裕詞(エグゼクティブプロデューサー)
配給松竹
美術磯見俊裕
衣装宮本まさ江
編集洲崎千恵子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 原作読後に観ました。
篠原涼子さんの表情の変化に圧倒されます。
原作から変更したところも、削ったところもうまく噛み合っていると思います。もう一度読み直します。
心停止していない自分の子を死と認められるか、仮定の話ですが体温を感じたら私にはできません。動きではないです。
へいすけさん [映画館(邦画)] 7点(2018-11-21 00:05:03)★《新規》★
1.《ネタバレ》  とても考えさせる物語。
 命について、脳死と心臓死について、そして自分の大切な人について。
 もし自分ならばどう考えて、どう行動するのか、どう選択するのか、それは簡単には答えが見つからない問題。

 で、そんなデリケートな問題を、堤幸彦監督はいつものようにガチャガチャと騒がしく、ゴテゴテと飾り立てて。すっかり気が散りまくりで落ち着いて考えさせてくれないシロモノにしてしまっているのね。

 カメラワークは不必要なまでに動き、揺らぎ、クドい顔面アップが繰り返され、これ見よがしな画を重ねて。観客に思考の余地を与える気がない、いや、むしろまるでワザとそのジャマをするかのように。

 アナモフィックレンズで撮ってるのだけれど、頻出するレンズフレアのためだけに使用してる感じで、左右に空間が存在しつつ頭切れアゴ切れしてる顔面アップの画は酷いモノで。本当は全編ビスタサイズでいいハズな画。

 大仰な演技と高いテンションで大騒ぎな状態は、重要なシーンで更なるエスカレートを必要として映画の内側でばかり爆走状態。

 雛壇飾り!鯉のぼり!誕生日!入学式!スローモーション!回想シーン! 強調してまーす!って映像の羅列にゲンナリ。
 一方で重要視してるようでハンパな水の表現。冒頭の水たまりのカットの、そのハンパなこと。雨にしても効果的に配置してるのではなく、記号のような状態だし。

 なるべく余計な映像や台詞を削ぎ落として、抑制してこその題材だと思うのだけど、どうも監督は、そうは考えてないみたい。

 ダラダラと続いていつ終わるの?ってエピローグなんか見てもきちんと整理されていない感じで、もう少し映画をちゃんとデザインしようよ、って思ったわ。

 あと、最終的に脳死は人の死、臓器移植に協力しましょう、って方向に傾いてた気がしたのだけど、それは原作がそうなのかしらねぇ?
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 4点(2018-11-18 17:29:37)《新規》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS