続・終物語のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > 続・終物語
 > (レビュー・クチコミ)

続・終物語

[ゾクオワリモノガタリ]
2018年【日】 上映時間:148分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-11-10)
ファンタジーアニメシリーズもの青春もの学園もの小説の映画化
新規登録(2018-11-02)【ヴレア】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督新房昭之
神谷浩史阿良々木暦
斎藤千和戦場ヶ原ひたぎ
加藤英美里八九寺真宵
沢城みゆき神原駿河
花澤香菜千石撫子
堀江由衣羽川翼
喜多村英梨阿良々木火燐
早見沙織斧乃木余接
井上麻里奈老倉育
原作西尾維新
制作シャフトアニメーション制作
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.面白いか面白くないかで言うならば、まあ面白かったと言わざるを得ない。
しかし、それは決して手放しで喜べるような楽しさではなく、これまでのシリーズを通して観たことで得ることのできる達成感のようなものが勝っていたのではないかと思われる。
私の好きなキャラクターである忍野忍があまり出てこないという我が儘な不満はこの際置いておく事にするが、この『続・終物語』においては『終物語』で提示された謎を回収し、さらに進んだ世界(鏡の中の世界)を見せてくれはするが、そんなにワクワクするような物語でもなく、あり大抵に言えば極めて緩いコンセプトの元に進んで行ったとしか思えない。何より阿良々木暦という人間の極私的な閉じた世界であったという点で、この150分にも及ぶ長篇で付き合わされるのだからはっきり言って疲労感の方が大きい。とは言え、物語は一応の終着を見せ、阿良々木もこれでやっと次のステージに進めるだろうから、とりあえず阿良々木にはお疲れさんと声をかけてやりたい。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2018-11-14 13:47:05)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS