オレの獲物はビンラディンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オレの獲物はビンラディン
 > (レビュー・クチコミ)

オレの獲物はビンラディン

[オレノエモノハビンラディン]
ARMY OF ONE
2016年【米】 上映時間:92分
平均点:3.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-12-16)
コメディ実話もの
新規登録(2018-12-02)【かたゆき】さん
タイトル情報更新(2020-02-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラリー・チャールズ
キャストニコラス・ケイジ(男優)ゲイリー・フォークナー
ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ(女優)マーシ・ミッチェル
ラッセル・ブランド(男優)
レイン・ウィルソン(男優)CIA職員 シモンズ
デニス・オヘア(男優)CIA職員 ドス
マシュー・モディーン(男優)ロス医師
大塚明夫ゲイリー・フォークナー(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕マーシ・ミッチェル(日本語吹き替え版)
音楽デヴィッド・ニューマン〔音楽〕
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 原題自体は Army of One。ところがこれが日本邦題となると オレの獲物はビンラディンだとか あらま(映画のタイトル中に世界的な犯罪者の名前を入れちゃった?)的に あからさまにダイレクト。これにはきっとパキスタン人も米国人だって驚くんじゃなかろうか

だけどこれはあからさまにコメディで、
しかも、90分間 喋り倒しのニコラスで。
だけど、その一個だって笑えやしないというですね。(笑うところがないコメディなんて もうその先は言いませんですが)

しかし、別のところで
今まで気にする事なかった女優でマーシ役の女性:ウェンディ・マクレンドン・交尾さん(以下、名前長すぎるから割愛で)そのウェンディが今回かなり℃-uteで素敵でした。出演シーンは確か12シーンほどあったんですが( ⬅数えた) そのどのカットにおいても℃-uteでかわいらしく このかわいいお方は誰?て思いましたもん。でも調べてみますと なんと1969年生まれなんですと、うはあ そうは見えなかったんですけどね。でも彼女の見映えは笑えないコメディの中においての一服の清涼剤となっており、ニコラス 彼女の存在のおかげで救われたなホンマ。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2020-02-29 23:30:53)★《新規》★
2.無料放送で、ニコラスケイジのぶっとんだ演技でついつい最後まで見てしまったが、どこからどこまでが
現実で妄想なのか、見てるこっちまでおかしくなりそうだったので、とりあえず甘いものを食べました。
実話らしいけど、中途半端なハッピーエンドにしてしまうのが、悪い癖。
まぁ人間ってのは、病的な時ほど純粋な気がしますけどね。
がらんどうさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2020-02-23 22:35:23)
1.《ネタバレ》 「ビンラディンを捕まえ、法の裁きを受けさせることが出来るのはお前だけだ!」という、突然の神の啓示を受けた糖尿病を患う中年男ゲイリー・フォークナー。主治医の先生を騙して資金を調達し、ヨットやパラグライダーという移動手段を手に入れ、そして通販で一本の日本刀を入手するとゲイリーは綿密?な計画を練ることに。様々な紆余曲折の末になんとかパキスタンまで向かった彼は、まるで憑りつかれたように山岳地帯の何処かに潜伏中だというビン・ラディンを捜しはじめる。当然、彼の友人たちや恋人はなにかと振り回され、現地で職務を遂行中のCIA職員にまで影響を与えるようになる。一方何も知らない現地のパキスタン人は、突然現れた日本刀を振り回す白人男を面白がり、ゲイリーは一躍有名人へとなってゆく…。そんな実在するイカレタおやじのイカレタ旅路をスラップスティックに描いたブラックコメディ。うーん、正直いまいち笑えなかったですね、これ。大して面白くもない小ネタをひたすら垂れ流してるだけで、ストーリーが一向に進んでいかないのが致命傷。だいたいパキスタンまで到着するのが遅すぎて、途中のダレ具合が半端ないっす。また登場人物が物語の中で誰一人として動き出さないのもいただけない。主人公はもちろん、彼の恋人の娘である脳性まひの女の子なんて、いくらでも面白くなりそうな素材なのに全く活かされていません。実話とは言え、いかに映画として面白く魅せるかがスタッフたちの腕の見せ所なのに、いったい何をやっていたのでしょうか。途中で何度も睡魔に襲われながらなんとか最後まで観ましたが、得られたものは何もなかったです。イカレタおやじを嬉々として演じていたニコラス・ケイジの嵌まりっぷりに+1点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2018-12-03 22:25:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 3.33点
000.00%
100.00%
200.00%
3266.67%
4133.33%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS