続・組織暴力のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > 続・組織暴力
 > (レビュー・クチコミ)

続・組織暴力

[ゾクソシキボウリョク]
1967年【日】 上映時間:90分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1967-06-29)
アクションドラマシリーズもの犯罪もの刑事ものヤクザ・マフィア
新規登録(2018-12-16)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2020-06-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤純彌
助監督野田幸男
演出日尾孝司(擬斗)
キャスト丹波哲郎(男優)北川警部
渡辺文雄(男優)兵頭五郎
安藤昇(男優)国崎健司(特別出演)
谷隼人(男優)杉井
待田京介(男優)石上
内田良平(男優)榊伸作
柳永二郎(男優)大和田大作
山本麟一(男優)中西刑事
室田日出男(男優)沢井刑事
水島道太郎(男優)権堂耕太郎
河津清三郎(男優)菊川
見明凡太朗(男優)友田
八名信夫(男優)白木
日尾孝司(男優)若松
曽根晴美(男優)里眼鏡
露口茂(男優)田沢
金子信雄(男優)部長
河合絃司(男優)署長
関山耕司(男優)岡崎
近藤宏(男優)榊組幹部A
今井健二(男優)中川
潮健児(男優)寺川
倉田保昭(男優)
脚本石松愛弘
音楽佐藤勝
撮影仲沢半次郎
企画俊藤浩滋
矢部恒
配給東映
美術森幹男
編集田中修
録音加瀬寿士
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 シリーズ第2作。主演は前作同様に刑事を演じる丹波哲郎なのだが、実際見てみると渡辺文雄演じる裏とつながった氷屋の社長が主人公のように見え、彼がヤクザと手を結び、のし上がっていく物語になっていて、丹波哲郎の出番は比較的少なめな感じだった。渡辺文雄は前作でも悪役で出演していたが、今回もはまり役で、丹波哲郎の追及をのらりくらりとかわしていくふてぶてしさが素晴らしい。一方でさっき書いたように丹波哲郎の出番が少なめなためか、刑事たちの捜査に対する執念というものが前作より弱かった気がする。それでも本作は前作同様にヤクザを美化した内容にはなっていないのがこの時代の東映ヤクザ映画とは一線を画すところ。逮捕された直後の渡辺文雄をバックについていた柳永二郎演じる大物の命を受けた部下たちがあっさりと殺してしまうラストシーンにヤクザ社会の非情さというものがしっかりと描かれていて、のちの実録路線のヤクザ映画にも通じるところのある映画になっているのが良い。このラストシーンは前作のラストシーンよりも救いがなく、やるせない気持ちになり、茫然と立ち尽くしている丹波哲郎と同じく、見ている側も茫然とするしかないのだが、これは佐藤純彌監督をはじめとするスタッフの狙いなのだろう。そして、トカゲの尻尾切りのように悪人を捕まえても結局、まだその上がいて、悪は無くならないという社会的メッセージを感じとることができる。これがこの当時の佐藤監督の作風によるものなのかはわからないが、このシリーズは2作とも単なる東映のヤクザ映画ではなく、とても見ごたえのある社会派映画の傑作だったことは確か。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2019-06-07 00:09:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS