グリーンブックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グリーンブック
 > (レビュー・クチコミ)

グリーンブック

[グリーンブック]
Green Book
2018年【米】 上映時間:130分
平均点:7.91 / 10(Review 77人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-01)
公開終了日(2019-10-02)
ドラマコメディ実話もの音楽ものロードムービー
新規登録(2018-12-24)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2019-10-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ファレリー
キャストヴィゴ・モーテンセン(男優)トニー・“リップ”・バレロンガ
マハーシャラ・アリ(男優)ドクター・ドナルド・シャーリー
リンダ・カーデリニ(女優)ドロレス・バレロンガ
大塚芳忠トニー・“リップ”・バレロンガ(日本語吹き替え版)
諏訪部順一ドクター・ドナルド・シャーリー(日本語吹き替え版)
中村千絵ドロレス・バレロンガ(日本語吹き替え版)
飛田展男(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
てらそままさき(日本語吹き替え版)
村治学(日本語吹き替え版)
梅津秀行(日本語吹き替え版)
魚建(日本語吹き替え版)
脚本ピーター・ファレリー
製作ピーター・ファレリー
チャールズ・B・ウェスラー
製作総指揮オクタヴィア・スペンサー
ジェフ・スコール
ジョン・スロス
美術ティム・ガルヴィン(プロダクションデザイン)
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
77.最初に based onではなく inspired byとあったので、製作者は「演出も加えていますよ」という意味を込めているのだと思う。制作年から50年以上前の話なので、当時を知る人も減り、記憶も鮮明では無くなっているということもある。それを「真実に基づく」と訳してしまうと誤解が生じると思う。「事実を元にしたフィクションである」ぐらいにしておいた方が、良いのではないか。
とはいえ、内容的にはとても良かった。直近でも Black lives matterが大きな社会現象になるぐらい、未だに人種差別問題が歴然と残るアメリカでは特に意義深い作品なのだろう。ドンが「暴力では何も勝ち取れない。威厳を持ち続けることだけが勝つための方法だ。」と言うが、それが用心棒兼ドライバーに向けられたものというのが、問題の複雑さを示している。最初は距離のあった二人がお互いから学んでいく姿は、見ていて微笑ましいものだし、見習いたいと思う。
実話モノ、人種を超えた友情モノとして「最強のふたり」を思い出した。あちらもいい映画。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2021-12-01 08:01:17)★《新規》★
76.ひと悶着ある度に、トニーはどんな気持ちでいるのだろうか。
ドクはどんな想いでいるのだろうか。

最初は開いていたなんてものじゃない距離が、
実はゼロ距離だったのだということを、
トニーはもちろんドクも気づいていったのだろうと思う。

「南部に行くドクの勇気」とセリフにあったが、
それは片側だけの勇気ではないだろう。

凝り固まった四十肩のような、しかも痛みを増すような社会の中で
たった二人は、されど二人は間違いなく同じになった。

他の映画だと、一方的である描写が多いとおもってしまう中で
この映画は一方的では済まさない、痛快ではなくオデンのような染みた心の動きがある。
元祖さん [インターネット(字幕)] 10点(2021-11-27 22:41:09)《新規》
75.実話ベースらしいが南部の黒人差別が題材の作品。黒人の彼と白人の運転手、共に良い俳優さんですね。心暖まる素晴らしい作品。
SUPISUTAさん [インターネット(字幕)] 9点(2021-10-07 17:50:30)
74.白人と黒人、境遇も性格も異なる2人が、雇用関係の下、2ヶ月間一緒に旅をする中で、
様々な問題に直面しながらも、友情が芽生え、それを深めていく・・・という話。

「王道」というべき話の展開は、分かりやすい。
反面、映画としては角が丸く、インパクトはやや薄い。

毒は薄いが、まとまりがよく、無難に面白い。
学校の教育教材としてはピッタリかも。
そんな映画でした。
2年で12キロさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-09-26 11:07:07)
73.この様な素晴らしい映画がアメリカで作られていても、それでも今でもなお、アメリカ南部では黒人が一般公共施設を利用することを禁止制限した法律が存在していることが驚きですね
アキラさん [インターネット(字幕)] 8点(2021-08-26 14:24:17)
72.とても心温まる素晴らしい作品素晴らしいロードムービーでした!
助演男優賞獲ったマハーシャ・アリも良かったけどさ、
個人的にはヴィゴの役作りハンパないってw
シネマブルクさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2021-08-22 02:43:35)
71.例によって、まったく予備知識なく視聴。『最強のふたり』を彷彿とさせる映画で、「見ていなかった自分」を責めたくなりました。彼らもまた最強のコンビ。実話だと知ってさらに感動。フライド・チキンのシーン、オレンジ・バードのシーン、パンクのシーンが好き。前向きに生きることの大切さを改めて教えてもらいました。
Fanfanさん [インターネット(字幕)] 9点(2021-08-06 12:02:38)
70.重い話しなのかな、暗い話しなのかな、と勝手に敬遠しておりましたがそんな事はない、あっという間の2時間でした。
紳士すぎるドクターと江戸っ子イタリアンは最高のコンビだと思います。
教科書でしか見たことのなかった信じられない差別描写は私には(表現として)新鮮でしたよ。今も大変な問題になっている事を忘れてはいけませんね。
美しく、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる素晴らしい作品でした。
Kの紅茶さん [インターネット(字幕)] 8点(2021-07-31 02:42:20)
69.《ネタバレ》 「粗にして野だが卑にあらず」的な主人公が魅力的。対象的に孤独なエリートとして描かれた〝ドクター〟との絡みも、硬軟織り交ぜていい感じ。特に最終盤、演奏キャンセルから帰路、そしてラストの奥さんのセリフに至るまでの展開は、けっこうグッと来ます。
しかし、残念に思う点もいくつか。まず先々で起きるトラブルがいずれも紋切り型というか、黒人差別を扱った映画で何度か見たことのあるシーンの焼き直し感が否めません。どこまで実話ベースなのかはわかりませんが、無理やり創作感が漂います。あるいは実話ベースであるがゆえに、あまりぶっ飛んだエピソードを創作できなかったのかもしれません。
そしてもう1つ、そもそもなぜニューヨークで成功しているピアニストが、わざわざ偏見の坩堝である南部を回ろうと思ったのか。そして回った結果、何か得たものはあったのか。バンドメンバーの口からサラッとは語られましたが、本人は一言も言及しませんでした。この部分を少しスッキリさせてほしかったかなと。
眉山さん [インターネット(字幕)] 8点(2021-07-12 02:29:55)
68.《ネタバレ》 いいよ、これは。素敵じゃないか。最初から最後まで無駄がなくて、あっという間の2時間。
ピアニストの物語なのに、音楽はあくまで脇役で、友情がメインなんだもん、そしてこの二人が強い。男くさい。
少し笑える小ネタから、生き方や人生の葛藤、人種差別の深いテーマまでバランスよく織り込まれていてちょうどいい。
何を解決するわけでもないが、自分を突き通しながら答えをお互いに見つけていく、脚本といい演技といい、全て心地よかった。
Keytusさん [インターネット(字幕)] 9点(2021-06-30 01:38:28)
67.《ネタバレ》 人種差別が一番のメインテーマとなり、その数々のシーンも印象的ですが、
なにより二人のギャップが大きく、凸凹コンビなんだけどがっちりハマってる友情関係が
笑えるシーンもあり、とても良かった。
ラストシーンの奥さんの全く差別の感じない対応とセリフがあって、
最後の最後までほっこりする映画でした。
旅を通じてトニーだけでなくドクも心境が変化したんだね~。
あとはフライドチキンがとても食べたくなりました!
とむさん [インターネット(字幕)] 9点(2021-06-30 00:29:53)
66.《ネタバレ》 良いですねえ。大好きです。もうヴィゴ・Mのトニー・リップが良いですもん。単純かつ腕っぷし(のみ)が取り柄の、よくしゃべりよく食べるイタリア系アメリカ人のおっさん。この映画がよくある‶被差別黒人と白人との友情話”より一段精彩を放っているのは、信頼に値するメタボ腹のトニーがいるから。
トニーは精神の根っこに差別意識の無い奴。周囲の人間が黒人蔑視のノリなので、特に考え無しに同調していたのでしょう。だからギャラをもらえるなら黒人がボスでもさほど抵抗は無いのだった。
なにしろシンプルで腹の底まで透けて見えるトニー相手だからこそ、ドクは(怒りに任せてだけど)内なる心情を吐露したのですね。おそらくトリオの二人にも内面の最も深い面をさらしたことなどなかっただろうと思います。状況に対して脊髄反射するトニーは、教養のある連中のように感情を包み込んで体の良いことを言わないから。
出番は少ないけど奥様のドロレスも素敵。お見通しの手紙の一件にはふふっとなりますね。わたしはトニーオリジナルの手紙も好きでしたが。
ヴィゴ・モーテンセンにアラルゴンの面影など限りなく残っていないことに初めこそ衝撃を受けましたけど、別人トニー・リップも彼の見事な仕事のひとつに数えられることになるでしょう。イタリア訛りとか言葉遣いの悪さを聞き取れたらなあ、と自分が残念でした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2021-06-18 23:47:12)
65.道徳的な匂いはするものの、それでも素晴らしい。こういった作品があるから映画っていいな、と思う。
もちろん想像がつく展開だが多くの場面が心地良い。万人に観てもらいたい。
simpleさん [インターネット(字幕)] 9点(2021-06-14 21:33:09)
64.《ネタバレ》 完成度の高い素晴らしい作品
役にもハマり、演技も素晴らしい主演の二人・綺麗な奥さん

狡猾な白人男トニーとロンリー天才ピアニストのドクターのロードムービー

欲を言えば、元は黒人が使ったコップを捨てる程黒人嫌いだったトニーが
割と序盤の手紙で「ドクはいい奴」というトニーの心境の変化が観られるのだが
変化までが急で観てる側にもそう思える過程を描いてほしかったくらい

割と期待をして観ましたが、それでもなお楽しめました!
メメント66さん [インターネット(字幕)] 8点(2021-06-13 17:26:01)
63.ドクは、黒人っていうだけでなく、ゲイでもあったわけなんですね。

でもトニーは黒人であることもゲイであることも、気に留めない。


イタリア系移民っていうことで、すでに差別されているせいか、弱いものの気持ちが分かってるのかなと。


トニーにだんだん下品にされていく(フライドチキンとか、聞く音楽とか)ドクと

ドクにだんだん上品にされていく(手紙のセンス磨きとか)トニー。

普通に心地よい作品だった。


アカデミー賞の授賞式は見ましたが、オクタヴィア・スぺンサーが作品賞受賞のときに舞台に上がっていて
「え?彼女出てたっけ?」と思ったら、エグゼクティブ・プロデューサーだったんですね。

貫禄ついてきましたねぇオクタヴィア。
フィンセントさん [インターネット(字幕)] 8点(2021-06-07 11:31:47)
62.《ネタバレ》 良い映画という言葉がぴったりな作品。それが実話を元にした作品というのです。どこからどこまでが事実でどこからが脚色なのかは分からないですが、小さなエピソードに至るまでしっかりと作り込まれています。個人的にはフライドチキンの件が好きです。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-05-16 17:34:44)
61.アメリカは、この時代も今もいろいろ問題のある国ですが、こういう映画が作れるのはこの国の素晴らしい所ですね。
本当にうらやましい。
それでも問題は解決していないんですよね。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2021-05-04 14:42:40)
60.《ネタバレ》 よくまとまった作品だとは思いますが、逆にいうと優等生作品の枠に収まった作品でしかない。一つ一つのシーンから、「ほ~らこんなところにも自分たちは目配りができてるでしょ~」「一方に偏らないバランスとった描写してるでしょ~」という制作側の自慢(と計算)が随所で見えているのです。一方で、例えば「北部ではチヤホヤされて金も稼げるドクが、なぜわざわざ苦労が目に見える南部を目指すのか?」という最も重要な点は、同行者からの台詞でしか語られない。いや、説明はそれだけでいいんだけど、それがドクの行動に具現化されていないので、それぞれがばらばらに完結しているだけ。●トニー役には、やっぱりイタリア系俳優を当てるべきだったと思いますけど。作中でその点が再三言及されていることからすればなおさらです。アリは、気品と高貴性ある主人公を頑張って表現しようとはしていますが、まだ頑張りが見えるレベルであって、内面からそれがにじみ出てくるところまでは至っていない。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2021-03-28 23:54:58)
59.《ネタバレ》 一緒の時間を過ごさないとわからないことが世の中には沢山ある。
黒人に対する差別や偏見がいかにつまらないものか、あくまで自然体のトニーが教えてくれる。
説教とか、主張とかじゃなく、態度で。
ツアー終わりのレストランで、黒人に演奏はさせても食事はさせないという支配人。
君がやれというなら演奏する、というドクに、こんなつまらない所さっさと出て行こうぜって契約を破棄するトニー、スカッとしたなあ。
同じ車で移動するうちに、互いを尊敬し合うようになる二人の関係性が最高にうらやましかった。
そしてドロレス。
黒人への偏見がない彼女は、決してトニーに説教なんてしなかったけど、変わって欲しいと思っていた。
そんな彼女の、クリスマス・パーティーにドクを招き入れるトニーを見た時の表情のなんと美しいことか。
手紙を添削してもらったのもしっかりバレてるけど、それはトニーには内緒。
素敵な女性だなあ。
いや、いい映画。
素晴らしい2時間を過ごせて大満足。
roadster316さん [DVD(字幕)] 10点(2021-01-02 20:02:14)
58.《ネタバレ》 雇い主と使用人の関係は「最強のふたり」に似ているが、それとは黒人と白人が逆の立場。
まだ黒人差別が酷い頃、エリートピアニストの黒人と、職にあぶれた下層階級でチンピラ気質の白人のロードムービー。
黒人と白人のロードムービーなら、強い偏見が次第になくなって絆が生まれていくパターンになることはわかりきっているが、それでも気持ちよくストーリーに乗っていけて、心地よい余韻も味わえる。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 8点(2020-12-27 10:54:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 77人
平均点数 7.91点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
511.30%
6810.39%
71519.48%
83038.96%
91924.68%
1045.19%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.40点 Review5人
2 ストーリー評価 7.88点 Review9人
3 鑑賞後の後味 7.88点 Review9人
4 音楽評価 7.70点 Review10人
5 感泣評価 6.62点 Review8人
chart

【アカデミー賞 情報】

2018年 91回
作品賞 受賞 
主演男優賞ヴィゴ・モーテンセン候補(ノミネート) 
助演男優賞マハーシャラ・アリ受賞 
脚本賞ピーター・ファレリー受賞 
編集賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2018年 76回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞https://www.goldenglobes.com/film/green-book
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ヴィゴ・モーテンセン候補(ノミネート) 
助演男優賞マハーシャラ・アリ候補(ノミネート) 
監督賞ピーター・ファレリー候補(ノミネート) 
脚本賞ピーター・ファレリー受賞&ニック・ヴァレロンガ&ブライアン・クリーhttps://www.goldenglobes.com/

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS