移動都市 モータル・エンジンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 移動都市 モータル・エンジン
 > (レビュー・クチコミ)

移動都市 モータル・エンジン

[イドウトシモータルエンジン]
Mortal Engines
2018年【米】
平均点:5.31 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-01)
アクションSFアドベンチャーファンタジー戦争もの小説の映画化
新規登録(2019-01-06)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-06-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストヒューゴ・ウィービング(男優)タデウス・バレンタイン
パトリック・マラハイド(男優)マグナス・クローム
石川由依(日本語吹き替え版)
大塚芳忠(日本語吹き替え版)
朴璐美(日本語吹き替え版)
楠大典(日本語吹き替え版)
大塚明夫(日本語吹き替え版)
銀河万丈(日本語吹き替え版)
下野紘(日本語吹き替え版)
津田健次郎(日本語吹き替え版)
井上麻里奈(日本語吹き替え版)
金城大和(日本語吹き替え版)
沢木郁也(日本語吹き替え版)
宮寺智子(日本語吹き替え版)
天田益男(日本語吹き替え版)
浦山迅(日本語吹き替え版)
堀越真己(日本語吹き替え版)
島﨑信長(日本語吹き替え版)
脚本ピーター・ジャクソン
製作ピーター・ジャクソン
配給東宝東和
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》 確かに、ジブリの諸作品、『ナウシカ』『ラピュタ』『ハウル』あたりのごった混ぜというか(誤解を恐れずに言えば)パクリというか、しかしそれらの作品とは違って、肝心カナメの部分の世界観、「移動都市」という設定にはどーにも分かり易さ・納得感が無いのですよね。何故、都市が移動しなければならないのか(それはつまりワザワザそんな大仰なコトをすることのメリデメの収支があってるのか、ということですが)、そんな状況で数百年間戦い続けて色々淘汰が進んでいることの現実味も無いですし、総じて、主要キャラの人物的背景の描写とか、件の「復活者」も含めて、諸々ストーリー&設定面のつくり込みが非常に甘い作品なのは端的に事実だと感じます。

しかし実際に鑑賞して思いましたが、コレ映像面のクオリティは軽くスターウォーズ級(続三部作)はありますぜ。まんま「巨神兵」なラストのアクション・シークエンスは、このクオリティでやられたらそりゃある程度は観る価値のある映像になりますって。もし、もう少しだけ話に辻褄をつけて、かつ前半とかに(誰もが観たかったであろう)移動都市同士の大規模な戦闘シーンがチャンとあったなら、全然普通にヒット作になっていたのではないでしょーか(まあ、それが無いのが最大の問題ではあるのですが)。

ただし、個人的な見解としては、そんな面倒なコトをするくらいなら、素直に『ナウシカ』をこの予算で実写リメイクすれば好かっただけな様にも思いますのよね。おカネの使い方、という意味では、お世辞にも上手だったとは言えない様に思います。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 5点(2020-12-01 23:13:32)★《新規》★
12.《ネタバレ》 映像はなかなかのモノでした。
都市全体が移動しながら、他の都市を吸収していくという設定
これは、面白い。
ただねぇ‥‥
他の方も書かれていますが
主役級の2人 トムとヘスター・ショウ
この2人に何としても魅力がない、華がない。
折角、ヒューゴ・ウィーヴィングの悪役ぶりがハマっているのに‥‥

それに、シュライクって、この物語に必要でしょうかね?
あれだけ「誓いをはたせ!」「約束を守れ!」とヘスター・ショウに迫っておきながら、最後はあっさりと諦めるし‥‥
ほとんど、この作品にとってシュライクは意味が無いように思えます。

どうも、ちぐはぐを絵にかいたような
消化不良の映画でした。
他の制作陣で、観てみたかったですね
それでも、映像は良かったので5点
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 5点(2020-07-24 12:37:09)
11.《ネタバレ》 なんとなくアマプラで見たけど、つまらなくはなかった。主人公カップルに魅力がないのと、悪役がしょぼく感じてしまうこと、お金と手間のかかった壮大な映像なのにハリボテ感がしてしまうのを除けば、展開やキャラ立ちなどで飽きることもなく見られる。でも人に面白かったよ、とイマイチ勧められないのは、世界観や人間ドラマが浅いし、どっかで見たようなテンプレ展開ばかりで、まったく裏切りや予想外の面白さがないからかも。
ブラック武藤さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-01-30 00:29:24)
10.ラピュタやらハウルやらがごっちゃになって面白かった。話の所々に粗があるが、ド派手なビジュアルがツボに入り、特に気にならなかった。ただ、復活者のエピソードだけはいらないと思いました。
真尋さん [インターネット(吹替)] 8点(2019-12-15 22:30:18)
9.あら、みなさん評価がからいのね。おれはとても楽しめたんだけど。中2病だったころのワクワクを思い出した。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-12-12 23:51:16)
8.《ネタバレ》 人類を絶滅寸前にまで追い詰めいた世界最終戦争から1700年後、人々はそれまでとは違う新たな文明を築き上げていた。それは、住んでいる都市を丸ごと移動させながら生活すること――。それぞれの都市は資源を求めて互いに闘い合いながら、ただひたすら荒野を移動し続けていた。弱肉強食の荒廃した社会で、世界の頂点に君臨するのは大都市ロンドンだ。そこで暮らす平凡な青年トムはある一人の女性と出会ったことから、この世界を揺るがす壮大な陰謀へと巻き込まれてゆく……。移動する都市同士が激突するという特異な未来社会を舞台に、様々な事情を抱えた主人公たちの波乱万丈の旅路を壮大なスケールで描いた冒険活劇。『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが制作したという本作、色んなところで悪評を目にしていたし、本国アメリカでも大コケだということだったので、どんなもんじゃろと今回鑑賞してみました。結果は……、「いや、そこまで悪くないじゃん」というのが僕の率直な感想です。確かに、脚本がしっちゃかめっちゃか過ぎる、大風呂敷を拡げすぎてもはや世界観が破綻している、主人公カップルが揃いも揃ってことごとく魅力がない、といった明らかな欠点はあるのですが、この最先端の映像技術を駆使したアクションシーンはなかなかの迫力で、それを眺めているだけでも僕は充分楽しめました。まあストーリーは完全に『天空の城ラピュタ』に『ハウルの動く城』をブレンドしただけでしたけどね。そのうちこのアジア系の女海賊が「40秒でしたくしな」って言いそう、ヒューゴ・ヴィーウィング演じる悪役がそろそろ「ははは、まるで人がゴミのようだ」って笑い出しそう、世界を破滅に追いやった最終兵器の暴走を止めようとするクライマックスなんてまんまですやん、などといろいろ突っ込みながら観てました。ちゅうわけで中身とかには全く期待しなければ、この荒唐無稽すぎるぶっ飛んだ設定やらふんだんにお金をかけたであろう迫力の映像なんかはそこそこ楽しめると思います。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2019-11-14 01:33:24)
7.途中まで字幕版で観ていたけど、寝るなと思って吹き替え版に変えて正解でした・・・
プロットは壮大だけど、演出が雑なところが目立った。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 4点(2019-09-15 22:09:41)
6.《ネタバレ》 移動する都市同士がバトルするのかと思ってたらそうでもなく、空中都市も機械人間ちゃん一人にあっけなく壊されちゃうし、壁の都市との壮絶なバトルで最後を盛り上げんのか~、と思いきやそれもなし。なんだかな~。

ビジュアルは圧倒的に凄いのに、その凄さにお話がついていけてない。原作はきっと綿密に練られた膨大な話なのかも。それを無理くり詰め込んだせいか、やたらと回想シーンが目立つ。思い切って3時間くらいの超大作にして、なおかつ3部作にでもしたら良かったのかも。

それと色々と調べて分かったけど、トムっていうあの青年が実は主人公だったのね。てっきりヘスターが主人公かと思ってたよ。まるで「もののけ姫」現象じゃん(笑)でもあれなんだよな~、肝心のヒロインであるヘスターちゃん、驚くほど魅力ゼロ。これは女優さんのせいでなく監督のせいだと思う。本来この手のヒロインってまず衣装がセクシーだったり、印象に残るようなデザインだったりするんだけども、野暮ったい衣装でおまけに身体のラインを隠しちゃってるから、顔を隠しちゃったら性別すら曖昧な感じ。綺麗とか可愛らしさとか格好良さとか、そういう見せ方が全然できてない。逆に、賞金首のアジア人女性の方が目立ちまくりで、どっちがヒロインだよ!てね。

ミニオンズのはギャグでいいのかな?でもあれは完全に作風を壊しちゃってますね。全くもってセンスなし。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 4点(2019-09-06 22:00:11)
5.《ネタバレ》 移動する都市ロンドン、空中都市、そしてシャングオという街の美しさなど、
ヴィジュアル的には好みなんですけど、なんだろう、話が大味だなと感じました。
多分、情報量の多い原作を2時間に収めるとどうしても駆け足的になっちゃうのかな。
特に、復活者シュライクというキャラクターが唐突に感じました。
元は人間で、最期はじ〜んとさせるような感じだったので、あれだけ掘り下げたものを見たかったかも。
へスターとトムは、チューするのかなって思わせるシーンが度々あったのですが、
あぁ最後に持ち越すのね、なんて思って見てたら最後はハグするだけで終わって
チューせんのか〜い!と一人ツッコミしてしまいした。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2019-08-20 17:50:51)
4.《ネタバレ》 確かに面白くない。変なアンドロイドが出てくるが全く本筋には関係ないのであった。
pokobunさん [映画館(字幕)] 4点(2019-05-05 23:35:53)
3.《ネタバレ》 何シリーズもある海外ドラマをぎゅっと2hに収めましたって感じの作品。でも別に嫌ではなくて、もっと登場人物ひとりひとりにフォーカスを当ててほしかったので、続編希望。ちゃんと戦うべき相手としてわかりやすいのが用意されているのにシュライクとかいう謎の登場人物出てきて不要では?と思った。世界観は好き。
nanamiさん [映画館(字幕)] 6点(2019-03-18 12:31:17)
2.《ネタバレ》 圧倒的に前評判の悪い本作だが、ひょっとしてこう言うのに自分的当たりがあるかもと思い見に行ったが、結果はやはり惨敗でした。
ハウルとの類似性を問われた監督が「ハウルと言うよりラピュタ」と答えたそうだが、ビジュアルを見る限り、監督は間違いなく宮崎駿フリークだと言う事は分かる。ただそれだけ。とにかく中身が無く退屈だった。晩年の宮崎作品の「ストーリーの無さ」の方も真似したんじゃないか?これ。一つだけ特筆するなら中盤現れる東洋系の女。髪型がみやぞんっぽいなぁと思ってたら、サングラスを取ったら完璧にみやぞんだった。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 4点(2019-03-02 17:59:46)
1.《ネタバレ》 まず率直な感想として、とてもつまらなかったことをお伝えする。

去年のクリスマスも例年通り、各スタジオが威信をかけた超大作が相次いで公開され、華々しい成績を残した。
「アクアマン」「スパイダーマン」「バンブルビー」「メリー・ポピンズ」などそうそうたる顔ぶれである。

しかし、ただ一つ、このレースを圧倒的にヤバ過ぎる成績で負け抜けた作品があった。
それがPJがプロデュースする本作「移動都市 モータル・エンジン」だ。
赤字は優に100億円越え。同年に同じくコケた「ロビン・フッド」「くるみ割り人形(とナントカナントカ)」等の失敗を凌ぐ、シャレにならない爆死大作である。

もちろん、興行面の成否と映画の面白さは別件である。僕は公開直後の映画館を訪ねてみた。

で、この映画、面白いかどうかと聞かれると、つまらなかったとしか言えないのが正直なところである。もっと言ってしまえば、この映画の内容について話すこともそんなにないというか、もうとにかく薄い印象の映画である。

映画自体は、少しトレンドから遅れ気味ではあるが、ヤングアダルト向けファンタジー映画のようである。
序盤こそマッドマックスとスチームパンクが合わさったような世界観でそれなりの見せ場を作れたが、しかしその後はからっきしである。
説明セリフはしっかりあったと思うが、世界観を観客側に納得させるまでには至らず、結局はファンタジーの世界に入っていけなかったというべきか。
何なんだ、この面白くないときのジブリを観ているような感覚は。

偽エディ・レッドメイン的主人公も大した個性や存在感を残せず、演出過多でキャラ自体が浮いてしまったアジア系女優も残念ながら魅力的とは言えないだろう。女の子にしても、この手のヤングアダルトものにありがちな複雑なバックボーンが逆にノイズになってしまったのではないか。設定を伝えることで力尽きたか、この辺りはうまく処理して欲しかったところである。

本作のみで一応の決着がつくのは良いところだが、いかんせん興味もわかないし面白くない。
内容面についても、満足いく作品とは言えなかった。

これでは、過去に壮大なファンタジーを手掛けたPJの功績を称え、エピック・フロップ(壮大な大コケ映画)と揶揄されるのも納得か。
原作では勿論この先の物語もあるわけだが、続編は残念ながら難しいだろうと思う。
しかしながら興行的に失敗して、続編が作られずに人知れずに消えていくファンタジー映画は実は少なくない。(ライラやらエラゴンやらエアベンダーやら)

先にも述べたが、本作公開と同時期には、批評家からの大絶賛で迎えられた「スパイダーマン」、口コミで粘り強い支持を受けた「バンブルビー」などの優良大作があった。

そんな中で「強者が弱者を喰らうディストピア」なるファンタジー世界を提示した本作だが、現実とてそこは同じ。「モータル・エンジン」は名実ともに秀でた超大作陣に喰い殺されるというシニカルな最後を迎えてしまった。
サムサッカー・サムさん [映画館(字幕なし「原語」)] 3点(2019-01-24 14:53:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 5.31点
000.00%
100.00%
200.00%
317.69%
4430.77%
5215.38%
6323.08%
7215.38%
817.69%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS