居眠り磐音のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 居眠り磐音
 > (レビュー・クチコミ)

居眠り磐音

[イネムリイワネ]
2019年【日】 上映時間:121分
平均点:6.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-05-17)
公開終了日(2019-11-06)
アクションドラマ時代劇小説の映画化
新規登録(2019-03-03)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2020-03-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本木克英
演出諸鍛冶裕太(アクションコーディネーター)
キャスト松坂桃李(男優)坂崎磐音
木村文乃(女優)おこん
芳根京子(女優)小林奈緒
柄本佑(男優)小林琴平
佐々木蔵之介(男優)佐々木玲圓
奥田瑛二(男優)宍戸文六
佐戸井けん太(男優)由蔵
比留間由哲(男優)毘沙門の統五郎
和田聰宏(男優)東源之丞
高橋努(男優)竹村武左衛門
荒井敦史(男優)品川柳次郎
南沙良(女優)坂崎伊代
ベンガル(男優)鉄五郎
桜木健一(男優)川合久敬
水澤紳吾(男優)蔵持十三
阿部亮平[1980年生](男優)黒岩十三郎
永瀬匡(男優)上野伊織
川村ゆきえ(女優)さよ
山本浩司(俳優)(男優)松吉
有福正志(男優)佐兵衛
菅原大吉(男優)日村綱道
陣内孝則(男優)庄右衛門(特別出演)
橋本じゅん(男優)甚兵衛
早乙女太一(男優)邦右衛門
中村ゆり(女優)高尾太夫
波岡一喜(男優)天童赤児
石丸謙二郎(男優)坂崎正睦
財前直見(女優)坂崎照埜(友情出演)
西村まさ彦(男優)田沼意次(友情出演)
谷原章介(男優)吉右衛門
中村梅雀(男優)金兵衛
柄本明(男優)有楽斎
原作佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」
主題歌MISIA「LOVED」
製作松竹(映画「居眠り磐音」製作委員会)
日本テレビ(映画「居眠り磐音」製作委員会)
読売テレビ(映画「居眠り磐音」製作委員会)
イオンエンターテイメント(映画「居眠り磐音」製作委員会)
企画日本テレビ
配給松竹
美術原田哲男
倉田智子
赤松陽構造(タイトルデザイン)
編集川瀬功
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.予告編が素晴らしい出来だったのですが、本編はまぁ普通です・・・
結末が私好みではないです。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2020-02-11 21:28:10)
4.《ネタバレ》 いや、これはシリーズ化すべきでしょう!

とぼけていると思えるほど、切れ者のおっとり磐音。
生活は貧しく、周りのみんなも手を貸すほど。

ところが映画前半に描かれてる彼の背負った痛み。
どうもそこに釈然とせぬ、何かがある。それは本編では語られない。
また彼の心から恋い慕う幼馴染が、やはり前半での出来事ゆえ、
生活が追い詰められて、吉原の世界に入っていく。
頭も切れ、剣も抜群、性格もおっとりして好青年の磐音だが、それを
阻止できぬラスト。
もう切なくて・・

是非!彼女との恋の結末を描くシリーズ化を!
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2020-01-19 18:45:57)
3.う~ん 予告編に釣られ 鑑賞..予想に反して、ストーリー展開がコテコテ娯楽時代劇..物語としては ど真ん中だったのに、残念..特に ラストの結末が 頂けない..娯楽性重視の創りに ガッカリ...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 7点(2020-01-18 10:31:00)
2.原作は数冊読んで、後が続かず断念。NHKのドラマは観ていました。
さて、若手人気俳優の松坂磐音はいかがなものかと、楽しみにしていました。
原作はものすご~~~く長いので、まず導入部分だけと言うのは仕方がないと思います。が、坂崎磐音と言う人がなぜ江戸で浪人になった
のかと言うのは初見の人でもわかると思います。
国元で幼なじみを斬り、江戸に出奔した磐音を優しく見守る江戸の人々が短い時間でよく描かれていました。今津屋の主人が優しくて大らかで大好きなんですが、谷原さんがぴったりでした。
小林琴平役の柄本佑もすごく存在感がありました。柄本親子共演ですね。
品川さんも武村さんも、すごくいいキャラクターなので次回作ができるなら彼らの描写も見たいです。
惜しむらくは奈緒役の女優が下手過ぎたこと。ちなみに花魁道中で、花魁が自分の意志で勝手に立ち止まったり振り向いたりできないと思います。たぶん(笑)
milaさん [映画館(邦画)] 5点(2019-06-27 17:24:58)
1.予告を見た感じだとユルい人情もの系の時代劇かな?と思ったけど、真逆の内容でびっくり。

なかなか重い人間ドラマがシリアスに展開され、ラブストーリーとしてもかなり複雑な人間模様が描かれていた。

とにかく濃い内容で、色んな要素が詰まっているし、テンポも良いので飽きさせない。

ただ、詰め込み過ぎたが故にはしょられたと思われる部分もあって、割りを食ってしまったのが佐々木蔵之介と芳根京子辺りかなぁ?見せ場はあるんだけども、ちょっと勿体なかったかな。

木村佳乃はとても良い味を出していてはまり役。柄本親子は共に強烈な印象を残していて、彼らが登場する度に画面に釘付けになってしまった。

最後はやはり松坂桃李がとにかく格好良くて魅力的な役だったので、続きがあればまた観たいなぁと思わせてくれた。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2019-05-20 22:32:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5240.00%
600.00%
7360.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS