愛がなんだのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 愛がなんだ
 > (レビュー・クチコミ)

愛がなんだ

[アイガナンダ]
2019年【日】 上映時間:123分
平均点:7.50 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-04-19)
ドラマラブストーリー小説の映画化
新規登録(2019-03-17)【3737】さん
タイトル情報更新(2021-04-13)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督今泉力哉
キャスト岸井ゆきの(女優)テルコ
成田凌(男優)マモル
深川麻衣(女優)葉子
若葉竜也(男優)ナカハラ
穂志もえか(女優)テルコの同僚
片岡礼子(女優)テルコの上司
江口のりこ(女優)すみれ
筒井真理子(女優)葉子の母
原作角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
脚本今泉力哉
音楽ゲイリー芦屋
企画KADOKAWA(企画協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 このマモちゃんあるいはテルコに対して、第三者視点で映画を観てる分には嫌悪感しか抱きませんが、当事者たちにしか分からない感覚ってあるんでしょうね。もしくは当事者どころか本人にしか分からない感覚もあったり。外側から他人事として見ていると「なんでそんなこと」とか「何考えてんの?」ってことばかりなんですが、恋愛にイカれちゃうとこんなもんなんですよね・・・。盲目的にその人しかいない!となる感覚は自分も経験してよくわかる。
といいながらもこの映画のそれはなかなか強烈。いきなり呼び出されて身の回りの世話たくさんしてあげた挙句深夜に放り出されるという。体を求めてきたくせにはっきり付き合ってることにはしない。呼び方もずっと「○○さん」。ここまでされて平然と「マモちゃん大好き!!」はさすがにあほすぎると思う。その後もマモちゃんの無神経行動は続き、数年テルコを放置した挙句突然連絡したかと思いきや新しく好きになった女との食事にテルコを誘い、それをテルコに問い詰められても冷たくあしらって自分はさっさとタクシーで帰る。100歩くらい譲っても理解するにはまだ遠い。映画とはいえ、ちょっとここまで最低な男はなかなかいないのでは。自分なら、キスした時点でその人が好きになってる前提なのですが。感覚の違いに戸惑い続ける。
ほんとう、愛ってなんなのかと思わせる話です。「愛とか恋とか知らない。私はマモちゃんになりたい」これもよくわからない。自分はその人がどんなに好きでもその人そのものになりたいと思ったことはないが。

抱えているものが何もなくて、ただ一人の人間を何に替えてもひたすら好きと言えるそのことはただただうらやましいと、そう思った映画でした。
TANTOさん [インターネット(邦画)] 6点(2021-05-22 19:56:38)
11.象の飼育員が天職になってくれればいいけど・・・。
ケンジさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-05-04 19:46:40)
10.たぶん、この映画を観たほとんどの人たちは、登場人物たち(特に主人公)に対して、痛々しさと、ある種の嫌悪感を覚えるのだろうと思う。
恋の沼に溺れ(どっぷりと沈み込んでいる)、自分を好いている人に都合よく甘え、相手を悪者にしたくないと物分りいい風に恋を諦める“彼ら”の様は、正直目も当てられない。
でもね、僕たちのほどんどは、その彼らの無様な姿から目を離すことができない。そして、嫌悪感を示しつつも、否定もしきれない。
それは、誰しもその無様さと自分自身の経験とを重ね合わさざるを得ないからだ。

誰だって、「正論」とは程遠い恋に溺れたことがあるだろうし、「不誠実」なセックスで誰かを傷つけてしまったこともあるかもしれない。
なぜそうしてしまうのか?
それは、劇中でも吐露される通り、本当は誰も自分自身に対して「自信」なんて持てず、弱さや情けなさを隠しつつ、寂しさに覆い尽くされてしまわないように必死に生きているからだ。

主人公のテルコは、恋に溺れ沈み込む自分の愚かさも、相手の男の情けなさも、友人たちの弱さもズルさも、みんな分かっている。
それがもはや「恋」でもなければ、「愛」でもないことも。
それでも、彼女は、“沈没”を止めない。止められない。
友人に現実を突きつけられても、無垢な少女時代の自分自身に疑問を呈されても、「は?何それ」とすべてをシャットアウトする。

彼女は無意識下で知っているのだ。
それがどんなに愚かで精神的に不衛生な選択であろうとも、沈んで沈んで沈み込んで、“底”に足をつけなければ、浮き上がることができないことを。


この映画が描き出していることは、必ずしも色恋を主体にした恋愛模様ではなく、もっと泥臭くて滑稽な人間模様だった。
脳天をガツンと叩かれた感じ。この感覚は、2年前に鑑賞した「勝手にふるえてろ」を彷彿とさせる。
打ちひしがれた主人公が唐突に歌いだして心情を吐露するシーンなど類似点も多かったと思う。

そして、「勝手にふるえてろ」鑑賞時に松岡茉優を発見したことと同様に、また一人大好きになるべき女優を発見した。
主人公テルコを演じた岸井ゆきの。この女優がまた素晴らしかった。
不安定なキャラクターを演じきったその表現力もさることながら、個人的にツボだったのは彼女の風貌だ。
とても美人にも見えるがよく見るとそうでもなかったり、とびきり可愛らしくも見える時もあればまったくそうじゃない時もある。一つの映画の中でビジュアルがくるくると入れ替わるようだった。
例えるならば、“のん”のようなキュートでコミカルな繊細さ、“田畑智子”のような儚げな芯の強さ、そしてBiSHの“セントチヒロ・チッチ”のような秘めた熱さをかけて混ぜ合わせたようなマーブル柄。それが様々な表情を見せているようなそんな感覚を覚えた。
要するに女優としてどストライクだったということ。


「会社辞めたら象の飼育員になるわ」
と、動物園の象を見ながら、馬鹿な昔の男が馬鹿なことを言っていた。
それを聞いて泣いた私は、もっと馬鹿な女だったな。
と、彼女は、彼(象)に餌をやりながら懐かしむ。
鉄腕麗人さん [インターネット(邦画)] 10点(2021-05-03 00:23:09)(良:1票)
9.うーん、なんかまどろっこしい。

岸井ゆきののなんか不思議な魅力が全てでした。
なんか言い表せないけどクセになる感覚。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-12-06 21:45:12)
8.テルコ×守、仲原×葉子の普通とは言えないが、無くもないんだろうなという関係。それが破綻するまでを重くも軽くもなく、ちょうどいい感じで描けているよう気がした。「ストーカー同盟」と自虐していたテルコと仲原はそれぞれ別の道を選択したが、どちらも愛と言えば愛なんだろうし、世の中いろんな人がいて、いろんな愛の形があるというのが、この映画の面白さなのだろう。主演・岸井ゆきのが見せる様々な表情も印象深い。好きな人を見つめる目、初めてすみれさんに会った日の戸惑いと愛想笑い、仲原の「幸せになりたいっすね」に「うるせえバカ」と返したときの顔など、この映画は彼女の女優としての魅力に支えられている部分も結構大きいんじゃないかと。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-11-17 00:01:33)
7.《ネタバレ》 正直、こんな女の子は苦手だし、絶対無理だ。
ここまで好き好きアピールされたら疲れてしまう。

だけど好きなんだから仕方ないし、ここまで執念で追い続けるなら勝手にしたら良い。
自分が好きなように生きれば良いのだ。
好きとか愛とかを超越した何かなのかな。
いや、単純に手に入らないものへの執着心かも。

人物同士の会話の掛け合いが実に面白く、味わい深い。
ますますこの監督が好きになりました。
にじばぶさん [インターネット(邦画)] 8点(2020-09-10 01:26:27)
6.《ネタバレ》 好感持てる!
日本映画にありがちな粗い男女関係ではなく、
ふつうのカップルを丁寧に描いている。
こんな映画、待ってましたってところだ。

会話がじつに自然で生き生きしてて、
まるで観終わると、テルコさんは友だちみたいな存在になってしまう。
映画は人生の落とし前を描くだけのものではない。
その時間が、まるで別の世界にいるかのような体験も映画だ!

さぁこの二人、これからが気になるとこだが、それは
観客がそれぞれ温めればいい。
久々の片岡礼子嬢!(※「ハッシュ」が懐かしい)。
お元気そうで何よりです。
酸いも甘みもかみ分けた、こういう人が脇を固めて、安定した世界が出来上がってる。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2020-02-29 19:15:23)
5.《ネタバレ》 恋愛観がやや普通じゃない人達の群像劇を通して、いく通りかの少々アブノーマルな(だが真剣な)恋愛のかたちを描き出す映画。話の内容も相当に面白いのだが、繊細な表現を成立させている役者陣の演技がいずれも素晴らしい出来。岸井ゆきのも(激マブながら珍しく)かなり上手いのだが、個人的には少しだけ高橋一生みたいな外見の若葉竜也が、登場人物の中では一番感情移入できそうな役柄なのもあるけれども非常に印象的だった。その他の面々も地味に芸達者で固めており、演技面の完成度はかなり高い。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 8点(2019-11-27 00:40:25)
4.悪い映画ではないことはわかる。しかしこの映画の良さをきちんと理解しているという自信がない。女の子には共感できるものがあるのだろうか?う〜ん、難しい。
ばかぽんさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-10-27 22:45:33)
3.岸井ゆきのとは、、松岡茉優っぽいけどそうではないし、上野樹里っぽくもあるけど実際そうではない。一方、成田凌とは、妻夫木聡っぽくもあるけどやはりそうではない。つまり、毎度お見かけする事となる一流俳優でないところを使ったローカル路線をひた走る今泉監督作品の最新作。脚本が彼考案のオリジナルでない事が残念なんですが、既に脚本ありきのものに対して監督依頼が来たという事は一応、彼にとっては嬉しい事でありましょうし、前進の一歩と捉えてよいのではないかと思えます。だがね、やはり彼オリジナルの脚本でないと少し物足りないなーという気がいたします。だがね、そんな中でピヨピヨと光っていたのが主演の岸井ゆきのさんで、一見どこにでもいそーなフツーーの女子っぽさが絶妙に役柄と合っていて とても素敵でした。初めてお見かけするお方でしたが最後まで安心して見ていられましたし 愛がなんだプンスカプンと見事に主演を演じきっておられましたしね なんせ鼻歌唄いながらお風呂掃除やってる女子に悪い女子はいない(笑)
3737さん [映画館(邦画)] 8点(2019-05-05 02:45:05)(良:2票)
2.19.6.5
近くの映画館でロングラン上映となっていたが遂に明日で上映終了するというのでもう一度観に行った。監督のTwitterをフォローしていたら毎日のように色んな方の感想が飛び込んで来るのでそれでまた観たくなったというのもある。

【2回目を観ての感想】
彼氏でもない男(主人公のテルコが一方的に好意を寄せている)に呼び出され、熱があるというので料理を作ってあげ、掃除もしてあげるが真夜中に「もう帰って」と言われ部屋の外に放り出されるテルコ。電車も無いのでタクシーで親友の家に行く。親友の葉子に「酷い男だ。そんな都合良く使われてばかりいると関係性が決まってしまう。」と説教をされるのだが、この女もまた仲原という男を都合良く振り回しているのである。
このように、この映画に出てくるのは使われる側と使う側。二種類の人間しか居ないと言えるだろう。そんな極端な人物達による恋愛を巡る駆け引き、せめぎ合いがとにかくリアルに繰り広げられており、そこが凄く面白い所ではまってしまった。
初見時はテルコにばかり気をとられてしまったが、2回目は断然仲原だった。仲原がほんとに憎めないいいやつで、とにかく幸せになって欲しいと思った。

「ジョゼと虎と魚たち」を観てなかったら映画監督をやっていなかったと、今泉監督は言っていたが、この映画も「ジョゼ~」と同じく動物園が重要な場面で登場していて、この作品では象がモチーフとしてとても印象に残った。

最初はテルコがとても不憫に見えてならなかったが、あのラストシーンを観てこんな愛の形もあるんだなと思った。どんなに酷い目に会ってもご飯だけは美味しそうに食べる彼女の笑顔がとても素敵で目に焼き付いた。

とにかく自分にとって好きな映画だというのは間違いなく、これはもう10点をつけるしかねぇ。

【初見時の感想】
う~ん、煮えきらねぇ!
と叫んでしまいたくなる映画だった。

とにかく、20代後半の恋愛って面倒くせぇ!それに尽きる内容。
人は人に執着する。しかし時にそれは単に好きだからとか愛してるだからとかではなくて、なんで執着しているのか判らなくなってしまうような、ある意味恋愛に対して考えすぎてしまったが故に巧く生きられない大人達を描いている。

その描写がとにかくリアルで、とくに主人公が「愛がなんだ」と切れ気味でやさぐれながら、同じような境遇の人間に説教する場面が凄く説得力に溢れていて感心した。
相手の事が好きという次元を超えて、もはや相手になりたいとかいう訳のわからない理論に至ってはちょっと分かるような気もしたりした。

かなりしんどい部分もあり、心が痛くなるような内容だったが、どの人物にも感情移入できるし、凄く集中して観ることができた。

はぁ、幸せになりたいっすねぇ…。
と思っている全ての人に刺さること間違いなし!
ヴレアさん [映画館(邦画)] 10点(2019-04-23 00:17:06)(良:3票)
1.《ネタバレ》 私が期待していた今泉監督の映画と違った、というのが率直な感想です。若々しさがなくなったと言うか・・。サッドティーや「パンとバス」あたりの、シュールで力の抜けた感じ (脱力感) が大好きだったのに! (でも最後までくぎ付けだったのは確かなので低い点はないです) 男の私から言わせてもらうと、マモルのような男は要注意です。彼、自分のことは延々と話すけど、テルコに心境を尋ねることが一度もなかったですね。これって彼女の "こころ" に興味ありませんよね。 (お使い、体、退屈しのぎの話相手、としか) でもナカハラが話した王様のエピソードのように、それはそれでテルコにも非があるわけで。恋愛観は人それぞれだし、語るとキリがないのでこのへんでやめておきますが。この監督の面白いのは、美男美女のカップルはほとんど成立しないところ。僕がマモルなら当然テルコですが、なぜかすみれさんっていう。過去の作品でもブサイク男が美女にモテまくっていたり、どうもアタリマエのカップルはお嫌いらしい。だから本作で監督の映画を初見の方にあえて言っておこう。普通の恋愛映画が観たいならそのへんの映画を当たれ、今泉だけは絶対に観るな! ただ、どんな愛でも必ず肯定してくれるから、愛がなんだか悩んでいたらきっと救われるぞ。 以上。
タケノコさん [映画館(邦画)] 7点(2019-04-22 16:05:15)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
518.33%
6216.67%
7325.00%
8433.33%
900.00%
10216.67%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS