X-MEN:ダーク・フェニックスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > X-MEN:ダーク・フェニックス
 > (レビュー・クチコミ)

X-MEN:ダーク・フェニックス

[エックスメンダークフェニックス]
X-Men: Dark Phoenix
2019年【米】 上映時間:120分
平均点:6.00 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-06-21)
アクションSFアドベンチャーシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2019-04-04)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-07-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サイモン・キンバーグ
キャストジェームズ・マカヴォイ(男優)チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX
マイケル・ファスベンダー(男優)エリック・レーンシャー / マグニートー
ジェニファー・ローレンス〔女優・1990年生〕(女優)レイヴン・ダークホルム / ミスティーク
ソフィー・ターナー(女優)ジーン・グレイ / フェニックス
ニコラス・ホルト(男優)ハンク・マッコイ / ビースト
タイ・シェリダン(男優)スコット・サマーズ / サイクロップス
アレクサンドラ・シップ(女優)オロロ・マンロー / ストーム
コディ・スミット=マクフィー(男優)カート・ワグナー / ナイトクローラー
ジェシカ・チャステイン(女優)
エヴァン・ピーターズ(男優)ピーター・マキシモフ / クイックシルバー
内田夕夜チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX(日本語吹き替え版)
三木眞一郎エリック・レーンシャー / マグニートー(日本語吹き替え版)
能登麻美子ジーン・グレイ / フェニックス(日本語吹き替え版)
木村良平スコット・サマーズ / サイクロップス(日本語吹き替え版)
内山昂輝カート・ワグナー / ナイトクローラー(日本語吹き替え版)
浅野真澄謎の女(日本語吹き替え版)
脚本サイモン・キンバーグ
音楽ハンス・ジマー
配給20世紀フォックス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.色んな事が起きる。打ち切りマンガの最終回のように...
地球を周る〜 君をのせて〜 ルル〜♪
エンディングを見て、頭の中でラピュタの曲が流れた(笑)
フォックス先生のX-MENは今回で終了しました。
来号からはディズニー&マーべル先生の新・X-MENが始まります!
て感じ...(; ̄◇ ̄)
墨石亜乱さん [映画館(字幕)] 6点(2019-07-14 13:04:13)★《新規》★
10.シリーズを通して人間(ミュータント)の苦悩を描いており、そこが良さでありました。本作でもそのテーマは変わらず、とても興味深く鑑賞出来ました。アクションシーンが少し物足りなくはありましたが、重めのテーマで、私好みでした。
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2019-07-09 00:11:56)《新規》
9.《ネタバレ》 ネタバレ注意。面白くはみれたのでよかったんだけど、ぼくにとってはジーンはファムケヤンセンなので今回の容姿には違和感あり。途中でレイブン死んじゃったよ、ジーン死んじゃったよ、過去改変でニューフレームになったとはいえいくらなんでもやりすぎに思えた。死者を蘇らせるSPECをもつスペックホルダーでも出演してくるのだろうか?どっちかいうとチャールズがヘタレでエリックがかっこいい。このシリーズは毎度マグニートのカッコよさが光る。毎度のジーンの強さのインフレも。敵役もインフレが激し過ぎてもはや強いのか弱いのかもどういってよいものやら。
タッチッチさん [映画館(吹替)] 6点(2019-07-08 19:49:26)《新規》
8.《ネタバレ》 世間での(このサイトでも)あまりの不評のオンパレードに、見ずにスルーも考えたのですが、X-MENシリーズは思い起こせば第一作目から一つも欠かさず劇場で見続けてきたこともあり、なんでもこれがFOXでの最終作ということらしいので、ご祝儀のつもりでお金払って見てきました。
なーんの期待もしていかなったので、「思ったよりは悪くない」というのが簡単な感想。でも、やっていることは、内ゲバやっている間に外部から強敵が現れて結局共闘が始まるという、東映特撮vsシリーズと同じ流れで、工夫は感じられない。これなら、ストーリーとしてはLast Standのほうが圧倒的に良いですね。
せっかくのジェームス・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダーの名優二人がすっかり脇役扱いなのももったいない。もともと、この二人の関係性を掘り下げていくのがこのシリーズの基本路線だったはずなのに、最後のチェスのシーンくらいでお茶を濁されては、まったく不満足。本当にこれで終わりにしちゃうの?
なにより、今回もまた言わせてもらいますが、ジーン役の女優さんには、丸顔のボーイ・ジョージのような人でなく、もっとこう、可憐な人が良かったのではないかと・・・
Northwoodさん [映画館(字幕)] 5点(2019-07-02 01:09:25)
7.《ネタバレ》 シリーズ最後の締めがこれなのか?という残念な印象しかない今作。

ストーリー自体はアメコミのテンプレ。
事故に巻き込まれてスーパーパワーを得た人物が、
その強大な力を制御しきれず暴走する、というもの。
もう何度この手のお話を見たことか。

しかも、今作の敵。
良く解らないポッと出の宇宙人です。
たいした背景が語られる訳でもなく、スパーパワーを得るために
主人公を付け狙うだけ。ストーリーを動かすための設定以上のものはなし。

シリーズの締めとして今エピソードがまったく機能して
いないので、完全に消化不良。

ミュータントの誠意が人間に受け入れられた矢先、
ジーンが暴走して人間に危害を加え、ミュータントは完全に敵視される。
という絶望的なストーリー展開にも関わらず、エンディングでは何事も無かった
かのように普段の生活を続けているミュータントたち。
どうやって人間の信頼を取り戻したのかも描かれず。

そもそもこのお話、今までのシリーズのどことも繋がっていません。
さすがに投げっぱなしすぎるのでは?

どう考えても中盤で語られる
エピソードのひとつ程度の作品設定です。

マーベルスタジオのシリーズ構成の巧みさを考えると
こちらはまったくナンセンスそのもの。

どう考えてもこのシリーズの締めはローガンだと思うのですが。
なぜいまとなって今作を作ったのか解りません。
kirieさん [映画館(字幕)] 5点(2019-06-30 19:06:50)
6.《ネタバレ》 ハードルを思いっきりさげてみれば、そんなに不満は出ないかもしれません。
X-MENのラストということもあり、また直近でアベンジャーズの華やかな終わりを見て、あそこまでは求めずともそれに近い感動を求めてしまったのが良くなかった。
結果的には「普通のアメコミ映画」としての内容でした。
MCUのように各キャラのエピソードを積み上げるでもなく、その場その場で物語を構築していくため、新シリーズのジーンの物語の積み上げが足りず、「あのジーンが!」というテンションにもならんのですよね。大体世間の大不評であったファイナルデシジョンでダークフェニックスの話をやってるし。
アクションの見せ場も序盤にクイックシルバーが退場になったせいで、一番見せられるキャラがいなくなり、マグニート頼みになっちゃいましたね。
今回のマグニートも前作同様見せ場では大活躍します。そこだけは良かった。マグニートはかっこいい。これ、重要です。鉄道を呼び出して、その後別シーンでは鉄道を破壊する。脚本家は鉄道オタクなのか?

ヴィランの宇宙人はキャプテンマーベルの都合により当初予定してた宇宙人とは違うものになったとか。スクラル星人だっけ?まああの能力だとオリジナルな宇宙人方が良かったのかもね。しかしX-MENシリーズ初の宇宙人が相手という、これまでのテーマである「ミュータントVSミュータント」とは違う流れになったのに、そこの掘り下げが無かったね。ジーンの掘り下げ不足同様、こちらも掘り下げが無さ過ぎた。
やりようよってはいくらでもあったじゃないですか、人類の進化の過程で生み出されたミュータントはいわば人類の中でのマイノリティ問題の象徴だったのに、そこに宇宙規模の話が出てきたとなると、人類の中でいがみ合う意味はどれだけちっぽけなものなのか、とかさぁ。そういう社会問題的なものを扱うのがX-MENじゃないのかなぁ。もったいない。

他の感想ブログで見かけた話ですが、映画化すべき順序が間違っていたんじゃないか?って話、僕も賛成ですね。未来のことはわからなかったとはいえ、MCUに統合されるというのであれば、シリーズの終わりはローガンで締めくくり、その前段階としてフューチャー&パスト、んでそこまでのニュージェネレーションシリーズを描くために、ダークフェニックス→アポカリプスの順が良かったのではないかと。もちろんジーンを描く話がもう一つ必要ではありますが。というか、X-MENファンは「ローガン」で燃え尽きた感があるんじゃないですかね?その後にファイナルデシジョンの焼き直しを見せられても、うーんとなる。
ほめるところといえば、上記のマグニートと、調子に乗っているプロフェッサー。マイノリティが認められるためにヒーローとして活躍すべきというのはそれはそれで手っ取り早い手法ですが、それにより人格者と言われたプロフェッサーが段々と欲にまみれていくというのも人間臭くてよかった。この辺、「もとは同じ人間なんだよ」という点が「マイノリティ=善」として一方的な扱いをすることに対する警鐘としてのメッセージが込められている。本当に込めたかどうかは知らんけど。

結果的に大赤字で終わりそうな本作、もうちょい一貫性のあるシリーズとしてつくられていればよかったなぁという残念な気持ちのまま終わってしまった。ラストのチェスをしながらのお空にフェニックスの画だけはよかった。最後のシーンだけは救い。
みーちゃんさん [映画館(字幕)] 5点(2019-06-24 16:34:04)
5.《ネタバレ》 初っ端から“一見さんお断り”感が凄まじかったですが、
実はシリーズをしっかり見ている身としても、どこかシックリきませんでした。
それだけX-MENシリーズは、設定がトッ散らかされてしまったので、仕方ないと言えましょう。
3部作最終「アポカリプス」でズッコケ、「ローガン」で大黒柱のウルヴァリンが抜け、
もはや打ち切り寸前の連載マンガ状態ですから、多くは望みません。
お約束のように人間に危害をもたらし、お約束のように身内で対立し、お約束のように団結して強力な敵に立ち向かう・・・
「X-MEN」的な内容をコンパクトに詰め込んだストーリーは、盛り上がりに欠けました。
長時間ダラダラでなかったのが救いです。

それから、これは巡り合わせで致し方ないのですが、集大成としてみた場合の登場人物の扱いには不満が残ります。
「ジーン」が中心になるのは当然で、ソフィー・ターナーの風貌はそれなりに雰囲気ありなのですが、
シリーズ登場回数が乏しいため、締めの大役には役不足感は否めません。
一方、思い入れがあるとしたらこちらであろうレイヴン役ジェニファーローレンスでありますが、
肝心の彼女はほぼ見せ場なく息絶え、それどころか最後は忘れ去られているかのような扱いです。
また、そもそもX-MENはプロフィッサーとマグニートの物語だ(と思っています)。
その2人の関係があっさりと描かれて終わってしまうのは寂しい限りです。

文句ばかりでありますが、これもまたX-MEN。
陽のアベンジャー軍団がもてはやされる中、ひっそりと終わりを迎える陰のX-MEN。
このコントラスト、そしてこのマイナー感こそX-MENの真骨頂(?)。
とりあえずはメデタシメデタシということで、リブート作品を気長に待つとしましょう。
牛若丸さん [映画館(吹替)] 6点(2019-06-24 15:30:50)
4.《ネタバレ》 「パスト」シリーズ最終章。ラスボスは最強のナカマ。ダークサイドを制御できず暴走しちゃうアタシ。勢い余ってレイブン殺っちまう。怒れる要潤もマグニートーも寄せ付けず、愛しのスコットちゃんも歯が立たず。最強のチカラを利用したいオンナと共に散る。不死鳥に、アタシはなる。ちょっぴり物足りないけれど、これにてシリーズ完結。良作。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 7点(2019-06-23 00:20:55)
3.シリーズは全て観ているが、正直今どの地点なのかがわからない。大好きなX-MENではあるがちょっと失速気味? これが最終作だとすると寂しい気もするが。
kaaazさん [映画館(字幕)] 7点(2019-06-22 17:33:01)
2.《ネタバレ》 フォックスによるX-MEN最終作。旧キャストによる3部作の最終作を新キャストで作り直したような物か?今更ジーンでもないだろと思ったが、ジーンの圧倒的な強さと残酷さはそれなりに見れた。だが、すっかり俗物と化したチャールズにはかつてパトリック・スチュアートが演じた気高く人格者だったプロフェッサーXの面影が微塵も感じられず見るのがつらかった。私にとってのX-MENは「フューチャー&パスト」で終わったと強く感じた作品。ディズニーがリブートしても多分見ないでしょう。エンディング後におまけ映像が出るんじゃないかとヒヤヒヤしたが無くて良かった。もしあったら1点減点してたところでした。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 6点(2019-06-22 14:58:20)
1.《ネタバレ》 20世紀FOX最後のX-MEN。(延期中の「New Mutants」はどの位置づけなのか)
同時にシリーズの最終作。

海外での低評価に加え、興行的にも敗北した本作だが、映画は観てみるまで分からない。
ヒーロー映画として相当ヤバい領域に踏み込んではないかという衝撃を受けた。

監督は同じくダーク・フェニックスを扱った「ファイナル・ディシジョン」からシリーズに携わり続けているサイモン・キンバーグだ。
「ファイナル・ディシジョン」といえば、シンガー版を継承したブレット・ラトナーにより、壮絶なバトル大作へと変貌を遂げた快作だ。対して本作はシンガー版の陰鬱さを更に掘り下げたような暗い作風が特徴である。(両作ともジーンの実家にX-MENが押しかけるシーンがあるが、作風の違いが出て興味深い)

ちなみに監督更新に伴い、音楽のジョン・オットマンは降板。残念ながらアガるテーマ曲&OPはオミットされた。代わりに、ヒーロー映画卒業を宣言のハンス・ジマーが担当している。

作品の方は、監督によればリアルさとダークさを突き詰めたとのこと。思うに狙った着地点には到達できているようだ。
本作には一線を超えてしまった描写が散見され、ガチで恐怖を感じた。
それは悪役が強すぎて怖いとのレベルじゃない。

例えば、ジーンがエリックに殺人について相談するシーン。
「悪役を殺害すること」についてフォローのないヒーロー映画が少なくない中、彼を大量殺人者と明確に言及した点に恐ろしさを感じる。

中盤ニューヨークのシーンもヤバい。
ジーンは葛藤したくないからと、全ての力を吸収させることを選ぶ。責苦から逃れるべく自殺を図る心境など辛すぎる。

またここでのチャールズへの仕打ちは恐怖しかない。
「歩いて来なさいよ」と冷酷に言い放ち、身障者を無理矢理歩かせるなど残酷極まりない。こんな非道な拷問を誰が平然と見れようか。
その痛々しい映像と「お願いだ、やめてくれ」と懇願するマカヴォイの熱演が恐怖と悲しみに拍車をかける。

終盤では、マグニートーが敵を車両ごと潰すという恐ろしい大技まで繰り出してしまう。ふっ飛ばして画面から退場とかではない。
敵は性質上から擬態するため、ハタから見れば一般人であり、その画作りがマグニートーの明確な殺意に凄みを持たせた。

荒唐無稽ながら、その中で描けるリアルさ、ダークさは一線を超えたと言える。怖すぎるのだ。

ノーラン版「バットマン」や「ローガン」など、大人向けな内容を含んだアメコミ映画は確かにある。
問題は、これらはハナから「いつものアメコミ映画じゃないよ」という雰囲気なのに対し、本作はいつものX-MEN映画のツラをしながら、その中に凶暴な演出を内包している点だ。

個人的にはこういう尖った部分は評価するが、やりすぎなのでは?という気持ちもあった。
多くの観客がその陰鬱さににたじろぐのも理解できる。

マンネリを感じさる構成もマイナスか。
ジーン対Vuk、吸収系の能力との闘い。
シリーズ内で思い付くだけで、ショウ対ダーウィン、ビショップ対センチネルがある。
ジーンが自分から回答を示すように工夫されただけ良かったが、新鮮味はない。
エリックについては、またも大事な人を奪われブチ切れパターンである。流石に既視感は禁じ得ないか。

更にはいくつかのエピソードもウヤムヤに解決されてしまい、全体的に歪な印象は否めない。
レイブンとチャールズの確執や、調子乗りチャールズの件はしっかりと解決させて欲しかったところか。


90年代を俯瞰できる強みを活かしきれなかったのも惜しいか。リブート版は「実際の出来事の裏でのミュータントの活躍」が面白い点であったが、前作「アポカリプス」同様にここは残念だ。
(シリーズ内で30年経過してるのに、誰も老けてないのは苦笑だが)

また、最終作なのにシリーズとの連携が疎かになっているのも物足りない。
サイロック、ストライカー、モイラなど、決着をつけるべき部分が沢山放棄されてしまっている。

とはいえ最終的にはシリーズ共通のテーマである「希望」を絡めて無難にまとめ上げられている。これからの未来に希望を持たせられるような余韻のある幕引きだ。

アクションも地味目で数も少ないが力強さはある。各々が能力を発展させて繰り出す奇想天外な見せ場はまさにX-MENの真骨頂。複雑な思惑が絡んだバトルが熱い。エモい。

X-MENを支えてきたキンバーグが演出する本作は、公開後数日で「失敗」と位置づけられ、監督自らが「私の責任」と公言する事態を招いている。確かに残念な点は多いが、ダークな描写のパンチ力は本物である。印象に残ったことは事実だ。
サムサッカー・サムさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2019-06-12 21:21:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5327.27%
6545.45%
7327.27%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS