プロメアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プロメア
 > (レビュー・クチコミ)

プロメア

[プロメア]
Promare
2019年【日】
平均点:8.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-05-24)
アクションドラマSFアニメ
新規登録(2019-05-01)【にゃお♪】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督今石洋之
松山ケンイチガロ・ティモス
早乙女太一リオ・フォーティア
堺雅人クレイ・フォーサイト
ケンドーコバヤシビニー
古田新太デウス
佐倉綾音アイナ・アルデビット
稲田徹バリス・トラス
新谷真弓ルチア・フェックス
小山力也イグニス・エクス
小清水亜美エリス・アルデビット
楠大典ヴァルカン・ヘイストス
檜山修之ゲーラ
小西克幸メイス
柚木涼香ビアル・コロッサス
原作中島かずき
脚本中島かずき
音楽澤野弘之
配給東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 こいつドリル積んでそう。こいつが今回のドリルメカか。ドリルっぽい装備だけどドリルじゃないな。今回の戦闘ではドリルはお預けか。なるほどコレはドリルへの伏線だな。ここらへんはドリルの匂いがしないなぁ。おお、こいつが真のドリルメカか。ああ、ますますドリルを持ってそうに。絶対ドリル出すだろこいつ。敵もドリルっぽいの出てきた。なるほど開拓ドリル・・・は無し?なるほど竜が集まってドリルに・・・ならない。ええ、ドリル無いの?やっぱりこいつがドリル持ちだったのか。ナイスドリル!あれ、ドリルもう終わり?ドリルは少なかったけど面白かった。こんな感じです。
ムランさん [映画館(邦画)] 9点(2019-05-25 13:03:25)★《新規》★
1.公開前夜祭舞台挨拶付き上映(中継)にて鑑賞!
田舎なので観客は20人も居るか居ないか…。
しかし、上映が始まるや最後まで全く途切れないテンションの高さに圧倒されっぱなし!
とにかく熱い映画だと思う。

懸念材料だった俳優達による演技もなかなかハマっていて良かった。佐倉綾音が絶賛していただけの事はあった。
松山ケンイチは終始役になりきっていたように思うし、早乙女太一もイメージにぴったりの役でとてもハマっていた。
堺雅人はいつも堺雅人っぽさを出してくるので苦手だったが、本作では予想を超えてくるほどの熱演で一番テンションが高くて凄かった。
あと、ケンドーコバヤシはよくあの役で舞台挨拶に出てきたなと思っちゃう。笑 芸人枠かな?かなり場を盛り上げていたので良かったけど。
パンフレットを読むと彼が演じたネズミは、マスコット的キャラでいつも主人公達の傍らをうろついている。という説明。これ必要か?マスコットなのに全然出番少ないし、ただのネズミやぜ?笑

で、ストーリー的にはかなりぶっ飛んでてスケールもでかくてそれでいて分かりやすい勧善懲悪ものだったなぁと感じた。
突然ロボットバトルになるのはこの監督・脚本家の十八番なのだろうね。急にバカバカしい必殺技名(滅殺開墾ピーム!とか)繰り出してくる辺りは笑っちゃったけど、あれだけ大真面目にしかも格好良く見せられると細かい事は気にせず楽しもうという気にさせられる。
色彩豊かなポリゴンっぽい独特の作風が魅力的。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 8点(2019-05-23 22:28:16)《新規》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 8.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8150.00%
9150.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS