きみと、波にのれたらのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > きみと、波にのれたら
 > (レビュー・クチコミ)

きみと、波にのれたら

[キミトナミニノレタラ]
2019年【日】 上映時間:95分
平均点:5.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-06-21)
ドラマラブストーリーファンタジーアニメ青春もの
新規登録(2019-05-12)【ヴレア】さん
タイトル情報更新(2019-05-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督湯浅政明
川栄李奈向水ひな子
松本穂香雛罌粟洋子
伊藤健太郎【俳優】川村山葵
脚本吉田玲子
音楽大島ミチル
製作湯浅政明
市川南〔製作〕
久保雅一
東宝(「君と、波にのれたら」製作委員会)
フジテレビ(「君と、波にのれたら」製作委員会)
小学館(「君と、波にのれたら」製作委員会)
企画松崎容子
配給東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.「あらら」と、ちょっと呆気にとられるくらいにチープな映画だった。
1990年前後の“ホイチョイ・プロダクション”の映画を観ているような「軽薄感」が結局最後まで拭えなかった。

その前時代的な作品の空気感自体は、製作陣の狙い通りだったのだろうと思う。
若い男女が“都合よく”運命的な出会いをして、都合よく恋に落ちて、都合よく死別して、都合よく摩訶不思議な邂逅を果たすという浅はかな展開そのものを否定したいわけではない。

そのようにストーリーテリング的は稚拙だとしても、多くの人に愛されてやまない名作はたくさんある。
ただし、そういう映画に必要不可欠な要素は、ストーリーなんてどうでもよくなるくらいに魅力的な“キャラクター”だと思う。そして、彼らが織りなす刹那的で眩い悲喜劇に人は魅了されるものだろう。

だが、残念がら、この映画に登場するキャラクターたちには、そういった魅力が備わっていない。
人間的に嫌悪する余地すらなく、只々、“フツー”で“浅い”のだ。
都合のよいストーリー展開の中で、浅はかな若者たちが、特にエモーショナルなわでもなく感動めいたものを押し付けてくる印象を受け、終始“気持ち悪かった”。

その“気持ち悪さ”が極めて残念だった。
なぜなら、理屈ではなく、摩訶不思議で、自由闊達な、“気持ちよさ”こそが、湯浅政明というアニメーション監督の真骨頂だと思っているからだ。
「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」そして「DEVILMAN crybaby」と、立て続けに自由闊達なアニメーション表現で独自の世界観を構築し、圧倒的な立ち位置を確立した湯浅政明監督の最新作として大変期待したのだが、冗長なプロモーションムービーかのごとき稚拙な映画世界から最後まで脱却できなかったことは至極残念だ。
鉄腕麗人さん [映画館(邦画)] 3点(2019-06-27 22:22:32)★《更新》★
1.予告編でネタバレし過ぎ問題。
恋人が死ぬというのを知ってるのと知ってないのとじゃ心持ちが違い過ぎるのでできれば知らずに観たかったなと思った。
「ペット2」の予告編を見習って欲しい。全くストーリーに関わらないどうでもいい内容のをバージョン変更する事もなく半年くらい使い続けている。

で、話が逸れたが、とにかく前半はリア充カップルのスーパーイチャイチャ展開がぼっちで観に行った私を全力で殺しにかかっていた。しかも、怒濤の如く伏線を生成しまくっていて、ああこれは後半泣かせる為の段取りね?と、ちょっと意地の悪い見方をしてしまっていた。
だからどうせ泣ける事もないんだろうなと思っていたんだけど、泣いてしまった…。分かっちゃいるけど泣けるのよ!(笑)
それにしてもEXILEが好きでない私にとってはあれだけ繰り返し主題歌を聞かされるのは耳にタコだった。

この映画はカップルで観に行く事をオススメします。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2019-06-24 18:56:01)《新規》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS