記憶にございません!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 記憶にございません!
 > (レビュー・クチコミ)

記憶にございません!

[キオクニゴザイマセン]
2019年【日】 上映時間:127分
平均点:5.33 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-09-13)
公開終了日(2020-04-29)
ドラマコメディ政治もの
新規登録(2019-05-25)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2021-03-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三谷幸喜
キャスト中井貴一(男優)黒田啓介(記憶喪失の総理大臣)
ディーン・フジオカ(男優)井坂(怪しい首相秘書官)
石田ゆり子(女優)黒田聡子(訳ありの総理夫人)
草刈正雄(男優)鶴丸大悟(邪悪な官房長官)
佐藤浩市(男優)古郡祐(謎のフリーライター)
小池栄子(女優)番場のぞみ(熱い事務秘書官)
斉藤由貴(女優)寿賀さん(マイペースな官邸料理人)
木村佳乃(女優)スーザン・セントジェームス・ナリカワ(アメリカ初の日系女性大統領)
吉田羊(女優)山西あかね(白いスーツの野党第二党党首)
山口崇(男優)柳友一郎(生真面目な元小学校教師)
田中圭(男優)大関平太郎(職務熱心な警官)
梶原善(男優)小野田(あこぎな建設会社社長)
寺島進(男優)南条実(石を投げるのが得意な大工)
迫田孝也(男優)野々宮万作(中身のない秘書官)
濱田龍臣(男優)黒田篤彦(記憶喪失の総理大臣の反抗期の息子)
小林隆(男優)森崎(財務大臣)
阿南健治(男優)定食屋の店長
川平慈英(男優)スナイパー
天海祐希(女優)ドラマ「女西郷」主演女優
山寺宏一さまざまな声
脚本三谷幸喜
音楽荻野清子
撮影山本英夫〔撮影〕
製作石原隆〔製作〕
市川南〔製作〕
フジテレビ
東宝
配給東宝
特撮大屋哲男(テクニカルプロデューサー)
編集上野聡一
照明小野晃
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.まず上映時間が長いもう少し短い時間でしゃれた映画に出来たのじゃないか
佐藤浩市は首相ではなくこういう役がやりたかったのでしょうね
小池栄子はこういう役はうまいですな
草のつるぎさん [地上波(邦画)] 5点(2021-01-27 21:04:20)(良:1票)
35.今までの三谷映画と比べると今一つだったかな?
笑える描写が少なかった気がする。

オチは途中から何となく想像できたけど、もう少しブラックな終わり方だと思った。
misoさん [地上波(邦画)] 6点(2021-01-12 23:53:28)
34.面白いが、普通、という映画。そういうことで何故か安心して観られる。
もっとデフォルメというか、何か想像を上回る一捻りが欲しかった...無いものねだりか。
simpleさん [地上波(邦画)] 5点(2021-01-11 15:27:21)
33.良くも悪くも、全体的にノリが軽い。良いように見れば、気軽に楽しめる作品と言える。自分的にはそっちの感想が強い。まぁところどころ、え?それだけ?という展開があったのも事実だが、良しとしよう(笑)。個人的には笑えるところがけっこうあって面白く見ることが出来た。キャストの中では小池栄子に非常に好感が持てた。
スワローマンさん [地上波(邦画)] 7点(2021-01-11 11:19:32)
32.予告は面白そうだったんだけどな。
期待を超えなかった。
けど安定感はあるので最後まで平穏に観られましたが。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 5点(2021-01-10 23:51:36)
31.記憶なくして性格豹変という設定がいかにも安直ですが、作品自体は記憶に残ると思います。
ProPaceさん [地上波(邦画)] 5点(2021-01-10 21:36:20)
30.《ネタバレ》 『デーヴ』と設定が似ているが記憶喪失ではインパクトが弱くて(というかスリルがなくて?)二番煎じの劣化版という印象。終盤のオチも不倫の言い訳というチマチマした話題でシラケル。実在のA夫人の言動の方がオモシロイし。個々の役者は頑張っていたとは思う。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 4点(2021-01-10 00:01:31)
29.時代劇のようにお決まりの展開すぎて、ちょっとコテコテすぎるというかね。悪い意味で期待を裏切らない感じ。
そこまでコテコテならもっと破天荒でもっとコメディに、と思うんだけど、そこまで突き抜けず。正直、くだらねぇ、という感じ。
でも、時代劇ってたまに見ると、最後まで見ちゃったりして、まあまあ楽しめるでしょ、まさにそんな感じの映画。
Keytusさん [インターネット(邦画)] 5点(2020-12-24 03:34:10)
28.《ネタバレ》 あの三谷監督で、このキャスト!期待しただけにガッカリ。

記憶が戻ってたのなら英会話もゴルフも息子の名前もクリアできたはずでは(それも記憶喪失の演技だというなら恩師を思い出すのはおかしい)?大臣の名前あてゲームも記憶が戻ってたから正解したのか本当に猛勉強して暗記したのか分かり辛い。伏線がなさすぎ!その他の伏線回収の面白さも、田中圭・ローリー・吉田羊…すべてスッキリしなかった。ラストにジャルジャルが善人になるが、前半に実は良い人だった・草刈さんを憎んでた…みたいなエピソードをほんの少しでも入れてくれれば納得できたのに。

そのくらい三谷監督の技量ならチョチョイのチョイじゃないの?この出来の悪さ、途中で制作トラブルがあったの?三谷監督の才能を信じているので、いつか作り直してほしいなぁ…
Bebeさん [インターネット(邦画)] 5点(2020-12-11 20:06:13)
27.《ネタバレ》 おい!スナイパーが手配されてしまったぞ!
そしておいでなすったぞ!
総理は大丈夫なのか?!
おい!スナイパーが総理目掛けて撃ち放ったぞ!
総理はご無事なのか?!
おっとこれはハードボイルドなのか?!笑

●妻の兄貴役がローリー寺西だったことを後で知る。(だからなに)
●斉藤由貴の出演が嬉しい。
●小池栄子はキリッとした中にも随時笑いを供給してくれる流石の安定感。
●ファーストレディでありながら、裏で はっちゃけ不倫の石田ゆり子がハマり役。

ところで、だからなにという話にはなりますが、
黒田啓介こと中井貴一が妻聡子に送ったラブメッセージ
「君一人を幸せにできない男に 国民を幸せにすることなんて出来るわけがない」ですと、
あれ?
それってなんかどっかで聴いたことあるんだが?

某2014年に、某つんく♂が作った楽曲の中の歌詞の一つに
『たった一人を納得させられないで 世界中 口説けるの〜』
『たった一人を不安にさせたままで 世界中 幸せに出来るの〜』
という歌詞がある。
つまりは、これと同じ意味ですよね。なんか嬉しい。What is LOVE?
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-11-29 09:25:36)
26.三谷らしい作品だけど、それだけにマンネリを感じます。つまんなくはないけど。
ラグさん [インターネット(邦画)] 5点(2020-11-17 23:55:31)
25.三谷幸喜作品は好きなのですが、今回はダメですね。なんかはじけてない感じ。
最後まで見ても、全く納得できない。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-11-15 22:05:03)
24.題材は面白くて好きなんですが、もっと膨らましてほしかったですね。少し物足りなく感じました。昔のドラマ「総理と呼ばないで」を思いだしました。あのドラマ、人気がありませんでしたが僕は好きでした。でも内容は記憶にございません。
アキラさん [インターネット(邦画)] 6点(2020-11-15 10:25:40)
23.監督のやりすぎなところ(内輪うけするかもしれない耳ネタに飽きてる)は×
演者さんたちが一生懸命でしかもうまいね。ここは〇!
HRM36さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-11-09 21:58:12)
22.《ネタバレ》 一言で言うと物足りない。三谷幸喜監督は自らの名前でハードルをあげてしまって損をしている。作品としてはそれなりに及第点ではあるが、三谷幸喜作品としては物足りない。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-11-08 20:17:15)
21.面白いけど、ちょっと茶化し感が行き過ぎじゃないかと思うけどね・・・
昔、新谷かおるの『エリア88』って漫画のシーンに下記のようなものがあったのを思い出した。
---
大統領の息子が警護の傭兵にお父さんのやっている政治は正しいのかどうか聞いた場面があり、傭兵は、
「政治には二通りしかない」
「自分のためにする政治と他人のためにする政治だ。」
「政治に良い悪いはないんだ。」
「方法が適しているかいないかのどちらかでね」
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2020-10-24 21:58:53)
20.なんだか後味が悪いなあ。
自分は日頃「総理大臣って大変だなあ。起きてる時間は基本、全部仕事なんだろ?」なんて思ってる人間だから。
政治家って、今の日本じゃお笑いにしにくいんだよ。
少なくとも、今の日本で総理大臣になるような人は、みんな真面目で24時間1年中、日本の将来考えてるような人達ばっかりだから。
だからこんなふうに茶化されても、ノレない。
小池栄子の芸達者ぶりだけは楽しかった。
まかださん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2020-10-18 23:08:50)
19.《ネタバレ》 政界を扱った三谷幸喜作品と言えば、視聴率が振るわなかったTVドラマ『総理と呼ばないで』が思い出されます。三谷氏にとって鬼門とも言える題材への再挑戦は立派じゃないですか。とはいえ評価は是々非々ですけれども。さて、タイトルの元ネタと言えば、ご存じ『ロッキード事件』。以後、政治家の常套句として定着した言い逃れフレーズであります。また、首相のモデルはおしゃれ帽子がトレードマークのあの人でしょう。一応『架空の国』との注釈付きですが、現実からの引用が多々見られ、本来は風刺映画の体裁です。ところが皮肉批判は鳴りを潜め、総じて毒気は薄く、寓話としての色合いが濃い仕立てでありました。クライマックスは、首相と奥様の復縁話。もう政治と関係ありません。あくまで娯楽作品。過度な刺激は必要ないという事でしょう。ここからネタバレ。首相の記憶はいつ戻っていたのか問題。「あっ、ここで記憶が戻ったな」という演出は施されず、『実は記憶が戻っていた』という首相の告白のみで、漠然と処理されます。いつ記憶が戻ったのか、気になりますよね。でも、ここにメッセージが込められていると考えます。『人生をやり直すのは、何時だって構わない』ということ。偽りの記憶喪失を演じられるクソ度胸があれば、そりゃ何だって出来るでしょうよ。でも普通の人には無理な話。この一点からも、主人公は単なる傀儡ではなく、傑物である事が分ります。でもそれなら、それまでの愚者ぶりの説明が付かないワケで、頭に石が当たった事で『我に返った』と見立てるのが正しい気がします。悪いことをしたら謝る。間違ったらやり直す。子どもの頃教えられてきた常識が、大人の世界では非常識に変わるように、主人公も政界に毒されて本来の自分を失っていたものと考えます。あな恐ろしや。でもこれが一般的に『大人になること』だったりします。キャラクター造形の面白さや会話劇を楽しむ三谷監督お得意の王道喜劇。気楽に観られる大衆娯楽映画として、価値は充分と考えます。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-08-05 19:28:12)(良:3票)
18.《ネタバレ》 いかにも三谷幸喜っぽい映画を、当のご本人がおつくりになったような印象。
劇中の総理が記憶をなくして良い政治家に生まれ変わろうとするあたりは、「ギャラクシー街道」とかつくっちゃって貶めた評判を、あの時はどうかしていたんだと、取り戻そうとしているかのように感じたのは少々うがった見方でしょうか。
いずれししても三谷節を若干取り戻してはいるが、昔のような面白さは感じられなくなったしまった。
善悪の表現があまりに表層的でアクセントがないためでしょうか。
リーガルハイとかコンフィデンスマンJPの古沢良太脚本なら、もう少し違ったつくりになったような…。
なんて他人を引き合いにレビューするには良くないなと思いつつ、それも時代の移ろいかなぁと。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-07-25 09:29:33)
17.三谷幸喜作品らしい面白さだったと思います。
娯楽作としての安定感。
もうちょっと劇的な終盤、意外性も欲しかったかなぁ。

個人的に持ってる俳優さんのイメージと、
真逆の配役な感じがして好きでした。
キャラクターの個性も豊富で面白かったです。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-07-22 11:52:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 5.33点
000.00%
100.00%
200.00%
312.78%
4822.22%
51438.89%
6616.67%
7513.89%
825.56%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS