ハッピー・デス・デイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハッピー・デス・デイ
 > (レビュー・クチコミ)

ハッピー・デス・デイ

[ハッピーデスデイ]
Happy Death Day
2017年【米】 上映時間:96分
平均点:6.85 / 10(Review 27人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-06-28)
ドラマホラーサスペンスコメディシリーズものミステリー青春もの
新規登録(2019-06-30)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2020-03-24)【かたゆき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリストファー・ランドン
キャストジェシカ・ロース(女優)ツリー
製作ジェイソン・ブラム〔製作〕
配給東宝東和
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
27.《ネタバレ》 コメディ色が強そうだから観てみました。
ハチャメチャかと思ってたけど、悟りとか教訓的なとこもあってかなりマトモじゃないですかね、コレ。
カーターを助けるためにもう一度、というところが良かったな。
観終わってみれば、カワイイ映画だななんて思ってしまいました。続編も観たいです。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-04-01 13:17:10)★《新規》★
26.《ネタバレ》 シンプルに面白かった。
ホラーカテゴリではあるが怖くはなく、寧ろラブロマンス+コメディでいいのではないか。
主人公が老けてるなとは思ってたがまさか当時30とは思わなかった。
彼の為に自殺してやり直すところがよかったのと、EDが凝ってて珍しく早送りせずに見れた。
ホラーを期待して見ると肩透かしくらいでしょう。
事前知識が「ループ物」ってことだけで見れたのもよかったのかもしれない。
悲喜こもごもさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-03-20 01:28:51)
25.配役がおかしい。
最初から最後まで、「イヤイヤ、おばさんじゃん」というツッコミが頭の中から消えなかった。
女子大生役になぜ当時30歳のジェシカ・ローテを起用したのか。
若く見える30歳ならまだしも、しっかりと30歳の容姿。何年留年したらこうなる。

話はスクリームみたいな感じで面白かった。
どちて坊やさん [インターネット(吹替)] 4点(2021-03-15 00:02:10)
24.《ネタバレ》  とても楽しい映画で、主人公(女性)が最初はどうしようもないダメな奴だったのがだんだん改心して最終的にはカッコよく見えさえする場面もあり、先が読めはするものの終わってみれば気持ちのいい良い話で、非常に良かったです。

 いちおうホラー映画のくくりになっており、多少ホラーっぽい演出もありますが、ほとんど怖くなく、その手の映画を観ようとするといつも覚悟を決めていかないと中々観られない(グロい場面は直視できない)、というような私でも安心して観られる作品でした。とりあえず、犯人に主人公が襲われたときにいきなり反撃でぶん殴り返して1回は撃退するところでゲラゲラ笑ってしまった。これがいまどきのホラーの女性ヒロイン像か、なるほどーって。

 あと、この手のループ物はいろいろありますが、私は「ラン・ローラ・ラン」を思い浮かべた口ですが、あの、当初の目的は無事達成できたのに、気に入った結末を得るためにあえて***する~、という場面が、ループ物でもちょっと新しいかなと思いつつ、主人公カッコええ!!! と感じ入ったところです。

 そんなところで、続編の「ハッピー・デス・デイ 2U」も、すぐ続きの話で、そちらも非常によくできた良作なので、気に入られた方はぜひぜひ、すぐにでも観ましょう! ってところです。はい。
simさん [インターネット(吹替)] 8点(2021-02-28 21:00:39)
23.ラジオでアンガールズ田中がお勧めしていたので鑑賞。
いやあ、面白かったです。
タイムループものは色々見たので、もちろんネタバレ感はあるのだが、それを逆手に取っているようによくできている。
ただ、ホラーを期待してみるとちっとも怖くないので、その辺は要注意。
どちらかというと、バタフライエフェクトのような感じがする。もちろん、やっていることは恋はデジャブなのだが。
これを見る前にザック・エフロンのネイバーズなんかを見ていると、アメリカの大学の仕組みがよくわかりよいかもしれない。
まあ、そっちはそれほどお勧めしないが。
シネマファン55号さん [インターネット(吹替)] 8点(2021-02-07 00:54:57)
22.《ネタバレ》 サスペンス・ホラー・コメディーが程よく入り混じったB級映画
設定としてはおもしろい作品だと思うのですが、粗削りなところが目立つ気がします。
コメディータッチのサスペンスだし こんなもんかなーとは思いますが、欲を言えば
・少しでもタイミングが違ったら違う展開になってもいいようなものですが、朝の展開は毎回一緒だったり
(3回目の死に戻り時には駆け足で部屋を出て、通り過ぎて行ってるのに同じ状況)
・前半部の犯人は明らかにあの女の子じゃない風貌・腕力(関係ない人も殺してるし)
(カナヅチで殴られたり、ボードで吹っ飛ぶくらい殴られて普通に起き上がるとかどうよ)
・解決方法 もっとなんかあるやろ。。。。。
・傷跡が残る設定の必要性(無理矢理、偽犯人に繋げたかっただけ?)
といったところが気になる点でした。
ファンの人がいたら申し訳ないのですが、2,3回目の死に戻り時の主人公がおばちゃんにしか見えなくて・・・
後半の活き活き(何回も死んでるけど)してるシーンや心を入れ替えたシーンは綺麗には見えるのですが・・・
これもちょっと気になっちゃいました。
心を入れ替えて これでハッピーってところで終わらないところは高評価
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-09-29 00:22:17)
21.《ネタバレ》 自ら触れているように、「恋はデジャ・ブ」をサスペンス風に作り変えた作品ですね。ちと手抜きを感じます。主人公一人を殺すために第三者を何人も巻き込むなど犯人の行動の粗さも気になる(警察が捜査したら速攻で捕まるでしょう)。主人公が一番清くなったところで大団円にしなかったのは良かったと思います。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 5点(2020-08-26 10:43:32)
20.《ネタバレ》 恐らくは、低予算作品でしょうけど、なかなか良い出来映えの作品。楽しめました。
何といっても、主人公のジェシカ・ローテがよい。
初めのうちは、頭は弱そうだし、性格悪いし、顔立ちもキツイのですが、いつの間にやら可愛く思えて来るから不思議
ホラーというより、これはコメディですね。
2Uはレビュー得点がさらに高いようですね。
続けて観たいと思います。
TerenParenさん [DVD(字幕)] 7点(2020-08-02 18:36:14)
19.《ネタバレ》 この映画を観た直後に続編のハッピデスデイ2Uを観て、あまりの面白さに勢いで2のレビューを先に書いてしまい…なんとなくそこから逆に1のレビューは書きづらかったので放置していたのですが2を絶賛しているのに1のレビューを書いてないのもおかしいだろ、という事で再見してレビューを。

再見して思ったのは「話わかってても面白いな」という事。
ストーリーがわかった状態で観ても細かいところで新たな発見もあり、なかなか面白く観る事ができました。
これが出来の悪い映画だと1回目は勢いで「面白い」と思っても再見してみると「ん?」と思う事もあったりするんですが、この映画でそんな事がなかったのはおもしろい映画の証拠かな、と。

で、再見して思ったんですがこちらの1作目に関しては肝心の「そもそもなぜループするのか」という事についての理由付けを徹底して排除してるのがいいと思うんですよ。
そこに変な理由付けをしても、なんか安っぽくなってがっかりするのがほとんどなわけで、だったらもうそこについては一切スルー。
起きてる事はもうそういうものだと割り切ってストーリーを紡いでいくというのは手法としてありかな、と。
たとえば「僕だけがいない街」とかなんで戻るのか原理について語られてませんよね。
ただその能力が存在しますという前提だけで話を紡いでいきますが、もともとありえない仕様なんですから、それでいいんじゃないでしょうか。
(結果として話を作るために都合よく能力が発動してるんじゃね?と思ってしまうところもあるんですが)
「CUBE」なんかあの構造体はなんなんだよ、という事については一切語られませんが、でも面白いわけですし。

もちろん「その理由のディテールを面白く描いてストーリーに組み込めれば」それに越した事はないわけです。
たとえばバックトゥザフューチャーの「タイムマシンは原子力による膨大な電力で動いている→過去に戻って原子力機関を動かせない→さぁどうする?」なんかがその典型です。ストーリーの一つの軸になってますから。
ついでに言えば「タイムマシンがなぜデロリアン→かっこいいから」みたいな細かいネタも忘れないからあの映画は傑作なのですが。

しかし、それが語れない(あるいは語る必要がない)のであれば、もうそこは「そういうものだ」と割り切ってしまうのも一つの手です。
この映画はそれで成功してると思うんですよね。

さらにこの映画が成功しているのはキャラ造形が魅力的な事。
(さんざん言われてる事ですが)ビッチな主人公をいつのまにか応援してしまうっていうのは映画の出来がいいからこそです。
多くの映画で「主人公が魅力ない映画が面白いわけがない」という経験をしているだけに、その真逆、ビッチな主人公をいつのまにか応援してしまうこの映画が面白いのはある意味当然だと思います。

で、この映画について言いたい事がひとつあるとすれば。
「この映画がちょっとでも面白いと思ったら(あまり間をあけずに)続編も観てね」
これにつきます、はい。
あばれて万歳さん [インターネット(吹替)] 8点(2020-05-14 22:16:30)(良:1票)
18.《ネタバレ》 こういう作品ってあまり好きじゃないんだけど予想以上に面白かった。
これまでのタイムリープ物ってホラー要素やらサスペンス要素が強かったけど
この作品はコメディ要素が強い。
また犯人も予想外だった。

主人公の何度殺されても立ち直る精神も良かった。
最後まで楽しんで見れた。

気になったのは
あんなに性格ブスだった主人公が殺される経験を得て善人になれるかなー。
あとちょっと流れが不自然なシーンがあったのも気になった。
Dry-manさん [インターネット(吹替)] 7点(2020-05-04 00:54:53)
17.いや、面白かった。
素直に佳作。
どこかで観たような筋書きながら、コメディもドラマもサスペンスも程よくブレンドされて時間を忘れて楽しめた。
やな女のツリーが、だんだんかわいく思えてくるところなんてグッとくる。
タイトルからB級感がぷんぷんするんだけど、B級でも面白さは一級品。
これは観て損なし。
いや、むしろ観ないともったいないレベルじゃないかな。
roadster316さん [インターネット(吹替)] 8点(2020-04-19 18:28:41)(良:1票)
16.ホラーとしてもコメディとしてもちょっと中途半端かな。展開が都合よすぎる感じもある。
nojiさん [インターネット(吹替)] 5点(2020-04-11 23:01:17)
15.程よいホラー感とサスペンス感にコメディ要素を混ぜ込んだ本作。
でもその要素も味付けに過ぎずメインディッシュは主人公のキャラクター性

タイトルとパッケージの感じからグログロのB級ホラーを観るつもりだったんですが思わぬ良作に巡り会いました。
ケ66軍曹さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-04-10 20:36:34)
14.おもしろかった。「時をかけるビッチ」とか言われたら観ないわけがない。そして、観てるみんなはどんどんビッチが好きになる。タイトルを青春映画みたいに変えたらもっと観る人増えるかもしれないね、「だめな私の更生日記」「短期生まれ変わり留学」。我ながらセンスない、こんなタイトルの映画絶対観ない。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-03-28 01:06:56)(良:1票)
13.《ネタバレ》 ちらほらと同じ様な設定の映画はありますが、特にコメディ色が強く感じました。
ギャップが良いのか?主人公への好感度が終盤でかなり変わったなぁ。
また物語はテンポが良くて楽しめました。続編も観たいと思います。
とむさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-03-27 01:28:15)
12.《ネタバレ》 『ファイナル・○スティネーション』あるいは『オール・ユー・ニード・イズ・○ル』のような“死に方コレクション“が見どころかと思いきや、さにあらず。極めて真っ当な(嘘です。言いすぎました。まあまあちゃんとした)青春ドラマ&サスペンスドラマで驚きました。しかもコメディとしても上等で、結構笑えるのです。B級ホラーにありがちな、安易なグロテスク&ゴア描写に逃げなかった点も気に入りました。同じ日を何度もループするというアイデア自体は目新しくないものの、練られた脚本に感心することしきり。物語にどんどん引き込まれていきました。もちろん、それに比例するように主人公の好感度もうなぎ登り。クソ女とはいえ、もともとキュートな美人さんですから、そりゃおじさんはイチコロですがな。この完成度なら広げた風呂敷を畳まず終わってもOKと思っておりましたら、なんと続編できちんと畳んでくれているじゃないですか!本作まるごと伏線(前ふり)扱いと知り二度びっくり!実質2部作と考えて良さそうですが、素晴らしいのは本作単独で見事に完結していること。これはイイ映画ですよ。『ハッピー・デス・デイ 2U』の感想へ続く。
目隠シストさん [インターネット(吹替)] 8点(2020-03-25 20:23:20)(良:2票)
11.《ネタバレ》 ホラー要素は、本筋のコメディの味付け程度。本歌は「恋はデ・ジャブ」。だから、「心を入れ替えてもムダだった」というくだりがすごいいいです。なんかこう、ただ呑気に眺めるのにちょうどいいチカラ加減の映画ですので、続編は、いつかまた気持ちが沈んだときのために取っておきます。
なたねさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-03-22 21:32:58)
10.瑞々しさ溢れるジェシカ・ロースが奇想天外なストーリーに映える快作。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2020-03-21 21:38:48)
9.《ネタバレ》 タイプループ系の映画。主人公がクソ女という以外は特に目新しさはない気が…。ループ場面を面白いと思えるかどうかがキモだと思いますが、私はあまり面白いと思えなかった。何故だろう?トムクルーズの死にゲーは面白かったんですけどね。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 5点(2020-03-14 18:17:29)
8.いわゆる、タイムリープ、死に戻りなど言われるやつですね。死ぬ度に人間的に成長するのは良い事ですね。けど犯人が微妙だったかな。
真尋さん [インターネット(吹替)] 6点(2020-03-01 00:51:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 27人
平均点数 6.85点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.70%
5311.11%
6414.81%
71037.04%
8933.33%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS