最高の人生の見つけ方(2019)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 最高の人生の見つけ方(2019)
 > (レビュー・クチコミ)

最高の人生の見つけ方(2019)

[サイコウノジンセイノミツケカタ]
2019年【日】 上映時間:115分
平均点:5.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-10-11)
ドラマコメディリメイクロードムービー
新規登録(2019-07-08)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2021-04-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督犬童一心
キャスト吉永小百合(女優)北原幸枝(大学を卒業後すぐに結婚、以来、ずっと専業主婦を続ける。)
天海祐希(女優)剛田マ子(総客室数5万を誇るホテルチェーンの社長)
ムロツヨシ(男優)高田学(マ子の秘書)
満島ひかり(女優)北原美春(幸枝の娘)/若き日の幸枝
賀来賢人(男優)三木輝男(マ子の夫)
鈴木梨央(女優)神崎真梨恵(幸枝とマ子に【やりたいことリスト】を残す少女)
ももいろクローバーZ(女優)
どんぐり(女優)患者
しゅはまはるみ(女優)
脚本浅野妙子(アダプテーション脚本)
犬童一心(アダプテーション脚本)
音楽上野耕路
作詞竹内まりや「旅のつづき」
作曲竹内まりや「旅のつづき」
主題歌竹内まりや「旅のつづき」
挿入曲ももいろクローバーZ
撮影清久素延
製作ワーナー・ブラザース(製作幹事/「最高の人生の見つけ方」製作鵜委員会)
木下グループ(「最高の人生の見つけ方」製作委員会)
WOWOW(「最高の人生の見つけ方」製作委員会)
博報堂(「最高の人生の見つけ方」製作委員会)
朝日新聞社(「最高の人生の見つけ方」製作委員会)
イオンエンターテイメント(「最高の人生の見つけ方」製作委員会)
配給ワーナー・ブラザース
特撮大屋哲男(ポスプロテクニカルプロデューサー)
美術磯田典宏
編集上野聡一
録音志満順一
照明疋田ヨシタケ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 偶然手にした今は亡き少女の『やりたいことリスト』。余命僅かな2人の女性が、少女に成り代わって、彼女の夢を叶えていきます。ただし、原則セレブがお金の力で豪快に夢を実現していくため、庶民からすれば単純に羨ましい限り。ちょっと意地悪な言い方をするなら、『最高の人生の見つけ方』とは、金持ちとお友達になるることですか?と。また、事情も知らぬ赤の他人が本人の承諾も無しに『親子の仲を取り持つ』など善意の押し付けもいいところ。結果オーライだから許されるものではありません。イマイチ乗れぬ(感動できぬ)展開の連続にフラストレーションが溜まりました。唯一良かったのは、手帳の少女の顛末でしょうか。こういう裏切りなら大歓迎ですけども。さて、キャスティングについて。何故吉永小百合さんだったのでしょう。生活感なく、人生経験豊富とも思えぬ、何処からどうみてもお姫様。切ない系人情ドラマに耐えぬ人選です。しかし、『最高の人生の見つけ方=自身の人生の肯定』とするならば、どんな人でも当てはまらなくてはいけません。一見ミスキャストに思える吉永さんの器用も、見方を変えれば深い意味があると思えてきます。(以下義務的余談)モノノフ(ももクロファン)として、ライブシーンについて捕捉をします。収録が行われたのは、ニッポン放送主催の恒例ライブイベント、通称『バレイベ』でした。2019年2月の横浜アリーナ。いつものガッツリライブとは異なり、ラジオドラマやコントなど企画色が強い演目が特徴。とはいえ映画収録について事前告知など無し。当日のお客には箝口令が敷かれたとか。ちなみに、収録が行われたのは2デイズの初日。私は2日目参戦でした。残念。なお、劇中ムロさんがオタ芸を披露しておりましたが、ももクロにオタ芸文化はありません。特定の曲でメンバーと同じ動き(フリコピ)をすることはあっても、基本はペンライトを振って『ウリャ』だの『オイ』だの叫ぶ程度です。ですからももクロのライブは、予習なしでも余裕で楽しめますので、少しでも興味を持った方がおられましたら、(コロナが落ち着いたら)是非お越しくださいな。全身唐辛子っぽい人とか、人形をぶら下げた人とか、見た目はキテレツで驚くかもしれませんが、基本的には圧倒的に常識人揃いですのでご安心を。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-10-30 21:29:45)
1.《ネタバレ》 リメイク、ですよね。
オリジナル未見で挑みましたが、楽しめました。
おそらくムロツヨシさんのサポートが効いてたんじゃないかな。
よく『ゲームにはルールがあるからおもしろい』とかって言うけど、人間をゲームに例えたら『必ず死ぬ』ってことですよね。
やっぱりその事を理解しとかないと、人生は楽しめないのかなと、感じさせてくれました。
天海祐希さん、吉永小百合さん、大好きな女優さんの爽やかな作品でした。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-08-01 23:21:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS