アイネクライネナハトムジークのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アイネクライネナハトムジーク
 > (レビュー・クチコミ)

アイネクライネナハトムジーク

[アイネクライネナハトムジーク]
2019年【日】 上映時間:119分
平均点:5.40 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-09-20)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2019-07-15)【3737】さん
タイトル情報更新(2019-09-24)【アングロファイル】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督今泉力哉
キャスト三浦春馬(男優)佐藤
多部未華子(女優)本間紗季
矢本悠馬(男優)織田一真
森絵梨佳(女優)織田由美
恒松祐里(女優)織田美緒
MEGUMI(女優)板橋香澄
柳憂怜(男優)久留米邦彦
濱田マリ(女優)久留米マリ子
藤原季節(男優)青年
貫地谷しほり(女優)美奈子
原田泰造(男優)藤間
原作伊坂幸太郎
脚本鈴木謙一
配給ギャガ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.予備知識無しで見ました。ボクサーと恋人のストーリーかと思っていたら、全く違う方向に話が進んでいきました。登場人物が多くいろいろな話が交差するので少し分かりづらかったです。また、帽子をか被ったストリートミュージシャンが何度も出てきて同じ歌を何度も歌いますが、歌が単調で印象が薄く、かつこのミュージシャンとストーリーとの関連性は見られず、しつこい印象を受けました。
みるちゃんさん [DVD(邦画)] 4点(2020-02-27 07:26:16)★《新規》★
4.ふとした所で、重なってゆく人生。テーマも「人生において偶然訪れた大切な出会い」という類だが、その繊細なプロットを表現する技法として、恐らく原作小説では叙述トリックに類する緻密な工夫が施されているものと推察する。

しかし、それを映画で再現してみると、展開運びに若干の意外性がもたらされるものの、それよりもとにかく話もキャラも薄くて軽い、という印象(それは逆に「軽やかさ」とか「肩肘張らずに観れる」というストロングポイントだと言えるのかも知れないが)。個人的にはも少し深くて歯応えの有る話の方が好き。ただし、入れ替わり立ち替わり色んな俳優が登場しては次々と軽妙な芝居を披露していくというテンポの良さとバリエーションの多彩さはまずまず面白く、少なくとも2時間が退屈だということは決して無い。

全員が脇役みたいな立ち位置だが、中でもMEGUMIと原田泰造(あと多部ちゃん)は良い脇役芝居で好印象。ほっこりグッドエンドな終い方も含めて、デートムービーにも最適な一品。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 6点(2019-11-15 23:15:59)
3.斉藤和義の名曲「ベリーベリーストロング」が大好きだから、原作も好きだから、本作はご褒美みたいなもんです。鑑賞前は何故主題歌が「小さな夜」なんだ?と疑問に思っていましたが、観賞後は納得。ピッタリ!なんせ「アイネクライネ…」の意味も【小さな夜の曲】だもんね。。。
出演者みんな持ち味出してました。
tonaoさん [映画館(邦画)] 8点(2019-09-28 18:26:18)
2.事前に原作をばっちり読んでいた為、どうしてもそれと比較してしまうので評価は厳しめ。

まず、伊坂幸太郎による原作は、ボクサーを中心に配置してそれと関係のある複数の登場人物達による過去と現在入り交じる緻密な構成で、読み進めて行くに従い、あの人物とこの人物が繋がっていたのかぁ、とかパズル的快感が楽しい原作であった。

(ここから映画のレビューが始まります)
また、原作では明確な主役が存在していなく、あくまで群像劇な趣だったが、この映画においては三浦春馬演じる人物を主人公にしてしまった事で、どうしても彼の周りの人物達に限定されたドラマが繰り広げられる為、なんだか普通のドラマになっちゃってた。時間軸も一本道だし。それに伴い登場人物も原作から削られてしまっていた人が何人か居た。まあ、それは大した問題ではないが、どうせ彼を主役にするのならもうちょっと彼とその恋人の話を盛り上げる必要があったように思う。恐らく今泉監督はその辺をじっくり描きたかったのだろうが脚本やってないし……。今回はちょっと原作がこの監督に合っていないんじゃないかなぁと思っちゃった。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 4点(2019-09-24 11:37:42)(良:1票)
1.とにかくボクシングのくだりが全てにおいてダサい、クサイ、見てられない。ウインストン小野とか普通の兄ちゃんなのに あれで世界ヘビー級のチャンピオンだとかいう阿保くさい設定がとにかく話を盛り下げてる フツーに身近な人物たちのこじんまりとした話でよかったのに、ほとんど全ての登場人物にこのウインストン小野というのを絡ませた。そこが敗因だと言ってもいい。でも唯一と言ってよいほど彼に絡まなかったのが多部ちゃんで そんな見方からすれば多部ちゃんだけが上手いこと地雷を避けて生き残れた戦士かのように思える。はぁ、フツーにラブでヒューマンなドラマシーンだけでよかったのに、話半分ほどまでは平和でよかったのに、とにかくボクシングにまつわるシーンが気色悪すぎた。
今泉監督、やはりあなたは作品を選ぶべきだ こんなたるい作品監督してたら感性鈍るよ 過去作品のファンからしたらガックリよ 次回からは初心に戻ってやはりあなた自身が書いた脚本で勝負をしてもらいたい。
3737さん [映画館(邦画)] 5点(2019-09-23 01:37:59)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.40点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4240.00%
5120.00%
6120.00%
700.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 0.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS