MIFUNE:THE LAST SAMURAIのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > MIFUNE:THE LAST SAMURAI
 > (レビュー・クチコミ)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

[ミフネザラストサムライ]
MIFUNE:THE LAST SAMURAI
2016年【日・米】 上映時間:80分
平均点:6.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-05-12)
ドキュメンタリー伝記もの
新規登録(2019-07-26)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2019-08-10)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・オカザキ
キアヌ・リーヴスナレーション(海外公開版)
AKIRAナレーション(日本公開版)
出演香川京子
司葉子
土屋嘉男
加藤武
八千草薫
夏木陽介
二木てるみ
野上照代
中島春雄
中島貞夫
三船史郎
黒澤久雄
スティーヴン・スピルバーグ
マーティン・スコセッシ
役所広司
脚本スティーヴン・オカザキ
製作電通
企画中沢敏明
プロデューサー三船力也(コンサルティング・プロデューサー)
スティーヴン・オカザキ
編集スティーヴン・オカザキ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.日本のチャンバラ映画の歴史を織り交ぜつつ、俳優・三船敏郎の人生を追ったドキュメンタリー。スコセッシやスピルバーグ、錚々たるインタビュイーが登場してミフネ像を語るのですが、「ヨシ、ワカッタ」のオジサン(加藤武)までは良いとしても、なぜ中島貞夫さんが??? 確かに70年代後半から、何本かの映画で接点はありますけれど、アレって、三船プロの苦しい台所事情につけこんで東映が無理やり三船敏郎をブッキングしただけ、というのは、いささか穿った見方か?
いずれにせよ、ルーカスでもコッポラでもなく、サダオ・ナカジマがスコセッシやスピルバーグと肩を並べるように登場しているのがウレシイではないですか。まさに彼らこそが現代を代表する三大巨頭、みたいで。
最初の方で、邦画の歴史としてサイレントのチャンバラ映画が紹介されてて、見てるとなんだか、ワクワクしますねえ。この異常なまでのスピード感、流れるような殺陣。一部、スピード感を欠いた「?」な作品もありますが。
つまるところ、後に時代劇の殺陣にもリアルさが求められるようになって、そのリアルさとかつての様式美とを同時に表現できたのが、三船敏郎のスゴサ、ということになるんでしょうか。
インタビューシーンで、それぞれ語り手の背景が、意表をつくという程ではないんだけど、何となく気になるものがあって、シーンごとに雰囲気を変えるのがイイなあ、と。ミフネに関係するポスターだったり、関係しないけど「和」を感じさせる場所だったり。
娘が登場しないのは、オトナの事情と言うヤツなのか、特には不要というコトなのか。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2021-12-26 09:53:19)★《新規》★
2.あのスピルバーグやスコセッシが日本の一役者について語るなんて、おそらく三船敏郎以外では考えられません。たしかに、画面に登場するだけで空気がピンと張り詰めるというか、重みが増すというか。やっぱり不世出の役者だったんだなと再確認できます。
ただ大真面目なドキュメンタリーで、特に目新しい情報もなし。NHKとかがふつうに作りそうな内容でした。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-12-04 01:41:17)
1.《ネタバレ》 三船さんの入門的な内容といった感じでしょうか。
しかしながらインタビューを受けている方々は錚々たる面々。
個人的には、我慢の人だと言う指摘が印象的でした。
その我慢の裏返しとしての大酒呑みだったのかな、て。
あろえりーなさん [地上波(字幕)] 6点(2021-11-30 14:42:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6266.67%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS