バットマン リターンズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バットマン リターンズ
 > (レビュー・クチコミ)

バットマン リターンズ

[バットマンリターンズ]
Batman Returns
1992年【米・英】 上映時間:128分
平均点:6.82 / 10(Review 115人) (点数分布表示)
アクションSFファンタジーシリーズもの犯罪もの漫画の映画化クリスマスもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-12-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ティム・バートン
助監督ビリー・ウェバー(第二班監督)
キャストマイケル・キートン(男優)バットマン/ブルース・ウェイン
ダニー・デヴィート(男優)ペンギン/オズワルド
ミシェル・ファイファー(女優)キャットウーマン/セリーナ
クリストファー・ウォーケン(男優)マックス・シュレック
パット・ヒングル(男優)ジェームズ・ゴードン
マイケル・ガフ〔1916年生〕(男優)アルフレッド・ペニーワース
ポール・ルーベンス(男優)ペンギンの父
マイケル・マーフィ〔男優・1938年生〕(男優)市長
アンドリュー・ブリニアースキー(男優)チャールズ・シュレック
ヴィンセント・スキャベリ(男優)手回しオルガン師
スティーヴン・ブリル(男優)
渡辺裕之バットマン/ブルース・ウェイン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
樋浦勉ペンギン/オズワルド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田島令子キャットウーマン/セリーナ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小川真司〔声優・男優〕マックス・シュレック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
松岡文雄アルフレッド・ペニーワース(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
秋元羊介市長(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
天田益男(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
桜井敏治(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
成田剣(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山野史人(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野島昭生(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小関一(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小室正幸(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山寺宏一バットマン/ブルース・ウェイン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石田太郎ペンギン/オズワルド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
菅生隆之ペンギン/オズワルド(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
藤田淑子キャットウーマン/セリーナ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山像かおりキャットウーマン/セリーナ(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
野沢那智マックス・シュレック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中村秀利マックス・シュレック(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
内田稔アルフレッド・ペニーワース(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤本譲ジェームズ・ゴードン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
羽佐間道夫市長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
堀内賢雄チャールズ・シュレック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
井上喜久子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
広瀬正志(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大川透(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
島香裕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
辻親八(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
鳥海勝美(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
沢海陽子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
稲葉実(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ボブ・ケイン(キャラクター創造)
音楽ダニー・エルフマン
編曲スティーヴ・バーテック
マーク・マッケンジー(追加編曲)
ブルース・ファウラー〔編曲〕
撮影ステファン・チャプスキー
ポール・ライアン〔撮影〕(第二班追加撮影)
ロブ・ハーン(カメラ・オペレーター)
ドン・バージェス(第二班撮影監督)
製作ティム・バートン
ラリー・J・フランコ(共同製作)
イアン・ブライス(製作補)
デニーズ・ディ・ノヴィ
ワーナー・ブラザース
製作総指揮ジョン・ピーターズ
ピーター・グーバー
マイケル・E・ウスラン
ベンジャミン・メルニカー
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクスタン・ウィンストン
グレッグ・キャノン(ノンクレジット)
ヴェ・ニール(メイクアップ・スーパーバイザー)
特撮スタン・ウィンストン・スタジオ(特殊効果)
ジョン・ブルーノ〔特撮〕(視覚効果スーパーバイザー)
ジム・ライジール
マイケル・L・フィンク(視覚効果監督)
美術ボー・ウェルチ(プロダクション・デザイン)
リック・ハインリクス(美術監督)
シェリル・カラシック(セット)
ロバート・ドーソン[タイトル](タイトル・デザイン)
衣装ボブ・リングウッド
メアリー・E・ヴォクト
編集クリス・レベンゾン
録音スティーブン・ハンター・フリック
スティーヴ・マスロウ
字幕翻訳新村一成
スタントリック・エイヴリー(ノンクレジット)
スピロ・ラザトス(ノンクレジット)
パット・ロマノ(ノンクレジット)
その他イアン・ブライス(プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
115.異様な世界。バットマンに合っている。考えてみれば、御伽話のような物語の中で活躍するのがいいのか。
ただし、思ったよりも起伏はない。
simpleさん [地上波(字幕)] 6点(2019-10-03 21:15:03)
114.《ネタバレ》 前作に負けず劣らずダークな雰囲気とキャラクター達の良い部分が全開。ペンギンの気味悪さにキャットウーマンのコスチュームのセンスも奇抜でカッコいい!今のバットマンのシリアス路線と比較して観てみるのも楽しいと思います。
アメコミマンさん [DVD(字幕)] 8点(2018-07-20 22:40:37)
113.《ネタバレ》 ティム・バートンの世界観がふんだんに披露されるので、それが合うか合わないかで分かれる作品。
個人的にはクリスマスに暴れるクレイジーなピエロ、不気味だが愛嬌のあるペンギン、
ツギハギの衣装に謎の魅力を持つキャットウーマン、という時点で惹きこまれた。
ノーマン作品よりティム・バートンのバットマンの方が好き。
ストーリー自体は、悲しみを背負ったペンギンとキャットウーマンという共通項があるものの
三つ巴のような展開に乏しく、二人の悪役によりストーリーがファジーになってしまった印象。
ペンギンとキャットウーマンの目的がいまいち見えないため、
バットマンも「街を守る」という漠然とした存在になり、バットマンの弱点や葛藤はあまりない。
(知人女性がキャットウーマンと発覚してから戦うか戦わないか!?みたいなシーンもほぼないし)
ペンギンはたしかに悪いことしたんだけど、境遇が不幸すぎるし
「名前を知りたい」「女を抱きたい」が目的だとしたらちょっとかわいそうすぎる気がする。
面白いのだけど、世界観の勝利みたいなところがあって、脚本自体は普通だったかも。

スーファミのバットマンリターンズは相当に再現度が高かったらしい。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 7点(2017-07-23 10:56:04)
112.ティムバートンらしい演出に濃すぎる敵味方?キャラ、パッとはしなかった。

しかも、この後駄作の続編2作飛ばしてノーランのバットマン3部作を見たので尚更キャラ以外が印象に残らない
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 5点(2017-07-23 01:24:17)
111.2017.01/17 BS鑑賞。第1作のニコルソンの怪演に続きダニー・デヴィートも怪演。展開、理屈は抜き夢の中と思うべし。
TVの「ゴッサムシティ」の方が筋書きは良い。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-01-17 22:17:51)
110.小さい時に前作を見た時は退屈だった覚えがありますが、本作は当時からも面白かった気がします。大人になって見たところ、思っていた以上に暗いですが、前作同様ティム・バートンワールドしていますし、ペンギン役のダニー・デヴィートやキャットウーマン役のミシェル・ファイファーもキャラ立ちしていて、やっぱり面白いです。
ティム・バートンといえば、「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」の方が代表作にあげる方が多いかと思いますが、僕は「ビートルジュース」と本作の方が好きです。
映画の夢さん [DVD(字幕)] 8点(2016-06-08 16:33:36)
109.“バットマン映画”として観るか、“ティム・バートン映画”として観るか、どちらの心構えで観るかで、この映画から受ける“感触”は大いに左右されると思う。
僕は、前作「バットマン」を当然のごとく“バットマン映画”として観てしまったため、その特異な世界観に正直違和感を覚えてしまった。
しかも、クリストファー・ノーランの「ダークナイト」シリーズを観てからの、ティム・バートン版「バットマン」の初鑑賞だったため、両者のギャップを殊更に激しく感じてしまったのだと思う。

というわけで、今回は、初めからちゃんと、ティム・バートン映画として観ることが出来たので、前作よりも随分と楽しむことが出来たのだと思う。
そうして観てみると、このヒーロー映画が、想像以上にティム・バートン色の強い極めて「異質」な映画であることに気付かされた。

数多の論評にあるように、このヒーロー映画には、もはや主人公としてのヒーローは存在しない。
マイケル・キートン演じるバットマンは、一人のメインキャラクターに過ぎず、主人公としてはあまりに存在感が薄いと言わざるをえない。

ただしそれは、決して主演俳優が力量不足なのではなく、風変わりな監督が悪役描写に力を入れ過ぎてしまっているからに他ならない。
監督の興味が、大富豪の蝙蝠男からは早々に外れ、気味の悪いペンギン男と、心を病んだ猫女に集中してしまっていることは明らかだった。
それは、まさに奇異なるものの存在性と生き様を愛するティム・バートン作品に相応しい世界観だった。

善と悪の対立という本来ヒーロー映画にあるべき分かりやすい構図を脇に追いやって、今作はひたすらに孤独な者達の邂逅を描く。
悪役たちは勿論、主人公であるバットマン=ブルース・ウェインも、孤独の中に生きる者の一人だ。
ティム・バートンが、この題材を選んだ理由は明確だろう。


個人的な話をすると、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の鑑賞直後に、今作をまさかの初鑑賞。
映画史の文脈を鑑みると、なかなか稀有な映画体験だったと思う。
マイケル・キートンの俳優人生に乾杯!そして、ダニー・デヴィートとミシェル・ファイファーに拍手!
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-05-06 17:04:15)(良:1票)
108.《ネタバレ》 ○1作目鑑賞後、ノーランシリーズ鑑賞し、旧シリーズ続編鑑賞。○ノーランシリーズの完成度の高さを感じさせられたとともに、主役の格の違いも痛感。○マイケル・キートンも大抜擢だったろうが、クリスチャン・ベールとは比べ物にならないくらい。ペンギン、キャットウーマンの登場によってさらに地味なキャラ。○バートンの世界観は存分に発揮されているが、バットマンの映画ではない。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-10-27 00:51:13)
107.《ネタバレ》 不気味さとかそういうやつ、ティムの世界観みたいなの出てる気がした。
こういう奇妙な雰囲気は好き。
キャットウーマンが最後また出てきたの、続編を感じさせるものだった。
らんまるさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-06-24 22:57:30)
106.ペンギンとキャットウーマンが主役なんじゃないかと思うほど、バットマンの印象が薄い。
やっぱりティム・バートン監督とは相性が悪いらしい。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 5点(2013-05-05 00:44:57)
105.ただでさえ印象の薄かったバットマンが、より印象が薄くなって帰ってきた!子どもの時は「一作目は面白かったけど二作目は退屈だった」という印象でしたが、大人になって見返してみて、評価が逆転しました。(子どもの時に観たレビュアーさんでも、このもの哀しさを感じとってる人も多いですね。大人だなあ) ジョーカーは「明るい狂気」のキャラでしたが、今回の悪役たちはより情念のこもったドロドロした奴らです。原発問題なども、今観るとハッとしますね。ヒーロー物としても一本の映画としても歪な作品ですが、こういう映画もあっていいよなーと思います。特撮も、前作よりクオリティーアップしてていいですね。バットモービルの変形や、動物園のミニチュアなど、よく出来てます。意外とペンギン(動物のほう)の着ぐるみがよく出来てて笑いました。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 8点(2013-04-04 11:29:55)
104.《ネタバレ》 サーカス団に動物園、クリストファー・ウォーケンの丸顔マークに、アヒルの乗り物、ゴシック調と言うにはケバケバしい。ある種のクレイジーな童夢のイメージでは統一されている。かえってもっと支離滅裂にイメージのおもむくままに走れば、傑作になったかもしれない。ペンギンとキャット・ウーマンの来歴が興味深い。けっこうドロリとした湿っぽい怨念のようなものを含んでいて、日本の怪談に近いような存在。親探しとかね。とりわけペンギンのイメージは生きていた。ラストの葬列の脇を勤めるところまで。猫のほうも孤独な秘書の怨念。Hello there が Hell here になって。自分で縫い合わせて衣装作ってる。雪ってのも童夢の背景っぽいところがある。バットマンが活躍したという印象がほとんどないのは、脇が多すぎたせいか。コミックの映画化でスターにこういう脇役をやらせて重みをつける、ってのは『スーパーマン』のM・ブランドがハシリだったかなあ。すっかり定着したが、多けりゃいいってもんじゃなく、監督が仕切りきれなくなるほどは、いらない。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2012-02-22 10:04:49)
103.猫顔M・ファイファーのキャット・ウーマン、彼女の存在で作品に艶が出た。哀感漂うペンギンと美しい猫女、彼らに比べてバットマンがちと押され気味。もすこしがんばれ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-02-07 00:52:48)
102.はいこの作品、以前から苦手です。これはさすがに「やり過ぎ」ですね。だいたいこの“ペンギン”というヤツ。口からキタナイ色のヨダレ垂らして、ヒーロー娯楽映画にあるまじき趣味の悪さ。いや、それは良いとしても、そういう露悪趣味の塊りのようなキャラのくせに、我々に媚を売りすぎじゃないか。この映画ではもはやバットマンは成金趣味の中年オヤジ、“かわいそうなペンギン”をいじめる悪いやつ(今作のバットマン、どっちかというとドン臭くて、あまりカッコ良くは描かれてないよね)。いやもう結構。「異形だから哀しいんです」なんて白々しいこと、こんな陳腐な手法で言ってくれるな。“ペンギン”が最後に起こそうとする破壊活動、まさにティル・オイレシュピーゲルの誓う全人類への復讐だけど、これを何の伏線もなくいきなり「はい、妨害電波~」と打ち破ってしまうバットマンとアルフレッド。これはイジメ以外の何物でもないワケで。何もそこまでバットマンを悪人して“ペンギン”を持ち上げんでもいいやんか。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-01-29 09:03:42)
101.《ネタバレ》 この映画はなんといっても妖艶ミシェル・ファイファー演ずるキャットウーマンでしょー。 あのセクシーな声でつぶやく気怠い「ミャオ」は反則よ、反則。 レザースーツに包まれたしなやかなボディにアンニュイな甘い声、もはや色気のバケモノよね。 バットマンとの禁断の恋もとってもスリリングだけどこの上なく切なくって…この映画はキャットウーマンが主役と言っても過言じゃないわ。 もちろん滑稽だけど悲哀に満ちたペンギン男もすごい存在感だったのよ。 悪役なのになんかちょっと気の毒になっちゃったし。 …脇役二人が素晴らしかっただけに、本来主役であるはずのバットマンの影の薄さがとっても残念よね。 やっぱりマイケル・キートンが地味すぎるのよ…。 役者が変わった次作以降は少しは良くなってるのかしら??
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-01-19 14:54:40)(良:1票)
100.キャットウーマンのミシェルさんが良い!
ペンギンのダニエルさんがまた良い!
哀れで悲しいそれでいて笑える秀作だと思います。
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-08-16 09:54:49)(良:1票)
99.《ネタバレ》 シリーズ最高傑作と言い切ってしまっても過言ではない本作は、キャットウーマンもイイですが、やはり徹底的にデフォルメされた敵役ペンギンの魅力に尽きるでしょう(口から出てる黒い液体は一体なんだ?!)。暗黒面よりも滑稽さや物悲しさを全面に押し出した異形の怪物ペンギンを一度は水没させ退場させたにもかかわらず、わざわざ復活させ筋書き上では何をさせる訳でもなく、動物のペンギンたちによる愛らしくも荘厳な水葬までしてみせたのは、ティム・バートン監督がペンギンというキャラクターを愛していたからに他なりません。それに応えるようなダニー・デヴィートの怪演。こんな立派な退場シーンをもった悪役はそういない。
ミスター・グレイさん [DVD(字幕)] 9点(2011-07-19 18:33:54)(良:2票)
98.《ネタバレ》 前作よりもバートン色がより濃く、こうなってくるとバットマンどうこうよりティム・バートンが好きかどうかが問題となる。自分は残念ながらあまり好きではないので、歪で物悲しく陰鬱な連中ばっかり出てこられると傷食気味になる。が、そのダークさが魅力なのも事実。三者三様、でも本当のところはただ愛されたいと願う怪物たちの挽歌。
長谷川アーリオ・オーリオさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-06-22 19:02:41)
97.《ネタバレ》 こりゃ「シザーハンズ」なんかよりよっぽど哀しい御伽噺ですよ…。ペンギンの死に様に涙。キャットウーマンの最後の台詞に涙。ヒーローを演じることでしか(ちょっと違うかな?)生きられないブルース・ウェインに涙。切ないなあ。三者三様の化物達が対立するラストはバートン映画の中でも屈指の出来。
bolodyさん [DVD(字幕)] 9点(2010-08-06 23:49:39)
96.《ネタバレ》 初代バットマン、マイケル・キートン最終章。今作の敵役のペンギン怪人とキャットウーマン、デコボココンビっぷりがいいですね。バットモービルの暴走シーン、最後の戦闘場面は迫力ありました。ただヒーロー物お決まりのストーリーはやはり退屈でした。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-10 19:23:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 115人
平均点数 6.82点
000.00%
100.00%
232.61%
321.74%
486.96%
51412.17%
62521.74%
71513.04%
82723.48%
9119.57%
10108.70%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.87点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review6人
4 音楽評価 7.42点 Review7人
5 感泣評価 5.75点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

1992年 65回
視覚効果賞ジョン・ブルーノ〔特撮〕候補(ノミネート) 
視覚効果賞マイケル・L・フィンク候補(ノミネート) 
特殊メイクアップ賞スタン・ウィンストン候補(ノミネート) 
特殊メイクアップ賞ヴェ・ニール候補(ノミネート) 

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1992年 13回
最低助演男優賞ダニー・デヴィート候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS