二ノ国のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 二ノ国
 > (レビュー・クチコミ)

二ノ国

[ニノクニ]
2019年【日】 上映時間:106分
平均点:3.12 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-08-23)
公開終了日(2020-01-08)
アクションドラマSFアドベンチャーファンタジー戦争ものアニメ青春もの学園ものゲームの映画化
新規登録(2019-07-30)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2020-03-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督百瀬義行
助監督森田宏幸
演出森田宏幸
山﨑賢人ユウ
新田真剣佑ハル
永野芽郁コトナ/アーシャ
宮野真守ヨキ
坂本真綾サキ/ヴェルサ
梶裕貴ダンパ
津田健次郎ガバラス
山寺宏一バルトン
伊武雅刀フランダー王
ムロツヨシお爺さん
原作レベルファイブ
日野晃博(原案)
脚本日野晃博
音楽久石譲
製作レベルファイブ(映画「二の国」製作委員会)
ワーナー・ブラザース(映画「二の国」製作委員会)
OLM(映画「二の国」製作委員会)
バンダイ(映画「二の国」製作委員会)
講談社(映画「二の国」製作委員会)
電通(映画「二の国」製作委員会)
イオンエンターテイメント(映画「二の国」製作委員会)
製作総指揮日野晃博
制作OLM(アニメーション制作)
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.登場人物が全員バカすぎて誰にも感情輸入できなかった。脚本も声優もひどい。
どちて坊やさん [インターネット(吹替)] 0点(2021-01-17 09:41:31)
7.《ネタバレ》 ネタバレあります。未見の方はご注意ください。

設定について。私たちが住む世界が『一ノ国』で、“命が繋がる者たちが住む”アナザーワールド『ニノ国』が存在するそう。気になったのは『ニノ国』の住人自からが自分たちの世界を『ニノ国』と呼んでいること。どうして『一の国』じゃないのでしょう。どちらが表とか裏とか無いでしょうに。この違和感に対する答えは次のいずれかと考えます。①すごく謙虚な人たちなので、自分たちの世界を『二ノ国』と呼ぶ。②『一ノ国』ありきで『二ノ国』が存在できるから。もし②だとすると“ファンタジー冒険譚”とする本作の一般的な受け止めが揺らぎます。『二ノ国』ってハルの頭の中にだけ存在する架空世界では?それなら様々な“ご都合主義的展開”も説明がつきますし、ユウが二ノ国に残りこの世から存在自体が抹消された結末とも整合します。でもそうなると、ハルは結構深刻な心の病を抱えている事になりそうです。アン・シャーリーやアメリのような楽しい空想とは質が異なる心の闇。たとえば、幼少期にユウは野良犬に襲われて死亡。ハルはユウの死を認められず、空想の人格を作り出し一緒に学校生活を送った。今回『二ノ国』を創作し、ようやくユウを開放することが出来た、とか。典型的な子供向けファンタジーでドン引きするような裏設定が必要なはずもなく、これは私の勝手な妄想ということでお願いします。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-12-15 17:53:10)
6.《ネタバレ》 駄作。なまじアニメとしてキレイに動きもよく作られているだけに、アニメーターの無駄遣い感がハンパない。ゲームのことは知らないが、ストーリーとはあまり関係ないらしい。それに声優も酷い。
【ネタバレ注意】とにかく脈絡のない展開をする。「なぜ、そう思った」「なぜ、そうした」というようなところが多い。もしかするとゲームを遊んでいれば納得しやすい部分もあったのかもしれないが、初見の私にとっては疑問が残る展開ばかりだった。そもそも、死にそうになったら別世界に切り替えられると思ったのはなぜか。その推測が外れたら、ただ死んで終わるだけなのに、その思い付きを信じて死に急ぐ。せめて元の世界に戻るときには、もう一度「やむを得ず死にそうになる」状況に追い込まれて確信する、くらいの流れにするべきではなかったか。パラレルワールドとの“命のつながり”も、どこかで見たような設定という気はするが、どうしてそれで「一方を殺せば他方が助かる」と思ったのか。とにかく、いちいちご都合的な展開が多い。そして、元の世界の“好きな人に似た人”(でも命のつながりがあるだけで別人)を好きになって別世界に残留を決めるというオチ。それ、元の世界じゃ歩けなくなるのも決意の理由なんじゃないかというか、見てる側は「ああ、そっちの世界なら歩けるしね」と思わせてしまうんじゃないかという結末は、今どきどうなんだろう。
mohnoさん [インターネット(邦画)] 3点(2020-09-23 10:13:56)
5.絶望的にヒロインの声優がひどすぎる。ストーリーも行き当たりばったり。ひねりなし。途中で落ちが読める。背景は綺麗だが、人物は一昔前の韓国外注みたいにひどい。作ればいいってもんじゃない。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2020-07-25 14:55:20)
4.予告編に釣られ 鑑賞..いや~ 安っぽい ファンタジーだった..レベルが低すぎて 観るに堪えない内容..製作者は、こんなんで客が呼べると思っているのだろうか..残念..(永野芽郁 下手すぎ..)
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 4点(2020-06-07 17:13:00)
3.剣道とか武道をやっている人が剣をとって戦うならわかるが、なんだこりゃ?
ナルニア国物語と同じ感じがします。
By 剣道経験者
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 2点(2020-04-25 21:31:51)
2.ずっとこの映画をどのように称賛すればいいかを考えていたんだけど、なかなか難しい。ゲド戦記やデビルマンほどの伝説的クソ映画とも思えないし、でもドラゴンクエストユアストーリーを下回るのも確かである。逆にドラクエ映画が良く作られていることに気付かされた。

芝居でも小論文でも、いったん書き終わったときに、もう一度最初から冷静に読み返すことは大事である。ニノ国もいったん脚本書き終わったときに、もう一度最初から冷静に読み返しておいたほうがよかったと思う。あるいはシナリオドクターを雇って読んでもらうのも一つの手。やっぱりクリエイターたるもの、何度も何度もブラッシュアップして、曇りひとつないピッカピカのものを追求したいはずだ。なのでぜひもう一度脚本を読み返し、リビルド版ニノ国を完成させてほしい。(ていうか再提出)

イチの国とニノ国とが一対一の対応関係があり、命が連動しているという物語の設定は、ガロア理論の基本定理を思い出さずにはいられなかったんだけど、この設定がいまいち活かし切れていないのと、徹底されていないなと感じた。
たとえばこういう悲しい運命が映画後半やってくる。
二ノ国で殺害されそうになっているお姫様 ⇔ イチの国では悪性の腫瘍で余命数ヶ月のJK
このお姫様とJKが対応してるらしいんだけど、死因は関係ない。腫瘍で余命数ヶ月はある意味その子の宿命、寿命とも言える。なのに二ノ国ではそうではない。
あるいはこんなこともおきる。
二ノ国で戦争、沢山の兵士が死んでいく ⇔ イチの国ではホテルの火災で数十人死亡
因果関係がよくわからない。どっちが先?たまたま同じ日にそのホテルに宿泊した数十人は、なぜニノ国では兵士として同一のグループなのか。
お姫様が治療のために聖なる池で身を清めるシーン、ださい水着だが、せっかく夜なんだからシルエットだけで表現できるんだから、一糸まとわぬ姿になってくださればよかったな。非実在青少年だから児童ポルノ的にアウトになるのか。じゃあだめだ。
申し訳ありません、ぼくにはいい感想書けないです。
no_the_warさん [映画館(邦画)] 2点(2020-03-27 14:35:17)
1.《ネタバレ》 二ノ国は、ゲームの方を2作品ともプレイしたことがあったので、映画化されるということで期待大で鑑賞してみました。
ゲームの二ノ国はジブリ協力だけあって絵的にも好みで、何より久石譲の音楽が素晴らしいのです。
本作でもゲーム内で使われていた音楽が度々流れてて良かったです。でもメインテーマ曲がなかったな。
一から新たなシナリオを作ったということで、一の国では歩けないユウが二ノ国では歩けるようになると言った展開は面白い。
二ノ国の街並みとかもジブリ的な良さがあって良いですね。ただキャラの表情が個人的に気になるシーンがあるのと、
一の国から二ノ国、あるいはその逆へと行き来するシチュエーションを、もうちょっとワクワクするギミックでできなかったかなと。
あと何よりも声優の人たちがあんまり上手くないんですよね。やっぱりプロの声優さんの方がいいなと思いました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2020-02-03 20:19:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 3.12点
0112.50%
100.00%
2225.00%
3225.00%
4112.50%
5112.50%
6112.50%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS