ジョーカーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジョーカー
 > (レビュー・クチコミ)

ジョーカー

[ジョーカー]
Joker
2019年【米】 上映時間:118分
平均点:6.93 / 10(Review 104人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-10-04)
公開終了日(2020-01-29)
アクションサスペンスSFファンタジー犯罪もの漫画の映画化バイオレンス
新規登録(2019-08-03)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2021-09-09)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トッド・フィリップス
キャストホアキン・フェニックス(男優)アーサー・フレック/ジョーカー
ロバート・デ・ニーロ(男優)マーレー・フラクリン
ザジー・ビーツ(女優)ソフィ・デュモンド
フランセス・コンロイ(男優)ペニー・フレック
ブレット・カレン(男優)トーマス・ウェイン
ダグラス・ホッジ(男優)アルフレッド・ペニーワース
シェー・ウィガム(男優)
平田広明アーサー・フレック/ジョーカー(日本語吹き替え版)
野島昭生マーレー・フラクリン(日本語吹き替え版)
滝沢ロコペニー・フレック(日本語吹き替え版)
菅生隆之トーマス・ウェイン(日本語吹き替え版)
志村知幸ホイト(日本語吹き替え版)
出演チャールズ・チャップリン(「モダン・タイムス」映像)
原作ボブ・ケイン(キャラクター創造)
脚本トッド・フィリップス
挿入曲クリーム"White Room"
フランク・シナトラ"That's Life"
製作トッド・フィリップス
ブラッドリー・クーパー
配給ワーナー・ブラザース
字幕翻訳アンゼたかし
あらすじ
バットマン最大の敵として名を馳せるジョーカー。道化師メイクの恐るべき極悪人は人生のどこで歯車を狂わせたのか。努力しながら社会に適合して来た彼の人生を幼少期からたどり、内に秘めた狂気が爆発していく様を描くオリジナルストーリー。ホアキン・フェニックスがジョーカーを熱演する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
104.役者の演技もさることながら、カメラワーク、音楽が素晴らしかった。とても惨めで救いがない…いや、ある。同調してくれた人々ができたことで彼は孤独ではなくなった。もう笑いを我慢しなくてよくなった。
ちゃんと「分断」が描かれていた。
よこやまゆうきさん [インターネット(字幕)] 8点(2021-10-09 14:14:43)★《新規》★
103.《ネタバレ》 バットマン関係の内容がチラホラ出てくるものの、
知らなくても十分に理解できる内容。

最後まで観て振り返ってみると、いったい何が主人公の「妄想」で何が「事実」だったのか。
よく分からなくなるので、モヤっとしたところが残るのは否めない。
(もしかしたら全部主人公の妄想なのかもしれない。)

もっとバッタバッタと人が死んでいくものと思っていたので、イメージしていたものとは違ったが、
いろいろ考察したくなるというのは、いい映画なのかもしれない。
2年で12キロさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-09-25 11:12:34)
102.《ネタバレ》 60年代のTVシリーズ「バットマン」を子どもの頃に楽しんだ世代としては、そもそも「ジョーカー=極悪非道の犯罪者」と言うイメージがピンと来ません。どちらかと言えば、道化師の扮装そのものの面白おかしい存在といったイメージが強く(勿論犯罪者ではありますが)、映画版「バットマン」に登場するジョーカーは、アメコミを読まない自分としては馴染みが薄いキャラです。
そんな訳で、「ジョーカー誕生秘話」としてではなく「ある極悪人はいかにして生まれたか」といったイメージで鑑賞しました。
数々の賞を受賞しただけあって流石の見応え。ホアキン・フェニックスの怪演は勿論のこと、母親役のフランセス・コンロイ、隣人役のサジー・ビーツ、そして御大デ・ニーロさんと、意外に少なめの主な登場人物たちがそれぞれにいい味を出していて、長尺なのに一気にエンディングを迎えました。
虐げられて生きて来た者が何を契機に暴発するのか。地下鉄での初めての殺人は、酔客に絡まれていた女性を助けるための正義感に基づいたものではないでしょう。かと言って、自分への暴力に対する単純な防衛反応でもないと思います。いくつかの契機を積み上げた結果、あの瞬間に幼少期から自らを守るために纏っていた鎧を脱ぎ捨てた。いや意図して脱ぎ捨てるまでもなく、一気に剥がれ落ちたのかもしれません。あとは雪崩のように今までの優しさや希望が崩れ落ちて行くだけ。もう誰も止められない。彼は劇中、笑いが止まらない病であるとされていますが、まさに可笑しさも何もない形だけの笑いが以後の彼の全てを支配していくのですね。
「バットマン」の予備知識なしで見ても十分に楽しめるサスペンスでした。とは言え、ここで描かれているウェイン少年との出逢いは、続編を期待せずにはいられないところ。製作の噂はあるようですね。期待しています。
ぽこた(ぺいぺい)さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2021-09-08 00:43:07)
101.《ネタバレ》 もうこれは、ホアキン・フェニックスの演技と役作りに尽きる。シナリオ上のアラとか突っ込みどころも、彼の存在がすべて吹き飛ばす。それくらいのパワーとテンションが、皮膚一枚の下にじっと封じ込められている。しかも、ジョーカーという役はすでにヒース・レジャーという映画史に残る伝説が目の前に存在しているわけで、それに対して別アプローチから堂々と挑んでいった心意気も賞賛したい。そうそう、フランセス・コンロイの地味な怪演も、ホアキンの存在を裏から支えることに貢献している。●ふと振り返ってみると、この作品、すべてのシーンが彼から見た描写(彼がいない/見てないシーンは存在しない)ということでいいんだっけ?よく考えられてますねえ。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2021-09-06 01:24:42)
100.全然救いのない話。だめだ落ち込む。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-07-21 18:09:04)
99.救いのカケラもない映画でした。でもそれがいい。テーマは、世の中から虐げられた者、見下された者の怨嗟でしょう。アメコミから派生したまったく架空の物語でありながら、ものすごくリアリティがありました。「その気持ち、わかるわぁ」という感じ。無数のピエロに紛れてしまうあたりも、大衆のルサンチマンが絶妙に表現されていたように思います。
それと、出番は少ないもののロバート・デ・ニーロの存在感が際立っています。他の出演者に比べて突出して高いキャリアや知名度やオーラが、役柄のイメージにピタリとハマっている感じ。成功者の象徴というか、悪気はないけどつい人を見下してしまうというか。主人公とのコントラストが、痛々しいほどでした。
しかしまあ、明日もがんばろう、という気になれる映画ではないですね。
眉山さん [インターネット(字幕)] 8点(2021-07-20 00:53:39)
98.《ネタバレ》 ちょっと違うと思う(なにが)
ジョーカーではナシに、単にピエロな人のお話だったではないか これは影武者だ。
きっと本物のジョーカーは別で居るはずだ。
なぜなら、『月夜の晩に悪魔と踊ったことはあるか?』というセリフが今回使われていない。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-07-18 16:21:43)
97.《ネタバレ》 期待通りのインパクトがあった。ジョーカーは『ダークナイト』でも出てきますが、アメコミ映画でありながらお決まりの超能力や超常現象は一切起きたりしません。ただの人間がいかにして「ジョーカー」になってゆくのか、それを淡々と描いています。生来持っているものや立場でその人の人生がほぼ決まってしまう街、ゴッサムシティ。その中で障害を持ちながらピエロとして生計を立てる「ハッピー」ことアーサー・フレック。恐怖や緊張、不安を感じると笑い出してしまう障害のため生きにくさを感じながらもコメディアンとしてショーに出て成功を夢見る一人の男。もちろんジョーカーに共感はできませんが、リアルな犯罪者として、冒頭に書いたようにインパクトのあるキャラクターとなっていました。

ジョーカーは、アーサーの抱える他人から認められたいという願望と、にもかかわらず不当に貶められ悪い意味で笑い物にされることに対する怒り、世の中の理不尽への不満などをゴッサムシティやトーマス・ウェインにぶつけようとした結果誕生してしまったんですね。またその過程でたまたまピエロメイクをしている状態でこれまたたまたま銃を持っていて仕事をクビになったところで、ちょっかいを出してきた三人を銃殺してしまったところ、同じように日常や街に不満を持っている貧困者たちのダークヒーローになってしまうという。コメディアンとしてショーに出て成功したかったアーサーには悪名といえど人から称賛されることが快感だったようで、そのまま彼はジョーカーに…

彼と同じように体が小さいことでバカにされてきた職場の仲間には敬意を持って接したりする人間性が垣間見えるところが、余計にリアルでした。ただ無差別に人を殺したりするのではなく、むしろ誰をなぜ殺すのかという理由がわかってしまうところがジョーカーらしい。

思ったことは、真っ当に生きていようとそうでなかろうと、それがショースターであっても寝たきりの老婆であっても、誰しもみんな人に認められたい、愛されたいと思っていて、それが動機になってエネルギーが湧くんだな、湧いてしまうんだな、と思いました。
TANTOさん [インターネット(字幕)] 8点(2021-07-17 12:28:08)
96.《ネタバレ》 バッドマンのスピンオフ作品
悪役JOKERの誕生秘話ですが、思っていたのと違う それがこの作品の一番気持ち悪いところで
JOKERと言えば、悪逆非道の男 幼少期から異常な行動・考えを持った男が成り果てる者と思っていたが、
蓋を開けてみれば、確かに生まれは遺棄孤児・虐待からの精神病はあれど人を笑わせたいという夢を持ち、
母親の介護をしながらピエロの仕事をこなす男だったということ
後半の群衆もそうだが、置かれた環境においては誰しもがJOKERに成り得るという表現の仕方が上手いと思いました。

上記の繋がりで、ラストのワンシーンも演出になっているのではないかと思っています。
今回の主役となったJOKERの後半は妄想ですが、現実にはあの暴動が起き、ブルースの両親は殺されています。
同じように、今置かれた環境に絶望した男がふとしたきっかけでJOKERになったのかも
JOKERとは一人を指すものではなく、環境が生んだ成れの果てをJOKERと呼ぶのではないかと思いました。
勝手に妄想して高得点になっちゃってます。考えすぎでそんな意図なかったとか言われたら5点くらいです。

ホアキン・フェニックスの怪演は見事
後は、ラストのワンシーンの意図次第ですが、私は勝手に妄想してこの点数です。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 7点(2021-07-11 04:03:04)
95.アメコミのスピンオフ企画で、2019年版のタクシードライバーを撮ろうという、何とも尖がったコンセプトの映画。バットマンシリーズのつもりで気軽に観始めると、痛い目に遭うこと間違いなし。それでも劇中で、ジョーカーが暴力を開放していく度に「それでいい」と思える自分がいた。自分の中にも確かにジョーカーがいる。そう感じさせてくれる映画だった。
54dayoさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-06-26 09:19:47)
94.《ネタバレ》 あまり期待せずに観たら意外に良かった。
笑い癖、妄想癖、統失の主人公が仕事をクビになり
家族を失って病気が悪化していき最後は精神病院に入る話。

バットマンはあまり良く知らないけどこんな話ではないはずなので別解釈的な内容なのだろうか。
たしかジョーカーは塩酸に落ちて顔がただれて口が裂け白く変色したはず。
ということは前日譚かな?
ただ銃を落とすことで仕事をクビになったり女性の部屋に入り込んだり擁護できない。

話の方はいまいちだけど音楽とジョーカーの演技がすばらしい。
最期まで楽しめた。
Dry-manさん [インターネット(吹替)] 6点(2021-06-06 19:25:50)
93.暗い、重い。二日酔いのテンションに音楽が重い重い。ホアキン・フェニックスの怪演も相まって最悪な気分になれた。
真尋さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-05-17 21:01:23)
92.《ネタバレ》 ちょっと期待ハズレではあった。
冴えない社会の最底辺の男が、どうやってジョーカーという、バットマン最大の強敵にまでのし上がるのか、その過程をとても楽しみにして観ていたのだが、中途半端に終わってしまい残念。
全編とにかく、主人公は社会で虐げられ、悲惨で鬱屈した生活を送っているだけに、後半でジョーカーとして覚醒し、バットマンシリーズで観られるような強力な力を手に入れて社会に報復するような展開であれば、カタルシスが解放されすっきりする。そしてそれを期待した。
しかし、全くそうはならない。ガッカリだった。
全身赤系統のスーツを身にまとったところは、かなりかっこよく、よし、ここからついにジョーカー覚醒だ!っておもったんだけどなあ、その後も冴えないイカれたオッサンであり続けた。
これでは、ただの社会格差から犯罪に走った男の映画になってしまう。

せめて、最後に暴動の民衆に囲まれてジョーカーが誕生する(かのように見える)シーンで終わっていればいいんだけど、それすらも、結局幻だったのか?と思える終わり方をしてしまう。
最後の最後でも、これから、ジョーカーとして強大な力を得ていく・・という匂わせすらなく、コミカルな追いかけっ子をして、最後まで「悲しいピエロ」で終わってしまう。

ただ、見るべきところはあった。
アーサー・フレックはよかった。痩せこけた体、禿げ上がった頭、陰気な顔、ジョーカー約としてはかなりのハマり役。
そして彼の好演もあって、社会の底辺の人間の鬱屈した生活、強烈な印象を残して、を見事に描いてくれた。
椎名みかんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-04-19 14:25:19)
91.《ネタバレ》 どこまでが妄想で、どこまでが現実か。わかりづらい。天気も含め全体にどんよりとしたムード、陰惨な事件。人を笑わせる職業とのコントラストが不気味である。
病的な笑いは、人生における笑いそのものの価値に対するアンチテーゼと思うほどに耳障りであった。
チェブ大王さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-11-21 16:20:22)
90.《ネタバレ》 バットマン映画結構見ており、「ダークナイト」のジョーカーを想像しながら見ましたが
そんな考えが的外れであり、ちょっと期待外れでした。
妄想オチは個人的に何でもありになってしまうので、あまり好きではありません。
実際にあのような笑いの病気になったら大変だろうなぁ。
とむさん [DVD(吹替)] 6点(2020-10-22 00:24:25)
89.評価が高かったので見たけど、暗くてキモくて残虐で不愉快でした。どこまでが現実でどこまでが妄想なのかわかりません。私の理解を超えていました。
チョコレクターさん [インターネット(字幕)] 2点(2020-10-09 18:34:22)
88.《ネタバレ》 退屈せずに最後まで見れるのだが、主人公に感情移入はできない。生い立ちや環境に同情すべき点も多いのだけれど、被害者にとってはたまらない。酷い目に遭わせた奴らに復讐するのならわかる。でも、妄想ストーカーの餌食になったシングルマサーやラストの黒人カウンセラーは悲劇としか言いようがない。
ただ、その殺害シーンは自分を陥れた元同僚のときのように生々しく描かれてはいない。そこは省略されていたので、ジョーカーへの最悪の印象は避けられた。
悪のカリスマ誕生秘話としてはインパクトもあっておもしろかったものの、現実と妄想がはっきりしなくて少しモヤモヤが残っしまう。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2020-09-29 22:12:43)
87.《ネタバレ》 悪のカリスマ誕生ってとこで終わりにしておけばなかなか良い出来かと思えましたが、最後に余計なシーンを入れたことで、結局どこからどこまで妄想だったのか、全て見る側に委ねて有耶無耶にし非常に締まりが悪く感じました。妄想オチだと結局何も描いてないのと一緒で個人的には非常に残念。ホアキンの演技は圧巻でした
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2020-08-26 23:55:33)
86.《ネタバレ》 個人的にちょっとガッカリ、期待し過ぎてました。私が悪い。
まさかの脳障害有りからの闇堕ち。
遺伝なのか虐待からなのかわかりませんが、、、。

妄想オチとするならば必要だったかもですが、
もっと性格+世の中に虐められての闇堕ちだと想像していたので
胸クソ覚悟で鑑賞してた私にはやや拍子抜け。

まぁもともとヒーロー派生の映画なので胸クソも限度があるのでしょうね。
ギリR-15くらいの脚本にしたのかな。
確かにジョーカーレベルだとなんらか脳が常人とは違うのでしょうが。

でもホアキン・フェニックスの演技については凄かった。
それは見る価値有りです。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-08-11 17:24:23)
85.どうしてジョーカーは生まれたのか。
かの有名な悪役の誕生を描いた、という意味では面白い映画。
ひとりの男が狂気に呑まれていく様はよくできてる。
「暗さ」と時折見せる狂気じみた「明るさ」
対照的な明暗の使い分け・切り替えもいいスパイスに。
絵面や雰囲気といった映像表現も素晴らしい。

ただまあ、暗くて退廃的で、気持ちの良い映画ではないのも然り。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-07-29 23:48:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 104人
平均点数 6.93点
010.96%
110.96%
221.92%
300.00%
432.88%
598.65%
61918.27%
72524.04%
82927.88%
91211.54%
1032.88%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.83点 Review6人
2 ストーリー評価 7.00点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.16点 Review6人
4 音楽評価 8.33点 Review6人
5 感泣評価 4.40点 Review5人
chart

【アカデミー賞 情報】

2019年 92回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ホアキン・フェニックス受賞 
監督賞トッド・フィリップス候補(ノミネート) 
撮影賞 候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ) 受賞 
音響賞 候補(ノミネート)音響編集賞
衣装デザイン賞 候補(ノミネート) 
脚色賞トッド・フィリップス候補(ノミネート) 
編集賞 候補(ノミネート) 
録音賞 候補(ノミネート) 
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2019年 77回
主演男優賞(ドラマ部門)ホアキン・フェニックス受賞 
作曲賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS