ジョーカーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジョーカー
 > (レビュー・クチコミ)

ジョーカー

[ジョーカー]
Joker
2019年【米】 上映時間:118分
平均点:7.01 / 10(Review 79人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-10-04)
公開終了日(2020-01-29)
アクションサスペンスSFファンタジー犯罪もの漫画の映画化バイオレンス
新規登録(2019-08-03)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2020-02-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トッド・フィリップス
キャストホアキン・フェニックス(男優)アーサー・フレック/ジョーカー
ロバート・デ・ニーロ(男優)マーレー・フラクリン
ザジー・ビーツ(女優)ソフィ・デュモンド
フランセス・コンロイ(男優)ペニー・フレック
ブレット・カレン(男優)トーマス・ウェイン
ダグラス・ホッジ(男優)アルフレッド・ペニーワース
シェー・ウィガム(男優)
平田広明アーサー・フレック/ジョーカー(日本語吹き替え版)
野島昭生マーレー・フラクリン(日本語吹き替え版)
滝沢ロコペニー・フレック(日本語吹き替え版)
菅生隆之トーマス・ウェイン(日本語吹き替え版)
志村知幸ホイト(日本語吹き替え版)
原作ボブ・ケイン(キャラクター創造)
脚本トッド・フィリップス
製作トッド・フィリップス
ブラッドリー・クーパー
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
79.トッド・フィリップス監督の手腕も素晴らしいし、ホアキン・フェニックスの演技もすごいと思うが、アーサーに全く共感を覚えないので評価は普通です。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 5点(2020-05-16 20:38:58)★《新規》★
78.《ネタバレ》 そらまぁホアキン・フェニックス観てられますわ~。
ホント観てられた。
撮り方がうまいのももちろんあるとは思うけど、ひきこまれちゃったもんなぁ。
つまはじきにされた男の悲しみはいかばかりか。
徹底的に描かれます。
少しのロマンスも妄想とは、あまりにあんまりじゃねえすか?

とはいえ事実は小説より奇なり的に、現実、もっと苦しい思いをしてる人や、映画でもそんな状態からでも正しくあろうとする姿に感動を覚えるわけで、これではやはり、、、ね。
ダークナイトでは人間の捨てたもんじゃない感でエンディングを迎えたのでまだ良かったですが、本作ではやはりオチが弱い。
あー、かわいそーだよねー、では仕方ないねもんね。
ま、キャラクターもののエピソードゼロ的な内容だから、それこそ仕方ないけど(笑)
とにかくホアキン・フェニックスを観るべき作品だし、それだけで価値がある。
ろにまささん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-05-02 21:24:13)
77.《ネタバレ》 精神病を患いボロアパートで病気の母の介護をする男が、世間に蔑まれいじめられて追い詰められ犯罪者となっていく。そのわりには容易に美人と恋に落ちるとおもったがこれは妄想。テレビに取り上げられるところ、テレビに呼ばれるところも妄想と思ったが、これは事実? 街に暴動が起きることや、最後はヒーローに祭り上げられるのも妄想と思ったが…。本当にこんな人物がいたら猟奇的な犯罪を犯す精神病者として世間から排斥され、ヒーローになどなるわけない。「「バットマン」の悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話」であることはあとから知った。
エンボさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-04-23 14:51:03)
76.《ネタバレ》 アーサー、詐病説を僕は支持する。故意に笑ってるんじゃないか。
no_the_warさん [映画館(字幕)] 8点(2020-03-30 15:18:36)
75.《ネタバレ》 何とも哀しい映画だ。バットマンにあまり詳しくない私が感じたのは、他の人も言っているようにタクシードライバーのような映画だ。よりファンタジーな感じだが。妄想なのか?現実なのか?ラストは本当に笑っていたと何かで聞きましたが、それでも整理できません。ただ、圧倒的な雰囲気と演技力でおもしろかったです。
ラグさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2020-03-29 00:52:42)
74.アーサーの予測不可の行動にハラハラした
ホットチョコレートさん [DVD(字幕)] 6点(2020-03-04 18:55:59)
73.《ネタバレ》 重い!どすんと心に来る。痛い。痛い。そして悲しい。
アーサーとしての人間ドラマとしても、視聴者へのなげかけとしても、重いテーマが与えられます。
ラストシーンで妄想であると煙に巻きつつ、視聴者へ伝えたいメッセージは重く重く残していくわけです。
「オチなんかないんだ」、「どうせ聞いてないんだろ」、「理解できないさ」、
そう、オチなんかなく、視聴者が物語の深淵をどれだけ理解できるか、
誰がジョーカーなのか、妄想なのか、本当の物語なのか、どうでもいい。視聴者に残ったこの気持ちがすべてなんだと思います。
Keytusさん [DVD(字幕)] 8点(2020-02-24 03:39:49)
72.《ネタバレ》 ジャンルとしては、アクションでもなく、SFでもなく、コミックのスピンオフでもなく、「ドラマ」なのではないでしょうか?気の弱い、虐げられた人が、ついにもう一線を超えるお話としては、よく積み上げて行ったなと思いますし、まんまと最後はジョーカーに心を寄せていました(忌野清志郎似じゃないですか)。しかし、だからと言ってこういう陰々滅々とした話が見たかったかというと、そうではありませんでした。アクション映画がみたかった。
なたねさん [DVD(字幕)] 5点(2020-02-24 00:21:26)
71.《ネタバレ》 ラスト以外は、ある程度の予備知識を持って観たのですが、これほど芸術的な映画だとは思いもしませんでした。ひとつひとつのシーンが、こういうとなんですけど、映画表現に満ち溢れていて美しい。内容はといえば、同僚からも社会からも蔑まれ欺かれた一人の男が、徐々に悪のカリスマに目覚めていくというストーリーですが、それにともなって、アーサーの表情が徐々に自信に満ちてくるというあたりが、皮肉というかなんというか。最後の演説のシーンでは、ヒース・レジャーのジョーカーともイメージが重なりました。なるほど。とはいえ謎のラストシーン、どこまでがアーサーの妄想なのか、様々に推測されているようですが、とあるブログでラストシーンは80年代ではなく現代ではないかとの推測が書かれていて、自分的にはそれでストンと納得しました。ラスト以外はすべて妄想。ジョーク。そしてジョーカーの出自は、この映画を観た後でさえ謎のまま。いかにもジョーカーらしい…

と、書いたあとで、いや、もしかしたらアーサーはジョーカーではないのかもと思い始めました。一人の男の頭の中に潜むジョーカー。そのジョーカーは、こういう的外れな憶測をする我々を見て、きっと笑っているに違いない。
EOSさん [DVD(吹替)] 8点(2020-02-23 01:25:10)
70.《ネタバレ》 これでもかと不幸に見舞われて、仕事も夢も唯一の肉親の愛すら、何もかも失くしていくんだけど、なぜか、本当になぜか感情移入できない。そんなに可哀想にも思えない。
演技や映像はよく、飽きることもなく、もちろんつまらなくもないけれど、この作品がどうも刺さらないのは、もともとアーサーが善人でもなければ、愛せるような人間像でもないし、結局自分のことしか考えてない、自分のことすらまともに考えてないからかもしれない。社会に虐げられて大量殺人を犯す犯罪者に共感できるほどの体験をさせてくれるのかと思ってたけど、そうはならなかった。
ブラック武藤さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-02-22 00:09:02)(良:1票)
69.アメリカンコミックのスーパーヒーローのストーリーかと思っていたらそうではなく、一人の孤独で悲しい男の話でした。私はバットマンを観たことがないのでジョーカーの事も全く知りません。ただし、世の中、孤独だったり差別を受けたり社会からのけ者にされている人は大勢います。だからといって残額な殺人を繰り返して良いはずはなく、最後まで主人公に同情はできませんでした。。。なお、ジョーカーを演じたホアキアン・フェニックスはこの作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞しましたが、確かに難しい役を熱演していたので受賞は納得です。そして作品賞を獲らなかったのも納得です。
みるちゃんさん [インターネット(字幕)] 5点(2020-02-21 03:59:07)
68.言いたいことは分かるけど、映画として、単体作品として どうなんだろ~ バットマンの予備知識なしで観ると、あまりにも暗く不気味で 破滅的..救いがない..
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 2点(2020-02-16 14:01:57)
67.《ネタバレ》 確かに面白かったことは面白かったんですけど、観ていてこれは完全に「キングオブコメディ」を元にしてるんだなと思いました。
あれの主人公をジョーカーでやってみようと思い立ったのでしょう。
そんなわけで、どうしても比較してしまうわけですが、私は少し気になるのは映画的な美的表現シーンですね。
主人公はいわゆる典型的な社会的弱者で、周囲の彼に対する扱いの酷さによって必然的に主人公に感情移入するようにできてるわけですが、
そういうリアルなテイストで描いてるもんだから余計に映画的表現が気になるんですよね。
階段で踊るシーンとか車から救出されるシーンとかラストシーンとか、実に映画的な表現。
だから、そこはジョーカーだからなんですよね。すごくリアルなんだけど、でもファンタジーで、
その辺の折衷さ加減が個人的には気になって。だから、いい映画だし面白いんだけど、アカデミーはないだろうなと思ってました。やっぱりそうだった。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-02-11 20:22:56)
66.とてもいいんですよ、とても。現代社会の病理を取り上げていてとてもいいんですけど、、

いちおうバットマンの世界ですよね。

ダークナイトのジョーカーの類型ですよね。

ダークナイトのジョーカーは私は許容範囲です。

バットマンであのジョーカーまで背伸びしたからほんとに素晴らしかった。

でもその方向でさらにジョーカーだけを個別に引き伸ばしてしまうと、バットマンの世界からあまりに遠くなってしまって、、

バットマンとは違う社会派の作品にしても良かったのではないのかなあ。

まあ、バットマンのジョーカーだからこそたくさんの人に見てもらえるし、稼げるというのもわかるんですよ。。
wooさん [インターネット(吹替)] 7点(2020-02-09 23:19:24)
65.《ネタバレ》  社会が病んでいてちょっと変わった不孝者が罪人になってしまうというのは、今の現実を表しているようで空恐ろしい。アメリカでもそうなのかどうか不明だが、弱い存在に対して卑怯なほどに強く断罪する社会、そのくせ豊かな強者に対しては不満を募らせるが為す術がない。バッシング社会と言われて久しい日本の(ネット)社会を重ねずにいられない。
 それにしてもヒーローの悪役にここまでのものを見せられると、素直にバットマンが見れなくなるのが困るなあ。それと終盤にとりあえず描かなきゃと言わんばかりの、ウエイン一家の襲撃はシスの復讐のスカイウォーカー兄妹の誕生シーンのように取って付けた感が否めない。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 8点(2020-02-09 17:15:31)
64.《ネタバレ》 なんとも哀しいお話。でも納得。
osamuraiさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2020-02-06 23:58:30)
63.《ネタバレ》 アカデミー予想の話が先行する話題作でしたが、肌にあいません。
ゴッサムシティの格差社会が、セレブのバットマンと、ハーレムのジョーカーを生み出す構図を
映画にしたのでしょうが、不幸な境遇を世間のせいにして殺人の言い訳にしてるとも言える。
どいつもこいつも、登場人物が屈折していて、誰にも同感できない違和感の続く映画。
確かに、ゴッサムシティは欠陥だらけの都市だ。こんな街なら犯罪者も増えるだろう。
だがジョーカーはヒーローにはなりえない。だからこの映画の存在意義には多少だが疑問がある。
ウケたのは、バットマンとジョーカーが異母兄弟の話が出て来るあたり、しかしこれは母親の
妄想だと判明。更に自身の脳障害が、母親からの虐待の結果だと判る終盤。ショックを受けると
笑いが止まらなくなる病気の自分に絶望し、母親を殺し、憎しみの象徴のTVタレントも殺し、
ピエロのサイコパス完成と・・・
その後の、バットマンとの戦いはすっ飛ばして、逮捕され収監されているラストシーン。そしてかつての、
セラピストだか相談員だかとの再会で幕になる。 うーむ、アカデミーにふさわしいのかなあ?
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 6点(2020-02-05 22:00:37)
62.《ネタバレ》 アーサーの境遇と過酷な過去の真実を知り一緒に涙する。ずっとイジメられ迫害されてきたアーサーが、最後の最後についにジョーカーとして覚醒してしまう瞬間、思わずカタルシスというか、もっと言うと快感のようなものを覚えてしまう、そんなヤバいヤバい作品だった。
こういう作品て、製作されたことの意味を考えてしまう。この作品の存在意義というか。いろいろ上質な映画。
kosukeさん [映画館(字幕)] 9点(2020-02-04 23:43:51)
61.《ネタバレ》 実はバットマンと義兄弟かと思わせたとこが憎い!

治安が悪化している状況下で、なんの検査もなく銃をテレビ局に持ち込めるんかよ!(笑)

最後まで飽きさせることなく引っ張り続けた演出には感服した。

あの小さい道化師が後にペンギンにでもなるのかな?いや名前違うからそれはないか!

てか結局なに?彼の妄想の話だったってオチなのか?そこが分からなかった。

音楽が終始不気味で、良い感じに映画の雰囲気作りに貢献していたと思う。
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2020-02-02 17:35:54)
60.《ネタバレ》 悪と狂気のカリスマ、ジョーカー。この稀代のアンチ・ヒーロー誕生の物語をダークかつ濃厚に描いた、ある意味昨年一番の話題作。ここまで反社会的な内容でありながら、あれだけ話題になるだけあって、確かにこの全体的な完成度の高さはピカイチでした。脚本、映像、構成とどれをとっても素晴らしい出来なのですが、やはりなんと言ってもジョーカーを演じたホアキン・フェニックスの鬼気迫る役作りには圧倒されました。「こ、こいつ、本当に狂ってる!」としか思えない聞きしに勝る迫力で、その存在感は往年のヒース・レジャーにも匹敵するほど。彼の存在無くしてはこの作品はあり得なかったかも知れないですね。肝心の内容の方も、善悪の彼岸を扱った非常に哲学的かつ深淵な物語でこれまた他に類を見ない唯一無二のもの。果たして、人間の本質とは悪なのか――。ロシアの文豪ドストエフスキーのいくつかの小説にも通ずるこの深甚なるテーマは、単なるエンタメ映画の枠を超えた普遍性さえ有していたと思います。世界から疎外され、多くの人々を妬み、ただ身近な人に愛されたかっただけなのに逆に傷つけられ、そして絶望のあまり社会の道徳や倫理を超越しようともがく一人の男。彼の狂気性や異常さを充分に理解していながら、それでもいつの間にか彼のことを応援してしまっている自分が居ました。最後のテレビ番組のシーンなんか、「やれ!早く、やっちまえ!ジョーカー!」と心の奥底で念じていた自分に思わずハッとしてしまった。世に現れたばかりのヒットラーを誰もが最初支持していたことを思うと、やはり人は狂気に惹き付けられる弱い生き物なのだと改めて自戒とともに思わされました。社会の常識と呼ばれるものを嘲笑うかのように、自らが生み出した“正装”で階段を降りてくるジョーカーの洗練された美しさがいつまでも頭から離れそうにありません。自分の中にも脈々と受け継がれているだろう「悪」と対峙する覚悟があるなら、この狂気の物語、多くの方に是非じっくりと味わってもらいたい。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 9点(2020-02-01 23:01:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 79人
平均点数 7.01点
011.27%
111.27%
211.27%
300.00%
433.80%
578.86%
61113.92%
71822.78%
82329.11%
91215.19%
1022.53%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.83点 Review6人
2 ストーリー評価 7.00点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.16点 Review6人
4 音楽評価 8.33点 Review6人
5 感泣評価 4.40点 Review5人
chart

【アカデミー賞 情報】

2019年 92回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ホアキン・フェニックス受賞 
監督賞トッド・フィリップス候補(ノミネート) 
撮影賞 候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ) 受賞 
音響賞 候補(ノミネート)音響編集賞
衣装デザイン賞 候補(ノミネート) 
脚色賞トッド・フィリップス候補(ノミネート) 
編集賞 候補(ノミネート) 
録音賞 候補(ノミネート) 
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2019年 77回
主演男優賞(ドラマ部門)ホアキン・フェニックス受賞 
作曲賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS