男はつらいよ お帰り 寅さんのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 男はつらいよ お帰り 寅さん
 > (レビュー・クチコミ)

男はつらいよ お帰り 寅さん

[オトコハツライヨオカエリトラサン]
2019年【日】 上映時間:116分
平均点:7.03 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-12-27)
公開終了日(2020-07-08)
ドラマコメディシリーズものTVの映画化
新規登録(2019-08-14)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2022-07-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山田洋次
助監督朝原雄三
キャスト渥美清(男優)車寅次郎(アーカイブ映像)
吉岡秀隆(男優)諏訪滿男
後藤久美子(女優)イズミ・ブルーナ(及川泉)
倍賞千恵子(女優)諏訪さくら
前田吟(男優)諏訪博
池脇千鶴(女優)高野節子
夏木マリ(女優)原礼子
浅丘ルリ子(女優)リリー松岡
美保純(女優)朱美
佐藤蛾次郎(男優)源公
桜田ひより(女優)諏訪ユリ
富田望生(女優)早苗
北山雅康(男優)三平ちゃん(カフェくるまや・店長)
カンニング竹山(男優)飯田編集長
濱田マリ(女優)書店の客
立川志らく(男優)噺家
出川哲朗(男優)山中(出版社社員)
松野太紀(男優)トミー
小林稔侍(男優)窪田
笹野高史(男優)御前様
橋爪功(男優)及川一男
桑田佳祐(男優)
森川信(男優)車竜造(アーカイブ映像)
松村達雄(男優)車竜造(アーカイブ映像)
下條正巳(男優)車竜造(アーカイブ映像)
三崎千恵子(女優)車つね(アーカイブ映像)
太宰久雄(男優)桂梅太郎(アーカイブ映像)
笠智衆(男優)御前様(アーカイブ映像)
中村はやと(男優)諏訪滿男(少年時代)(アーカイブ映像)
ミヤコ蝶々(女優)お菊(アーカイブ映像)
光本幸子(女優)坪内冬子(アーカイブ映像)
佐藤オリエ(女優)坪内夏子(アーカイブ映像)
新珠三千代(女優)お志津(アーカイブ映像)
栗原小巻(女優)春子/真知子(アーカイブ映像)
長山藍子(女優)三浦節子(アーカイブ映像)
若尾文子(女優)明石夕子(アーカイブ映像)
榊原るみ(女優)太田花子(アーカイブ映像)
池内淳子(女優)六波羅寛子(アーカイブ映像)
吉永小百合(女優)高見歌子(アーカイブ映像)
八千草薫(女優)志村千代(アーカイブ映像)
岸恵子(女優)柳りつ子(アーカイブ映像)
十朱幸代(女優)木谷京子(アーカイブ映像)
樫山文枝(女優)筧礼子(アーカイブ映像)
太地喜和子(女優)ぼたん(アーカイブ映像)
京マチ子(女優)柳生綾(アーカイブ映像)
真野響子(女優)堤鞠子(アーカイブ映像)
藤村志保(女優)島田藤子(アーカイブ映像)
木の実ナナ(女優)紅奈々子(アーカイブ映像)
大原麗子(女優)荒川早苗/富永ふじ子(アーカイブ映像)
桃井かおり(女優)入江ひとみ(アーカイブ映像)
香川京子(女優)高井圭子(アーカイブ映像)
伊藤蘭(女優)すみれ(アーカイブ映像)
松坂慶子(女優)浜田ふみ/坂出葉子(アーカイブ映像)
音無美紀子(女優)倉富光枝(アーカイブ映像)
いしだあゆみ(女優)かがり(アーカイブ映像)
田中裕子(女優)螢子(アーカイブ映像)
都はるみ(女優)京はるみ(アーカイブ映像)
竹下景子(女優)朋子/上野りん子/江上久美子(アーカイブ映像)
中原理恵(女優)木暮風子(アーカイブ映像)
樋口可南子(女優)江上若菜(アーカイブ映像)
志穂美悦子(女優)島崎美保(アーカイブ映像)
秋吉久美子(女優)隆子(アーカイブ映像)
三田佳子(女優)真知子(アーカイブ映像)
檀ふみ(女優)寿子(アーカイブ映像)
吉田日出子(女優)聖子(アーカイブ映像)
風吹ジュン(女優)蝶子(アーカイブ映像)
かたせ梨乃(女優)宮典子(アーカイブ映像)
原作山田洋次
脚本山田洋次
朝原雄三
音楽山本直純
山本純ノ介
作詞星野哲郎「男はつらいよ」
作曲山本直純「男はつらいよ」
編曲沢田完
主題歌渥美清「男はつらいよ」
桑田佳祐「男はつらいよ」(オープニング)
撮影近森眞史
製作大谷信義(製作代表)
製作総指揮迫本淳一
プロデューサー深澤宏
制作松竹
配給松竹
特撮IMAGICA(VFX)
浅野秀二(VFXスーパーバイザー)
美術倉田智子
出川三男(美術監修)
編集石井巌
石島一秀
録音岸田和美
その他木下グループ(特別協賛)
山本純ノ介(指揮)
東京現像所(ラボ)
渥美清(献辞)
高羽哲夫(SPECIAL THANKS)
森川信(SPECIAL THANKS)
松村達雄(SPECIAL THANKS)
下條正巳(SPECIAL THANKS)
三崎千恵子(SPECIAL THANKS)
太宰久雄(SPECIAL THANKS)
笠智衆(SPECIAL THANKS)
山根成之(「男はつらいよ」プロジェクト)
あらすじ
六年前に妻を亡くして高校生の娘と二人で暮らす満男(吉岡秀隆)は、サラリーマンを辞めて作家になっていたが、ようやくサイン会も開くほどになっていた。そこに、国連の職員としてヨーロッパで働いている泉(後藤久美子)が突然現れる。二人は行きつけのスナックでリリー(浅丘ルリ子)と昔話に花を咲かせ、更に柴又の実家に行きさくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)と再会を喜んだ。翌日、泉は養護施設に入っている父親(橋爪高)を訪れる。母親(夏木マリ)も来るが二人は対立する。自らも苦悩を抱える満男は、泉が置かれている厳しい現実と泉に対する自分の立ち難い思いに揺れる。こんな時、おじさんはどうしただろう。確かに、おじさんは言ってくれた。「困ったことがあったら、風に向かって俺の名前を呼べ」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.正直、この作品を作る意義があったのか疑問です。満男とゴクミのストーリーだけでは2時間もたないので、寅さんの回想シーンをインサートすることで、なんとか1本の映画の尺にしたという感じ。寅さん映画ファンとしては納得のいかない1本でした。。。
みるちゃんさん [インターネット(邦画)] 4点(2022-01-16 09:42:56)
36.店名が変わった後は見ておらず、ストーリーは良く分からないところがありますが充分楽しめました


出版者の女性や娘さんの言葉遣いがきれい過ぎですが、寅さん自体が、昭和の終わりでも既に寅さんのような恰好をして歩いてる人なんかいなくて、あの頃から既にファンタジーだったし。なんだか同じ感じで観てました。

歴代マドンナが次々に現れる最後のシーンは、三田佳子を過ぎてからホントに涙が出て止まらない
amickyさん [インターネット(邦画)] 6点(2022-01-05 20:27:04)
35.《ネタバレ》 やっぱり寅さんというキャラクターは苦手。あの言動は俺にはキツくて、そのせいかシリーズをほぼ見たコトがない。(伝説の「メロン事件」はやはりツライ!)。ですから立ち位置としては【『シン・エヴァ』が初エヴァです!】みたいな状態での鑑賞となりました。
まずオープニングの桑田圭祐に「マジか!」と一瞬度肝を抜かれましたが、これは儀式の一環(降霊術?)なのだと考え、なんとか自分を納得させました…。

そして、今作の奇跡はゴクミが出演したことでしょう!長期間芸能界を離れていた分の演技のぎこちなさが、かえって不思議なリアルをかもし出していましたね。しかしながら、満男との蘇る青春の日々的なアレコレは「いやいや、そうはならんやろ?」と思いましたけど…。まぁ海外在住だからキスくらいなら挨拶みたいなものだったのかなぁ…。満男、いい夢見たな!(涙)

そして浅丘ルリ子のリリー、夏木マリのゴクミの母も良かった!そして…病室でのくしゃくしゃの万札には涙腺大崩壊(笑)ひょっとして『北の国から』の泥万札のオマージュだったりして…なんてコトを考えながらも【怒涛のマドンナメモリーズ】に俺が謎の懐かしさで泣いてしまうこのカンジこそが、寅さんの存在感なのだなぁと!シリーズ全然見てないのに!←ソレを言っちゃあオシマイよォ…
幻覚@蛇プニョさん [インターネット(邦画)] 7点(2021-11-05 17:36:49)
34.総集編というだけでなく、後藤久美子が登場した新作ということで評価できる。安心して観られるし、いい感じで物語は進む。
そして、振り返りだとしても最後はちょっと感動した。加点したくなる。
寅さんは現実的では無いが、いたらいいかな、でも付き合うのはやだな、でもいて欲しいな...という不思議なキャラ。
simpleさん [インターネット(邦画)] 7点(2021-08-12 19:47:33)
33.本シリーズをキチンと観たことはありません。親父が好きで、金曜ロードショーで放送していたものを小中学生の頃に家族で何本か観たくらいでしょうか。
寅さん、良いですね。めちゃくちゃで面倒くさいおじさんなんだけど人情に溢れて暖かい。ご存命だったら新作を撮ったのかな?どんな作品になったのかな?懐かしい街並みも大変興味深かったです。昔の作品も観てみようかな。
Kの紅茶さん [インターネット(邦画)] 8点(2021-08-02 12:01:36)
32.主役不在でどうやって映画にするのかと思っていたのですが、意外によかった。
一般に評判がよろしくないシリーズ終盤(満男シリーズ)の中でも、特に酷評喧しい「寅次郎の休日」が私はけっこう好きでして。満男が新幹線に飛び乗るシーンとか、その後に車窓の映像とともに德永英明の「最後の言い訳」が流れるシーンとか、自分の若かりし頃を思い出して胸がキュンキュンするわけです(そういう実体験があったわけではないが)。実際、寅さんにはけっしてできない芸当であり、満男がとうとう寅さんを追い越した瞬間だったようにも思います。その意味で、全シリーズの中でも重要な、記念碑的なシーンだったのではと勝手に解釈しています。
で、本作はそんな経緯を折り込みつつ展開したわけで、その後の年月の重みのようなものを感じさせてくれました。シリーズ中の暖かい雰囲気はそのままながら、しかし時間を遡ることのできない悲しさとか、人が離れていく寂しさとか、冷徹な現実も突きつけられた気がします。
しかし「作家」ってのは安易だよなぁ。よほど人気が出ないと、今どき食えないでしょう。もし第51作があるとすれば、満男父子は「とらや」の2階に居候してるんじゃないでしょうか。それとも池脇千鶴に食わしてもらっているか。
眉山さん [インターネット(邦画)] 8点(2021-07-31 03:26:34)
31.《ネタバレ》 総集編に、滿男のストーリーをくっつけた感じの内容なので、とりあえず総集編を見せられるだけよりは良かったかなと。
なによりも、久々のゴクミ。このゴクミが演技をしているのを見るだけでも価値があるかなと。
ただ、最後のシーンは、光雄の奥さんが亡くなったと聞いて、急にイズミが軽い女になったように見えてしまうので、どうかなと思いました。
シネマファン55号さん [インターネット(邦画)] 6点(2021-07-19 23:07:20)
30.《ネタバレ》 映画として観たらつまらないんだけど
シリーズ物の締めとして感慨深いものがあり+1点した。
満男と泉が結婚していなかったのは予想外で何があったのか気になった。
たしか泉の結婚式を満男が妨害しにいって半分駆け落ちっぽくなってたはずだけど・・・。
あと泉の旦那はいないのかな。もしかして見落としたか?
バツイチ同士なら再婚もありえるかな。
そして肝心の寅さんは死んだという設定でいいのかな。
過去形で語られたし。
その辺もすっきりしない。
Dry-manさん [インターネット(邦画)] 6点(2021-07-19 00:25:25)
29.そりゃもう、一種の、怖いもの見たさ、ではあるんですけどね。寅さん抜きの寅さん映画、だなんて。そういやピンクパンサー映画もピーター・セラーズ亡き後に、クルーゾー失踪ということにして途轍もなくツマラない作品を作ってましたけどねえ。あるいはブルース・リー亡き後の『死亡遊戯』(いや、『死亡の塔』の方は悪くないと思いますけども)。
というか、過去のシリーズ諸作の映像を流用するという時点で、『宇宙怪獣ガメラ』を思い出してしまいます。それだけはマズい。さすがに。
ですけれども、マッハ文朱をわざわざ呼ぶまでもなく、こうやって、シリーズを支えてきた俳優陣がほぼ全員集まり(御前様代替わりを別にすると、代役は橋爪功くらいでしょうか?)、新作を撮り上げる。これってもう、一つの事件と言ってよいのでは。山田洋次監督の人徳、みたいなもんですかね。
ただ内容はと言うと、ちと薄い印象。舞台は関東近郊に限定され、満男と泉の出来レース的なやりとりだけ。シリーズとして見れば、満男の一言多い病も泉ちゃんのセリフ棒読み病も健在、ではあるけれど、そのどちらも作品にとってのマイナスでしかなくって。
過去のエピソードの引用も多分につまみ食い的。少なくともあの伝説のメロン事件は、私もちょっとこだわってしまうところ。こんな表面的な形での引用なら、して欲しくなかったなあ。
しかし皆さん、イイ感じにお爺ちゃんお婆ちゃんになって、特に倍賞千恵子は、「さくらがお婆ちゃんになったら、そりゃこんな感じになるよなあ」というのを見事に体現していて、そりゃ本人なんだから当然だといわれりゃそうなんだけど、いい歳のとり方だなあ、とつくづく思います。
それにしても気になるのは、満男と、池脇千鶴との今後。ウソです、全然気になりません。再婚するなり何なり、勝手にしてちょうだい、もう。
だいたい、満男ごときが作家になる、ってのが、あり得なさすぎ、なんですけど、まあどうせシリーズ最終作(ですよね?)なので、この際何でもアリ、ですかね。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2021-05-03 20:32:20)
28.《ネタバレ》 21世紀に入ってからは大駄作を頻発するようになってしまった山田監督だけに、見るのが結構怖かったのですが、まあ無難な内容にまとまっていました。とはいえ、結局は、自分たちで作り上げた製作対象に、自分たちがおんぶにだっこになっているというだけなのですが。実際、インパクトが発生するのって、回想シーンばかりだしね。●すでに指摘されていますが、ここまでやっておいて、泉の父の役者変更はないでしょ。御前様の方は「先代が・・・」の一言で何とか乗り切ってましたが、こっちはどうしようもありませんでした。ある時期から寺尾さんは映画に出てないようなのですが、もしどうしても無理なのなら、このシーン自体を入れるべきではありませんでした。●最後の歴代マドンナ総出演シーン、結局はこれがやりたくてそこから逆算したんでしょ、とは思いつつ、やはり見入ってしまう。しかし、(1)何でわざわざ逆順にしたの?(2)しかもそれでも数箇所、順番が前後してない?誰もチェックしなかった?(3)複数回出演したマドンナは、やはりそれぞれの回で出すべきでした。異なる役の場合はなおさら(女優が共通するだけで、寅さんとの関わりという意味では別人物なのですから)。(4)これでいくと、岸本加世子とか檀ふみとか大竹しのぶも、マドンナ扱いということになるんですかね(あ、田中絹代も・・・)。●で、最後にこうするんだったら、そもそもこの作品はさくら視点で作ってほしかった、ということに後で気づきました。●それから、この作品のMVPは、何といっても源ちゃんこと佐藤蛾次郎さんです。とらやファミリーの生き残りとして、よくぞここまで出ていただきました。第1作からここまで出続けているのは、博とさくらを除けば源ちゃんだけです(一作だけ事故で欠席ですが)。本当におつかれさまでした。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2021-03-30 01:02:13)
27.《ネタバレ》 某BS局で昨年から放映された全作品をコンプリートした後に鑑賞。
まさに50周年だからこそ企画製作された作品だろう。

他のレビューアーもご指摘のとおり、内容については気になる点は少なくない(ゴクミの棒読み、泉の父役の改変など)が、諏訪家とそれを取り巻く人々の「その後」を見たい、懐かしい寅さんの映像も見たい、という欲求にはきちんと応えてくれたと思う。
スター・ウォーズのジョージ・ルーカスではないが、多くのファンをもつ作品ほど、皆が納得できる続編を作るのは難しい。
でも、これは他でもない山田組による続編なのだからと納得するしかない……

「男はつらいよ」は、極端に一言にまとめてしまうと、フーテンの寅さんが故郷・柴又にふらりと帰ってくるお話だ。
なぜか間の悪いタイミングで帰ってくる寅さんに、とらやの面々はいつも慌てふためいてしまい、なかなか普通に「お帰り」と迎えることができなかった。

だから、今回は観客も含め、みんなで「お帰り、寅さん」と迎えてやろうじゃないか、というのが本作の魂ではないだろうか。
その時、寅さんの横にはきっと「女房」が伴われているに違いない。さくらはどれほど嬉し泣きをするだろうか……

ラスト、歴代マドンナの回想シーンが流れ、合間にあの懐かしい寅さんの笑顔が挿入される。
そうしているうちに、あのテーマ曲が聴こえてきて、渥美清さんの歌声と共にエンドクレジットが流れる。

私はこれでやっとこのシリーズが完結したのだと、瞼を熱くしながら思った。
田吾作さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2021-03-23 11:20:59)(良:3票)
26.《ネタバレ》 この映画ではないが、30年ほど前に単身赴任で東京にいる時、正月明けの休日に上野の映画館で、「男はつらいよ」と「釣りバカ日誌」の二本立てを見た。それまでも出身地の大阪で何回も見ていた時と比べて、上野の映画館では初めから終わりまでお客さんたちがみんなげらげらと大声笑っており、映画館にいることだけでも楽しい気分になった記憶があります。さすが下町の寅さんだなあと思いました。映画とはかくあるべきでお客さんを幸せな気持ちにさせただけで満点を上げたいと思います。なので、寅さん映画は全てに9点をあげましょう。すべての映画に地方の四季折々の景色が抒情的にカットインされている場面があり日本のよさを映画の中に記憶としてとどめているのもよい。惜しむらくは毎作、さくらに動揺・抒情歌を1曲歌わせる場面を作って欲しかったなあと思います。
黒部の太陽さん [映画館(邦画)] 9点(2021-02-09 10:20:16)(良:2票)
25.《ネタバレ》 過去の映像が出てくる度に、涙が止まんない。
なんでここまで涙が出てくるのか、自分でもよく分かんない。
シリーズ全体の思い出か、寅さんが懐かしすぎたからか…

言葉では言い現せない、涙腺を直接刺激される感覚。
おそらく他のどんなに感動する映画を見たとしても、この感覚の涙は出てこない。
とにかく、訳も分からず涙が出てきた。
こまった。

でも、まだ涙がひかないうちに、今度は寅さんの面白いシーンが出てきて、笑ったり。
やっぱり、渥美清さんの演技は絶妙に面白くて、何度同じシーンを見たか分かんないけど、何度見ても笑ってしまう!
にじばぶさん [インターネット(邦画)] 9点(2021-01-31 10:33:23)(良:1票)
24.鑑賞するにあたり不安もありましたが、観られて良かったです。
ただ冒頭の桑田佳祐さんによる主題歌部分によりテレビスペシャル感が増してしまったのは否めない。

お祭り映画としても、またあの人たちに会えて良かった。しばらくぶりだ。
もはや親戚のような感覚。ヒロシが座椅子に腰掛け、さくらも階段で手摺を使う。
団子屋で普通に暮らしている。おいちゃんとおばちゃんはもういない。
でも寅はどこかにまだ存在する、そんな世界。

今作は個人的に泉ちゃんの家庭問題に感情移入してしまいました。
そして最後の空港のシーン。ミツオが初めて頼もしく見えました。
観られて良かった。けど続編はもういいです。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2021-01-04 13:58:38)
23.寅さんに関しては素直に見たいんです。斜に構えて見たくないんです。
ゲラゲラ笑って泣いて見たいんです。
でもこの50作目・・・・・・う~~ん微妙っていうか、複雑な気持ち
いまさら映画にする意味があったのかとすら思いました。

桑田佳祐の主題かも違和感あるし、なんで渥美清の声じゃないの?って思ったし
渥美さんがこれ見たらなんて言うかな・・・・
「まだ俺で儲けするの?」って笑うかな・・・・・

DVDでもう1回見てみます
ひろみつさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2020-12-22 16:04:12)
22.《ネタバレ》 物語は終わっても、人生はダラダラと続いていく

寅次郎という「祭り」が消えた後、取り残された身内の者たちは、「男はつらいよ」という年に2回の「祭り」を失った我々の象徴のように感じました。
TMさん [DVD(邦画)] 8点(2020-12-20 21:01:49)
21.《ネタバレ》 バブル破裂後、リストラの波で早々に会社をクビになった僕は、
実家に戻り、みんなから置いてかれる気がして、堪らなかった。

その時だった。
テレビ東京で月1回、男はつらいよシリーズを1話から順に放映してくれたのは・・
それが僕の中年の青春でもあった。
おかげでほとんど全話(うち2話まだ観てないが・・)観ることができた。

もうこの映画では、嗚咽しそうな気持がしてた。
ああ、なつかしの団子屋のお茶の間。
山田映画の常連も顔をそろえ、幸せな気分に浸れた。

どうか山田監督、お体気をつけて、長生きしてください。
山田監督の大事にしてたもの、僕も次の世代に伝えたいと思ってますよ。
トントさん [DVD(邦画)] 10点(2020-08-27 23:53:32)(良:3票)
20.《ネタバレ》 「男はつらいよ」が大好きです。シリーズは全部観てます。この作品は過去の作品を、単につなぎ合わせたものだとばかり思っていたら、どうやらほぼほぼ新作撮りおろしだということを知り、かなりの期待を抱いて鑑賞しました。

桑田佳祐のOPは、すでに承知していたので特に不快はなかった。23年ぶりにスクリーン復帰したゴクミは、吉岡くんよりも随分と老けて見えて驚いたけれど、その美貌には磨きがかかっていて、二度驚かされた。まあ吉岡くんがあまりに変わらなさ過ぎるだけなのかも(笑)

満男が結婚して子供がいて、奥さんは6年前に他界している設定になっていたけど、長いことこのシリーズを観てきた私にとっては、満男は寅さんと同じくらいその不器用さが愛おしく、恋の行方だって気になるくらいだったのに、肝心の奥さんがまったくもってシリーズとは無関係などこの誰だかわからないって、なんかね、ちょっとショックでした。もうちょっとなんとかならなかったのかなって。

でもやっぱり一番ショックだったのは泉ちゃんのお父さんでしょ。正直、橋爪さんが登場した瞬間、え!?ってなってあれ?俺の記憶が間違ってるのか?て何度も自問自答してしまい、作品に集中できなくなってしまいましたよ。でもやっぱ記憶は間違っていない。橋爪さんじゃない。なのに普通に話が進んでいく。もう違和感しかない。なんで?どうして?寺尾さんがもしオファーを断ったのなら、泉の父親を出すシーンをカットしてほしかった。それに、昔の恋人からお金を巻き上げるような人物ではなかったはず。もうこの橋爪さんの登場でせっかくの、寅さん完結、を台無しにされた気がして、とてもじゃないけど感動なんて出来ませんでした。ほんとうにどうしちゃったんですか、山田監督!御前様の笹野さんだって本当は嫌だったけれど、一瞬で終わったからまあなんとか耐えられたけど、泉の父親とのやりとりは重要なシーンになっちゃってるから、見るに耐えられなかったです。別に橋爪さんが悪いわけではないので、そこは勘違いしないでもらいたいです。


にしても佐藤蛾次郎さんは、クローン人間かよ!て言いたくなるくらい、変わらんな~・・・w
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(邦画)] 5点(2020-08-21 18:56:24)(良:1票)
19.《ネタバレ》 これはもう紛れもない、同窓会映画というやつです。
久しぶりにお会いして、お互い年取ったねぇ、あんなことやこんなことあったねぇ、て言い合う作品。
でもなんだか観ていて本当に感慨深いものがあります。
演者の方達の、若かりし頃と今が交互に出てきて、そういうシーンを見てると、
人の一生というものについて自然と思いを馳せる自分がいます。
そういう考えを巡らせてくれるのも、このシリーズが50年続いたから、
本当に一つの家族の長い時の流れとしてこうやって構成が作れるからですよね。
寅さんが人生論をちょっと語るようなシーンありましたけど、
こうやって見せられるとなかなか深みがあるなと感じます。
ただ余談ですが、ゴクミは演じること自体が久しぶりすぎるからか、あまりにも大根だと感じました。
逆に満男の娘さん役の子はいわゆる昔の邦画に出てくるお嬢さんキャラそのまんまで実に上手かったなと思います。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2020-08-03 19:14:27)
18.寅さんが大好きな父と劇場で観ました。考えてみたら、私が子供の頃、父に怪獣映画に連れて行ってもらったときに、併映でやってたなというくらいの印象ですが、過去のシリーズのエピソードがまぶしてあって他の作品を見てみたくなりました。
NOBUKさん [映画館(邦画)] 8点(2020-02-22 09:36:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 7.03点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
412.70%
5410.81%
61232.43%
7616.22%
8718.92%
9410.81%
1038.11%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 8.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS