ひとよのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ひとよ
 > (レビュー・クチコミ)

ひとよ

[ヒトヨ]
2019年【日】 上映時間:122分
平均点:7.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-11-08)
ドラマ戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2019-09-08)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2020-07-04)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督白石和彌
キャスト佐藤健(男優)稲村雄二
鈴木亮平(男優)稲村大樹
松岡茉優(女優)稲村園子
田中裕子(女優)稲村こはる
佐々木蔵之介(男優)堂下道生
音尾琢真(男優)丸井進
筒井真理子(女優)柴田弓
浅利陽介(男優)歌川要一
韓英恵(女優)牛久真貴
MEGUMI(女優)稲村二三子
斉藤洋介(男優)
脚本高橋泉
製作日活(製作幹事/「ひとよ」製作委員会)
ROBOT(「ひとよ」製作委員会)
朝日新聞社(「ひとよ」製作委員会)
集英社(「ひとよ」製作委員会)
イオンエンターテイメント(「ひとよ」製作委員会)
企画ROBOT
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給日活
美術今村力
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 全く見たことの無い話だ、という訳では決して無いし、結末も予想の範囲から大きく外れるというものでもない。多少の物珍しさが在るとしたら、罪を犯した母親というのが(良くある優しい賢母とゆーよりは)いくぶんおバカでだいぶファンキーな性格だという点くらいか。内容は決して悪くないと思うが、終盤の立ち回りの派手さと、その後、佐々木蔵之介が結局どうなったのかを描かない点には、正直に言うと少しだけ不満がある。

ただ、まず本作、大勢集めた豪華俳優陣が揃いも揃って実に素晴らしい出来だったというのが非常に印象に残る。最初「このドモリは無いだろ」と思った鈴木亮平も肝心のブチ切れるシーンは凄く良かったし(そこで効かせるためのドモリだ)、一番迷ってる佐藤健も、どこか腹黒さを含ませる筒井真理子も、唐突に元極道な佐々木蔵之介も、この人たちの中では割とマトモでホッとできる韓英恵も、母親役の田中裕子もモチロン、MEGUMIもかなり本格的な演技が率直に見事だし、チョイ役の千鳥大吾と斉藤洋介でさえ、いずれも奥行きの有る非常に味わい深い演技だった。

中でも私が一番印象に残ったのは松岡茉優。本作、決してシリアスなだけではなく、確かに随所に笑えるシーンも挿し込んであまり暗くなり過ぎずに(とは言え本質的にはごくマジメに)仕上がっているが、この質感の醸成に、松岡茉優の優しさ・明るさ・コミカルさの部分が非常に効いていた様に思われる(無論、シリアス面も決して悪くなかったし)。

笑えるシーン、と言う意味では、万引きされるためだけにワザワザ「復刻」したデラべっぴんがかなりツボだった(私、ギリギリ「世代」と言えなくもない年回りなのですよね)。
Yuki2Invyさん [インターネット(邦画)] 8点(2020-07-03 22:12:13)
2.《ネタバレ》 下の方がコメディとして楽しめたと書かれていたので、ストーリーはほとんど知らず軽い気持ちで見に行ったのだが、
私にとっては重い内容だった。
母親の田中裕子がDV夫殺して、家族の絆がバラバラになってしまった4人の家族の心情変化を丹念に描くという作品
だが、各人の心のすれ違いがもどかしくて、見ていて胸が痛くなってきた。最終的には収束していくのだが、
本当かな?という感じがして、なんかモヤモヤしていく。
以下は自分が感じたことを箇条書で。
・キャスティングが素晴らしかった。主役の4人はもちろんだが、隅々まで実力者を配置していた。
各人が日本映画やTVドラマ特有の大袈裟な演技をする訳でもなく、各人が持ち味を出していたのが、素晴らしかったし、
リアル感が高まった。ここまで各俳優の個性を生かしたのは、監督の力なのであろう。
・各キャスト素晴らしかったのだが、MEGUMIが生活感漂う所帯じみた雰囲気を出していて、なんか可笑しかった。
そういうことも出来るようになったんだな。
・生活感という意味でも、各セットが生活感漂い、なんか昔のATG映画ぽかった。

最終的に手放しで感動できないのは、個人的に何があっても人を殺めることはダメでそれに関しては肯定できない。
そこで、本当は8点なのだが、1点引いて7点ということで。

ただ、見る人によって考え方や感じ方が違うであろうという作品は貴重ではある。
rosebudさん [映画館(邦画)] 7点(2019-12-04 23:12:29)(良:1票)
1.とても号泣されている観客も居たし、かなり真面目な映画だと思う。
しかし、シリアスなのに笑えるシーンが度々有って、私には感動作というよりもコメディとして楽しむ事が出来た。
ストーリー自体は決して珍しくない話だし、どこか「万引き家族」と被るような所があったようにも思う。
この作品のテーマはバラバラになった家族がまた元に戻る(再生)する事ができるのかという事だろうか。
母親の真面目過ぎるバカっぷりと、それに振り回される三人の兄弟妹のそれぞれの主張が面白く、なかなか引き込まれた。
ただ、クライマックスのシーンがちょっと荒唐無稽というか、無理矢理過ぎたのが残念かな。いや、凄く笑えるシーンではあったけど。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2019-11-12 20:46:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7266.67%
8133.33%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS