パラサイト 半地下の家族のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パラサイト 半地下の家族
 > (レビュー・クチコミ)

パラサイト 半地下の家族

[パラサイトハンチカノカゾク]
Parasite
(기생충)
2019年【韓】 上映時間:133分
平均点:7.07 / 10(Review 70人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-01-10)
公開終了日(2020-07-22)
ドラマホラーサスペンスコメディ
新規登録(2019-09-08)【LOIS】さん
タイトル情報更新(2020-06-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ポン・ジュノ
キャストソン・ガンホ(男優)キム・ギテク
チョ・ヨジョン(女優)パク・ヨンギョ
パク・ソダム(女優)キム・ギジョン
山路和弘キム・ギテク(日本語吹き替え版)
折笠富美子パク・ヨンギョ(日本語吹き替え版)
脚本ポン・ジュノ
配給ビターズ・エンド
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
70.グロくて、生々しくて、人間の嫌な部分を徐々にあぶりだしていくの、うまいですよね。普段はあまり見ませんがやっぱりさすがでしたね。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-11-24 15:34:36)★《新規》★
69.韓国映画のよくあるパターン。最初はコメディーっぽくて、あっと言わせるひねりがあって、最後はどう考えてもバットエンド。けど、なんか韓国映画でしか出せない味わいがあるんだよね。面白かったです。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-11-23 16:16:48)(良:1票)★《新規》★
68.《ネタバレ》 退屈はしなかった。

まあまあ面白い。

韓国映画に疎いアメリカ人が本作を評価するのも頷ける。

でもねえ…。

今までの全ての映画鑑賞人生で、これが普通以上に面白い映画かと聞かれれば、ノーというしかない。

ラストのパーティーでの惨劇も、如何にも韓国映画らしいし、目新しさはなかった。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-11-19 19:29:21)《新規》
67.話としてはよく出来ててスゴかった。

前半が軽快に展開が進んでいって、
「コメディ調のやつかな」と勘違いしたほど。
後半からは、重く暗くなってビックリ。
その後も、気分の良くないダークさ。
悪くいえばどっちつかずの中途半端。

情にうったえるお涙頂戴の要素も薄い。
韓国映画のお家芸がなかったのは実に残念。
個人的にはこれが大きいマイナス要素。

話題作だし、一度は観ておきたいけど、
二度目はもういいかなって感じでした。

お父さんの動機、薄すぎない…?
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-11-11 22:28:34)
66.《ネタバレ》 天国と地獄という感じの映画。前半は内容もあまり好きな感じではなく主人公家族にも全く共感も出来ずに非常に退屈だったが、終盤はその主人公家族が意外な形で崩壊していく様がよかった。この作品はイマイチハマらなかったが、この監督の作品は昔っから好きだったので世界的に評価されたのは良かった。スノーピアサーでもかいたが、韓国の映画監督でありながら日本をさげるようなこともしないバランスの取れた感覚には好感が持てる。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2020-11-10 23:36:02)
65.《ネタバレ》 どうなちゃうんだろう。ってワクワク楽しめる映画って、意外と少ないかも。
これだけたくさんの映画があるわけだし、どこかでみたようなストーリーだったり、経験則で展開が読めたり。
そんななか、この作品は最後まで目が離せなかったですね。
半地下の住人として、家族丸ごとお金持ちの使用人として就職完了したまではよかったですが、元家政婦の秘密から事態は急展開。
上流と下流、匂いをキーワードにしてたのは面白かった。
お金持ちは、だまされた被害者ともいえるけど、ソファでの夫婦のやり取りやマインドをチラつかせるやりかたは本当に上手いですね。
リスペクトおじさんの暴走も、映画のクライマックスとしてはよかったですし、無計画の行きつく先がそこだったのは、やはり彼らの境遇からいって極めて適当な落としどころだったのかも。だって家主がキャンプにいったからって、あそこで生活感丸出しの酒盛りはいただけません。
まあ韓国の人の生活様式や文化、家族の絆なんかがよくわからないので、楽しみきれてない部分があるのかなとは思いましたね。
お金持ちの家族にしたって、衣食住の衣と住はそれなりなのに、食だけなんだか乱暴というか、洗練されてないというか。
それでもまあ韓国映画が先にアカデミーの作品賞をとったことはおめでたいことだとは思うし、日本の映画も負けないでほしいなと痛感いたしました。はい。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-11-08 23:08:58)
64.《ネタバレ》 この展開、読める人間はゼロだろう。

特に金持ちの家の地下に、元家政婦の旦那が住んでたっていう展開。

アカデミーの作品賞を取る作品ってだいたいタイプが同じだけれど、アカデミー会員に多様性を持たせたせいで、同じタイプの作品が選ばれず、単純に「このストーリー読めねぇ!すげえ!」って思わせたものがとる時代になったようです。

その時代に作られて見事作品賞をとったこの映画。

金持ちの息子が以前誕生日の夜に、地下に住んでたその男の姿を見てしまって幽霊だと思って気絶し、そのトラウマで家でパーティーを開くことができなかったというのに、ようやくトラウマを克服して庭でパーティーをやったら、またその男が発端となった殺傷事件を目の当たりにして気絶し新たなトラウマ発生…という、クスッと笑わせることも忘れない。

元家政婦がやっていた北朝鮮の女性アナウンサーを真似る場面は、北朝鮮嫌いなアカデミー会員に万人受けしたことだろう。


すったもんだがあった挙句、貧乏家族の長男が描く未来の夢は心が洗われる。

「計画しないほうが、計画をして失敗することもないから、計画しないほうが成功する」っていう意味ワカメなことを言うおとっつぁんに対して

「お父さん、僕は計画を立てました」と心の中で話はじめる長男の姿は、頼もしさを感じさせる。


”実現にどんなに時がかかろうとも、夢を持ち続けるのは大事…。”

アカデミー賞でオスカーをゲットした人たちが壇上でよく言うこの言葉が、この映画のメッセージなのだ。
 
フィンセントさん [インターネット(字幕)] 8点(2020-10-30 15:05:34)
63.《ネタバレ》 上流社会家庭と、半地下家族。
このような格差の対比は、韓国エンタメでは多い。

その上流家庭の、家庭教師、お手伝いさん、運転手に
まるごとひと家族が入り込むことに成功する。
しかし、その家には秘密があった・・
というお話。

ラストは、韓国映画にありがちなドギツイ展開。
でも韓国映画に慣れてない、他の国の人は度肝を抜かれたろうな・・
パルムドール受賞!
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2020-10-24 15:49:37)
62.《ネタバレ》 半地下と呼ばれる、低所得者向けの賃貸住宅に住むとある四人家族。長びく不況のあおりを受け、揃いも揃って失業中の彼らは先の見えない困窮生活を続けていた。便所コウロギや酔っ払いの吐くゲロに囲まれ、スマホも近隣住民の飛ばすWi-Fi頼み、唯一の収入源であるピザ屋の内職も何かと理由をつけて買いたたかれるような屈辱的な毎日。そんな彼らが這い上がるために見つけたとっておきの方法。それは、小高い丘の上の豪邸に住む金持ち家族に〝寄生〟することだった――。浪人中の長男は、娘の英語の家庭教師として。同じく浪人中の美大志望の長女は、幼い息子の美術教師兼カウンセラーとして。失業中の父親は、主に金持ち主人の運転手として。そして母親は、住み込みで働く家政婦として。世間知らずの夫人に取り入り、もともと居た人間を追い出すようにして徐々に家族の中へと入り込む〝寄生虫〟たち。だが、異常を察知したもともとの家政婦が舞い戻ってきたことから、事態は思わぬ方向へと転がり込んでゆく……。韓国映画界を牽引するポン・ジュノ監督の最新作にして、外国語映画として初めてアカデミー作品賞を受賞した本作を今回鑑賞してみました。冒頭から流れるように続く、徹底的に考え抜かれたであろうストーリー構成は本当に素晴らしかったです。貧困に喘ぐ四人家族が、徐々にこの金持ち家族の中へと入り込んでゆく一連の流れはもはや神がかってました。細部にまで拘ったカメラワークに計算されつくした脚本、変幻自在な音楽の使い方など全てに監督の才気が漲っております。そして元々の家政婦が舞い戻って来てからのあっと驚くどんでん返しも見事にやられました。まさか寄生虫に先客がいたなんて!そこからのドタバタも皮肉が効いていて、ベタながらなかなか楽しい。そして最後はポン・ジュノらしく、貧富の格差という普遍的な社会問題へと落とし込む手腕もお見事。貧困家族がどんなに頑張っても消せなかった「臭い」の扱いなど、監督の視線は何処までも鋭く、そして切ない。エンタメ映画として観客を徹底的に楽しませておいて、最後はちゃんと社会問題についても考えさせられるという、アカデミー賞受賞も納得の良品でありました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2020-10-24 00:06:10)
61.自分には、ダメな映画だった。
貧乏家族に全然共感できず、おバカな金持ち家族に同情してしまったから。
「”万引き家族”にはノレたのに、この映画にノレないってのは、自分は長く日本人をやりすぎたせいかなあ?」なんてことを考えてしまった。
中盤あたりの緊張感やスピード感は、なかなかうまいなあ、って思う。
でもまた最後の方で、えらく後味悪いし。
アカデミー作品賞、自分にとってまたもやハズレ映画でした。
まかださん [ブルーレイ(吹替)] 3点(2020-10-20 21:44:30)
60.《ネタバレ》 めちゃくちゃ評判が良いので期待して観たが
期待が高すぎたのと人に勧められるかどうかで言うと勧められないのでこの点数。

悪い事したやつはそれ相応の結果になって
良い事したやつは最後は幸せになって欲しいと思うけど

娘は殺されて親父も家の地下で生活を余儀なくされたのは自業自得で良いとして
主人公はもっと不幸になってもいい気がする。
あと親父は地下を出よう思ったら出れると思う。
モールスとかしてたらすぐばれそうな気がする。

ただ日本映画の有象無象の作品と比較して洗練されている印象を受けた。
なんとなく観てて飽きない。
演出とか作品全体の深みを感じた。
登場人物の二面性が描かれているせいかな。
Dry-manさん [インターネット(吹替)] 6点(2020-09-13 21:41:30)
59.《ネタバレ》 なかなかおもしろかった。
途中から陰鬱な展開になるが、爽快な展開にしたほうがよかったと思います。
まっかさん [DVD(字幕)] 7点(2020-08-23 04:39:37)
58.《ネタバレ》 まずはじめに、なんの予備知識もなく観たので、かなり勘違いをしていました。てっきり、半地下に暮らす家族が富豪の家族とまるっとすり替わる、そんな内容かと思ってました。そしたら半地下家族は単純に仕事が欲しかっただけで、根っからの悪者でなかった。そもそも個々にちゃんと能力があるのだから、もっと真剣に仕事探しでもすればよかっただけじゃないの。とまぁ文句は言ってはみましたが、別につまらなかったわけでもないし、それなりには楽しめた。楽しめたけど、そんなに大騒ぎするような映画でもないとも思った。

地下のシェルターに住んでいた家政婦の旦那に対して、同情の念を抱いた父親が、自分の匂いのことを社長にバカにされても怒らなかったのに、その旦那の匂いで嫌な顔をした瞬間プチっと切れてしまい、社長を殺してしまう。ここのシーンが一番やるせなかったですね。貧しき者同士、もうちょっと話し合えばよかったのに。て、なんか切なくなってしまった。
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2020-08-22 00:01:05)
57.セットにいちばん金がかかったというだけあって強く印象に残る。
半地下に住む暮らしと豪邸との対比が鮮やか。
下手すると貧乏大家族が超高級旅館に泊まる的な俗っぽくなりがちな展開をあざとくならないように
みせたのは脚本と役者と編集が良いから。この辺はアカデミー賞やエディ賞を取るのも分かる。
財閥優遇政策、賄賂がまかり通る受験など社会構造上貧困から抜け出せないけど、
キム一家の持っているスキルは高いところに妙味があっていかに巧みに寄生するかが
この映画の醍醐味だろう。

パク一家のおおらかさも良い。夜中に末っ子が駄々をこねて庭にテントを張って、しばらくして
トランシーバーで父に「緊急事態発生!、緊急事態発生!」「どうした?」「眠れないよ」可愛すぎる。
michellさん [DVD(字幕)] 7点(2020-08-15 00:39:15)
56.《ネタバレ》 観終わって、さすがはアカデミー「作品賞」と感心した。

まずは何と言っても展開の妙が秀逸で、次から次へと展開するストーリーに目が離せない。
具体的には下記のとおり、起承転結において物語の中心となる「転」が文字通り「二転三転」する面白さが印象的。


<以下激しくネタバレ>



(起)半地下に住む4人家族の紹介
(承)4人家族が次々に金持ち一家に寄生していく
(転①)お手伝いおばさんにより地下室の秘密が明かされ、4人家族の形勢が逆転する
(転②)4人家族(のうち3人)が金持ち一家から脱出するも、半地下の家が大雨で浸水してしまう
(転③)金持ち一家のガーデンパーティーでの大混乱と意図しなかった殺害
(結)父の行方の謎と、息子の独白によるエンディング


そもそもこの4人家族の技能はそれぞれ抜きんでたものがあり、普通に働けばそれなりの暮らしができるはずだし、結果的にお手伝いさんを殺害した形になったお母さんが無罪放免になるのもいかがなものか、とツッコみたくもなるのだが、息子が冒頭で友達からもらった石が大きな伏線になっていたり、「地下」「臭い」といった社会的ヒエラルキーを象徴する言葉がキーワードになっていたり、意外と作りが細かく、そうしたツッコミは無粋と思わせてしまう力を感じた。

さらにその底流には、努力だけではいかんともしがたい格差社会で生きざるを得ない庶民の悲哀が織り込まれており、面白さの中にも静かな余韻が残る佳作だった。
田吾作さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-08-12 13:48:13)
55.《ネタバレ》 狡猾な家族が金持ちの家に入り込み甘い汁を吸う。まさにパラサイト。
しかし不在中にどんちゃん騒ぎをやらかす等、賢さのバランスがおかしい。
4人とも雇われた時点で、「無計画」などではなく最高の作戦で金持ちの鼻をあかすようなストーリー(そして誰も死なない事)を期待していたので後半は残念であった。
チェブ大王さん [インターネット(吹替)] 2点(2020-08-02 22:40:43)(良:2票)
54.《ネタバレ》 映像美も相まってとても面白かったです。前半までは。
ただ後半に掛けての地底人誕生からモールス信号、大量虐殺で何でもありか!と一気にリアリティが無くなり興味関心が薄れてしまいました。アカデミー作品賞は…どうなんでしょうか?
明るい話ではありませんが奥様の存在が救い。綺麗でチャーミングでしたね。
Kの紅茶さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-07-26 07:07:26)
53.アカデミー作品賞 受賞、「殺人の追憶」の ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ 主演、期待値 MAXで 鑑賞..う~~ん 中盤までは 面白かったんだけど..後半、大風呂敷を 広げるだけ広げておいて、あの結末..映画として 物語として どうなんだろ..現代の格差社会を風刺しているとは言え..あまりにも 短絡的で ガッカリ..期待ハズレ 残念...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2020-07-24 18:30:43)
52.《ネタバレ》 私は鼻がいいので「匂い」というキーワードが刺さりました。
上辺は繕えても匂いはごまかせない。特に身体に染みついた匂いは。

そんな「匂い」と「上流」「下流」の物理的&心理的な高低差。
上流に入り込んで飯のタネにしようとしただけの半地下の家族は、さらに下の地下の住人により、束の間の優越感も安息感も打ち砕かれます。
もっと別の機会に知り合ったら、貧しいもの同士が結束できたのか、パラサイト仲間になれたのか。
ここでは、ただただお互いに墜ちるところまで墜ちていくだけなのが残酷でした。

豪雨で水没している町、半地下の家の中での便器から噴き出す汚水の描写は耐え難く思わず鼻と口を手で覆いました。
そこで蓋の上に座り、天井裏から煙草を取り出して吸う妹。
諦観のような達観のような表情。印象的なシーンでした。
彼女は、半地下の人生から早々に脱出してしまいます。
それが自分で望んだかどうかは別として。

半地下家族の絆は強く、無職でも甲斐性無でも父親の尊厳は保たれています。
それ故に精神的に追い詰められていく父親は、地下住人の強烈な匂いに顔を背けたパク氏を衝動的に刺します。
それまで、下流の町が水没したことすら知らず呑気にパーティをしたり、既に表情を無くしてる父親にインディアンの格好をさせたりするあたりから、不穏な雰囲気を醸し出していました。
無表情に見えて感情を押し殺して爆発寸前なのがわかるソン・ガンホ。巧いです。

父はこの下はもう無い地下の住人になり、息子は多分達成不可能と思われる計画を立てる。前半のコミカルな展開から怒涛のようにシリアス展開、そして虚無感が漂うラスト。ただ、あの強い母はきっと逞しく生きていくと思います。

見ごたえはあったのですが、今後トラウマで立ち直れないかもしれない上流家庭の幼い息子を思うと胸が痛みます。
上流家族に実質的な罪は無いので気の毒です。鈍感・無神経・無意識の罪の代償が大きすぎます。
後味悪いのが悪いのではないけど、たくさん死人を出さずに済ませる描き方もあったのではないかと思いました。
nanapinoさん [DVD(字幕)] 7点(2020-07-24 13:56:30)(良:1票)
51.《ネタバレ》 ポン・ジュノの映画はやはり娯楽作品として非常に完成度高いですね。今回も面白かったです。
根底として韓国の格差社会をテーマにしてるんだろうけど、それをエンターテインメントでしっかり楽しませる手腕が良いです。
普通にみれば荒唐無稽な話なんですけど、役者たちのリアルな演技でそこに現実味を持たせてる。
惨殺シーンで、誰が誰を刺す展開に関しては疑問もあるのですが、それもまたメタファーとしてあるものなのかな。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-07-14 16:39:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 70人
平均点数 7.07点
000.00%
100.00%
211.43%
311.43%
411.43%
557.14%
61115.71%
72028.57%
82535.71%
957.14%
1011.43%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review4人
2 ストーリー評価 7.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review6人
4 音楽評価 7.40点 Review5人
5 感泣評価 5.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2019年 92回
作品賞 受賞 
監督賞ポン・ジュノ受賞 
脚本賞ポン・ジュノ受賞 
美術賞 候補(ノミネート) 
編集賞 候補(ノミネート) 
外国語映画賞 受賞長編国際映画賞

【ゴールデングローブ賞 情報】

2019年 77回
外国語映画賞 受賞 
監督賞ポン・ジュノ候補(ノミネート) 
脚本賞ポン・ジュノ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS