見えない目撃者(2019)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > 見えない目撃者(2019)
 > (レビュー・クチコミ)

見えない目撃者(2019)

[ミエナイモクゲキシャ]
2019年【日】 上映時間:128分
平均点:7.17 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-09-20)
ドラマサスペンス犯罪ものリメイク
新規登録(2019-09-16)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2020-03-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森淳一
キャスト吉岡里帆(女優)浜中なつめ
高杉真宙(男優)国崎春馬
大倉孝二(男優)吉野直樹
浅香航大(男優)日下部翔
國村隼(男優)平山隆
渡辺大知(男優)横山司
柳俊太郎(男優)桐野圭一
松田美由紀(女優)浜中満代
田口トモロヲ(男優)木村友一
脚本藤井清美
森淳一
製作久保雅一
東映(製作幹事/「見えない目撃者」フィルムパートナーズ)
ROBOT(「見えない目撃者」製作委員会)
小学館(「見えない目撃者」製作委員会)
東映ビデオ(「見えない目撃者」製作委員会)
イオンエンターテイメント(「見えない目撃者」製作委員会)
朝日新聞社(「見えない目撃者」製作委員会)
エイベックス・エンタテインメント(「見えない目撃者」製作委員会)
企画ROBOT
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東映
特殊メイク江川悦子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 面白いサスペンスでした。
「羊たちの沈黙」と「暗くなるまで待って」を足したような作品。

猟奇殺人犯がもっとも身を守るのに不利な目の見えない女性を襲ったら、どうなるか
しかもその犯人が身内のはずの警察官だったら、とか最悪な設定で創り上げた作品でした。

最初は乗り気じゃない、感じの悪い警察官(大倉孝二)が
「正義ってものをみせてやる」と言って、犯人にもっとも残虐な殺され方を
されるところにこの監督のセンスを感じました。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2020-07-11 16:47:04)★《新規》★
5.原作、リメイク元は未。
サスペンスものはあまり好んで観ないけど、まぁ楽しかったです。
話の起承転結やメリハリもはっきりしてるのでわかりやすく観やすいです。
(反面、そのせいでテレビドラマ的な内容寄りになっちゃいますが)
「見えない」を映像的によく表現してたなぁと思います。あの演出好き。

元警察官とはいえ一般人にガバガバなのはどうなのでしょう。
警察官がするべき仕事を警察官が全然してなくて、一般人が仕事しすぎな点も。
あとは若干グロイのも個人的にはNG。

シリアスな吉岡里帆もいいですねぇ。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-06-03 19:51:33)
4.《ネタバレ》 リメイク元の韓国映画は見てないですが、これ、面白かったー。ドキドキできたし。設定はタイトルまんま。猟奇事件の犯人を目の見えない主人公が目撃して追うとゆーもの。こーゆのんて、警察はわりと最後まで信用してくれないとかじゃないすか?でもこの映画では意外と序盤から刑事が信用してくれて、独自に捜査なんかもしてくれて、だから新鮮で。演出なんかも素直にちゃんとサスペンスしてくれてるとゆーか、ちゃんと作ってる感があって、久々に邦画のドキドキできる映画見たなーって感じで満足です。ただし、エグイ所はしっかりエグくいので、あんまそーゆうのが好みじゃなければ注意が必要かも。犯人はなかなかのモンスターちっくな奴なんだけど、昨今の日本の犯罪ニュースをなんかを見ても、現実でもわりととんでもない事件が起きてるので、こーゆう犯人がいてもちっともおかしくないと思えるからか、リアリティーさも感じました。
なにわ君さん [インターネット(邦画)] 10点(2020-02-19 21:00:51)(良:1票)
3.《ネタバレ》 (警察学校あがりとはいえ)素人がチョロチョロ捜査に深入りしていく展開にせよ、視覚障碍者が結構ヒョイヒョイ動き回る演出にせよ、やや現実離れ感が強く若干チープだと言えるかも知れない。しかし、主人公が「見えない」事件ものというコンセプト面については、これを利用した小ネタ・ギミックはどれもまずまず面白く、この点については良い仕事をしていると思う。

その上に、2時間サスペンスに毛が生えた程度な質感、つまりは映画としてややスペシャル感が薄く、その意味でも少しチープではあるのだが、事件ものとしての展開運びもそこそこ面白く十分ワクワクハラハラしながら観れるし、猟奇殺人事件の残虐度や異常性と言った面の見応えもまずまずで、かつラスト付近のスリラー展開もまあまあ良く出来ており、このジャンルの映画としては基礎点で70、そしてコンセプト面の出来の良さで10点加点して80点は付けられる良作。ただし吉岡里帆の「見えない」芝居は、やっぱり見えてるようにしか見えない。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 7点(2019-11-24 09:42:44)
2.オリジナルの韓国映画「ブラインド」は大好きな映画なので心配でしたが、上手くリメイクしたなーという感じ。オリジナルとは違う日本独自のシナリオがよく練られていました。ですが、心理描写や盲導犬との絆など、人間ドラマの部分を丁寧に描いているのは「ブラインド」のほうかなと思います。「見えない目撃者」が面白かった!という方は、ぜひ「ブラインド」も観て頂きたいです。
たけたんさん [映画館(邦画)] 5点(2019-10-03 19:22:07)
1.“目が見えない“というのがウリであり、そこを最大限に活かした物語になっていたと思う。
目が見えない目撃者が偶然事件に居合わせ、警察に報告するもあまり頼りにならず、独自の調査を繰り広げていくという超展開。
この辺はかなり荒唐無稽だし、犯人と闘う展開においてはいや無理だろ!って思っちゃったけど、元警察官であるから一応訓練されているし有り得るのかも?と半信半疑で見ておりましたが、なかなかサスペンス全開な展開で飽きさせないので集中して見れたと思う。
しかし、犯人が分かっちゃってからは邦画特有の大袈裟な展開になっちゃうのがちょっと残念と言えば残念。
とは言え、吉岡里帆の演技がとても良かったので引き込まれた。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2019-09-25 23:14:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 7.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5116.67%
600.00%
7466.67%
800.00%
900.00%
10116.67%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS