決算!忠臣蔵のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ケ行
 > 決算!忠臣蔵
 > (レビュー・クチコミ)

決算!忠臣蔵

[ケッサンチュウシングラ]
2019年【日】 上映時間:125分
平均点:6.12 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-11-22)
ドラマコメディ時代劇歴史もの小説の映画化
新規登録(2019-09-24)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2021-08-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中村義洋
キャスト堤真一(男優)大石内蔵助(赤穂藩筆頭家老)
岡村隆史(男優)矢頭長助(勘定方)
濱田岳(男優)大高源五(毒見役)
横山裕(男優)不破数右衛門(牢人・剣豪)
荒川良々(男優)堀部安兵衛(馬廻)
妻夫木聡(男優)菅谷半之丞(馬廻(軍師・参謀))
大地康雄(男優)奥野将監(番頭)
西村まさ彦(男優)吉田忠左衛門(足軽頭)
木村祐一(男優)原惣右衛門(足軽頭)
寺脇康文(男優)間瀬久太夫(大目付)
鈴木福(男優)大石主税(内蔵助の息子)
千葉雄大(男優)磯田武田夫(内匠頭切腹時の介錯)
鈴鹿央士(男優)矢頭右衛門七
上島竜兵(男優)早川惣介(大目付)
堀部圭亮(男優)長次(そば屋主人)
山崎一(男優)
波岡一喜(男優)
芦川誠(男優)
近藤芳正(男優)
村上ショージ(男優)前田屋茂兵衛(塩問屋主人)
板尾創路(男優)戸田権左衛門(家老)
滝藤賢一(男優)戸田采女正(大垣藩藩主)
笹野高史(男優)落合与左衛門(瑤泉院の用人)
竹内結子(女優)大石理玖(内蔵助の妻)
西川きよし(男優)大野九郎兵衛(自席家老)(特別出演)
石原さとみ(女優)瑤泉院(内匠頭の妻)
阿部サダヲ(男優)浅野内匠頭(赤穂藩藩主)
脚本中村義洋
撮影相馬大輔
製作松竹(「決算!忠臣蔵」製作委員会)
吉本興業(「決算!忠臣蔵」製作委員会)
ハピネット・ピクチャーズ(「決算!忠臣蔵」製作委員会)
電通(「決算!忠臣蔵」製作委員会)
朝日新聞社(「決算!忠臣蔵」製作委員会)
イオンエンターテイメント(「決算!忠臣蔵」製作委員会)
企画古賀俊輔(企画プロデュース)
松竹
制作吉本興業(制作協力)
配給松竹
美術倉田智子
あらすじ
ご存知『忠臣蔵』を、お金の側面から切り取った異色作。浅野家とり潰しから討ち入りまでの収支決算はいかほどか!?大石内蔵助に堤慎一、勘定役にナインティナインの岡村隆史ほか、関西芸人が多数出演。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》  関西弁で話す赤穂浪士と、やたら柄の悪い大石内蔵助。
 それらに対し、最初は戸惑いが大きかったのですが……

 (要するにコレは、ヤクザ映画なんだ)と気付いてからは、問題無く楽しめましたね。
 現代人が忠臣蔵を観賞する際にネックとなる「浅野は加害者で吉良は被害者であり、赤穂浪士は逆恨みしてるだけ」って部分に関しても「親分の死後、残った組員が面子を守る為に復讐した」と考えれば、分かり易い。
 「よう見とけ、赤穂の浪人共がする事を」と大石が静かに呟く場面も印象的であり、この映画では主人公達を立派な「赤穂義士」ではなく、庶民的なヤクザとしての「赤穂の浪人共」として描いているんです。
 極端に美化された忠臣蔵より、ずっと感情移入し易い作りになってるし、この路線で仕上げたのは、正解だったんじゃないかと。

 それだけでなく「経済的に見た忠臣蔵」という魅力が、しっかり描かれているのも良い。
 「籠城すべきか否か」を、退職金の多寡で決める序盤の時点で、もう面白かったし、最初に軍資金が幾らあるかを分かり易く現代の価値換算で示し、それが徐々に減っていく様を数字で見せる演出にしたのも、上手かったですね。
 地元と江戸を行き来するだけでも旅費が掛かるのに、何度も無駄足を重ねてる様とかもう、本当に観ていて「無駄遣いすんなよ!」って気持ちにさせられる。
 そんな観客の想いを、勘定方の面々が代弁し、劇中で実際に文句を言ってくれるんだから、非常に痛快。
 我らは戦の担当だからと言い訳し、勘定方を見下す同僚に対し「戦なんぞ、一度もした事無いやろが!」と大野九郎兵衛が啖呵を切る場面なんかは、特に良かったですね。
 観客の喜ばせ方を知ってるなと、嬉しくなっちゃいました。

 そんな勘定方の代表である矢頭長助の死を、中盤の山場として用意してあるから観ていてダレないし、吉良邸への討ち入り場面を省略し「討ち入り前の、予算内に収まるかどうかの葛藤」をクライマックスに据えたのも、結果的には良かったかと。
 一応、演習として討ち入る姿を大石達が思い浮かべる形になっており、観客としても「どんな風に討ち入ったのか」を、自然と想像出来るバランスになっていましたからね。
 この辺り「太鼓じゃなく銅鑼を叩くのか」と落胆しちゃう大石を描いたりして「討ち入りの際には、太鼓を叩く大石内蔵助」を期待していた観客と、主人公の心情とをシンクロさせていたのも上手い。
 確実に勝利する為「一向二離(一人が相手と向き合ってる隙に、他の二人が回り込んで相手を仕留める)」の兵法を用いる事に対し「それは卑怯では?」と問う者に対し「これは戦や」と返す場面なんかも「忠臣蔵」(1990年)が大好きな自分としては、嬉しくなっちゃう部分。
 赤い着物ではなく、火消し用の着物を選ぶ場面とか「経費を節約出来た時の快感」を描いているのも良いですね。
 限られた予算が減っていくという、マイナスの焦燥感だけでなく、プラスの充足感も味わえる作りにしたのは、本当に上手い。
 そんな節約が「討ち入り後の、残された者達を救う工作資金」に繋がるというのも、ハッピーエンド色を強める効果があって、お見事でした。 

 難点としては……
 コメディ色が強い作りゆえか、ピー音を連発する場面なんかは、ちょっと雰囲気を壊してる感じがして、微妙に思えた事。
 良い味を出していた矢頭長助が、死後は回想シーンなどでも一切姿を見せないので、寂しく思えちゃう事。
 そして、忠臣蔵を代表する人気者の堀部安兵衛が、徹底的に情けなくて、良い所も無く終わっちゃうのが残念とか、そのくらいになるでしょうか。
 幸い、それらの点を自分は「決定的な傷」とは思わなかった訳だけど、これを駄作と断ずる人の気持ちも、分かるような気がします。

 でもまぁ、2019年にもなって「面白い忠臣蔵」を撮ってくれたという、その事に対する感謝の方が、ずっと大きいですね。
 忠臣蔵という鉱脈は、まだまだ掘れるんだ、面白く出来るんだって事を証明してみせたという意味でも、非常に価値ある一本だと思います。
ゆきさん [DVD(邦画)] 7点(2023-02-02 13:50:35)(良:2票)
15.今の時代だからこその切り口だと思った。忠臣蔵への風刺も感じたし、決算までお金の話でやりきって良かった。ストーリーもしっかりしていて笑えた。何をするにもお金はいるからね。
ラグさん [インターネット(邦画)] 6点(2022-12-24 22:12:55)
14.ボクはよしもと関連の演者さんたちが嫌いなのですが
これはまぁ、ギリギリ見れる方でした
見終わったあとの余韻もなかなか良かったです
が、思い起こせば堤真一さんのツッコミ具合が一本調子だった気がします
まぁ、堤さんは芸人さんではないのでそのあたりはご愛嬌かもです
ぐりこさん [インターネット(邦画)] 8点(2022-05-21 03:13:19)
13.歴史学者の書いた新書が原作という点では『武士の家計簿』と同類。原作は未読だが、カネをテーマに忠臣蔵を検証するというのは歴史番組で度々扱われていたので内容的にはさほどインパクトはなかった。尚、忠臣蔵にはそれなりに興味があって、映画で舞台とされている所には殆ど行ったことがある程度には知識はあるつもりだった。が、それでもやはり四十七士の個々のエピソードは押さえ切れていない事を痛感すると共に、各々にドラマがあったことを再認識。ただし、内容的には少々フザケていたのが残念ではある。
東京50km圏道路地図さん [インターネット(邦画)] 5点(2022-03-24 01:08:13)
12.《ネタバレ》  これは大変面白い作品。なにをするにも金がかかる。それは今も昔も同じこと。前作「殿、利息でござる!」も面白かったですが、さらに進化して大満足です。喜劇系の役者がたくさん出て真面目な芝居を面白可笑しく演じてくれます。金勘定も大変ですが、人間関係、世間の風評、お上の意向、そして己の意地などがなんとも絡み合い討ち入りになってゆく過程が描かれています。
 
特に出色なのは討ち入り直前の会議の模様。道具や装束に費用が掛かるところに鎖帷子と来てはもうだめかと思われますが、急転直下何とかなっちゃうところ、素晴らしいですね。(計算は合わないような気がしますが。)
たこのすさん [インターネット(邦画)] 9点(2022-03-06 13:21:38)
11.そうそうたるメンバー!
しかし、討ち入りをせざるを得ないことになった背景、プレッシャー、エンターテインメントを求めるかのような期待があったりして、やはり正義って何?!と思ってしまう。後世に残された討ち入りになったからまだよかったものの、実際事後討ち入りに行ったもの、行かなかったもの、その家族がいかなることを強いられたか、など複雑な心境になります。
HRM36さん [DVD(邦画)] 6点(2022-02-13 09:39:08)(良:1票)
10.面白いけど、見せ場はないよね、って感じ。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2021-12-25 19:58:59)
9.楽しくみれましたが、最後のほうで少し グダグダしてくるのが残念。
 
紫電さん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2021-11-20 21:08:07)
8.忠臣蔵を お金の面から描いた異色作、かつ コメディーテイストでありながら いたって真面目に描かれてた作品..私的に嫌いではない..昼行灯といわれた大石が 番方で気が短く喧嘩早いってのが面白い..
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 7点(2021-01-31 11:52:08)
7.《ネタバレ》 戦に限らず何をするにもお金がかかる。それを最前線の者は分かっておらず、裏方の嘆きがよく描かれています。討ち入りのシーンはなく終始、どんなことにどれくらいのお金がかかるのかという点に注力されています。京都ー東京の旅行が昔は大変やったんやなぁということがよく分かります。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2021-01-17 03:47:35)(良:1票)
6.異色の一言に尽きる映画です。
戦争するのに、金や物資を含む補給が大切なことを理解している人が少ないのも事実ですね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 6点(2020-11-28 23:39:46)
5.《ネタバレ》 舞台が赤穂(兵庫県)ということで関西芸人が多数キャスティングされています(バリバリ関東芸人イメージの上島竜兵さんが兵庫出身とは知りませんでしたが)。彼らに期待されているのは、ネームバリューとネイティブな関西弁を操ること。コメディリリーフとしての役目は課されていません。芸人が大挙出演しているのに彼らが全然笑わせようとしないため、妙な違和感を覚えました。そうでなくとも、大笑いするタイプのコメディではなく、現代社会と対比させた風刺がメイン。言うならば苦笑い系喜劇です。純然な笑える喜劇を期待してみると肩透かしを食うかもしれません。勿論これはコメディとして不出来なのではなく、仕様の問題。カカオ80%チョコが大して甘くないのと同じです。討ち入りシーンも無ければ、吉良上野介に至ってはキャスティングもされていない異色の忠臣蔵でした。かつて『わんわん忠臣蔵』なんて映画もありましたが、手を変え品を変え、様々なアレンジが施されるのは、原作が長年日本人に愛されてきた証であります。もはや擦られ過ぎて原形が分からない気もしますが、これも『歴史に名を刻む』事の副作用のひとつでしょう。中村義洋監督のお金時代劇は『殿、利息でござる!』に次いで本作で2作目。これはもう3部作行きますね。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-11-20 20:27:37)(良:2票)
4.《ネタバレ》 芸人が多く出ていたりで笑える要素が多い忠臣蔵。新喜劇を見てるようなやりとりがあったりで、こういうのも悪くない。ただ、後半になるとその感じも減速気味。この内容なら、岡村さんを殺してしまう必要はなかったのでは?と。実は生きていましたと言う展開が最後にあったらまだ良かったかも。討ち入りの裏ではこの映画のような金にまつわる苦労が実際にもあったであろうと思うとその辺は面白い。
スワローマンさん [インターネット(邦画)] 6点(2020-10-24 21:09:46)
3.マジメな忠臣蔵の討ち入りの話ではなく、
討ち入りにかかるお金の面から描いたコメディ作。
娯楽作としては面白かったです。
みんな、いいキャラしてます。

そこかしこに漂う吉本臭は少し鼻につく。
愛野弾丸さん [試写会(邦画)] 7点(2020-09-22 21:42:59)
2.視点としては面白そうだったけど、結局、伏線も盛り上がりがまったくなく、どんでん返しもなく、淡々とストーリーが進んでいく。豪華俳優陣なのはいいけど、竹内結子も石原さとみも必要だったのでしょうか?なんかもったいない。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2020-09-20 11:10:50)
1.《ネタバレ》 もう少しテンポの良い展開を期待したのだが、ラスト迄変わらず、残念だった。岡村が中途で退場、これもガッカリ。荒川良良が堀部安兵衛、アンマッチ、画面も暗く……。
Postefさん [インターネット(邦画)] 3点(2020-05-12 19:07:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 6.12点
000.00%
100.00%
200.00%
316.25%
416.25%
5212.50%
6637.50%
7425.00%
816.25%
916.25%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 4.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS