モスキート・コーストのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > モ行
 > モスキート・コースト
 > (レビュー・クチコミ)

モスキート・コースト

[モスキートコースト]
The Mosquito Coast
1986年【米】 上映時間:119分
平均点:7.07 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
公開開始日(1987-02-07)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-09-17)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ウィアー
助監督マーク・エガートン
キャストハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)アリー・フォックス
ヘレン・ミレン(女優)アリーの妻
リバー・フェニックス(男優)チャーリー・フォックス
ディック・オニール(男優)ポルスキー
マーサ・プリンプトン(女優)エミリー・スペルグッド
脚本ポール・シュレイダー
音楽モーリス・ジャール
撮影ジョン・シール
製作ジェローム・ヘルマン
ワーナー・ブラザース
製作総指揮ソウル・ゼインツ
配給松竹富士
美術ジョン・H・アンダーソン(セット装飾)
衣装ゲイリー・ジョーンズ[衣装]
編集トム・ノーブル
録音クリストファー・ニューマン〔録音〕
字幕翻訳戸田奈津子
スタントヴィク・アームストロング(ノンクレジット)
その他ストラットン・レオポルド(プロダクション・マネージャー)
あらすじ
 アリーは天才発明家。「愛するが故に今のアメリカは見ていられない」と、突然家族と共に未開の地、モスキートコーストへの移住を決行する。ジャングルの中にある町(というか集落)を買い、町長となり、そこに独自の文明社会を築いていく。その父親を支える家族と町の人達。しかし、ある訪問者が訪れたことをきっかけに、事態は予想もしない方向へと急転していく・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.文明も何も無いところにあれだけのものを作ってしまうのはすごいと思うが、それに振り回される家族が気の毒で仕方なかった。結局ああいう形でしか家族は解放されないのか…。まあ、若いリバー・フェニックスが観たかっただけだからいいか!好み25/50、演出8/15、脚本10/15、演技9/10、技術9/10、合計61/100→6/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 6点(2018-02-22 22:05:25)
42.《ネタバレ》 〇非常に興味深い作品。〇資本主義を否定し、ジャングルに新たな文明を築くアリー。絶対ぶっ壊れるんだろうなという雰囲気がぷんぷんの巨大冷蔵庫。商売に使おうとして連れてきてしまった野蛮人をやっつけるために大爆発し、アリーの築いた文明ごとぶっ飛ばす。わかりやすいくらいの皮肉。〇ここから主人公が考えを徐々に変えていってくれれば良かったのだが、現実に目覚めたのは家族だけという悲しい結末。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-11-25 18:45:55)
41.《ネタバレ》 天国を求め探しに行って、地獄を見つけたという感じの映画。前半は長くてだれるが、爆発後くらいからはあまりの悲惨さに逆に釘付け。ドキュメンタリーを見てるかのようだった。怖い!ハリソンフォードのイカレっぷりの表現良し。そもそもハリソンフォード主演じゃなきゃ見てなかったはずだけど。自然回帰といいながら文明の利器に頼ろうとする、核戦争を怖がりながら大爆発で村が吹っ飛ぶとかの矛盾の表現良し。爆発のシーンの迫力良かったなあ。自分には発明の才があると信じ込まそうとしてももう時代からは取り残されている、原始の村なら自分の存在感が示せるはずリーダーにもなれるという卑屈な心根の面白さがある。そして、エレンミレンが色っぽかった。今のエレンミランのおばあさん姿しか連想できないので驚き。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-10-29 17:59:06)
40.《ネタバレ》 
文明(キリスト教)を憎むがゆえに、ジャングルで生活をしようとして家族に迷惑をかける親父のお話って書いたらおもしろくなさそうやし、実際DVD裏の解説を読んでもいまいちピンとこなかった。
ところが演技陣の頑張りや、テンポのいい展開でなかなか楽しめた。
文明、家族、宗教とクサかったり、重くなりがちなテーマをうまいこと消化している。
とても観やすい。
ハリソンフォードの怪演もさることながらリヴァーフェニックスの存在感がすごい。
重要なシーンは全部こいつの独り占め。やはり天才やったんやなぁ。
次男もなかなかいい味出してる。この監督子役を使うのがうまいと思ったら刑事ジョンブックの監督か。納得。
どうでもいいけど連休はバーベキューで自然を満喫とか言ってる人は家でこの映画を観ながら過ごしてほしい。
CBパークビューさん [DVD(字幕)] 7点(2014-05-11 01:52:13)
39.《ネタバレ》 やればできるじゃないか、ハリソン・フォード!(失礼)。彼にこれほどテンションが高い演技が出来るとは、もうびっくりです。『刑事ジョン・ブック』での実績もあるし、監督のピーター・ウィアーはまさに“ハリソン・フォード遣い”の名人ですね(笑)。 この主人公の人物造形がまたうまく、良くいる自然回帰派のナチュラリストかと思ったら実は自分の王国を造ってそこに創造神として君臨したいだけ、つまり『地獄の黙示録』のカーツ大佐と本質的に同じ人間なわけです。バベルの塔の様な彼が発明した製氷機が爆発・炎上するシーンは、『地獄の黙示録』のカーツ王国の崩壊のシーンとそっくりです。彼に翻弄されるヘレン・ミレンやリバー・フェニックスの家族たちが家族崩壊の寸前まで追い詰められながらも、最後はハリソン・フォードの死を看取ってあげるラストは良かった。劇中ハリソンは妻であるヘレンを名前じゃなくて“Mother”と呼び続けるのがとても奇妙に思えたのですが、これはきっとヘレンがハリソンの聖母だったことを表しているんだと最後には判りました。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-10-07 20:50:29)
38.《ネタバレ》 小さな国家の独裁者。その結末はまるでヒトラーのよう。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-04-28 22:46:38)
37.《ネタバレ》 国家というものに失望し、無駄にモノが溢れる文明社会に失望したアリーは家族を連れて未開のジャングルに移住する。そこで現地の人々と理想郷を築き上げていたはずが・・・。

皮肉にもアリーが築いた村はあたかも鎖国した国家のようであり、アリーは周囲の情報や訪問者を遮断し独裁者のようになっていく。「アメリカは核戦争でほろんだ」はそんな国家が国民に対して行う情報操作であるかのようです。

文明を批判した彼が未開のジャングルで築いたものは周りの環境とはアンバランスな巨大冷凍庫。その巨大冷蔵庫が爆発するシーンは、今に見直すと福島第一原発事故を連想してしまいました。

やがて彼らは自然の猛威にさらされ生命の危機に直面します。人間自らが発明したモノですら何かの拍子で制御不能に陥る。人間の思い上がりや過信に潜む危険性というメッセージ以外にも考えさせられることを色々と含んだ作品であり、気分良く終わる映画ではないですが、ラストのリバー演じる息子の語りに救われた思いがしました。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-03-16 20:23:56)
36.《ネタバレ》  アリー(ハリソン・フォード)は文明社会とアメリカという国家・組織に背を向け、未開の地へと旅立ち、そこに自分の文明社会を築こうとする。「使わないものを買い、使えるものを捨てる今のアメリカ。」に始まって、何かとアメリカのことをぼろくそにこきおろし、正しい文明社会というものをまるでこれがお手本だと言わんばかりに築いていく。 
 しかしアリーが築く文明は、やはり現代文明を色濃く反映していて、冷凍装置を使ったクーラーの設置はまさにその典型。しかも、その機械が社会を滅ぼしてしまう危うさを秘めたものだという重大な事実は、あの大事故が起きるまで本人しか知らなかった。まるで現代の原発のよう。
 そして、それまではその冷凍装置やアリーが築いた文明の恩恵を受けていた住民達が、事故が起きるや否や、アリーに向ける敵対的な視線。(ほんのワンショットではありましたが・・・)まさに、大多数の人々が、その仕組みを理解できないままに恩恵だけを享受している現代文明社会への痛烈な警鐘を感じます。震災と原発事故があっただけに・・・
 さながらあの3人組は津波のような存在でした。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-04 04:05:43)(良:1票)
35.ハリソン・フォードってこんな役もできるのね。
akilaさん [DVD(字幕)] 7点(2011-09-04 00:50:18)
34.変わり者のお父さんに付き合わされる家族も大変です…。リバーの演技が光っていて、火をかけるときの戸惑いや父親に抱く複雑な気持ち、揺れる心を繊細に演じていました。
メッセージ性があり、見応えのある作品でした。
*まみこ*さん [DVD(字幕)] 7点(2011-03-07 23:37:00)
33.《ネタバレ》 ハリソン・フォードとピーター・ウィアーの「刑事ジョン・ブック/目撃者」の翌年の作品であるのにマイナーなのは、問題作・異色作であっても見ていて楽しい作品ではないからだろう。 アメリカの物質社会を嫌い、家族を連れて中米のジャングルに飛び込んだ発明家アリー。 当初は知恵で順風に乗り切っていた彼が次第に壊れていく様は、大自然の中で孤立した人間の弱さ、傲慢さを滲ませて苦い。 文明から逃れたはずの彼が密林に自分の文明を築こうとして敗れ去るアイロニー。 演技派というわけではないフォードには微妙な役柄であり、結果的に変り者の父親に複雑な感情を抱く息子役のリバー・フェニックスが際立つことに。(「スタンド・バイ・ミー」よりピュアなイメージ、これが縁で「最後の聖戦」に?) 父を超えて生きようとする彼の、目を開かれた言葉が緑と水の世界に響く。
レインさん [映画館(字幕)] 7点(2010-12-05 01:20:38)(良:1票)
32.初めて“独りで”観に行った思い出の作品。ですが実は「当時、あんまり話題にならなくて、誰も誘えなかった(私一人、観たい観たいと盛り上がってた)」という事の裏返しなんですけどね~。ピーター・ウィアー監督は、前作『刑事ジョン・ブック/目撃者』で、現代文明を拒絶する人々、アーミッシュを取り上げてましたが、今作では逆に、科学技術を信奉する変人発明家が主人公。前作ではまだ若干ヒーロー色の残っていたハリソン・フォードがユニークな役作りでこの変人役に挑戦しております。この主人公もまた、現代社会から距離を置いた特異な存在、映画において現代社会を相対化し批判的に眺める存在である点は、前作のアーミッシュと同じとも言えます。彼は雇われの身でありがら、雇い主の要求に応えず自分の発明に没頭。資本主義に対して批判的、米国社会を憂いているが、購入しようとしたテープが日本製と知ると「国産品を出せ」と怒るあたりを見ると、愛国者には違いない。父なる国を愛する余り、その現状に耐えられない彼は、自分の理想実現のため、全てを投げ出しジャングルへ移住。家族もこんな親父によくついていく。食器洗いの最中に引越しという突拍子の無さにも、妻は笑顔で帯同する。さて、いよいよジャングルに移住した一家、親父の発明品の数々に囲まれた、理想の村をここに実現していく。この辺の描写は、「本当にこんな事実現できるの?」というツッコミは抜きにして、「発明」なる香具師的イメージが生み出すファンタジー世界、ユーモラスな味わいがあります。密林の中の巨大冷蔵庫。ちょっと“フィツカラってる”映像ではありませんか。しかし、“宗教”あるいは“銃(武力)”といった外部からの侵入者の前に、理想世界は挫折していく・・・。主人公が忌み嫌った「押し付けがましいアメリカ国家」、しかし結局は彼自身が家族にとって、その「国家」と同じ存在になっていく。父権を乱用し、意志を強制し、仲間を野蛮人呼ばわりし、果ては息子を裏切りもの呼ばわりする・・・。映画のラスト、主人公の息子の独白は、父を愛し、父を受け入れ、その上で「僕の世界は広がった」と語る。つまり、我々もまた、父なる国家を、その欠点を認た上で愛せよ、そして視線は自国に偏ることなく世界へ向けよ、ってな感じのメッセージ、ですかね。まさかこの息子が父と同じ“インディ・ジョーンズ”になっちまうとは、当時想像もしませんでしたが。
鱗歌さん [映画館(字幕)] 9点(2007-10-21 09:09:57)(良:2票)
31.父親がえらいってのはどの国でもやっぱりあるんだなって思った。ただ、20年後の現在はそれが失われているような気もする。あんな父親は今は珍しいかも。ってストーリーとは全然関係ないことを…。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 6点(2007-03-07 21:51:12)
30.他人の助言に耳を貸さず突っ走るハリソンがとても痛々しく時々早送りしながら観ました。どんなに立派な自分の王国を作り上げても、あんな小さい息子に殺意を抱かせる様じゃだめだよハリソン。
srprayerさん [DVD(字幕)] 6点(2006-11-21 05:38:07)
29.メチャメチャわがままで家族をかえりみない父親ってのはどうなのよ?父親ってのは家族を守るのが第一優先でしょ!それを我が道を突き通そうとするがあまり家族を犠牲にするのはどうも解せないです。逆にそんな父親に健気に従う母親の方がズーと偉い!
みんてんさん [DVD(字幕)] 5点(2006-06-21 10:26:53)
28.この映画では人間の傲慢さと息子の自立を描いた作品ではないでしょうか。

まず、父親の矛盾した姿。
文明を嫌ってジェロニモに来たのに結局、文明を作ったり、山奥の部族に自分の知識をひけらかす。
世界の帝王であるアメリカを嫌っているくせに未開の地の帝王になろうとする。
ハリソンフォード演じる父は、矛盾していて傲慢な姿で人間の深い心理をついているかもしれないと思いました。

次に息子、チャーリーの自立。
戸惑いながら父の言うことにしたがっていたチャーリーが、だんだん自分の意志で動き出します。「俺はどうだ?」と聞かれて「最高だよ」としかいえなかったのに最後には「大丈夫だ」と父を気遣う姿勢を見せています。この台詞でチャーリーは自立し、世界が広がったのだなと思いました。

明るくなる映画ではないので点数は低めですが、メッセージの強い映画でした。でも、ちょっと演出がなぁ。言いたいことは良いはずなんですが、見てて飽きが来てしまったシーンもあったのでこの点数。

ハリソンフォード、そしてリバーフェニックスの演技は素晴らしかったです。
父に戸惑ったり、弟達を気遣うシーンなど名演技でした。

うらわっこさん [DVD(字幕)] 5点(2005-12-01 20:17:34)(良:1票)
27.《ネタバレ》 自分の世界に入り込もうとするジャマな人間を排除しようとした、あの製氷機爆発のシーンは正直怖かった。リバーフェニックスの父を慕いながらも戸惑う表情は素晴らしかった。でも最後死んじゃう設定に敢えてする必要ってあったのかな?原住民族に氷を見せたくて何日も山を上り下り頑張ったのに、風呂敷開けたら溶けちゃってて、あの時の何とも言えないハリソンの戸惑いの表情に6点をあげたい。
まさかずきゅーぶりっくさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-13 23:40:35)
26.一瞬の輝きこそ素晴らしい。あのままあそこに住んでいても、つまらなかっただろう。父親というテーマもあるんだろうけど、心打たれたのは文明の描き方だった。ハリソンフォードは名演だと思う。
ぷりんぐるしゅさん [DVD(字幕)] 6点(2005-08-10 03:31:27)
25.電波ゆんゆんのハリソン・フォードが次になにやらかすかで、かなりドキドキワクワクできる。巨大製氷機が誕生した場面などは、立ち上がって拍手しそうになった。あえてこの映画には「秀作コメディー映画」との誉め言葉を与えたい。
永遠さん 6点(2004-04-12 22:24:38)
24.雰囲気はかなり好きです。ただクーラーだの巨大製氷機だのを造るのであれば「自然の中で暮らす」意味が無いような…。自然との共生について我々とは根本的に発想が違う感じ。こういう点「地獄の黙示録」辺りと比較してみると結構面白い。
番茶さん 6点(2004-03-28 10:46:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 7.07点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5511.63%
61227.91%
71023.26%
8920.93%
9511.63%
1024.65%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.66点 Review3人
2 ストーリー評価 7.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review5人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 6.00点 Review2人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1986年 44回
主演男優賞(ドラマ部門)ハリソン・フォード〔1942年生〕候補(ノミネート) 
作曲賞モーリス・ジャール候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS