ホテル・ムンバイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ホテル・ムンバイ
 > (レビュー・クチコミ)

ホテル・ムンバイ

[ホテルムンバイ]
Hotel Mumbai
2018年【豪・米・インド】 上映時間:123分
平均点:7.47 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-09-27)
ドラマ犯罪もの実話もの
新規登録(2019-10-20)【ヴレア】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストデヴ・パテル(男優)アルジュン
アーミー・ハマー(男優)デヴィッド
配給ギャガ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》 無差別テロという殺戮が、何と無意味で虚しく生産性ゼロで憎むべき悪行であるということを再確認する。首謀者は、純粋無知な少年らを携帯電話で遠隔操作するこの世の物とは思えない卑劣極まりない、顔のない人物。登場人物全員が被害者で、そこでたまたま生死を分けられようが、生き残ったとて被害者には変わらない。怒りで辛くなる。アメリカ人ベビーシッターが命懸けで赤ちゃんを守り、イラン人の若い母の手に渡したシーンに世界平和の尊さを感じた。厳しい料理長とアルジュンが抱き合うシーンで人の為に命を張り成し遂げたホテルスタッフのスピリットを感じ、命からがら家に帰れば愛する妻と、丸々太った幸せそうな幼子がいる、そんな日常の有難さを感じた。しかし、感動以上に、あまりにも辛く憤りばかりを感じてしまう作品であることは間違いない。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-07-20 15:50:57)★《新規》★
18.史実に基づく映画というだけでなく、脱出物の映画という観点でも十分面白いと感じる映画である。
これが事実だとするなら、インド警察があまりにも無能だと言わねばならないだろう。
シネマファン55号さん [インターネット(吹替)] 8点(2021-07-14 17:51:11)
17.「祈りなんて、何の役に立つの??!!」と思えた彼女は…

ムンバイを象徴する格式高いホテル内での無差別テロ、の一部始終が本当にやるせない。

一瞬で命を奪われた人たちの背後にもそれぞれの家庭があり、ストーリーはあったはず。
反対の立場の実行犯たちにも…おいしい食べ物を知らず、水洗トイレにも驚くまだ少年
に対して
逃げ惑う関係者たち

実在の人物もいれば、Davidのように複数のキャラクターを混ぜたような架空の人物もいる。ロケは相当大変だったろうとうかがえる。(余談ですが監督は犯人役を他の人たちとあまり接触させないようにしていたり、現場に大きいスピーカーを入れて突然大音量で銃声を流したり、リアルな反応を撮影していたそうで、臨場感が凄まじいです)

心が痛くなりました、首謀者は遠隔で少年たちを操り、テレビをみながら悲鳴を楽しんでいた。いまも、少年家族らに約束の金も渡すことなく悠々と暮らしているに違いない…

どんな状況下でもお客様は神様か、ということも感がさせられた、、、エンドロールクレジットの再建後の映像がまた華々しさがあるが裏を考えてしまう切ない瞬間となった。

このような事件は二度と起きてほしくない
HRM36さん [インターネット(字幕)] 8点(2021-07-14 07:36:14)(良:1票)《更新》
16.《ネタバレ》 とてもキツイ映画だが時間を忘れさせる迫真の展開に8点

情け容赦無いテロ殺戮に心が追いつかず脳が果てしなく疲れた。キーマンや伏線もどきの登場人物もあっさり殺されて
しまう。問答無様である。目についた動くものは即殺である。これが実際に起きた事件であることが最初に刷り込まれ
見るものを恐怖のどん底に突き落とすのである。多くの鑑賞者はアルジュンには無理だが機転が利く切れ者がテロリスト
に反撃する瞬間を待ちわびていたかも知れない。例えばバックパッカーの青年、ロシア人、赤ん坊の父どれも無残に
撃ち殺されてしまう。赤ん坊の母に銃口が向けられたとき、私は神なんていないんだと心底感じた。そんなもの信じる
からいつも裏切られて傷つき人を傷つけるのだろうと。(宗教を否定しているわけではない)

実際に起きるテロリストなんてこんなもんだろう。見てて解るように素人なのである。スパイ映画のように特殊訓練
なんてやってない。動くものを殺す。目についたものを撃つ。ボスの命令は神と信じたい。信じることによって貧しい
両親・家庭に幾ばくかのお金を渡してくれるものと信じたい。親孝行したい。と略奪の歴史とともにボスに洗脳され
るのである。洗脳といっても彼等は事実を知らないだけであり、ボスに従うことがアッラーの元へ導かれると思い
たいのである。希望を喰むことが彼等の生きる証なのである。

料理長とアルジュンの言葉に一抹のカタルシスがあったこと、赤ん坊と母・メイドさんが助かった事がこの映画の
唯一の救いであろう。
hibari_21stさん [インターネット(吹替)] 8点(2021-07-12 13:16:00)(良:2票)
15.《ネタバレ》 たとえ相手が虫だって、あんなに簡単に迷いなく殺すことはできない。
若いテロリスト達は、いったいどんな言葉で洗脳されていったのだろうか。
「無知」であることの恐ろしさを改めて感じさせる映画。
逃げようと思えば逃げられたものを、客のために命を張った従業員たちの行動が胸を打つ。
他の方も書いておられたが、初めから終わりまで、自分もホテルムンバイに囚われているかのような緊張感が延々と続く。
外の情報をほぼ入れることなく、ホテル内に居る人の視点で描く手法が功を奏している。
救いのない、ひたすら悲惨な出来事を正面から扱った佳作。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 8点(2021-07-02 20:03:49)(良:1票)
14.主人公にまるで感情移入できず楽しめない。
ホテルマンが宿泊客を守るという筋書きなわけだけど、その守るべき相手が鼻につく金持ちばかり。
全く「助かってほしい」って思わない。
逆にテロリストの側はいかにも貧しそうだし、善悪は別にして、少なくとも己の宗教に対して誠実そうである。加えて、序盤でそびえ立つビル群を見て「あれはお前たちやその先祖から奪ったものだ」なんてことまで言われる。
これで、観ている人間が「あの宿泊客を守って欲しい。主人公頑張って。」という気持ちになれるんだろうか。
私はなれないし、なので全く楽しめなかった。

断っておくと、何も金持ちが悪いと言いたいわけでもないし、ましてや、テロリズムが正しいなどとは微塵も思っていない。そんないい悪いの話をしてるのではない。
単に物語として、この作りで、主人公や客たちに感情移入できるか?ということだ。

事実に基づいたストーリーなので仕方ない、という意見もあるだろうが、もしそうだとしたら、そもそも題材が悪いということだ。「事実に基づいてる」というのは、全てが許される免罪符ではない。
椎名みかんさん [インターネット(吹替)] 2点(2021-06-27 19:58:40)(良:1票)
13.《ネタバレ》 「スラムドッグミリオネア」でその顔を知られることとなったデヴ・パデル(アルジュン)が、この映画の主人公。

だから彼に死亡フラグは立たない。
最後まで活躍して最後まで死なずに、心配してる妻子と再会してめでたしめでたしになろうことは予想がつく。


テロリストの首謀者は、リアルにどいつこもこいつもタチの悪いイジメっこでして、「神は偉大なり」の一言で少年を洗脳してテロリストに仕立てるのも、彼らにとっては日常のちょっとしたお遊びみたいなものなのですよね。


とにかく無差別に殺してショッキングな感じを楽しんだり、
気が向けば金持ちを生け捕りにして、ちょっと身代金要求しちゃおうかなとか、
ダメならストレス発散に殺して、関係者を苦しませちゃえとか、
その場のノリでやることを決めるので、本当にタチが悪い。


それにしても、この映画は実話だそうだけれど
赤ちゃんを連れて逃げてたあの女性が最後まで無事だったっていうのはホント?

あの年齢の赤んぼなんて、ずっと寝てるか、オムツ濡れてるかミルクが欲しいときだけ目ざめて泣きわめくのに、
あんな状況でベッドにも寝かせてもらえず、それが何日も続いてたんですよね?ミルクどうしてたん?オムツどこに替えあるん?

あんな真っ暗で狭いクロゼットに入っただけでも、一発で泣き出しますやん。

どうも赤ん坊を殺すのは悲惨だから生かしておきたい気持ちはわかるけど、そこはリアリティがなかったですね。



でも実際、ホテルの従業員がお客さんのために居残って殺害されてたなんて。


生き残った金持ちは、金があるから守られたってことですよね極論を言えば。


ちゃんと金持ちたちは、死んだ従業員の一生分のチップを遺族に払ってやらないと死んだ従業員に呪われますよ。
フィンセントさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-06-17 11:13:36)(良:1票)★《更新》★
12.なかなか骨のある作品でした。エンタテイメントとして見た場合、最大のプラス要因はブルース・ウィリスがいなかったことでしょう。たいていのサスペンス映画の場合、役者のネームバリューやセリフ回しによって「死亡フラグ」または「生存フラグ」が立ちます。しかしこの作品は、とにかく知っている役者がゼロ。誰が死んで誰が生き残るのか、まったく予測が立ちません。またそれを見越したように、ハラハラと衝撃が繰り返されるストーリー展開でした。
ただし実話をもとに作られた作品として見ると、ちょっと違和感が残ります。犯人側の意図がよくわからない。とにかく片っ端から殺しまくる理由は何でしょうか。「洗脳」とか「狂気」と言ってしまえばそれまでですが、一方ではカネとか親とか冷静な話もあって、単に狂っているわけでもなさそう。本当に殲滅したいなら、最初から爆弾を仕掛けて爆発炎上させれば一発で済むはず。また裕福な外国人だけ〝生け捕り〟にするというのも、本末転倒のような気がします。
どこまでが実話なのかは知りませんが、多分にサスペンスとしての演出が含まれている気がしないでもありません。あるいはオウムとかISの例もあるので、テロリストは独特の価値観をお持ちなのかもしれませんが。
眉山さん [インターネット(字幕)] 9点(2021-06-09 01:50:49)(良:1票)
11.2008年にインドのムンバイで起こったテロ事件を映画化。
絶望のホテル内で離ればなれになってしまった家族と赤ちゃん、
そして勇気あるホテルの従業員たちのドラマと、テロリスト側の動きが交錯する。
ここまで張りつめた緊張感が全く途切れることの無い映画を久々に見た気がした。
その一方で見るのを止めたくなるようなシーンが一体何度あったことだろう。
実際に起こったテロ事件の映画化なので、序盤から登場する主要登場人物でさえ、
「全員殺してしまえ」の命令1つであっけなく殺されていく。
そんな中にも事件鎮圧後のいくつかの再会と最後のホテル再建の映像、
そして「今もいる従業員の多くがホテル・ムンバイの戦士である」に胸が熱くなった。
二度と見たくはならないだろう。しかし凄い映画でした。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2021-04-10 20:00:10)(良:1票)
10.《ネタバレ》 予備知識なしで鑑賞。普通の映画なら、きざな金持ち男や娘を救おうとする男たちが、テロリストのスキを見て反撃しハッピーエンドとなるのだが、さすがに実話はそんな甘いものではなく、実にあっけなく殺される。記録映画といえばそうかも知れないが、いったん見始めると最後まで目が離せず、食い入るように見せてくれたので高評価を与えたい。
黒部の太陽さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2021-03-06 11:20:33)(良:2票)
9.なんでこんなにとんでもない出来事を僕は知らんかったんやろ・・・。
ケンジさん [インターネット(字幕)] 8点(2021-01-30 22:56:14)(良:1票)
8.《ネタバレ》 割と最近の出来事なのに知らなかった同時多発テロ事件。当然ながらマクレーン刑事のいない展開に口惜しさが増す一方。神とは何ぞや! 物質的に貧しくとも心根まで貧しくなるなと諭すのが神ではないのだろうか、害虫駆除のように人を殺すのを見て何と思うのだろうか。せめて料理長だけは助かって欲しいと願い続け(総支配人が登場しなかったのは疑問ですが)た結末に「よく頑張りましたね、ご立派でした」大泣き。安全な場所から電話で子供達をそそのかす首謀者が不明で拘束されていないなんて! 草の根分けても探し出せ!(お願いです)煮え繰り返った腸が蒸発してしまう。力が入り(過ぎて)グッタリとなった作品。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 8点(2020-10-20 15:45:00)(良:2票)
7.実際に起きたテロ事件の映画化であることから恐らく救世主、ヒーローは現れないのだろうという諦めが怖さを増幅させる。ドラマを持たせた人物でも無慈悲に殺されていき、なかなかキツイ映画ではあったが、アルジュンの被り物の話であったりはいちいち頷きながら聞いていた。極限状態での人間ドラマだ。最初にヒーローは現れないと書いたが、客を見捨てることはできないとホテルに留まった従業員はヒーローと呼べるかもしれない。多くの犠牲者が出たが、最後は少しだけホッとできて良かった。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-09-15 22:39:02)(良:1票)
6.《ネタバレ》 2008年11月26日、インドのムンバイで暮らす人々はその日も昨日と同じような平穏な一日になると信じていた。だが、彼らの日常は呆気なく崩れ去ることに。武装したイスラム過激派の若者たちが突然、人々にその銃口を向け始めたのだ。なるだけ人が集まるところを標的に次々と引き金を引く若者たち。家族や恋人とともに平穏に過ごしていた人々の日常は、瞬く間に阿鼻叫喚の地獄絵図と化すのだった。それは多くの外国人観光客が集い幾多の地元住人が働くタージマハル・ホテルも例外ではなかった。その日が初出勤日だったシーク教徒の若者、長年ここで働いてきたベテラン料理長、幼い子供を抱えたアメリカ人夫婦、女好きのロシアの大富豪…。周りの人々が次々と犠牲になる中、彼らは如何にしてこの災厄に立ち向かっていったのか――。本作は、実際にあった凄惨なテロ事件を背景に、その日たまたまそのホテルに居合わせた人々を描いた群像劇だ。冒頭から忠実に再現されたであろうテロ事件の、その目を見張るような臨場感には圧倒されるものがあった。逃げ惑う人々に躊躇なく銃口を向ける犯人の若者たちには戦慄させられる。人は、どうしたらここまでの憎しみを心に宿すことが出来るのだろうか――。ただそうした事実の重みとは別に、僕はそこまでこの作品を評価することは出来なかった。何故なら人間性への洞察が一面的で非常に浅いのだ。犯人は一様に冷酷無比で人の命などなんとも思っておらず、対照的に被害者となる人々はみんな善人でいい人という描かれ方が最後まで徹底しているのだ。人質になる人々の中には自分が助かるためなら他人を犠牲にすることも厭わない人だっていたはずなのに、そんな人は一人も出てこない。あの女好きのロシア人さえ、最後は見ず知らずの女性のため危険を顧みずに行動する。だからといって皆で団結して犯人に毅然と立ち向かうのかといえば特にそんなこともなく、ただ泣き叫んで逃げ惑うばかり。それは犯人側も同じで、今日が人生最後の日として神のためにより多くの人を殺そうというのに誰にもその悲愴感や圧倒的な狂気性が感じられない。ピザを食べて和気藹々と冗談を言い合ったかと思えば、次の瞬間には容赦なく人を殺しているという一貫性の無さ。最後まで観て、この作品のテーマとは果たして何なのだろうと思わず考え込んでしまった。実際にあった事件を忠実に再現すれば、テーマ性など観客が勝手に考えてくれると思っているのであれば、あまりにも浅はかというほかない。『ホテル・ルワンダ』や『ユナイテッド93』などといった、圧倒的な現実に押し潰されそうになりながらそれでも立ち向かってゆく人々を描いた秀作群と比べるとどうしても物足りなさを感じざるを得ない。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2020-09-09 22:40:23)(良:1票)
5.最初から最後まですごい緊張感。終始肩に力がはいってみてました。(鑑賞後はヘトヘト)
08年って最近ですが、知らなかったので衝撃的でした。実際の映像が流れるのもリアルです。
へまちさん [DVD(字幕)] 8点(2020-08-23 10:45:39)
4.《ネタバレ》 同じ題材の別の映画(そっちも何故かオーストラリア産だったよーな)がタルくてあまり出来が良くなかったのだが、こっちの出来は正に雲泥。映画技術としては、実話ベースながら非常に巧みな展開運びで実に見事な緊迫感が終始持続する。というか、この緊張感・切実な恐怖は通常のその系統の映画のそれを完全に超えている。こういう言い方は相応しくないかも知れないが、超一級品のスリラーだと思う(私はネットで何回か止めながら観たが、これが映画館だったら、人によっては耐えられないということもあるかも知れない)。

そういった本作の「表面的な」価値ももちろん出色であるが、一方で「中身」の方の出来も文句無しに優れている作品だと思う。テロに立ち向かい身を挺して宿泊客を守った従業員の気高さだとか、家族の愛・自己犠牲だとか、人の人たる素晴らしさもまた多く描き込まれている作品である。覚悟を決めて是非観て頂きたい。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 8点(2020-05-15 23:09:56)
3.高評を目にし 期待して 鑑賞..いや~ 観ごたえあり!でした~ なかなかヘビーで衝撃的..リアルな演出が 秀逸! 9点 献上!!
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 9点(2020-04-19 15:35:36)
2.《ネタバレ》 観たのは、たまたま時間が合ったからなのだが・・・重い。あまりにも重い。

現実にあったテロ事件を、犯人達の会話の傍受記録などを元に、かなり忠実に再現した映画だと言う。
基本的には、現場になったホテルの従業員のヒーロー的行為を描いている劇映画だが
犠牲者がつぎつぎと殺害される状況をストレートに描いているので、やられる側としての感情同期がハンパでなかった。

そして、観終わって考えさせられたのが「貧しき者」が「富める者」との差を《差別》と感じてしまうこと。
「持たざる者」が「持てる者」に対し復讐を正当化してしまう、人間の「愚かしくて悲しい性質」がそこにある。
貧しくても、他人と比較さえしなければ、貧しい中の幸せを追求して日々を生きていける。
しかしテレビやネットは、他人の幸せ、贅沢な姿、格差を見せつけてくる。世界が発展すればする程に・・・

これは、私たちが忘れかけている「世界の現実、人類の現実」を擬似体験させ、警告してくれる映画。だから重い。

※怖がりな人、緊張に耐えられない人にはオススメしません。
これに比べると『ジョーカー』など、かわいいものだ。
墨石亜乱さん [映画館(字幕)] 7点(2019-10-28 22:33:14)(良:2票)
1.全く救いのない展開と、凄いリアルな描写で引き込まれた。面白いというより、怖い。ひたすら緊張感の途切れない恐怖を味わった。まるで実際にそこにいるかのような没入感だった。
そこまでやる?というほどの容赦のない描写。現実に体験したらこれの何千倍もの恐怖だろうかと想像した。
姿を見せず電話から指示を送る首謀者にムカついた。そして、まだ彼が捕まっていないという事実を知り愕然。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 8点(2019-10-21 22:37:45)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 7.47点
000.00%
100.00%
215.26%
300.00%
400.00%
515.26%
6210.53%
7210.53%
8947.37%
9315.79%
1015.26%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS