アイリッシュマンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アイリッシュマン
 > (レビュー・クチコミ)

アイリッシュマン

[アイリッシュマン]
The Irishman
2019年【米】 上映時間:209分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-11-15)
ドラマ政治ものヤクザ・マフィア伝記もの小説の映画化バイオレンス
新規登録(2019-11-08)【カワウソの聞耳】さん
タイトル情報更新(2019-11-10)【The Grey Heron】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・スコセッシ
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)フランク・シーラン
アル・パチーノ(男優)ジミー・ホッファ
ジョー・ペシ(男優)ラッセル・ブファリーノ
ハーヴェイ・カイテル(男優)アンジェロ・ブルーノ
アンナ・パキン(女優)ペギー・シーラン
ジェシー・プレモンス(男優)チャッキー・オブライエン
ボビー・カナヴェイル(男優)フェリックス・スキニーレザー・ディチュリオ
スティーヴン・グレアム(男優)アンソニー・プロベンツァーノ
ジャック・ヒューストン(男優)ロバート・F・ケネディ
アレクサ・パラディノ(女優)メアリー・シーラン
レイ・ロマノ(男優)ビル・ブファリーノ
ジェイク・ホフマン[男優](男優)アレン・ドーフマン
バリー・プリマス(男優)ユーイング・キング
ボー・ディートル(男優)ジョー・グリムコ
脚本スティーヴン・ザイリアン
撮影ロドリゴ・プリエト
製作マーティン・スコセッシ
ロバート・デ・ニーロ
特殊メイクマシュー・W・マングルデニーロ担当
衣装サンディ・パウエル
編集セルマ・スクーンメイカー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 東京国際映画祭にて鑑賞。3つのエピソードが並行して描かれる。主人公フランク・シーランがマフィアに気に入られ、仕事を次々とこなしてのし上がる半生。年老いて、施設で過去を振り返る晩年。そして、ボスであるラッセル・ブファリーノらと知人の結婚式に向かう旅。この旅がどの時点なのかは、映画の終盤に明かされる。映画が始まってからは、フランクがラッセルに気に入られて、裏仕事を請け負う様子が描かれる。テンポはいいが、予定調和でもあり、この時点では全部で3時間半という上映時間に気後れした。しかし、ジミー・ホッファが登場してからは、一気に緊張が走り、物語に惹き込まれる。デ・ニーロ、パチーノ、ペシの三角関係が動き出すのだ。友人となったパチーノの“動”と、ボスであるペシの“静”の間で挟まれる複雑な心境を演じるデ・ニーロはさすが。家族との関係は、末娘との関係にだけ絞って描かれており、この関係が晩年シーンの締めくくりに重要な意味を持つ。全体として、満足のいく作品だった。「スコセッシ、デ・ニーロ、パチーノ、ペシの映画だ」と聞いて少しでも心が躍った人は、劇場で楽しめる作品だと思う。それにハーヴェイ・カイテルも出ていると知って手を叩いた人は尚更だ。難をいえば、俳優陣の年齢もあったと思うが、体の動きが少なく、会話劇になっている。そのため、笑いを散りばめるなど脚本に工夫されているものの、なんとなく観た人にとっては退屈な映画で終わってしまう可能性があるだろう。ネット配信前に、限定での劇場公開が決まったばかり。公開拡大は、昨年の「ROMA ローマ」の例を考慮すると、賞レースの行方次第だろうか。
カワウソの聞耳さん [映画館(字幕)] 8点(2019-11-09 22:16:14)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS