ジェミニマンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジェミニマン
 > (レビュー・クチコミ)

ジェミニマン

[ジェミニマン]
GEMINI MAN
2019年【米】 上映時間:117分
平均点:5.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-10-25)
アクションSF
新規登録(2020-01-12)【かたゆき】さん
タイトル情報更新(2020-01-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アン・リー
キャストウィル・スミス(男優)
メアリー・エリザベス・ウィンステッド(女優)
クライヴ・オーウェン(男優)
ベネディクト・ウォン(男優)
江原正士(日本語吹き替え版)
山寺宏一(日本語吹き替え版)
菅野美穂(日本語吹き替え版)
井上和彦(日本語吹き替え版)
辻親八(日本語吹き替え版)
佐々木睦(日本語吹き替え版)
塩田朋子(日本語吹き替え版)
青山穣(日本語吹き替え版)
阪口周平(日本語吹き替え版)
原作デヴィッド・ベニオフ(原案)
脚本デヴィッド・ベニオフ
ビリー・レイ
音楽ローン・バルフェ
撮影ディオン・ビーブ
製作デヴィッド・エリソン
ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮チャド・オマン
ドン・マーフィ〔製作〕
配給東和ピクチャーズ
特撮ビル・ウエステンホーファー(視覚効果監修)
美術ガイ・ヘンドリックス・ディアス
衣装スティラット・アン・ラーラーブ
編集ティム・スクワイアズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 ウィル・スミス主演の映画のわりには、全体的に何とも言えないB級感が漂ってるなぁと思いながら観てました。
ただB級ながらもアクションシーンはなかなか凝ってまして、他のアクション映画とは一味違うヴィジュアルを見せてくます。
この辺はさすがアン・リー監督といったところです。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2020-04-26 14:07:43)★《新規》★
3.《ネタバレ》 まず初めに予告編以外の何の情報もなく鑑賞したので、クローンはてっきりウィル・スミスの実の息子が演じているのかと思ってました。前に共演したこともあったしね。なのであれがCGだと鑑賞後に知って驚きました。CG・・・もはや何でもありで逆に怖いわ(^_^;)

話自体に特に目新しさもなく、相も変わらず秘密組織な割に白昼堂々大衆の面前での殺し合いって・・・バカ丸出しです。そもそもウィル・スミスの体内に追跡装置を埋め込むんだったら、裏切ったとき用に爆弾でも仕込んどきゃいい話。百歩譲って爆弾は人道主義なんたらっていうんなら、追跡装置をもっと頭使って活用すればいいだけのことで、いうてもエリート集団な組織なんだからさ、やりようはいくらでもあるじゃん。

まあクローン兵士の実用性を確かめる絶好の機会だっていうのは分かるけど、にしても闇雲に攻めすぎだろ。

予告編で散々観てきたアクションシーンが結局一番の見せ場ってなんだよ!(^_^;)
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2020-03-14 09:07:07)
2.《ネタバレ》 人気アクション俳優になればクローンや双子映画は避けては通れない。シュワもヴァンダムもジャッキーも通ってきた道。今回はウィル・スミスなだけだ。ただ今回は年齢差がある。ヘンリーは51だがクローンのジュニアは23なのだ。

そんな彼らの物語は想像していたよりもシリアス。クローンと出会い、お互いに動揺する。老いたウィルのヘンリーが若きウィルのジュニアに何をするべきなのか迷っていく。そして孤児として育ち戦闘マシンとして鍛えられてきたジュニアの悲哀にスポットが当てられている。

しかし本作の体はアクション映画。ド派手なモノを期待するとその通りだけど、若干タンパク。
味気ない訳ではないけれど思ったより気持ちよくならないのは敵が明確な悪では無いという所だからか。中盤のバイクチェイスと終盤の強敵との対決はカッコ良かったけどね。
にしてもアジア人枠のバロンの引き際の中途半端加減はなんなのか。

だけど僕が本作を観に行きたかったのには理由があった。それは吹き替え声優。
老いたウィルは江原正士が、若きウィルは山寺宏一が担当という、ウィルを吹き替えを担当してきた二人が起用されるという事で、江原正士が好きな僕としては行くっきゃない代物だったのだ。もちろん本編でも渋い江原正士の演技とあどけなさが残る山寺宏一の演技が良くできていた。
しかしここでソレをぶち壊しにする事が起きた。ヒロインのダニーの吹き替えだ。なんと菅野美穂。これがとにかく棒演技!しかも本編では二人の超ベテラン声優二人の脇にベッタリとくっついているので天国と地獄を同時に味わっているような心地だった。主役はこだわっているのに何故!

そんな中結末は思ったよりもヘビィなもので、めでたしと言いたくても悲しみの残るものであり、スカッと楽しめる一本とはちょっと行かず中途半端な気持ちになってしまう一本でした。
えすえふさん [映画館(吹替)] 5点(2020-03-11 17:51:04)
1.《ネタバレ》 この映画の真のコンセプトはウィル・スミス若返りの特殊CG処理であり、その点では大いに成功しているのは間違い無く、今後の発展も見込めるエポックメイキングな素晴らしい技術なのはよおーく分かった。

しかし、映画自体の内容的にはかなり酷い出来だと思う。至極平凡なメインシナリオ、絶妙に繋がっていかない低レベルな展開運び、そもそも「ジェミニ」のアイデアがただ普通にクローン作っただけというもはや時代遅れな代物だし、せっかくウィル・スミスを2人用意したのにその2人の絡みに特段スペシャルな仕掛けが無いという致命的な企画倒れ…

ただ、中盤のバイクチェイスや、スミスvsスミスのステゴロ、終盤のガトリング砲撃ちっぱなし等のアクションはそこそこ見応えも有り、観て損したとまでは思えない程度のクオリティは整っている。暇潰しにはまあ十分かと。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 5点(2020-01-18 02:56:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4125.00%
5250.00%
6125.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS