わたしは光をにぎっているのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > わたしは光をにぎっている
 > (レビュー・クチコミ)

わたしは光をにぎっている

[ワタシハヒカリヲニギッテイル]
2019年【日】 上映時間:96分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-11-15)
ドラマ
新規登録(2020-01-19)【ヴレア】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト松本穂香(女優)宮川澪
渡辺大知(男優)緒方銀次
徳永えり(女優)島村美琴
吉村界人(男優)新井稔仁
忍成修吾(男優)井関夕役
光石研(男優)三沢京介
樫山文枝(女優)宮川久仁子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.カネコアヤノの「光の方へ」が主題歌という理由だけで鑑賞。
「四月の永い夢」の中川龍太郎監督作品。

物語自体はよくある話というか、リアルな人間ドラマが展開されていたのが良かった。
退屈な人には退屈だと思うけど、ゆったりと過ぎて行く時間がとても心地良くて好き。

寂れた商店街の風景や、昭和情緒溢れる銭湯の風景がなんとも懐かしく、癒される。

しかし、それらも段々と失われつつあるという現実。

シャッターが降りたままの商店。
次々とやめていく飲食店。
劇中のドキュメンタリーという設定で描かれたそれらの光景はとても寂しさを感じさせる。

松本穂香のぼーっとした演技がとても良い。何を考えているのかわからないようでいて、段々とその優しさが理解できるようになり、最後はとても応援して見ていたように思う。
渡辺大知のキャラクターもとても良かったんだけどいつの間にかフェードアウトしてしまっていたのが勿体無い。

光に反射した湖とか、自然の情景などの映像がとても美しい作品だった。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 8点(2020-01-19 14:13:16)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS