ザ・ピーナッツバター・ファルコンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・ピーナッツバター・ファルコン
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・ピーナッツバター・ファルコン

[ザピーナッツバターファルコン]
THE PEANUT BUTTER FALCON
2019年【米】 上映時間:97分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-02-07)
ドラマロードムービー
新規登録(2020-02-04)【とらや】さん
タイトル情報更新(2020-02-07)【ヴレア】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストシャイア・ラブーフ(男優)
ダコタ・ジョンソン(女優)
ジョン・ホークス〔1959年生〕(男優)
ブルース・ダーン(男優)
トーマス・ヘイデン・チャーチ(男優)
ジョン・バーンサル(男優)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 プロレスラーになることを夢見て入所していた施設を逃げ出してきたダウン症の青年と、
職を失い、自暴自棄になっていたアウトロー漁師の2人旅を描く、優しさのあるロードムービー。
本作もアメリカン・ロードムービーらしい風景がある作品ですが、
トウモロコシ畑の中を歩き、自作の筏で川を下り、アメリカ南部の自然の中をいく。
旅の風景が美しく、カントリー調の音楽もいい具合に作品に絡んでいく。
全く華の無い2人の旅に関わることになるダコタ・ジョンソンの透明感のある存在感が光る。
あっさり2人の旅に同行し、一緒にフロリダにまで行ってしまうには説得力に欠けますが、
まあ、フロリダという旅の目的地が示され、2人の旅に同行した時点でこの結末は予想がつく。
ラストも、さも当然という感じでフロリダに向かう3人の姿で作品は終わります。
本作のようなほっこり系の映画にはこういう予定調和がいい。
しかし3人でフロリダへ行こう!と決意するに至る過程はもう少し見せてほしかったかな。
出番は少なかったですが、脇を固めるブルース・ダーンとトーマス・ヘイデン・チャーチがいい味を出している。
プロレスファンにしか通じませんが、ミック・フォーリーとジェイク”ザ・スネーク”ロバーツが見れたのは嬉しかった!
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-02-10 19:16:47)★《更新》★
1.ダウン症の青年と無法者のおじさんの逃避行。
とてもいい話なのは間違いないんだろうけど、何か物足りない…。

自由や夢を追うことの大切さはとても伝わってきたんだけど、そこに至るまでの道のりがあまりに簡単で、都合が良くて、、その先にある課題だったり責任だったりというものについて結局答えを出していないのね。
なのでとても薄っぺらく感じられてしまった。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 6点(2020-02-07 19:48:11)《新規》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS