侍の名のもとに~野球日本代表侍JAPANの800日~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 侍の名のもとに~野球日本代表侍JAPANの800日~
 > (レビュー・クチコミ)

侍の名のもとに~野球日本代表侍JAPANの800日~

[サムライノナノモトニヤキュウニホンダイヒョウサムライジャパンノハッピャクニチ]
2020年【日】 上映時間:109分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-02-07)
公開終了日(2020-02-20)
ドキュメンタリースポーツもの
新規登録(2020-02-09)【牛若丸】さん
タイトル情報更新(2020-02-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
作詞高橋優「プライド」
作曲高橋優「プライド」
編曲高橋優「プライド」
主題歌高橋優「プライド」
製作アスミック・エース
配給アスミック・エース
あらすじ
2017年7月31日稲葉篤紀氏が野球日本代表 侍ジャパンの監督に就任してからの800日。 国際大会「2019WBSCプレミア12」を中心に、知られざる侍ジャパンの裏側に完全密着。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 たいていの日本のスポーツ界は代表選手の活躍が牽引する。
日本代表が活躍し、そのスポーツの人気が高まるのはよくある話である。
ところがその点野球は特異な存在だ。
これほど国内で人気がありながら、「日本代表」がリスペクトされないスポーツがあるだろうか?

と、前置きが長くなりましたが、正直なところ題材として「プレミア12」はどうなの?と思っていたのは事実です。
メジャーリーガーが出ない、プロ野球主力も辞退者続出、オフシーズンの罰ゲーム・・・消極的な声をあげたらキリがありません。
たしかにこの大会に優勝したことは、騒ぐほどの価値はないのは事実でしょう。
ただ、そんな騒ぐほどとは思えない試合の裏では、想像していた以上のプレッシャーがあることがヒシヒシと伝わってきました。
得体のしれない相手と戦うこと、不慣れな環境で戦うこと、そして何より日の丸を背負って戦うこと
このことがどれほど大変なことか。
野球に限りませんが、東京2020…これを戦う選手を改めてリスペクトしながら観戦することになりそうです。
そして本作はマッチ(松田選手)がいればこそ画になった。東京でも頼んますっ!
牛若丸さん [映画館(邦画)] 7点(2020-02-09 21:47:13)(良:1票)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS