37セカンズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 37セカンズ
 > (レビュー・クチコミ)

37セカンズ

[サーティーセブンセカンズ]
37Seconds
2019年【日・米】 上映時間:115分
平均点:8.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-02-07)
ドラマロードムービー
新規登録(2020-02-12)【たくわん】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト板谷由夏(女優)雑誌編集長 藤本
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 障碍者の方たちは、状況によって日常生活に健常者の助けを借りる必要があることから、負い目や気後れ、あるいは「この人にはこれは無理なんじゃないか」といった健常者からの「色眼鏡」によって、身体的・物理的な不自由以上に、人間関係における不自由を抱えているのだろうと思う。本作では前半、そういった障碍者の心理的な不自由を主に描き出し、そこから主人公が自由を追い求めていく切実な姿を忌憚無く描いており、非常に見応えの有る作品に仕上がっている。

面白い・良く出来ていると思うのは、主人公の障碍者本人だけでなく、家族(この場合は母親)も物理的・心理的な不自由を抱えており、主人公と一種の共依存関係に陥っているという状況を詳細に描き出している点である。これについては、母親役の神野三鈴の演技の良質さも大きな要因であると思うが、この部分に非常にリアリティが感じられ、その方面からも大いに共感・感情移入することが出来た。母親に限らず、この映画の多くの登場人物には何らの「慈しむべき」不完全さがあるように描かれている様に思われ、そのことがシンプルな話に奥行きを与えている様に思われる(超絶自己チューな荻原みのりは置いといて)。

そしてもう一つ、何といっても主演女優の熱演の素晴らしさ。実際に障碍を持つ方だそうだが、正に全身全霊を傾けているひたむきさが画面に滲み出ており、控えめに言って圧巻だった。特に終盤、37秒の真相をベッドで打ち明けるシーンは、素人とは思えない素晴らしい「間合い」だった。役柄上でもそうだが、その勇気・特大の積極性には心からの敬意を表したい。

映画としては一点だけ、家出少女がパスポート持たずにいきなり海外なんて行ける訳無いやんけ、とは思う。付添いの兄ちゃんも仕事はどうした?そもそも何でタイ語喋れんねん。まあ、これにより物語は文字通り「飛躍」した訳だし、異国の情景の中の姉妹再会シーンも抜群の出来だったので、細かい事には目を瞑ろうと思うけれども。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 8点(2020-02-13 21:46:00)《新規》
1.《ネタバレ》 【前置き】
日経紙の映画評を読むまで、私は本作の事など全く知らなかった。
海外では極めて好意的に受け止められ、幾つかの著名な映画祭で賞まで獲得している本作、
配給側のプロモーションが下手なのか、難しい題材を扱っているだけに声高に宣伝するのに及び腰だったのか、
真相は知らないが(知りたくも無い)、この様な作品が劇場公開2日目の土曜日の映画館で観客が私も含めて4人とはいったいどういう事なのか。
日本映画界は本当に優れた作品を日本の観客に広めよう・もっと観て貰おうと思っているのだろうか。
韓国映画がアカデミー作品賞を獲得する歴史的な出来事があった直後だけに、私は情けなく・また恥ずかしく思った。

【本題】
37Seconds=37秒とは、主人公が生まれてから呼吸するまでに掛かった時間の事。
カップラーメンの麺がまだ柔らかくもならない様な僅かな時間、呼吸をしていなかった為に主人公は脳性マヒとなった。

私はスクリーンを通じて主人公の人となりに思いを巡らしながら、既に故人となられた脳性マヒの叔母の事を考えていた。
叔母はとにかく毎日を一生懸命生きている人で、何でも自分でしなければならなかったが為に腕っ節は男の私よりも立派で、
なんだかとてもカッコいい人だった。

本作の白眉な所は、障害を持ちながらそれでも強く生きる姿をお涙頂戴的に描いているのでは無く、自分の新しい可能性・
知的・性的好奇心を満たしたいという、人間なら誰でも考える当り前の事をさりげなく表現している事。
中盤以降の世界観の拡がりも素晴らしい。
特に千葉へのドライブから、まさかタイへ舞台が拡がるとは思ってもいなかった。
ここは、主人公が様々経験を通じて自らの内面が拡がっていく事とも連動しており、
あたかも映画のレベルがギアを数段抜かしで上げながらスピードアップしていくかの様だった。

主人公の女性は実際に脳性マヒを患っておられる素人の女性、「素晴らしい演技」とまでは流石に言えないが、
あの佇まいは絶対に健常者の俳優さんでは醸し出せない。
脇を固める俳優陣の演技も素晴らしい。
特筆すべきは母親役の女優さん。とても演技とは思えない真に迫る様子は圧巻だった。

本作の監督さんはアメリカで修行された方らしい、殊更に弱者に阿らない演出の仕方はさすがアメリカ仕込みといった所か。
主人公と介護士さんを深い関係にさせなかった事も高評価。
もしそうなっていたら、途端に陳腐な作品になっていたと思う。
次作に期待大。
たくわんさん [映画館(邦画)] 8点(2020-02-13 13:27:50)(良:1票)★《更新》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
82100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS