悪魔の棲む森(2008)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 悪魔の棲む森(2008)
 > (レビュー・クチコミ)

悪魔の棲む森(2008)

[アクマノスムモリ]
SHIVER
(ESKALOFRIO)
2008年【スペイン】 上映時間:91分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンス
新規登録(2020-02-17)【たきたて】さん
タイトル情報更新(2020-02-23)【3737】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
音楽フェルナンド・ベラスケス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》  あまり予算はかかっていなさそうですが、かなりよくできたスパニッシュホラーです。
 主人公のサンティ、その同級生の女の子、ともになかなかのイケメン、美少女です。これ、大事。フードにグラサンのサンティはもはやバンバイアの血族かと思えるほどのビジュアル。でも中身は結構ヘタレなので、そのギャップに親近感が湧きます。
 この作品は、極端なひねりはなく、妄想系でもありません。至極真っ当なホラーと言えるでしょう。
 正統派ホラーとしての完成度は非常に高いです。恐怖演出も王道。
 サンティがソファで眠ってしまったときに、女の子が家の中に入ってきちゃうシーンはまじで怖いです。
 更には少しばかりのミステリー要素が、この作品にコクと深みを与えています。
 女の子は確かに恐怖の存在。でもそれとは別に悪い奴がいるんだな、これが。こいつは怖くはないけれど、また別の緊張感を生み出しています。
 正直女の子がサンティを助けたのはさっぱり意味がわからんですが、この悪いやつのおかげでクライマックスのオチは爽快ですらあります。
 ですがこーゆーオチにするのであれば、エンディングの少女の恐怖演出はもはや蛇足。そこは『母親、サンティ、女の子、3人で仲良く暮らしましたとさ・・・』みたいな余韻の残る終わり方にしたほうが、寓話的で良かったと思います。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2020-03-27 14:16:19)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS