初恋(2019)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 初恋(2019)
 > (レビュー・クチコミ)

初恋(2019)

[ハツコイ]
2019年【日】 上映時間:115分
平均点:6.50 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-02-28)
アクションドラマラブストーリー犯罪ものヤクザ・マフィアバイオレンス
新規登録(2020-02-19)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2020-11-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三池崇史
キャスト窪田正孝(男優)葛城レオ
大森南朋(男優)大伴
染谷将太(男優)加瀬
小西桜子(女優)モニカ
ベッキー(女優)ジュリ
三浦貴大(男優)ヤス
矢島舞美(女優)みゆき
出合正幸(男優)城島
村上淳(男優)市川
滝藤賢一(男優)
ベンガル(男優)占い師
塩見三省(男優)組長代行
内野聖陽(男優)権藤
三元雅芸(男優)タン・ロン
山中アラタ(男優)モニカの父
脚本NAKA雅MURA
音楽遠藤浩二
製作東映(「初恋」製作委員会)
東映ビデオ(「初恋」製作委員会)
OLM(「初恋」製作委員会)
プロデューサージェレミー・トーマス〔製作〕
坂美佐子
配給東映
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 面白かった!
三池監督がラブロマンス?
でも、コッテリギトギトのアクションヴァイオレンスに、
薬物中毒と戦う女性と、ボクサーのカップルを絡ませる。
決して、ほんわかした味わいではないが、祝福を送りたくなるラスト。

ギトギトしてなかったら、日本的なウォルターヒルですよね、三池さんて。
いや、三池は三池だ、と怒られそうだけど(笑)

染谷君、ベッキー、最高のキャラでした♪
ラスト見せ場のアニメーションが、日本版ハーレイクインのベッキーの存在感と重なり、
全然、違和感なかった。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2021-10-24 18:26:24)★《新規》★
5.初恋というタイトルとは程遠いバイオレンス感。
ボクサーっていう設定もあんまり生きてこない。
良いのか悪いのか、思ってたのとけっこう違った。
でも、話の展開は凝ってて面白いなとは思った。

染谷将太の演技が光ってた。
ただ、キャラ設定がポンコツだけど。

あとは悪ベッキーが良かった。
鬼気迫るベッキーは見応えあった。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-12-13 01:18:04)
4.《ネタバレ》 コメディーとシリアスの絶妙なバランスが素晴らしい。ほぼ全員が悪いヤツのはずなのに、ことごとくおバカなところもどこか憎めません。何も考えずに観て、すぐに忘れていく心に残らない作品です。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-11-21 01:06:05)
3.《ネタバレ》 一応主人公は窪田正孝演じるレオで、ヒロインは小西桜子演じるモニカということになるのだが、海外版ポスターでは内野聖陽とベッキーが目立ってるし、染谷将太も確実に美味しい役だと思っただろうし、チャイニーズマフィアも見せ場がある。大森南朋演じる刑事の最期も好きだな。とにかく脇の面々に濃い味付けをした上で、入り乱れさせる。めちゃくちゃだが、ここまで来ると"楽しい"が勝っちゃう。わりと好きな映画。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-10-28 00:01:21)
2.《ネタバレ》 こ、これは…。
まさかのコメディだったとは。

もうね、この内容の薄さで良く映画を作ろうとしたなと。
とにかく、出てくる登場人物が皆バカ!笑笑
警官でさえもバカだから全く緊張感の無い物語になっちゃってたよね。
ベッキーが出てくる時だけ謎の緊張感が漂っていましたが。オーラが半端ねー(笑)

「初恋」というタイトルなのだからどうしても恋愛要素を期待してしまったが、全くそういう雰囲気にはならないのも残念。
ヒロインを演じた女優さんがなぁ、あまりにも一本調子な演技なのよね。とてもクスリ漬けで禁断症状に陥っているようには見えなかったわ~。
染谷将太のコミカルな演技は面白かったけど。

アクションにしても、後半グダグダ過ぎだし、ラストのカーチェイスのシーンがあまりにゆっくり走ってて笑ってしまった。肝心な所をアニメで誤魔化すクソ仕様な上、どうやってパトカーを引き離したのかも謎。これが日本映画のカーチェイスの限界なのでしょうね。いや、チェイスというかただ真っ直ぐ走ってるだけじゃん!
ヴレアさん [映画館(邦画)] 6点(2020-03-07 22:13:54)(良:1票)
1.《ネタバレ》 ヤクザ・ヴァイオレンスなのだが、出てくるヤクザ(な人達)が腕っぷしはともかく頭が足りなすぎて、結果コメディになっているという怪作。そもそも染谷将太も大森南朋もヤクザにもマル暴の刑事にも見えないし、この2人がチャンとしてれば20分で終わる映画である。

ただ、物語の勢いも役者のハイテンションなノリもかなりスプラッタなヴァイオレンス描写も、序盤~中盤は正直言って非常に素晴らしく、企みが全て破綻してホームセンターに全員突撃!くらいまでは(特にコメディ的に)とても面白かった。残念なのはこのホームセンター以降、率直にやや息切れしてしまったように感じられる点である。これがもしハリウッド作品だったら、もっとアクションを派手にしていくことで後半も乗り切れたのかもしれないなあ、とも思う。

演技面では、前述の染谷将太の間抜けっぷりがまず絶品。和製ハーレイ・クインなベッキーも一見の価値アリな怪演。新人の小西桜子ちゃんはラリッてる描写以外は大した演技も無かった気がするが(ラストはそーでもないかも)、ヤクザに買われて薬漬けで客取ってる「闇」な部分が全く感じられないのは個人的にはイマイチ(狙ってのことかも知れないが)。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 6点(2020-03-02 19:51:32)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6350.00%
7350.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS