ジョルジュ・バタイユ ママンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジョルジュ・バタイユ ママン
 > (レビュー・クチコミ)

ジョルジュ・バタイユ ママン

[ジョルジュバタイユママン]
Ma mère
2004年【仏】 上映時間:110分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-07-01)
ドラマ小説の映画化エロティック
新規登録(2020-05-15)【Yuki2Invy】さん
タイトル情報更新(2020-05-20)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリストフ・オノレ
キャストイザベル・ユペール(女優)ヘレン
ルイ・ガレル(男優)ピエール
ドミニク・レイモン(女優)マルタ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 理性を脱ぎ捨てた先に、神は現れる。全編を覆い尽くすグロテスクな性描写が意味するのは、人智に依っては理解し難き「神」、その如き母の愛を得るべく、息子に課せられた試練だ。あまりに不道徳で不条理なその終着を彼が本能的に拒むのは、至極当然な事である。しかし人間を辞めなければ、彼は母の愛をも得られないのだ。これは中々に気の毒な事ではないか。

本作に於ける「神」、これが務まるのは、如何にも「怪物」イザベル・ユペールくらいなもんであろう(その絶大な、かつ変態的な存在感を以てして)。エロくてゲスい見た目の割には、内容の方がそこそこ在る(流石バタイユ)。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 7点(2020-05-15 23:15:15)《新規》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS