アップグレードのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アップグレード
 > (レビュー・クチコミ)

アップグレード

[アップグレード]
Upgrade
2018年【米】 上映時間:95分
平均点:6.69 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-10-11)
アクションSF
新規登録(2020-05-19)【なたね】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リー・ワネル
キャストローガン・マーシャル=グリーン(男優)グレイ・トレイス
ハリソン・ギルバートソン(男優)エロン・キーン
脚本リー・ワネル
製作ジェイソン・ブラム〔製作〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》 近未来の事物の目新しさは無く、ストーリーも矛盾だらけ。
テンポ良く見られたけど、最後も想像の域を出ない凡庸な作品でした。
nanapinoさん [インターネット(字幕)] 4点(2020-07-24 14:26:28)★《新規》★
12.近未来ものとして、なかなか面白かった。チップの埋め込みなど、人体改造は一部の人たちの間では行われているけど、あそこまでのものを開発できるのかな。
nojiさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-07-05 00:40:22)
11.《ネタバレ》 近い将来に治療法のひとつとして現実化しそうなチップ埋め込み。
現在も実現してそうなドローンでの市民監視システム。
実用化へ向けた実験も最終段階?の完全自動運転。
未来はそうなるのか。
しかし、武器を体内に埋め込むってのだけはむしろ退化の発想な気がするが。
中盤からスピード感も文字通りアップグレードしていくのだが、なんだか映画内の世界がスケール小で危機感に逼迫性が足りない。
乗っ取るなら議員とか大統領とかじゃないと、ヤバイぜ!ってなんないよなあ。
格闘シーンのカクカク感とか嫌いじゃないんだけどなあ。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-06-28 15:11:46)
10.《ネタバレ》 予備知識なく視聴。
プロットはとても好き。
テンポがよくて、おもしろいのに、
暴力的過激シーンが多すぎて子供には見せられず残念。

エンディングについてはツッコミどころがいくつかあった。
グレイにとっては多分ハッピーエンド。考えさせられるところだと思う。

黒幕がステムとは驚きだったけど、
エロンを消してしまったら、ホストであるグレイの肉体が寿命を迎えたらどうするつもりだったんだろうか。



003
Bさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-06-27 07:50:24)
9.《ネタバレ》 快作。
終始テンポよく話は進み、落ちが安易なハッピーエンドで無い所がまたいい。
予備知識無しで観て欲しい作品です。
たくわんさん [インターネット(字幕)] 8点(2020-06-15 18:06:55)
8.《ネタバレ》 期待しないでみたわりには、まあ面白かったかな、ちょっとB級というか昭和くさいというか。
あのチップは容易周到にじわじわ真綿で首を絞めるように全員を追い詰めていったわけですね、
よくできた脚本だなーと思う一方で、心に響く感動とか深みがなくて残念だなぁと思います。
中学生が愛を語る感じ?、違うか、正論おじさんと酒飲んだ時、ちょっと違うかw
Keytusさん [インターネット(吹替)] 6点(2020-06-12 23:39:46)
7.《ネタバレ》 バトル時のマトリックスもどきのB級感がすごいですね。それになぜか不必要なほどグロいシーンも出てきます。エンディングは好みはあると思いますが私はハッピーエンドにしてほしかったです。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-06-10 15:19:42)
6.《ネタバレ》 SFアクションの佳作。アクション面は少し『寄生獣』の様な質感と言うか、人間離れしたスマートな格闘が中々に優れたSF感を醸しており(少し『マトリックス』ぽいけどそれより更にAI的、とでも言うか)、かつ切れ味も上々でかなり面白い。

SF的ストーリー面でも、意外さを狙ったラストは個人的にはそこそこ意表を突いてもらえた感じで面白かった。ただ確かに、ステムがエロンを支配しているという状況の不自然さや、ラストのあんな差し迫った場面でグレイの支配を完全に奪えるなら回り諄いことせずに最初から人格奪っちゃえばいいジャン!とか、ツッコもうと思えば盛大にツッコめるとも言える。そもそも、もう少し尺を取ってキチンとつくり込んだ方がSFとしてはクオリティを改善できた様にも思う。

ただ本作は、そこら辺の整合性をある点で犠牲にしてもスピード感と勢いで乗り切ってしまおう、という映画に思える。そしてその意味では、その「狙い」は十分に成功していると感じる。結果的にサックリ観れるし、観て損することも決して無いかと。普通にオススメ。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-06-06 23:14:08)
5.《ネタバレ》 なんかひさびさ観たものなー、の近未来SFもの。映画内の設定はかなり実現しそうなものが多くてそこまで違和感はないし、人工知能チップ?のステムもなかなか興味深いもの。まぁちょっと突っ込みどころは多いような気はするけど(格闘技的な体術のデータもあるのねw)面白かったです。一周回ってそこなのね的エンディングもヒネリがきいてマシタデスハイ
Kanameさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-06-01 06:49:46)
4.《ネタバレ》 テンポが良く
構成はとてもおもしろい

設定は少し無理がある
ボスはステムでエロンは言いなりに成らざるを得ないという描写が足りていない
結局、フィスクがどういった手術を受けた者なのかがよくわからない(ステムの前身?ナノマシンとは?)
悪い奴らはみんな体内に武器を仕込んでる怖い世界
ステムのシャットダウン(車を一瞬で乗っ取ったり出来るステムに言いなりであったエロンが遠隔操作出来る構造)
ステムのシャットダウン・再起動時の主人公の動き(0(動かない)か1(動く) でしょう)
最初の事故の時に覆面まで外してドローンが目の前を飛んでいたにも関わらず、ほとんど進展のない捜査状況
の割に主人公が起こす事件にはものすごい対応力の警察

数を上げれば無理な設定は多いが、アクションとしてもサスペンスとしても十分に楽しめる作品
もう少し尺を長くしてもいいから、エロンがステムに従わなければならなかった描写
フィスクを掘り下げる等出来ればもっといい作品になった気がします。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-05-31 23:51:23)
3.《ネタバレ》 評判がよく尺も短かったのでジャンルすら見ずに鑑賞
先に結論をシンプルに書くと設定やシナリオに穴が多くていいとこ6点。
以下、観てる途中に思った事を箇条書きで。

〇ありがちな復讐劇のバリエーション…と思いきやこれもありがちなAI反逆物のバリエーション。違うのはAI側勝利ってとこですかね。
〇主人公が保守的で頑固で性格も悪い、そのくせあまちゃんという事で好感度が大変低い。主人公に感情移入できないのは致命的。
〇つかそもそもこの主人公が対象に選ばれた理由がほとんどない。あの理由ならほとんど誰でもいいわけで、もっと自由になる人いくらでもいたでしょ。
〇ステムが万能すぎる。てかステムがフィクサーなら手下のはずの天才科学者にシャットダウン権限があったりするのおかしいでしょ。
〇そもそもシャットダウンできるなら天才科学者が言いなりのわけながなくこの話自体成立しない。とにかく設定アラだらけで矛盾バリバリ。
〇デジタル機器のシャットダウンがあんなアナログにゆっくり起きるわけがない。操作されてるときのわざとらしい動き等も含めて映画的な誇張が鼻につく。
〇ナノマシンで殺されるバーの親父、最近のコロナの飛沫感染を思わせます。
〇嫁役の女優がアンハサウィに似てます。

そんなとこですかね。まぁツッコミながら観てると退屈はしません。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-05-30 14:41:30)
2.《ネタバレ》 無名な作品だったし、アマゾンではホラーの分類だから、いつお化けが出るんだ? どこがホラーだよとぶつぶつ言いながら鑑賞。だが最後まで見たら、、

「ガイア理論」のラヴロックは生態系をも破壊するアントロポセン(人新世)は間もなく終焉し、人工知能(超知能)が進化するノヴァセンがもうすぐ始まるという。

これから急速に自律的進化を始める人工知能に対して、もし開発者が、地球環境の破壊を止め、なおかつ人を幸せにするという、いかにもありえる規制を人工知能に初期入力していたら、こんな世界はありうるのではないだろうか。もし本当にそんな世界に近づいていくなら、この作品は将来「ブレードランナー」以上にカルト化するだろう。

これは究極のホラーだ。人類にとっての。
wooさん [インターネット(吹替)] 8点(2020-05-29 12:35:23)(良:1票)
1.《ネタバレ》 何でかってくらい、無茶苦茶面白いじゃないですか。いまの痕跡を残している程度に近未来なのは「ブレードランナー」。人体を別な意思に乗っ取られ系としては「ヴェノム」、ギリギリの肉弾戦を繰り広げるのは「ジャッキーチェンの作品群」か「マトリックス」じゃないですか(個人の感想です)。それにもう、ああ何ということでしょう。まさかの〇〇オチかよ、しかし、でもここまで創り上げた世界なんだからそれも可、許す、やむを得ないと思ったところで(以下略)。以下略なんだ。見て欲しいです、これは。「選択肢は使い尽くした。」バッドエンドのような、ハッピーエンド。うわー、満点だよ。【追記】「ソウ」の1~3までの脚本を書いたリー・ワネルが監督・脚本です。ソウだったのね。
なたねさん [DVD(字幕)] 10点(2020-05-19 19:40:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 6.69点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
417.69%
500.00%
6646.15%
7323.08%
8215.38%
900.00%
1017.69%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS