ピーウィーの大冒険のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ピーウィーの大冒険
 > (レビュー・クチコミ)

ピーウィーの大冒険

[ピーウィーノダイボウケン]
Pee-Wee's Big Adventure
1985年【米】 上映時間:92分
平均点:5.86 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
コメディアドベンチャー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-04-05)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ティム・バートン
助監督ロバート・エンゲルマン(第二班監督)
キャストピーウィー・ハーマン(男優)ピーウィー・ハーマン
エリザベス・デイリー(女優)ドティー
ジェームズ・ブローリン(男優)撮影でのピーウィー・ハーマン役
モーガン・フェアチャイルド(女優)撮影でのドティー役
ティム・バートン(男優)Thug in alley(ノンクレジット)
脚本ポール・ルーベンス
音楽ダニー・エルフマン
編曲レニー・ニーハウス(ノンクレジット)
撮影ヴィクター・J・ケンパー
製作ポール・ルーベンス(ノンクレジット)
製作総指揮ウィリアム・E・マッキューン
特撮スティーヴン・キオド(アニメーション効果コンサルタント)
美術ポール・ルーベンス(ノンクレジット)
デヴィッド・L・スナイダー〔美術〕(プロダクション・デザイン)
衣装アギー・ゲイラード・ロジャース
編集ビリー・ウェバー
動物スペック
スタントスピロ・ラザトス(ノンクレジット)
ボブ・ヘロン
パット・ロマノ
その他レニー・ニーハウス(指揮)
サム・マーサー(ロケーション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14. このノリについていけるかどうかで全て決まります。
たきたてさん [DVD(字幕)] 2点(2012-04-03 02:32:37)
13.《ネタバレ》 世界観はティム・バートンと思えなくないが、ちょっと入り込めませんでした。気持ち悪すぎて、ピーウィーに感情移入できない。スタジオ内での逃走劇やゴジラとキングギドラが出てきた時は親日家を感じて嬉しかったですね。エリザベス・デイリーやジャン・フックもイキイキとしていて良かった。執事役にプロレスラーのプロフェッサー・タナカも出演していていましたね。余談ですが、カメオ出演のティム・バートンを探すことが出来ませんでした・・・残念。
マーク・ハントさん [地上波(字幕)] 4点(2010-03-15 07:11:23)
12.何ていうかピーウィーが生理的に受け付けられない。ストーリーもたいしたことない。良かったのはティムバートン節が炸裂してた事だけ。まぁそれだけで十分イイかも知れないけど笑
たいがーさん [DVD(字幕)] 4点(2006-07-01 19:35:56)
11.長編デビュー作としてはなかなかなもんじゃなねぇべか。アメリカ人はコメディ好きだからそれもよかったのかもしれない。しかしまぁこの映画にゴジラとキングギドラが出てきたときは正直笑った。。ティム・バートンはゴジラの存在をもう知ってたんですね。さすがオタクだ(笑)
M・R・サイケデリコンさん [地上波(字幕)] 6点(2005-08-06 11:14:56)
10.アメリカのテレビ番組で相当な人気があったというピーウィーハーマンのキャラクターを活かすために創られた映画。一般の日本人には馴染みが全くなく、時たま奇声を発する彼をすんなり受け入れるのは個人的にはかなりしんどかった。
個人的にはピーウィーのセンスとは全く合わず、笑いの対象としては真逆であり、観るのは正直苦痛だったけど、バートンワールドがあらゆる部分に浸透されている感じがしており、映画自体は意外と楽しい映画に仕上がっているという印象。
もしピーウィーを受け入れられるのなら、結構楽しめるかもしれない。
しかし、映画の中身は何もなく、すっからかんと言っていいでしょうね。ピーウィーが成長するわけでもなく(製作者はそういう趣旨を入れているかもしれないが)、ピーウィーと出会った人達がピーウィーの何かに感化されて変わるわけでもないのが惜しい気がする。もっともシモーヌはピーウィーに感化されて、フランスに旅立ったのだが、逆にこれはちょっと突飛すぎて、ストーリーが違った方向に進んだ気がした。
でも、バートンのセンスだろうか、ピーウィーとシモーヌが見た朝日がとても印象的に残っている。
それにしても、一般の日本人からはよく分からなかったのだが、バートンはテキサスの人達を馬鹿にしているのかどうなのか。その他に、見方によっては、ハリウッドを多少批判しているようにも映るが、どうなんだろうか。
六本木ソルジャーさん [DVD(字幕)] 4点(2005-08-01 00:54:24)
9.ピーウィー!いいよ!いいよいいよ!ピーウィー!あなた最高です!
クロエさん 8点(2005-02-15 22:29:11)
8.ティム先生長編映画デビュー作(であると同時に盟友ダニー・エルフマンと初めて組んだ作品でもある)の本作は、冒頭からティム節全開。ロベルト・ベニーニと若人あきら(現我修院達也)を足して二で割ったようなオトナ子供のピーウィー(街の人気者、だけど恋愛に関してはちょっとオクテ)の暮らす家はまさにティムワールドで、特にシザーハンズファンとしてはあの調理ロボット(?)の凝りようには大感激。楽しくて、可愛くて、でもよーく見るとティム先生の「毒」もちらほら垣間見える、そんな作品。
ぐるぐるさん 7点(2005-01-20 19:10:13)
7.ティム初期の作品にしてもう最初からあの独自の世界観の大洪水です!あのワーナーのスタジオに殴り込みをかけるシーンがたまらない!あのゴジラが・・・昔何かの本で「バートンの映画はまるで幼稚園児の絵みたい」と書かれていましたが、この映画のことでしたか。
シェリー・ジェリーさん 7点(2004-12-25 16:51:47)
6.ティムの映画が大好きなので、期待してみました!!
期待通りでした!!あの不思議さがたまらない!!みょうにハマってしまいました!!ピーウィーかわいすぎ!!!
リノさん 8点(2004-11-13 21:24:41)
5.最初の10分で息切れしてるね!
kさん 6点(2004-08-22 23:47:10)
4.以前勤めていた会社の社長の息子が見た目、言動ともピーウィに似てました。将来が不安になり退職しました。
亜流派 十五郎さん 5点(2003-06-12 21:55:12)
3.ゴジラがでてきたじゃないですか、いやーよかったなあー
まさるす12さん 5点(2003-05-05 18:49:24)
2.ピーウィー、あんたただのバカじゃん!(笑)でもこの映画の面白味は、ずばり彼のイカれっぷりにつきる。あの笑い方がいいね。正直言ってつくりは雑ですが、そんな雑さも許してしまうノリ。ティム・バートンの原形まさにここにあり。
あろえりーなさん 6点(2002-05-06 16:27:49)
1.ティムバートンの良い意味での悪趣味と、主演のピーウィーのゴム人形みたいな奇妙な滑稽さが見事にハマって、独特の世界が描かれている。特にピーウィーの家に、映画の雰囲気が凝縮されていると思う。
あむねさん 10点(2002-02-13 16:03:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 5.86点
000.00%
100.00%
217.14%
300.00%
4321.43%
5214.29%
6321.43%
7214.29%
8214.29%
900.00%
1017.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 7.33点 Review3人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS