思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版)
 > (レビュー・クチコミ)

思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版)

[オモイオモワレフリフラレ]
2020年【日】 上映時間:124分
平均点:6.57 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-08-14)
ドラマラブストーリー青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2020-07-25)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2021-09-24)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三木孝浩
キャスト浜辺美波(女優)山本朱里
北村匠海(男優)山本理央
福本莉子(女優)市原由奈
赤楚衛二(男優)乾和臣
古川雄輝(男優)乾聡太
戸田菜穂(女優)
野間口徹(男優)
原作咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社「別冊マーガレット」連載)
脚本三木孝浩
音楽北原京子(音楽プロデューサー)
主題歌Official髭男dism「115万キロのフィルム」
製作市川南〔製作〕
細野義朗(共同製作)
東宝映画(製作プロダクション)
東宝(映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会)
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ(映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会)
集英社(映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会)
読売テレビ(映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会)
プロデューサー山内章弘(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
美術矢内京子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 高校生男女4人の四角関係…という時点で、私なんかはそれこそ例えば『ママレード・ボーイ』をスグに思い出してしまいましたし、なんだかんだその4人が2ペアになって目出度し目出度し…という点でもごく「在り来り」なお話だとは思います。ただ、本作はシンプルなラブコメとゆーよりはもう少ししっとり目の心理的恋愛ドラマで、かつ4人が4人ともに描くべきキャラクターをそこそこしっかり備えているというまあまあ高度な群像劇でもあって、そしてこの実写化は(2時間という尺の制限がある中で)かなり正攻法で彼らの群像劇をキチンと描き抜こうとした(多分、原作ファンにとっては嬉しいであろう)作品に見えました。私が本レビューで一番言いたいのは、要はこのお話、映画よりは確実にドラマ向きだ、というコトなのですが(=映画でしか撮れないよーなシーンもほぼ無いのですし)そーであっても本作、結論的には相当に好く仕上がった方の映画化だと思います。オマケで一点アップしておきます。

ま~とは言えねェ~~~前述どおりゴールは最初から見えてる(=実はどーでもいい)お話なんだから、見るべきは「過程」でしょ?という意味において、ちょーっとそのアーでもねぇコーでもねぇというスッタモンダがボリューム不足ですよねぇ。。北村匠海くんと福本莉子ちゃんなんて中盤でゴールしちゃったら、そのあとはキャッキャウフフのキャの字もねえ、とゆーね。前半は(どっちかと言えば)莉子ちゃんの話でコッチはそこそこ巧いコト丸く納まった気もしますケド、後半の浜辺美波ちゃんの話はまた…彼女はもう少しキャラ、とゆーかその感情の流れに複雑さ・深みがあると感じたのですが、そこら辺が非常に軽くしか描かれないのはハッキリと消化不良でしたかねェ。。

あとは、キャスティングなのですが…確かに浜辺美波ちゃんや北村匠海くんは既に中々の芸達者で(特に匠海くん)、その落ち着いた演技は心理ドラマとしての今作のクオリティには大いに貢献していたと思いますよ。でも、やっぱ彼らはちょっと高校生(少なくとも高校一年生)には絶対見えないとゆーコトなのですよね(=その意味では、2人とも落ち着きすぎなのですよ)。そもそも、この年代のコを主人公として描く映画に、そんなに単純な・一般的な演技力とゆーのはそこまで必要なのですかね?こーいうお話の方がごくシンプルな作品ならむしろ、拙さが形づくる飾らない素の感情の奔流・爆発なんてモノの方を見てみたい、と個人的には思ったりもします。

美波ちゃんについてはもう一点、ちょっと彼女は綺麗「すぎる」というレベルに達しつつあって、市井の一般女性・一般高校生を演るのは少しキビシくなってきている様にも思いました(玉城ティナってホドでは、まだないのかも知れないですケドも)。
Yuki2Invyさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2021-09-24 23:02:17)★《更新》★
6.アオハル、恋の四角関係
4人のもつれた恋愛感情の話
…になるかと思いきや

タイトルの部分は前半でだいたい収拾
後半はタイトルの主旨とはやや別ベクトル感
そのせいか、後半トーンダウンというか失速感
前半の恋愛話がピークだったような印象

話の内容はさておき
ひたすら浜辺美波がかわいい映画
そして北村匠海のイケメン無双
福本莉子の控え目女子もかわいい
美男美女キャスト4人が眼福な映画でした。

鬼に金棒、美波に制服。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2021-08-08 19:05:34)
5.<原作未読>丁寧に、そして繊細に撮られた映画であるが「長い」とも感じてしまった。実際には124分だからそうでもないのだが、リズムが終始同じなのと、4人分のストーリーだから映画的に小さい山場が繰り返されているようでもあった。4本の映画…は言い過ぎだが2本分くらいに長さを感じてしまったので少々疲れた。悪い物語ではないし、映像もしっかりしてるんで及第点は及第点。アニメ版は、、、遠慮しておこうかな。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2021-07-10 22:38:14)
4.めっちゃ,評価高いなぁ・・・
キャストが高校生に見えなくて,違和感があります.(キャスティングの問題ですが)
原作を知らないけど,どうでも良いような話を2時間超見せられると飽きてしまいます.
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2021-06-16 20:52:46)
3.《ネタバレ》 引きちぎりたい。引きちぎりられたい。モラトリアムな世界では、みんなピュアです。
4人の人間関係と青春群像(表現が古いか)と、それぞれの状況が交錯する。タイトルどおりしんどい年ごろです。

それぞれ気持を丁寧に、言葉で表現してくれて、見ているほうは流れに乗れます。
すれ違いの切なさがないのはちょっとさびしいですが
心動きの布石を全回収しようと試みた映画です。心の線が絶妙につながっています。
なぜか正直に元気になれる作品でした。

「執着」・「呪縛」・「すり替え」・「妥協」・「挑戦」・「共感」その繰り返しですね。
一歩踏み出せない人必見かもしれない。抜き捨てた自分になれるかも。
「踏み出すリスクを背負っても、殺されるわけではない。その次のステージへ。」今の人生観なのかもしれませんね。

「君膵」にはなかったはじめての・・・。なぜかうれしくなりました。・・・させたかったんですよね。状況はどうでも。
思い出づくりに。なんかよかったでプラス1点。

(私的に)吉本莉子さんは「映像研」のほうが切れがいい。間の取り方が最高です。
この作品もいいですがね。
シロツグさん [DVD(邦画)] 8点(2021-03-31 00:09:29)
2.《ネタバレ》  三木孝浩監督の青春映画は毎回期待して見るのだけど、前回ガッカリしちゃった『フォルトゥナの瞳』と違って今回は満足ね。

 青春映画で毎度お馴染みのベタな記号はいっぱい出てくるの。タイトル縦書きだったり、新学期に桜満開だったり、夏祭りが物語の重要な転換点だったり、モノローグ多重方式状態だったり。
 設定も親同士の再婚でお互いに魅かれながら姉弟になってしまった二人、その弟に片想いのコ、そのコの幼なじみってラブストーリーものにありがちなベタな四角関係。
 でもこれは決してセオリー通りではない結末に向って丁寧に心の流れを描いている映画。『アオハライド』と同じ原作者、そして『アオハライド』の映画版の(そして『くちびるに歌を』の)監督なだけあって、恋愛模様だけに注力せず、若いコ達の未来への不安や諦め、そして可能性、希望を眩しく描いているわ。
 『アバウト・タイム』は若い頃の未来の可能性を描いた映画なので、この映画の題材にピッタリね。まあ『怒りのデスロード』はやっぱりそうですか、ってカンジだけど。

 浜辺美波、北村匠海っていう『キミスイ』な安全牌を配置している時点で、ある程度作品として約束されてる面はあると思うの。でもそれを更に十分に活かした作品であると言えるのね。自然光と補助光でヒロインをキレイに撮るテクニックは見事に復活してるし、王子様な北村匠海をイヤミなく描けるなんて相当なモノよ? 福本莉子、赤楚衛二もピュアな存在感だし。
 シネスコの画角にキレイにハマった映像、ロケーションの空気感。やっぱり三木孝浩監督はこういうの、上手いわ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 8点(2020-08-30 13:45:24)
1.《ネタバレ》 原作コミック12巻分の内容を上手くまとめた感じがしたし、俳優陣の演技も素晴らしいし、これは良い実写化だったのではないかと思う。ただ、原作とは若干変わっている所もあるので、これはこれで別物だと思って観た方がいいかも。

細かい所で気になった点としては
①由奈が理央に告白するタイミングとニュアンスが微妙に違う。映画では理央が朱里を好きな事を知っているから告白しても叶わないという事に気付いて、それでも、諦めたい為に告白するという流れだったが、原作では理央はメンクイで、告白する前に顔が好みじゃないからと遠回しに玉砕している。それでも、ダメ元で告白するという流れ。つまり映画では理央のメンクイ設定が無くなっている。
②我妻がなんの前触れもなくいきなり登場。原作を読んでないと誰やねーん!となること請け合い。
③「500日のサマー」→「アバウトタイム」に変更。なぜ?配給元とか大人の事情?
④朱里がアメリカに行く決断をするのが、完全に本人の自発的な意思によるものだった。原作では乾君に言われて突き放されるように行く事を決断する。だからこそ、切なかったのに、なんかあっさりしていたなと思う。
⑤1巻で原作者が言っているように、由奈と朱里2人が主人公の物語というのが最大のポイントだったが、どうしても浜辺美波が目立ちがちだった。由奈と理央のイチャイチャ展開が足りない。乾君の天然エピソードも足りない。

など細かい所が気になったのと、原作はもっと目まぐるしく展開してキュンキュンするような内容だったが、映画はキャラクターが皆落ち着いているというか大人びた印象だった。アニメ映画版も公開されるのでそちらはもっと原作に近いのかな?そっちも楽しみ。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2020-08-15 11:44:09)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 6.57点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4114.29%
500.00%
6228.57%
7228.57%
8228.57%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS