思い、思われ、ふり、ふられ(アニメ映画版)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 思い、思われ、ふり、ふられ(アニメ映画版)
 > (レビュー・クチコミ)

思い、思われ、ふり、ふられ(アニメ映画版)

[オモイオモワレフリフラレ]
2020年【日】 上映時間:103分
平均点:7.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-09-18)
ドラマラブストーリーアニメ青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2020-07-25)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2020-10-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
島﨑信長山本理央
斉藤壮馬乾和臣
潘めぐみ山本朱里
井上喜久子
田中秀幸
久川綾
井上和彦
佐倉綾音
原作咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社マーガレットコミックス刊)
音楽野見祐二
主題歌BUMP OF CHICKEN『Gravity』(TOY'S FACTORY)
製作市川南〔製作〕
制作A-1 Pictures
配給東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.原作ファンとしてはこちらに軍配が上がる。
とにかく原作準拠だし、少女漫画らしいキラキラした展開が魅力。

王子様が飛んできて告白されるなんて、現実ではありえなさ過ぎるが、それをあんなシャボン玉とかのエフェクト演出で見せられたらもうどうにでもしてくれとしか言えない。

実写版に比べて、ちゃんと主人公達4人の存在感もバランスが良く。
それぞれの想いが交差して行く様を丁寧に描いており好感が持てる。実写版では省略されていた由奈と理央のイチャイチャ展開も見られたし良かった。

ただ、テレビアニメだったら12話くらいかけてやっても良い内容を1つの映画としてまとめているのでやや駆け足感は否めなかった。

それにしても和臣君の映画愛は「(500)日のサマー」(原作)→「アバウトタイム」(実写版)→小津作品、「秋刀魚の味」(アニメ版)とそれぞれ趣味が違うのが面白いな。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 8点(2020-09-24 19:22:55)
1.《ネタバレ》  実写版は三木孝浩監督と浜辺美波、北村匠海って鉄板の布陣で爽やかな良い青春映画となったけれど、このアニメ版もコレはコレで。日本のアニメの良さが実写版とは全く違った魅力を放ってるわ。
 基本的な物語こそ一緒だけれど、全くの別物と言っていいレベル。実写では不可能なデフォルメを多用してキャラに魅力を持たせてるし(ここら辺は原作準拠なのかな?)、ラブラブな展開に突入すると共に突如入るキラキラエフェクトは見ていて恥ずかしかったりもするけれど、それもアニメならではの魅力ね。

 ただ、終盤になって失速してしまうのがなんだかもったいなくて残念。実写版ではそれぞれの家庭環境や現実的な問題、将来の夢や目標も盛り込んでいたのに対して、こちらはラブラブメインの展開で、だけど終盤になって家庭や将来がのしかかってくるので、そこでスローダウンしてテンションダダ下がりになっちゃうのよね。せっかくテンポ良く(良過ぎて移り気で恋多き面々になっちゃってる感はあったけれど)ラブラブほんわかワールドだったのに。そのまま上がりきらずにエンドロールになっちゃう感じで、ちょっと画竜点睛を欠く感は否めないのね。もっとあっさりすっきりまとめちゃって良かったんじゃないかなぁ。
 高台から眺める風景なんか、実写版に比べるとあまり重要視されてなかったりして、何かキーになる映像なりアイテムなりがあれば、って思ったわ。その役割を果たしそうだったハズの朱里のジュエルケースはちょっと全体のトーンから浮いた感じの存在だったし。

 でも、こういうアニメはやっぱりキャラクターデザインと作画が命なので、その点、魅力的な絵を見せてくれたところは評価したいわ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 6点(2020-09-19 23:57:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
700.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS