事故物件 恐い間取りのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 事故物件 恐い間取り
 > (レビュー・クチコミ)

事故物件 恐い間取り

[ジコブッケンコワイマドリ]
2020年【日】 上映時間:111分
平均点:3.80 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-08-28)
ホラー実話もの小説の映画化
新規登録(2020-08-03)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2021-05-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中田秀夫
キャスト亀梨和也(男優)ヤマメ
奈緒(女優)小坂梓
瀬戸康史(男優)中井大佐
江口のりこ(女優)横水
MEGUMI(女優)カオリ
真魚(女優)下中
木下ほうか(男優)松尾
加藤諒(男優)肉戦車(お笑いコンビ)
宇野祥平(男優)定食屋店主
高田純次(男優)伊崎
有野晋哉(男優)有名タレント(友情出演)
濱口優(男優)有名タレント(友情出演)
能登麻美子不動産従業員(ノンクレジット)
製作松竹(「事故物件 怖い間取り」製作委員会)
ジェイ・ストーム(「事故物件 怖い間取り」製作委員会)
イオンエンターテイメント(「事故物件 怖い間取り」製作委員会)
配給松竹
特撮浅野秀二(VFXプロデューサー)
美術松井祐一(特殊造形)
その他能登麻美子(予告編ナレーション)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.出演は豪華。

ホラーなのに怖さが伝わってこない。
霊がくっきり映りすぎて怖くない。ただの人。
唯一、その存在が朧げなミスターX(勝手に命名)
ただ、この霊の存在も思うほど恐怖感がない。
ミスターXとの展開も陳腐で、なんだかなぁ…。

強いて怖い点を挙げるなら、江口のりこの不気味さ。
さらに、江口のりこの最後の表情。これが一番怖かった。
本田なおが可愛い顔を歪ませて怯える表情は好演でした。

ホラー映画として怖さがイマイチ
ひとつの映画としても展開がイマイチ
結論を言うと、ただの事故物件の啓発動画。

余談になるけど、この日に親知らずを抜歯。
この抜歯のほうがよっぽど怖かったです。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2021-07-21 16:57:55)★《新規》★
9.《ネタバレ》 最後の物件出てき過ぎじゃないのか。そして取ってつけたようなバトルに突入。100人中99人がそうじゃないと思うはず。それにOKを出した責任者は物作りから退くべきでは。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2021-07-11 23:51:38)
8.《ネタバレ》 物件4が酷すぎる。もうコントみたいで全然怖くないんですよね。それまでは決してクソ映画とまでは呼ばれない出来だと思いますが、最後がね…。亀梨くんが太って、一瞬山田孝之かと思いました。
はりねずみさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2021-06-14 00:12:08)
7.《ネタバレ》 映画として事故物件ですが、奈緒さん、江口のりこさんに免じて許してやろうw
中田秀夫監督は自己物件としてお持ち帰りください。
亀梨くん、瀬戸さんは可もなく不可もなく。
それにしてもどーゆー意図で作られた作品なのかなぁ。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 3点(2021-06-12 21:39:16)
6.《ネタバレ》 本作のジャンルは,コメディですよね?
いくら事故物件でも,血が付いた畳などを放置しておくわけないでしょ・・・
しかし,烏枢沙摩明王の真言を唱えていたのはなぜなのだろう? 普通であれば,不動明王の真言じゃない?
(一般論で言えば,烏枢沙摩明王はトイレの神様,不動明王は大日如来の化身で五大明王の中心)
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2021-06-05 23:43:10)
5.《ネタバレ》 CG全開で思いっ切り出てくるオバケ、なんてのからして私の好みからは完全に外れるが、特に前半は全く何にも怖くない、というワケでもない。そして、お話の進め方も面白みが皆無、というホド酷くはない。題材も、物珍しいと言えば物珍しいので、丸っきり内容に興味が持てない、というコトでもない。諸々、最低限のクオリティとゆーのは有ると言ってよいのではないだろうか。

ただ、あくまで最低限、というコトなのですよね。まずはやはり、あまり、とゆーか殆ど怖くない、とゆーのが痛恨なのですよ。個人的な見解として、やっぱお笑い芸人が出てくるホラーとゆーのは一定以上に怖くはならない、つーことかとも思いますし(お話自体にもなんかチョイチョイ笑かしにかかってる場面があったりで、怖がらせようとするには一貫性を欠くとゆーか)、そして、主役の亀梨クン自体がこの事故物件の心霊現象を全く怖がってない(そーいう素振りが微塵も無い)とゆーのも一因かとも(怖くて恐ろしくてしょーがないケド売れるために仕方なく…的な葛藤とゆーのもほぼ無かったりで)。あとは、根本的にオムニバスホラーであるが故にエピソードごとに状況がリセットされて、全体を通しての「怖さの盛り上がり」とゆーものもやや欠いていた、のではないかと思ったりも(それでもラストはだいぶん派手にオバケ出しまくったりしてましたが、あのね、こーいうのはまず「数」でナントカなるもんじゃねーのですよ、というコトだけは、私は例えソレを理由に死刑になったとしても最後まで主張し続けますですよ)。

もう一点、多少は物珍しいと言ってはみたものの、発生する事象にせよ事故物件の内容(間取り)にせよ驚くほどに在り来りですよね。「畳に血痕が残ってる」「風呂場の鏡が不自然に外されてる」なんて誰でも想像する内容じゃねーかと思いますし、あとは基本オバケの所為で体調が悪くなったりかんたり…程度でしょ。原作がそれなりに売れた本だとすると、もうちょっと奇抜なエピソードや風変わりな事故物件とゆーのは無いもんなのでしょーか?ホラーとしては大して怖くねえ、とゆーのなら、コッチの方面の面白さとゆーのがも少し有れば…という感じでもありますね。

ヒロインの奈緒ちゃんは可愛かったすね(若かりし日の池脇千鶴に少し似てる)。ただ、恐怖の表情が最初(だけ)は結構真に迫ってるなあ、と思ったのですが、それ以降はちょいオーバーリアクション気味でこれもイマイチに思いました。残念。
Yuki2Invyさん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2021-04-23 01:17:57)
4.《ネタバレ》 皆さん同じ事を考えながら本作を鑑賞された様で、
他レビュアー諸氏の文章を読んで思わずニヤリとしてしまいました。
少し趣向を変えて以下の様にレビューしてみます。
・前半の主人公が事故物件に住まわざるを得なくなる迄の描写、
売れない若手芸人の悲哀と併せて上手く綴れていた +5点
・物件3迄の怖がらせ方、特に2人同時に車に轢かれる描写は中々怖かった +3点
・物件4、主役男女2人が死んでしまうラストだったなら、
広げた風呂敷を全く畳まない、後味は最悪だけど大胆な興味深い作品になっていた筈 +5点
・同じく物件4、何ですかあの軽〜いラストバトルは? 他に収拾のさせ方が無かったのかも知れないけれど、
あの様な洋画チックな終わらせ方はないでしょう。軽すぎる −100点
・その後の主役男女2人を安易に幸せにさせなかった幕引き、
中田秀夫らしさはこの位か +50点
・嬉しい発見、ヒロインを演じた女優の奈緒さん(何故か名字無し)。
私は例えるならタチアナ・マズラニーの様な、絶世の美女では無いああいったタイプに弱い様です +42点
と言う事で+5点、以上!
たくわんさん [映画館(邦画)] 5点(2020-10-10 09:02:20)
3.中田監督、無念すぎる。あなたは「終わった人」なのか。リングは、たまたまうまくいってしまった奇跡の一本だったのか。奈緒ちゃんに免じて一点加算。コロナだけど、見なくて良いかも。
センブリーヌさん [映画館(邦画)] 4点(2020-09-05 22:58:37)
2.《ネタバレ》  ただでさえ新型コロナで見る本数減ってるんだから、本来ならスルーしちゃう、あ~んまり興味ないタイプの映画なのだけど、メールで友達(大阪人、今は埼玉住まい、お寺の跡取り)がコロナで映画なんか見に行けないから代わりに見てきてくれ~、って。当然貯めたポイント使ってタダ見だわね。

 冒頭、とてもホラーとは思えない青春映画ノリで始まって、そこはなんか雰囲気良かったわ。なのでこのままの調子で続いてくれないかしら?って思ったのだけど、そうはいかない、怖がらせてナンボな映画だものね。
 ところがいざ本題に入ると、これが全然怖くないの。出てくるのがCGCGしたモヤモヤしたモノと、無名の俳優さんが幽霊メイクして頑張って怖いカオ演技してまーす、って状態で、いや、なんか具体的な、即物的な映像過ぎちゃってむしろ笑えてしまうんですが?みたいな。あんなハッキリクッキリした幽霊を見せられたらお化け屋敷みたいな作り物感が出ちゃうわよねぇ。
 で、ボスキャラみたいなのが大体CGなのだけど、『ハリー・ポッター』のディメンターだわね、アレ。クライマックスでコミカルな(いや、映画上では一応シリアスな)バトルになるのだけど、弱いのよ、『来る』のぼぎわんさんの百万分の1程度の弱さ。っていうかアイツ、果たして題材に合った存在だったかしら?

 だけどアタシがこの映画で最も不満に思ったのは、事故物件に現れる幽霊が、ただのバケモノとして扱われていた点ね。殺人事件の加害者も被害者もバケモノ。自殺や無理心中した人もバケモノ。その背景にあった、人として生きていた部分というのは死に至る映像以外は描かれず、そこにあったハズの悲劇は全くのスルー。多くのゾンビ映画のゾンビと同じような扱いね。だけど幽霊を扱う以上、アタシとしてはそこに目を向けて欲しかったな。

 余計なコトかもしれないけれど、舞台の大半が大阪で、大阪のテレビ局の姿が描かれて、あのノリは独特よねぇ、って。たまに関西に行ってホテルで見るテレビ番組のあの空気は東京の人間にはちょっとついてゆけないカンジがあって。府民性、みたいなモノ? 維新はそういうところにつけ込んだのかしらねぇ?とか映画見ながら考えちゃった。

 で、映画見終って友達に感想メールしたら、これから見に行くからあんまりネタバレしないで、って。なんやそれ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 4点(2020-08-30 11:25:54)(良:1票)
1.これ観て怖くて家に帰れなくなったらどうしようと心配したが全くの杞憂に終わった。

前半は結構怖かったんだよ。まだ恐怖の煽り方がさりげないというか、ジワジワ来る感じが。
しかし、後半、かなり盛り上げに走っちゃった感があってもうポカーンとするしかなかった。ていうかこれはコメディなのか?(笑)やっぱりこういうのはやり過ぎちゃったら駄目だね。原作は読んでないけど、もしあんな体験談が綴られてるんだとしたら、「嘘つけ!」と叫んでしまうだろう。

事故物件を楽しそうに紹介してくれる江口のりこがいい味だしてた。
あと、ヒロインがいい子。めっちゃ優しい。けど、あれはフィクションだろうねぇ。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 3点(2020-08-28 21:13:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 3.80点
000.00%
100.00%
200.00%
3330.00%
4660.00%
5110.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS