劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
 > (レビュー・クチコミ)

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

[ゲキジョウバンヴァイオレットエヴァーガーデン]
2020年【日】
平均点:7.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-09-18)
SFファンタジーアニメシリーズもの小説の映画化TVの映画化
新規登録(2020-08-12)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2020-08-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石立太一
石川由依ヴァイオレット・エヴァーガーデン
浪川大輔ギルベルト・ブーゲンビリア
脚本吉田玲子
制作京都アニメーション(アニメーション制作)
配給松竹
録音鶴岡陽太(音響監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》  テレビシリーズを見ているか否かで、伝わってくるものに大きな差が出てしまうのは、もう仕方のないことなのかもしれないわね。いきなり映画版から見て「意味不明」って文句タレるコトが多いアタシだけど、これはネトフリで全話見ていたのでこの映画版に期待してたし、しっかり堪能することもできたわ。
 それまでに描かれたエピソードを見ていれば、ヴァイオレットの表情1つ1つにどんな背景があってその顔をしているのかが理解できて、切なかったりツラかったり。ヴァイオレットが学んできた人の心、ヴァイオレット自身の心、その流れが最後にこの映画に辿り着いて。
 冒頭から『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の物語を過去の話とすることで、ここでピリオドが打たれる、って宣言しているワケで、テレビシリーズと前回の番外編的な映画を経てきていると感慨深いものがあるわ。

 でも映画として不満点もないではないのよね。
 140分と長尺だけど、物語的には2時間以内に収まるわよね? なんか勿体付けた演出が多くて(やたら意味ありげに尺を取ってるカットが多いわ)、テンポ悪いしダレ場もあって。これで完結、ってコトで一応レギュラーメンバー出しておかないと、って感じで必要とも思えないキャラを出して時間を浪費してるようなシーンもあるわ。会話シーンの単調さをごまかすためか、会話途中でハンパに俯瞰(キャラ2人くらいをちょっと見おろしてる)になる絵が何度か登場するけれどそのカメラポジションは無意味だし。そのハンパさはシネスコの画角を持て余しているようにも思えたわ。
 それに容赦のなさで定評のある?吉田玲子脚本は今回語り過ぎ。まー、みんな心を説明するする。見せ場押す押す。
 ユリスのシーンはここぞとばかりに泣かせを引っ張りまくり。
 最後なんかアレ、ヴァイオレットと少佐の浜辺のシーン長過ぎじゃない? いよいよこれで終わり!ってコトで盛りまくって盛り過ぎた、みたいなカンジでクドいわ。でもほんの短い1カットだけヴァイオレットの泣き顔にあえて鼻水描いたのは良かったわ。そりゃ泳いであんだけ泣きゃ出るわよ、鼻水。

 個人的にはヴァイオレットちゃんがロリコン少佐の呪縛から解放される結末を期待してたんだけどねぇ(台無しな感想)。ヴァイオレットちゃんが幸せならば、まあそれでいいんじゃない?
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 7点(2020-09-22 22:48:09)★《新規》★
2.《ネタバレ》 良作。原作は未読。少なくともテレビ版が好きだった人は必見の作品。【ネタバレ注意】原作で少佐が生存しているという話は聞いていたので、当然その話になると思っていたから、ある意味予想通り。“その後”を持ってきたのが劇場版オリジナルなら、そこはとてもうまいまとめ方だと思う。実際に、どこまでを脚本家が決めたのか分からないけれど“失敗のない吉田玲子脚本”の本領発揮。京都アニメーションらしい美しい映像とともに、素晴らしい作品に仕上がっていると思う。ただ、テレビ版からだけれど、ツッコミどころは多々ある。そのあたりが気にならない(しない)人なら問題ないだろう。
なんといっても“大事な手紙”が飛びすぎる。冒頭の曾祖母から祖母への手紙など、風に飛ばされてどこかにいってしまっていいものじゃない。キーアイテムである手紙を演出したいのは分かるけれど、何十年も大事にしてきた手紙を二度と戻ってこないような飛び方をしたら、飛ばした本人はもっと焦るのではないか。それを「あら、飛んでいってしまったわ」くらいですませているのは解せない。そして、ヴァイオレットが旅の途中に書いた手紙も、少佐の気持ちを変えた手紙も飛んでいってしまう。もっと手紙を大事にして。
最後にギルベルトに会いに来た兄・ディートフリートは、いつやってきたのか。前日は嵐だったし、「泊まるところは灯台くらいしかない」という島だから(その灯台にいなかったのだから)、当日やってきたということになるが、ヴァイオレットたちと1日違いだったのはわざとなのか? しかも、その夜には泊まるアテもないはずなのに(弟に泊めてもらうつもりだった?)、その日の船では戻れない時間になり、ヴァイオレットたちが帰る時間になってから、会いに来るとか何をどこで見計らっていたのか(家政婦のようにずっと陰で見守っていたの?) 唐突な登場に、「え、なんでここで?」と色々気になってしまった。
あと、子供が「絶対、渡すね」と受け取った手紙を、先生を呼びかけることもなくカゴで下ろしてきたのも不自然。それなら「わかった」くらいの軽い受け答えにしておく方がよい。というか、せめて重しを乗せるとかしないと、それこそ風で飛んでしまいそう。
クライマックスの船からの飛び込みも(その予感があったとはいえ)、あの服装で着衣水泳は厳しそう。かつて訓練されていたとはいえ、すでに腕は謎技術の義手であり、浮いているだけならともかく、客船が通りそうな深さのところから浅瀬まで泳ぎ進むなど尋常ではない。
そういう細かいことはあれど、事件以降、他の作品がストップして「今は、全員でヴァイオレットをやっている」という状況になり、上映が間近になった頃には新型コロナの影響を受けてしまった作品で、舞台挨拶で石立監督が感極まってしまうほど生みの苦しみを経験したもの。「京アニ作品の中で、もっとも制作に時間をかけたものになった」(石立監督)そうで、関係者の思いは計り知れない。エンドロール直前にヴァイオレットが歩くカットは、それを意図したものかは分からないけれど「京アニはこれからもやれる」というメッセージとも受け取れた。作品そのものだけでなく、作品を取り巻く状況にも感慨にひたってしまう。
mohnoさん [映画館(邦画)] 7点(2020-09-20 18:46:22)《新規》
1.《ネタバレ》 原作もテレビシリーズも大好きで、原作には原作のアニメにはアニメの良さがあったが、この劇場版はどちらのファンも納得するだろうまさに良いとこ取り。悪く言えば無難な出来。
これまで、少佐の死が原作との一番大きな違いであり、その点をどうするのかが私が本作に期待する最大の興味であったが、やっぱりそうなったのねという感じで、むしろ劇場版で感動的な再開を描きたいからこそあえてそうしたのかな?とも思っちゃったりして。また、少佐が何故あそこに居て、何をしたかったのか。彼の歩んできた道程をもう少し知れたらより入り込めたような気がした。
とは言うものの、この壮大な物語のフィナーレとしてはもう落とし所はこれ以外に無いとも感じたので、そういう意味では最高の展開だったのかもしれない。
また、良かったのは原作より一歩進んで、未来をちゃんと描いていた事。電話というものが発明され、自動手記人形サービスという仕事が廃れて行くという未来。
その行く末をちゃんと見せてくれたのは良かった。そして、ヴァイオレットの未来も。
愛してるを知った彼女にとっては最高の未来が待ってるに違いねぃ!
また、その後のヴァイオレットと少佐のラブストーリーが見たいという人には原作をおすすめしたい。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 8点(2020-09-19 00:35:38)《新規》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7266.67%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS