浅田家!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 浅田家!
 > (レビュー・クチコミ)

浅田家!

[アサダケ]
2020年【日】 上映時間:127分
平均点:7.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-10-02)
公開終了日(2021-03-17)
ドラマファミリー実話もの
新規登録(2020-09-13)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2021-01-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中野量太
キャスト二宮和也(男優)浅田政志
妻夫木聡(男優)浅田幸宏
黒木華(女優)川上若奈
菅田将暉(男優)小野陽介
風吹ジュン(女優)浅田順子
平田満(男優)浅田章
渡辺真起子(女優)外川美智子
北村有起哉(男優)渋川謙三
野波麻帆(女優)浅田和子
駿河太郎(男優)
篠原ゆき子(女優)
脚本中野量太
菅野友恵
音楽北原京子(音楽プロデューサー)
製作市川南〔製作〕
小川真司〔プロデューサー〕(共同製作)
東宝映画(製作プロダクション)
企画小川真司〔プロデューサー〕
プロデューサー小川真司〔プロデューサー〕(プロデュース)
山内章弘(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
編集上野聡一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 前半はユニークな浅田家と次男の写真家への笑いの成長物語、後半は写真を通じて東日本被災地に希望を届ける涙のドラマ。次男のダメっぷりに辟易しちゃう冗長な展開から、シリアスな東日本編、そして写真の良さを気づかせていく終盤へと進むにつれ、徐々に引き込まれた。家族総出でカマす様々な職業写真はレア感あるな。良作。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 7点(2021-09-13 01:02:47)★《新規》★
5.写真家・浅田政志のお話

コスプレをして家族写真を撮る。
という少し可笑しな話から始まる映画。
序盤はコメディかな?と思わせておいて…。

東日本大震災が起こったのをきっかけに、
中盤からシリアスな空気へと変わっていく。
被災地・家族・写真といった要素が感情を揺さぶる。
心の琴線に触れる内容で、思わず涙する内容。

最後はこの映画ならではの締め方で、
爽やかにスカッと気持ち良く終わらせてくれる。
意外性もあってとても良い優しい映画でした。
一辺倒ではなくコメディとシリアスの両立・共存というか、
ちょうどいいバランスの完成された作品。

最後の最後のワンショットまで見逃さずにどうぞ。
J.さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2021-08-02 22:23:47)
4.《ネタバレ》 笑いの絶えない、愛すべき底抜け親バカファミリーの
ボンボンは、あの東日本でも愛を届ける、という話。

前半は、つらかった。恵まれてる家の子が簡単に
認められて、二宮君の顔が恨めしくも思えた。
ところが後半、あの東日本大震災。
二宮君のニヒルさは、いつしか飾り気のないアンちゃんのそれになっていた。
あの震災で傷ついた少女に愛を届けられるかが焦点になる。

そして、恐るべし浅田家ファミリー。
そこでの愛が愛を呼ぶからスゴイ。

実話と聞いて、素直に楽しめた。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2021-06-27 20:46:44)
3.《ネタバレ》 原案本既読(というか、閲覧済み)。是非とも、写真集を手にしてから観て欲しい本作。前半1時間(授賞式まで)までは、あの素晴らしい写真集からこんな物語を監督は読み取ったのね、と感慨深い。きっと、浅田家に取材などしていないで、中野監督オリジナルの物語でありますように。チャランポランだけど家族に愛されただけの男が、そのことだけを元手に何者かになっていく物語。…それでよかったのに。ワタシ、後半は蛇足だったと思います(非道い?)。お父さんの写真がない理由は、あの子が「見つからない」って言った時にすぐにピンときましたよ。浅田カメラマンなら、すぐに分かるはずのこと。お父さんも参加した「内海家」の家族写真なら、数値表示(露出とか、シャッタースピードなど)も含めたファインダーの画像(お父さんの視線)じゃないでしょうか。
なたねさん [DVD(邦画)] 6点(2021-04-22 21:10:37)
2.《ネタバレ》 面白かった。
最初、普通に変わった写真家の話と思ったが、東北震災に絡んで次第に写真というものを考えさせられるあたり、元カメラ青年だった自分にはグッと来るものがあった。やっぱり、写真って、被写体力と被写体への愛なんだと改めて思い知らされる。
そういう意味でも、この映画の真の被写体は「家族」だったのだろう。

最後に冒頭の顛末のオチが明かされるが、それはどうよ?若干の不謹慎さを感じてしまう。半身不自由なのはリハビリできたのか?
Tolbieさん [DVD(邦画)] 7点(2021-03-29 05:36:41)
1.《ネタバレ》 たぶん皆、浅田政志に対して甘過ぎるんだと思う。
あんだけ周りを振り回してるのに、誰も怒らないし、好きなようにさせている。
何故なら皆、政志の事が好きだから。
撮りたい写真の為に消防車を借りてくれとかの無茶振りにも真面目に応じる兄の優しさ。
若菜ちゃんは東京での彼をほぼ養ってあげてかつ個展を出す費用も出してくれるというのだからその優しさは異次元である。
さらに、逆プロポーズまでしてるのに政志のあの煮え切らない返事はなんだ。普通ならぶん殴っててもおかしくないのに若菜ちゃんは泣いて喜んでいるし、もうね皆優しすぎません?って思った(笑)
まあ、ちょっと変な所もあるけど誰からも愛される彼の人柄なんだなぁと思った。


ただ、ちょっと強引に感じられたのは実家から急に被災地へ戻るくだり。本当にあのタイミングで思い付いたのかな?って事。クライマックスにするために敢えて後に持って来たように感じた。それに、あの腕時計を借りただけで泣かせようとするのはあまりにも狙い過ぎに感じられて…。

私はそこまで感動したりとかはなかったけど、色んな家族写真を撮るシーンはクスクスと笑えて面白かった。オチも良き。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2020-10-17 07:48:43)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6116.67%
7466.67%
8116.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS