5年後のラブレターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 5年後のラブレター
 > (レビュー・クチコミ)

5年後のラブレター

[ゴネンゴノラブレター]
ビデオタイトル : 5年後のラブレター
2010年【日】 上映時間:100分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー
新規登録(2020-10-06)【たきたて】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト向井理(男優)志村渉
高杉真宙(男優)志村渉(幼少期)
内山理名(女優)志村菜緒
中村ゆり(女優)神埼麻衣
和田彩花(女優)神埼麻衣(幼少期)
田中哲司(男優)佐伯(渉の主治医)
音楽遠藤浩二
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》  人が病気やらなにやらで死んで、それで涙をさそう映画ってのは本来苦手。
 だけどストーリーに惹かれて鑑賞。
 『5年前に死んだ渉から届く、息子への挑戦状。それは宝探しのゲームのスタートだった。』
 なんか良さそう。で、見てみたら、やっぱり悲しい話でした。もちろん悲しいだけではありません。『楽しい』や『優しい』もいっぱいつまった良き作品です。でも全体の7割くらいは『寂しさ』と『悲しさ』が満ちていて・・・。特に向井理さん演じる渉の辛い気持ちが痛いほど伝わってきて、彼が出てくるシーンは見ていられなかったですね。
 その一方で、渉と菜緒の友人、知人を1件1件訪ねて行って、少しずつ新しい事実がわかっていく展開ってのは楽しい。出演者の皆様の演技も、自然体でとても雰囲気の良い映画でした。
 渉は死んじゃったけど、渉は菜緒と歩夢に『店』と『思い出』と『人とのつながり』を残してくれたわけですね。
 最後はハッピーエンド。ですがこれは危険なサプライズかもしれないです。
 渉が死んだとき、菜緒は深い悲しみを経験します。それは想像もできないほどの『喪失感』と『絶望感』だったでしょう。それを5年という歳月が少しずつ癒してくれたのです。やっと日常が戻ってきた頃に、再び渉を強く思い出してしまうこのイベント。これは凄く残酷な側面がある気がするんです。映画なので結果オーライってことで良しとしますが、このサプライズに心の中から賛同するのは難しいなあ・・・
たきたてさん [DVD(邦画)] 8点(2020-11-24 10:35:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS