日本ダービー 勝負のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 日本ダービー 勝負
 > (レビュー・クチコミ)

日本ダービー 勝負

[ニホンダービーショウブ]
1970年【日】 上映時間:122分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1970-05-13)
ドラマスポーツもの実話もの伝記もの
新規登録(2020-10-19)【鱗歌】さん
タイトル情報更新(2020-10-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤純彌
キャスト三橋達也(男優)山形正吉
津島恵子(女優)山形敬子
三条泰子(女優)山形芙美子
梅宮辰夫(男優)山形栄一
若山富三郎(男優)加藤直吉
高倉健(男優)島崎清三郎
藤純子(女優)島崎加代
長谷川明男(男優)楠田隆
砂塚秀夫(男優)矢沢勝次
菅原文太(男優)前川長太
芥川隆行ナレーション
脚本松本功
山本英明
佐藤純彌
音楽津島利章
撮影仲沢半次郎
企画俊藤浩滋
吉田達
配給東映
美術藤田博〔美術〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.実在の調教師をモデルに、彼の半生記を描きつつ、日本ダービーの歴史そのものも描く作品となっています。実在の人物をモデルにしているとは言っても、主人公の名前は少し変えられており、オハナシの方はおそらく相当変えられていることと推察されます。
この主人公を演じているのが三橋達也、ってのが、東映作品にしては珍しく、頑固一徹の調教師を演じつつ、彼の盟友役の若山富三郎と丁々発止のやりとりを見せてくれます。
しかも彼の弟子が高倉健であったり菅原文太であったり、彼の息子が梅宮辰夫であったり、と、今見りゃ脇役陣がえらく豪華。いささか収まりが悪い。高倉健の奥さん役には、いつのまに結婚したのやら気が付いたら藤純子。細かいコト抜きに、じゃんじゃん時代が進んでしまう、大味な作りになってます。
ところどころに挿入される競馬の映像が、過去に行われた実際の日本ダービーの貴重な映像なのか、それともそれっぽく見せてるだけのニセ映像なのか、ワカリマセンけれども、これという演出もなくレースの様子をロングで捉えた映像だけでは、あまり迫力が伝わらず、もどかしいところ。
で、さらに本作の奇妙な点が、時代が下って現在(1970年)の日本ダービーが近づくにつれ、最近のレースの模様ばかりが紹介されて、主人公のことはほったらかし同然となってしまう。何だコレ、伝記映画かと思ったら、「今年の日本ダービーに乞うご期待」という、壮大な前フリ、壮大な宣伝だったのか、と、ちょっと唖然としてしまいます。
ま、別にイイんですけどね。イイんですけど、でも、あまりに唐突に映画が終わるもんで。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-10-19 21:40:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS