ナイル殺人事件(2020)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ナ行
 > ナイル殺人事件(2020)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ナイル殺人事件(2020)

[ナイルサツジンジケン]
Death on the Nile
2020年上映時間:134分
平均点:5.22 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2022-02-25)
サスペンスシリーズものミステリー小説の映画化
新規登録(2020-10-23)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2022-03-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケネス・ブラナー
キャストケネス・ブラナー(男優)エルキュール・ポアロ
ガル・ガドット(女優)リネット・リッジウェイ・ドイル
アーミー・ハマー(男優)サイモン・ドイル
アネット・ベニング(女優)ユーフェミア(ブークの母)
レティーシャ・ライト(女優)ロザリー・オッターボーン
ソフィー・オコネドー(女優)サロメ・オッターボーン
ジェニファー・ソーンダース(女優)マリー・ヴァン・スカイラー
甲斐田裕子リネット・リッジウェイ・ドイル(日本語吹き替え版)
津田健次郎サイモン・ドイル(日本語吹き替え版)
中村悠一ブーク(日本語吹き替え版)
榊原良子ユーフェミア(ブークの母)(日本語吹き替え版)
早見沙織ロザリー・オッターボーン(日本語吹き替え版)
小宮和枝マリー・ヴァン・スカイラー(日本語吹き替え版)
一龍斎春水ミセス・バワーズ(日本語吹き替え版)
川島得愛ウィンドルシャム(日本語吹き替え版)
潘めぐみルイーズ・ブールジェ(日本語吹き替え版)
宇垣秀成(日本語吹き替え版)
原作アガサ・クリスティ「ナイルに死す」
製作リドリー・スコット
マーク・ゴードン
サイモン・キンバーグ
ケネス・ブラナー
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》 リメイク前の作品は公開当時に映画館で観ていたけど、なにせその時1回きりで40年も前のことだから、内容は完全に忘れちゃっていた。なので新鮮な気持ちで観ることができた。

ポアロの過去のシーンが描かれているけれど、はたしてそれがこの作品に必要不可欠だったのかは正直わからない。あそこを削れば上映時間も短く済むしテンポも良くなったかもしれない。ただあれがあることによって事件の謎を紐解いていく過程で、ポアロという人物の内面の葛藤を垣間見ることもできる。ポアロといえども人間であるいじょう人の持つ業や愛憎があるわけで、だからこそ登場人物たちの心理に寄り添いながら、探偵という立場での距離感で接していけるんだと。まあでもやっぱりちょ~っと、事件が起きるまでは少々退屈ではあったけど。

原作は80年も前なのに全然色褪せることのない内容なのは本当にすごい!

野暮なツッコミ。相手は名の知れた名探偵ポアロ。生かしておけばいずれ犯人にたどり着くかもしれない。だからクライマックスで銃撃戦になった時、そしてその後も、正直殺そうと思えばいくらでも殺せるチャンスありそうなものなのにな~...て思っちゃいました。野暮ですよね。すいません。(^_^;)

総評としては可もなく不可もなく、でした。
Dream kerokeroさん [インターネット(字幕)] 5点(2024-03-11 18:16:09)
17.外輪船は綺麗だったね。
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 5点(2024-03-10 20:11:04)
16.うーん、今回は前作よりも心躍るリメイクではありませんでした。
でもサロメの歌声は良かったし、雰囲気は綺麗な映画だったのでこの点。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2024-03-03 14:16:01)
15.《ネタバレ》 前作に続きオーソドックスなエンターテイメントという感じ。楽しく観れて満足。何だか旅行に行ったような感覚になった。しかし、原作も内容も知らなかったけど、あんなに想像通りの犯人や謎解きで良かったのか?有名な作品なんだろうけどもう少し丁寧に構成してくれたら。あのラストと2人の関係の深掘りがアンマッチだった。
ラグさん [インターネット(字幕)] 6点(2024-02-23 11:40:09)
14.《ネタバレ》 古い方の映画は観ていて好きな内容でした。今回の映画は期待通りではなく、特に残念だったのが最後の殺人で、本来は犯人役が大声を出したことによって共犯者に状況を知らせていたのにそれがない中いきなり殺人が起こってしまった点です。←自分で書いていて両作品を読んでない人だとなんのことやらですみません。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 5点(2024-02-08 13:52:37)
13.《ネタバレ》 次々と殺人が起こっていくたびに話がちゃちになっていく。練りに練り上げられた第1の殺人に比べて第2・第3三の殺人のなんとお粗末なことか、特に第3の殺人は完全に蛇足。あれではブークがあんまりだ。それにジャクリーンは暗闇の中、あの距離で拳銃で1発で喉を打ち抜くなんてどれだけの神業なのか。殺しが次々に起きることで何とか話がダレるのを防いでいるのだと思うが、それならダレないような脚本を書いてもらいたいと思う。
ブッキングパパさん [インターネット(字幕)] 5点(2024-01-25 00:26:19)
12.《ネタバレ》 ミステリー作品です。ネタバレしていますのでご注意願います。

小説は未読。1978年制作の映画は鑑賞済み。犯人や動機は承知していましたが、トリック含めた物語の流れ等は覚えていません。そういった立場での感想です。リメイク版『オリエント急行殺人事件』の鑑賞時と条件は同じ。かの作品については「現代の価値観で捉え直す罪の意味」がリメイク意義と考えましたが、果たして本作どうだったのでしょうか。
1978年版と本作で決定的に違うのは、自身の犯罪が明るみになった後に犯人が取った行動です。オリジナルでは普通に逮捕されていた気がしますが、本作では自殺しました。一般的に犯罪がバレたあと犯人が取る選択として「自殺」は珍しくありませんが、こと本件にあっては違和感があります。金銭目当てで殺害計画を企てるような利己的な銭ゲバが、潔く死を選ぶとは思えない。少なくとも女の方は金銭目当てでは無かったのでないか。資産家女性に近づくところから始まっていた「金銭目的の計画殺人」ではなく、心変わりしたフィアンセを取り戻すために女が一計を案じたと推測されます。そうであるならば、妻を殺した時点で女の目的は達成されており、逃げる必要もなかった事になります。何なら男を殺してしまえば、永遠に誰に取られる心配もありません。あの男にそれだけの価値があるとは到底思えませんが、本作で定義される「愛」は「判断を誤らせ」「悲劇を生む」もの。物語冒頭の若かりしポアロと婚約者のエピソードについても同様の事が言えましょう。これが本作のリメイク意義「犯罪動機の別解釈」でありました。事象(表層)は同じでも味わいと余韻は全く異なります。1978年版で私が抱いたのは「女は怖い」であり、本作の場合「女は哀れ」でした。「男は人でなし」は共通していますかね。こんなふうに性別に言及した書き方をすると各方面から叱られそうですが、「本作の犯人の場合」という枕詞が付くのは言うまでもなく他意はありませんのでご容赦ください。ちなみに1978年版より本作の解釈の方が好みです。それにしても人種や恋愛対象が時代設定と合っていないのは如何なものでしょう(原作どおりだったら本当にごめんなさい)。「ジェンダー」やら「多様性」とやらに、こんなにも配慮しなくてはいけないものですか。「時代劇」にまで現代の価値観を当てはめてしまうのは流石にナンセンスと感じます。いっそ現代劇に置き換えれば良かったのに。まさか本作のリメイク意義が「ジェンダーレス」なんて事はないでしょうね。
目隠シストさん [インターネット(吹替)] 7点(2024-01-22 18:30:00)(良:1票)
11.ケネス・プラナーのポアロはもう見ないかな?
オリエント急行の時も思ったけどどちらかと言えばホームズだよね。
要所要所で鼻につく台詞回しや活劇があまり好きで無かった。申し訳ない。
もちろんピーター・ユスティノフ版も見てるので大凡の内容は知っている。
hibari_21stさん [インターネット(吹替)] 4点(2023-02-08 08:45:51)
10.CGだけどエジプトに旅行に行った気になりました。
TERUさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-12-17 21:18:11)
9.想像と違う戦争映画が始まったので、間違えて別の作品を見始めてしまったのかと驚いた。
髭のエピソードの為に作った映像のようだけど、その必要性があったとは思えない。
前作は余計なアクションシーンとか盛り込まれて、俺の知ってるポワロじゃなかったけど、本作は落ち着いた作風で違和感はなかった。
キャストは超豪華だけど、映像的には地味。
でも、その地味さが良かったようにも思う。
この方向性で続編を期待したい。
もとやさん [インターネット(吹替)] 6点(2022-09-27 15:30:56)
8.《ネタバレ》 ずっと観たかったナイル殺人事件をレンタルして観た。
思ったよりも薄味?豪華さをうたっていたけど、ゴージャス感がない。
以前の映画館で観たユスティノフのナイルの方がいいと思う。犯人役があのミアファーローだったし。なによりサイモン役の俳優さんがもっと適役だった。アーミーハマーは賢すぎる感じがする。
余計なストーリーがつけ加えられて、なんだかかえって興味をそがれていく感じがした。
犯人への感情移入ができなかった。リネットへの共感のほうが勝つ感じさえした。お金持ちで美人でそれでも本当には愛されない女性への。ケネスブラナーはなんかどこか間違っている気がする。
改変は人種問題にも気を使って変えているけど、なんだかとってつけたようだし、ミュージシャンではなく原作およびユスティノフ版では、オッタボーンはロマンス小説家であったが、それはそれなりに意味のある配役なのに考えがなさすぎると思われる。
はちかつぎひめさん [インターネット(字幕)] 4点(2022-08-20 09:15:10)(良:1票)
7.《ネタバレ》 梅雨の日曜日。特に天気が悪いわけではなかったが、前夜の深酒がたたり午後になっても二日酔いが辛かったので、部屋に引きこもって映画を観ることにした。
随分前から動画配信サービスのマイリストに入りっぱなしになっていたケネス・ブラナー版の「オリエント急行殺人事件」を鑑賞し、立て続けにその続編である本作「ナイル殺人事件」を鑑賞。
異国情緒溢れる豪華絢爛な映画世界をトータル4時間分堪能して、取り敢えず満腹感は大きい。

「オリエント急行殺人事件」と同様に、本作の原作「ナイルに死す」も過去幾度も映像化された作品。ピーター・ユスティノフがポワロを演じた1978年の映画作品も鑑賞済みだった。ストーリーテリングの細かい部分の記憶が薄れていたので、ミステリが展開していく流れについては新鮮に楽しめた。
がしかし、最終的に残った感想としては、1978年版を鑑賞した時と同じ不満を覚えた。

それは、「さすがに3人は殺されすぎじゃないか?名探偵さんよ」ということ。

無論のことながら、そもそも殺人事件が起きなければ「名探偵」というキャラクターは成立しないわけで、それはシャーロック・ホームズから江戸川コナンに至るまで古今東西の名探偵キャラの宿命であり苦悩であろう。

ただこのナイル川における連続殺人については、ポワロの失態と言わざるを得ない。
“オリエンタル急行”の場合は、殺人が計画されていた車両にあくまでも「偶然」乗り合わせた状態だったろうが、今回の場合は全く異なる。
身の危険を感じていた被害者本人から依頼され、「危険人物」とされる人間の存在も確認していながら、まんまと依頼人は殺され、第2、第3と惨劇は続き、最終的にはそれ以上の死人を生む悲劇へ終着してしまう。

しかも、大富豪御用達の豪華客船とはいえ、それほど巨大とは言えない船内での事件なので、ご自慢の“灰色の脳細胞”をフル回転させれば、惨劇を最小限に食い止める方法はいくらでもあっただろうと思ってしまう。

更に今回のリメイクでは、原作からの改変により、第3の被害者がポアロ自身の友人に変更されている。
目の前で殺人が行われた上に、大切な友人まで失う始末。嗚呼、なんと不憫な名探偵だろうか。

ケネス・ブラナー監督自身が、エルキュール・ポアロを演じるという大車輪の活躍を見せるこの新シリーズは、過去の作品よりもより一層ポアロという人間そのものの内面を抉り出そうとしている。
また人種問題をより浮き彫りにさせたり、ジェンダー問題を想起させるキャラ設定の追加をしたりと、決して小さくない改変に挑んでいる。
現代においてリメイクするにあたって、その意欲的な試み自体は評価したいところだけれど、それが作品世界の中で効果的に作用しているとは言い難い。
改変箇所が単なる「違和感」と感じてしまう部分は少なくない。


当初は計画していたエジプトロケが叶わず、シーンの大半をCG合成に頼らざるを得なかったことなど、作品全体から垣間見える「歪さ」は、製作における苦労は多分に物語っている。
そんな中でも、この原作に相応しい絢爛豪華な「雰囲気」だけはきっちりと保って、娯楽性を保っていることは、ケネス・ブラナーの堅実な尽力によるものだろう。

次作のプロジェクトもまだ残っているようなので、“髭”を蓄え直してどうか頑張ってほしい。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 5点(2022-06-26 23:22:43)
6.《ネタバレ》 約1年ぶり2度目観賞。アガサ・クリスティ原作のリメイク版。「名探偵ポワロ 豪華客船殺人事件」ていうカンジやね。高貴な雰囲気漂うミステリークルーズ。黒幕は恋人をパクられたオンナ。復讐に燃え、嫉妬に歪む表情はとってもコワい。迫真の名演。聞き込みを続けながら見え隠れするポアロの過去。口髭の謎。探偵になった理由。ただ、事件にはあまり引き込まれず。2時間のテレビドラマで充分な印象。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2022-03-20 05:14:50)
5.《ネタバレ》 原作は未読。ユスティノフ版も記憶の彼方なので初見に近い状態だったのですが、第一の殺人で犯人・動機・トリックは推測がつきました。まあ古典なので当然だと思います。逆にロジック的に納得できるので、原作通りならそれは良かったと思います。
最も良かったのは、ポワロ自身にもスポットを当てた話になっていたことです。ポワロに固定イメージを持っていないので受け入れ易い展開でした。ただ、今回で完結?みたいな終わり方なのが・・・ブラナーでのポワロ続編はもう無いかも知れませんね。
そして他の方も書かれている通り、CGとわかる風景が多用されていてエジプトの歴史や雄大なナイルの雰囲気が感じられなかった点。それがこの評価点になった理由です。
原作の時代をロケで再現できないほど観光地として現代化されていたのか、予算やスケジュールの都合かは分かりませんがミステリー作品にとって背景が作りだすムードはとても重要だと思います、特にこの作品においては。
墨石亜乱さん [映画館(吹替)] 6点(2022-03-04 19:07:36)(良:1票)
4.《ネタバレ》 名探偵として1,2を争う知名度のポアロ氏であるが、実はそれほど好きなキャラクターではない。ということで、あまりにも有名なストーリーで、オチを知っちゃっているオリエント急行はスルーしたのだが、「ナイル殺人事件」は、ユスチノフ版を映画館で観ているにも関わらず、全く記憶に残っていないので、こりゃちょうどいいやということで観てきました。あ、嘘です。ほぼガル・ガドット目当てです。
ストーリーは、まあ、ミステリーなのでネタバレになるようなことはあまり書かないでおきましょう。でも、思ったよりもすっきりとした推理ではなかった感じです。最後のあれが、動かぬ証拠、といえるのか・・・
ただ、私の低評価の理由はストーリーではありません。まるでNHK大河ドラマを見ているような、全編貫く「スタジオ撮影感」がどうにも気に入りませんでした。憶測でものを言いますが、これ、情景などのカットはともかく、俳優さんを実際にエジプトに連れて行って撮影したシーンはほとんど無いんじゃないですかね?もし、そうでないとしたら、撮影と編集がまずいのでしょう。映画全体から、カイロの熱気や、肌にまとわりつく砂ぼこりのような、エジプトのイメージが全く伝わってこなかったです。でもって、こんな映画なのにクレジットには大量のVFXスタッフの名前が延々と・・・金かけるところが違うだろ。
昔は、ピラミッドが背景にあって役者が演技していれば、「エジプトでのロケ」ってことが無条件に伝わったものですが、CG技術が発達しすぎるのも善し悪しですなあ。
Northwoodさん [映画館(字幕)] 3点(2022-03-02 00:32:28)
3.ただの2時間サスペンスドラマのような内容でした。オリジナル版の方がナイル川の神秘さも感じられてずっと良かったですね。何のためにリメイクしたのでしょうか。。。ケネス・ブララーのポワロも違和感があります。やはりポワロはピーター・ユスティノフでないとダメですね。。。それに、アネット・ベニングとラッセル・ブランドの変貌ぶりにもびっくりです。。。
みるちゃんさん [試写会(字幕なし「原語」)] 4点(2022-03-01 09:55:42)
2.《ネタバレ》 原作は以前エジプト旅行にいった際に旅のお供で読んだものでして、冒頭から第一次対戦のエピソードが挿入されるので一瞬「スクリーン間違えたか?」と思ってしまう本作。
前作オリエント〜同様何度も映像化されていますが、まあ及第点といったところでしょうか。
アルバート・フィニーだったりピーター・ユスティノフだったり、その辺りに慣れているとなんか違う?とは思ってしまいますが、個人的にはこれはこれで好きです。
石柱が落っこちてくるのがカルナック神殿ではなくアブシンベル神殿になったのは、なぜ?とか思ってしまいましたが(ネフェルタリのエピソード云々とリネットをかけたのかもしれませんが)。
とは言え、延期に次ぐ延期でようやく公開してくれたことがとても嬉しいのが本音です。
クリムゾン・キングさん [映画館(字幕)] 6点(2022-02-27 03:06:54)
1.《ネタバレ》 『ナイルに死す』は、ポアロものでは一番好きですね(クリスティ全体では『ゼロ時間へ』が一番好きなのですケド)。

結論から申し上げますと、まずまず悪くない映像化かと思えました。今回の映画化では若干ながら登場人物の設定・相関関係や展開運びに調整が入ってはいるものの、大まかな流れは原作どおり、特に最大の見ドコロをトリックの複雑さではなくて(=トリックはごくシンプルなモノのままで)実に「意外」ながら実に「納得のいく」真犯人・動機(むしろ何故我々は最初からこんなシンプルなコトに思いが至らなかったのか、というレベルの鮮やかさ)に置いているトコロは原作ファンとしては嬉しいですしまた適切だとも思います。そして、前作『オリエント急行殺人事件』ではとにかくケネス・ブラナーのポアロが喧し過ぎて大いに興ざめてしまったトコロ(出自が舞台俳優とは言え限度があるだろ、と)今作はその面もそれほど気にならなかった、とゆーか、むしろまあまあ好い雰囲気に仕上がったかとも思えました(とは言え、かのデヴィッド・スーシェのハマり様には到底及ばないという認識は変わりませんケドも)。

前半のゆったりさに比して、後半はややハイテンポ(→ホントはもう少し長尺に撮りたかった?的な)で少しだけ(サスペンス的な)余韻が心地好いとまでは言えませんが、シンプルな娯楽映画なのも勘案すればまあ許容範囲かと。事件ものが好きなら尚オススメですね(流石の名作なので)。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 6点(2022-02-26 18:12:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 5.22点
000.00%
100.00%
200.00%
315.56%
4316.67%
5633.33%
6738.89%
715.56%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS